金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・京成杯AH編

菊池 日曜の中山では京成杯AHが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

紫苑Sはランドネ(7番人気3着)を穴馬に推奨!
180908紫苑S穴推奨

https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/193190

競馬大予言・秋G1トライアル号はソコソコ好評発売中!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/d/6c6vzHP

京成杯オータムハンデ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/193190

<当日の馬場状態について>

菊池 土曜に続いて日曜も晴れていましたね。土日の間で天候の変化はあまりなかったのでしょうか?ダートの含水率がかなり低かったように、乾燥が目立ったでしょうか。

京介 土日ともに中くらい~強めの直線追い風が吹いていて、これがまた生ぬるくて全く涼しくないんだよ(笑)。競馬場内のエアコンが弱めで蒸し暑さをやたらと感じたのも例年通りだったし、確かダートの砂煙がもうもうと舞い上がって、若干芝コースにも掛かっていたぐらいかな。まだそんなに影響はないだろうけれども。

菊池 土曜は外を通る差しがやや届きにくいかとも思いましたが、日曜は後半にかけて外を通る差しが届いていましたね。ただ、人気薄ではなく、上位人気馬でしたが。

京介 そうなんだよな~。中山芝の外を回って足りる馬は、たいてい追走性能の高い人気馬ばかりだった。ホントにこの日曜中山の芝は、堅い配当ばかりだったよね。人気馬だと先行しても差しても強い、力の足りない馬だと騎手が何とか工夫して出し抜けを試みようとしても捕まる、外を回ったとて伸びきれない状況だった。

京介 まだデータ数が少ないから強く言わないでもいいかもしれないけれど、外を回るロスをしても、ルメール騎手の馬は脚が溜まっているように見えて「ことさら強く見せる競馬」が多かったんだよね。単勝1倍台のド人気ばかりだから、それなりの能力があっただけかもしれないけれど。ルメール騎手の人気馬が猛威を振るいすぎて、外差し有利傾向に見えただけかもしれない…というのは気を付けておきたいかな。

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<パドックについて>

菊池 15頭立て、スプリント・2000に比べて対象レースが少ない分、ポイントのハードルが1点低いので、1着なら優勝という馬が合計5頭いました。パドックのムードはいかがでしたか?

京介 紫苑Sに続いてパドックはホント蒸し暑い!だから、仕上げてきているのは実感あったのに、体が痩せこけて暑さで参っている馬も、とんでもない発汗をしている馬も多かったよ。中山のパドックはミスト設備がないのに、ここまで汗かくもんか?と思うぐらい酷い馬もいた。

京介 やっぱり、イキイキと動けているのは休み明けの馬の方だよね。夏場に疲労を残しつつ、暑さも克服して非常に良い状態で臨むというのは難しい。サマーシリーズを使い詰めの馬は、どうしてもここにピークを持ってきにくいと思うよ。グランシルクと違って、ロジクライは関西馬だからなのか、やっぱりぎこちなさは感じたもの。

京介 ミッキーグローリーも、後肢のあの覚束ない硬い脚捌きがなければちゃんと評価したけれども…。休み明けのヒーズインラブとストーミーシーは、改めて見直して良いと思ったもの。

<レース展開について>

京介 中山芝外回り1600mのスタート地点は、2コーナー引き込み線の静かな場所に退避所がある。ファンファーレが鳴り出してすぐゲートに入り始めるのはいつものことだね。

京介 今回もゲート入りで淀む様子は全くなかった。それにしても、38秒ぐらいか?古馬の短距離重賞は、年々ゲート入りの処理が速くなってる気がするよ。

菊池 差し・追い込みタイプの馬に半馬身~1馬身の出遅れはボチボチありましたが、展開に影響するものはなかったですかね。

京介 3番トーセンデューク、7番ヒーズインラブ、13番ゴールドサーベラス、14番ワントゥワンみな追い込み馬の出脚が良くなかっただけ。

菊池 最内の1番ミュゼエイリアンがスタートを決めたので枠なりで先頭に。2番ロジクライも好スタート。6番ショウナンアンセムも押していますが、単独先頭には立てず。15番ベステンダンクも行きたい様子で、先行争いは結構激しいものになりましたね。

京介 先行馬はみな綺麗にスタートを出たし、しかも序盤からかなり競り合いそうな様子があった。最初の200m通過時点では、まだ1列目は6頭も並んでいたでしょ。相当追っ付けていたのは、15番ベステンダンクと6番ショウナンアンセムかな。

菊池 整理すると、1番ミュゼエイリアンと6番ショウナンアンセムが並んで先頭、直後に15番ベステンダンク。5番ロードクエストも積極策、外から12番ウインガニオンは内が遠く、ハナは取り切れませんでした。2番ロジクライは譲って好位内、6番手あたり。並んできたのが9番ヤングマンパワー。

京介 場合によっては逃げられるかな?ぐらいに感じていたロジクライは、3列目半というところ。このポジションというわけではなく、目の前にロードクエストのような差し馬が邪魔する隊列は良くないでしょ。おそらく後半で面倒くさくなる。

菊池 その後ろのグループが、4番トウショウドラフタ、7番ヒーズインラブ、この外に13番ゴールドサーベラス。その後ろに10番ミッキーグローリーと8番ダイワリベラル。後方に11番ストーミーシー、3番トーセンデューク、14番ワントゥワンが最後方。

京介 ヒーズインラブは意外と挽回してきた。けどまだこの位置だと予断を許さないというか、後半の組み立てが難しそう。

京介 ミッキーグローリーは、スタートはちゃんと出ていた。それでこの位置というのは、案外後ろだね。この馬よりも後ろは、完全に展開待ちのモード。

菊池 600m通過は34秒7、800m通過46秒9でした。淡々と流れて息の入らないペース、残り800mあたりで12番ウインガニオンが仕掛けて先頭に立つなど、前のグループには厳しい展開になりましたね。

京介 最初の出脚争いも2コーナーまで終わらなかったのに、途中で休む間もないぐらい。しかも隊列を見直すと、別にサマーシリーズ優勝とは絡んでないような馬すら、この先行争いで脚を使っていたほど。こりゃ前の組は厳しいよ。

菊池 4コーナーでは既に先行グループが後退し始めていて、13番ゴールドサーベラスが外から抜群の手応えで浮上。直後に10番ミッキーグローリーがいたので、個人的には的中を確信したほどでした(笑)。それはさておき、内は先行馬が後退し始めているので、2番ロジクライの浜中騎手は捌きにくくなりましたね。

京介 そうそう。先行争いも厳しいだけでなく、それまで捲り戦法ではない馬がどんどん捲って勝負して来るから、馬群の中団内で構えている先行馬は毎年苦しい思いをする。これは例年のパターンだね。

京介 ロジクライの両隣は垂れる馬がいるので窮屈な位置で包まれている格好だし、目の前はおそらく止まるであろうショウナンアンセムとウインガニオン。これどうやって抜け出すの?と待っているうちに、直線入口外から良い勢いに乗せてきた差し馬が間に合ってしまう。

菊池 直線にむいて、一旦は9番ヤングマンパワーが先頭に立ちますが、一気に10番ミッキーグローリーが坂に差し掛かるあたりでもう差し切ろうという勢いを見せます。4コーナーで抜群の手応えだった13番ゴールドサーベラスは伸びが案外で。

京介 ミッキーグローリーの交わし方が完璧だったのもあるけれど、ゴールドサーベラスは直線に向いて手前を替えてから伸びが確かに一息だね。バテてないからフットワークがきれいな分、惰性で残せるかもしれないけれど。

京介 4コーナーで馬群の大外を回ってきたストーミーシー、ワントゥワンは、さすがに外を回ったロスを感じる置かれ方だね。グングン伸びるミッキーグローリーに対し、1馬身半以上はある。ここから前が止まれば、間に合ってもいいけれど。

菊池 坂の半ばでは10番ミッキーグローリーが差し切って押し切るムード。ようやく捌いて2番ロジクライ、先行グループをやり過ごした5番ロードクエストも内から盛り返してきますが、大外一気の14番ワントゥワンがまとめて差し切り2着に浮上。

京介 この直線の追い比べでも、直線でいろいろ詰まったり追いそびれたりした馬がいて、カオス状態。その分、馬群の中を捌くよりも、勢いを殺さず大外を回った馬が、上位争いに食い込むという形だったね。

菊池 接戦の3着争いは2番ロジクライが何とか確保。

京介 この3着も万全の態勢という形ではなかった。ロードクエストが内でミスをしていたし、ゴールドサーベラスも怯んで変な姿勢だったから盛り返せた。

京介 そして結局、今年もピタリと展開が合ったのはディープインパクト産駒。人気上位同士の決着、かつサンデーサイレンスは強いと改めて感じさせる決着だった。

<結果を受けて…>

180909京成杯AH結果

菊池 勝ち時計は1分32秒4。31秒台決着も珍しくないレースなので、まぁボチボチと言ったところでしょうか。

京介 過去のとてつもなく速い決着と比べると物足りなさを感じるけれども、改めて速い水準のタイムで決着したね。関屋記念よりはほんの少し遅め、中京記念と同レベルのタイムだった。ここは開幕週なのにね。

菊池 2着以下はハンデ戦らしくなりましたが、勝ったミッキーグローリーが、今回は昇級戦だった分でハンデが楽だった、という印象ですかね。能力さえ足りていれば、1600万勝ち馬はハンデ重賞だと楽な立場というか。有効ですね。

京介 それこそまあ、能力が足りていればね。準オープン勝ち馬はダービー卿CTだと通用しやすいんだけれども、この京成杯AHはサマーシリーズ組がガチでくることもあって、なかなか勝ちきるに至らなかったし、好走比率も悪かったよ。改めて、ディープインパクトの血があってこそかなあ、と思う。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。


ミッキーグローリー

菊池 今回は8キロ増えて550キロ。大きい馬ですね。調べたらディープインパクト産駒の最高馬体重勝利は2016年新潟記念を勝ったアデイインザライフの560キロ。あの馬も巨漢でしたが、映像だとミッキーグローリーは似たタイプには見えません。動きが良いからですかね?あそこまでの緩慢さはないというか。

京介 条件戦でモタついていたころは、もっと牛のような腹構えの馬だったんだよ。ここまでスカッと見せたということは、骨格に対して理想的な肉付きになってきたということだね。だからこそ、重たく見せず、動きも機敏に感じる。

菊池 距離短縮で挑んだ一戦でしたが、外でスムーズに流れに乗ることができましたね。

京介 距離短縮だからこそ、ロジクライのように馬群の内で何とかしようとゴタゴタする流れに巻き込まれない外枠で良かったよね。外目の枠を引けたのも、好走要因の一つだと思う。

菊池 秋の目標はマイルCSで、間に1戦挟むかどうかは様子見とのことですが。直行だった場合、どうでしょう?足りますかね?少なくとも今回のように動き出しやすい外枠が良いとは思いますが。

京介 いやーまだまだかな…。マイルCS上位馬は結構強いと思うけれどね。鞍上が替わったり、騎手選択で後手に回るようだとどうかなあと思う。

ワントゥワン

菊池 4キロ減の446キロでした。シリーズ3戦目でしたが、一連のデキは何とかキープ?くらいだったでしょうか。

京介 でも横の比較では良く見えたね。さすがに夏に強い細身の牝馬、過剰な発汗もなく適度な緊張状態で、いい形をキープできていたね。夏場の連戦でサマーシリーズ3戦皆勤して、最後のレースでもちゃんと好走した馬はなかなかいないよ。牝馬だからこそ、という部分もあったかもしれないね。

菊池 道中最後方から直線は大外一気の競馬。末脚は安定してきましたね。中山で好走できたのも、新たな一面として良かったかと思います。脚の使いどころが難しい馬ということなので、中山は良いのかもしれないですね。

京介 むしろ昨年回顧した通り、「アテにならないタイプの激流向き追い込み馬」がハマりやすい条件だからこそ、今回は上手くいったと言えるのかな。今年も馬群の中を突かずに、大外を回る方が正解だったわけだし。

菊池 この後はどういうローテでしょうね。出てみないと何ともですが、府中牝馬Sあたりでも足りそうでしょうか?ただ、マイルCSとなると荷が重いかな?

京介 自分はしばらく寝かすよ。サマーシリーズ皆勤の疲労はやっぱり大きいだろうし、そもそもがアテにしにくい一瞬脚の追い込み馬だからね。京成杯AHの2着馬は、その後追いかけて良いことがほとんどないから。

ロジクライ

菊池 4キロ減で512キロ。いつも調教はバリバリ動く馬ですが、今回もやはり良い状態でしたか?

京介 体つきはまともでスッキリ整ってきたよ。間隔を空けた分、サマーシリーズで使ってきている馬の中では良い方だったと思う。ただ、ワントゥワンの方が歩様に勢いはあったかな。(パドック診断時点で)1番人気だと、一抹の不安を感じる造りではあった。

菊池 この内枠は乗りにくそうでしたね。浜中騎手も苦労しながら何とか確保した3着…という印象を受けました。できれば外に出したかったんだろうなと、映像を見返すとチラホラそんなところが。

京介 4コーナーでベステンダンクが馬群の中を追っ付けながら後退していたけれど、あれが変な横壁になってしまったよね。そして、京成杯のような激流ハンデ戦だと、こういう負けをつけられることが良くある。

京介 あのハイラップを無茶して2~3番手というのも、さすがに難しいだろうし…。内枠であることの不利がいろいろ重なったかな。

菊池 シリーズは2戦でした。そこまで消耗していないですかね?

京介 自分はそう思うけど、今年の夏は本当に暑かったから。まだ経過を観察すべきかね。立て直して来られれば、重賞2勝目はかなり近い馬。

その他

菊池 4着はロードクエスト。脚質転換を図りつつ、徐々に復調気配が感じられますね。

京介 体つきは確かに良かったよ。本当はハコ内だったのに、3コーナー手前辺りでミュゼエイリアンが垂れる!と思った時、それをひょいと交わせず真横にロジクライに先に入られ、横に避けるスペースがなかった。これは判断ミスでしょう。直線もちょっと詰まりつつロジクライの後を追ってハナ差にまで迫れたんだから、一応の力は見せた。

京介 発汗もかなりしていたし、夏の疲れが心配だけれど、実は次のオープン勝ちが近いんじゃないか?という雰囲気は感じる。

菊池 5着はゴールドサーベラス。良い手応えで4コーナーを回ってきたように思いましたが、直線では弾けず。最後までジリジリと伸びてはいたものの、馬券になってくれませんでした(泣)。

京介 目一杯上手く乗ったし、良い仕掛けをした方だと思うよ。3着とはクビ差ぐらいでしょ。ただこの馬は、さすがに華奢に過ぎるかな。肉付きが甘すぎる。足元を気にしていたシーズンが長くてちゃんと鍛えられない弱みが響いている。もうちょっと良くなって欲しい。

菊池 しかし、京成杯オータムハンデが1~3番人気で決まるとは…(苦笑)。

京介 いやホントだよもう。2着爆荒れが必ず起きるレースだと信じていたのに…。本来はアテにならないキャラのはずのワントゥワンが、条件も揃って前走も好走していて、世間の期待に応える激走を見せた分、というのもあるかな。

京介 ただ、ヒーズインラブやストーミーシーが情けなかったのは確かだね。休み明けの馬がもうちょっと気を吐いてくれないと。

<教訓まとめ>

・路盤改修をしてからディープインパクト産駒の連続連対記録がまだ続いている。今週は強風の影響もあり、ラスト1Fが滅法速い決着が多かったが、非常に柔らかい馬場で瞬発力を活かす性能がずば抜けているということなのだろう。

・今年も流れを厳しく仕向けたのは、3コーナーで先頭に立った57kgウインガニオンの捲り。斤量を背負う方が展開のキーポイントとなり、ラスト1~2Fでキレを使える追い込み馬に流れが向くレースになっている。

・今年も最終戦に優勝候補があれだけ多かったのに、サマーマイルシリーズは該当馬なしで終わった。各馬ともに勝負しに来ている様子は確実にあったし、実際優勝候補が2~4着に食い込んだのだが、理想的な調整ができて夏の一番暑い時期をパスしたフレッシュな馬にやられてしまいがち。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・ショウナンアンセム
…中山も悪くない馬だが、さすがに強気に行き過ぎた。全く引く様子なくハイペースに巻き込まれすぎ。今回のテン争いに参加した馬はみな巻き返し評価をしたい。ショウナンアンセムとしては、このレベルのパドックに横並びで入れても見劣りしなかった。秋の1400~1600mオープンで見直したい。

<菊池>
・トウショウドラフタ
…道中は妙な不器用さも見せずに0.3秒差の6着。適距離でリーディング上位騎手が騎乗したら、割とまともな競馬が出来ていた。次は信越Sや東京のキャピタルSあたりになるかもしれないが、鞍上次第では馬券になる可能性を考えておきたい。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週はローズS・セントライト記念を京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。