金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・オークス編

菊池 日曜には東京でオークスが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

競馬大予言・ダービー号が発売!
190516競馬大予言

https://www.amazon.co.jp/dp/4773026219/

オークス2019回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/246382

<当日の馬場状態について>

菊池 ヴィクトリアマイルで驚愕のレコードが出た翌週でした。週中には降雨がなかったので、散水をしたようですね。

01_馬場状態


京介 馬場造園課はだいぶ気を使っていたようだけれども、確かに乾燥しすぎではあるからねえ。ちなみに先週末は、土日ともに雲がむくむくと集まる時間帯がたまにあったけれども、雨雲とまではならず。上空にも適度に強い風があったので、雲っては散り、また淀んでは快晴が戻り、という天候だったね。ヴィクトリアマイルのパドック&レース時は、日差しの強い快晴だった。

菊池 Bコース使用の2週目でした。ただ、土曜から逃げ馬が直線で内を避けて通る動きも見られましたね。

京介 土曜日は何だか変な馬場だったなあ…。先週と違ったのは間違いないと思う。好走している馬の質が、徹底して軽いタイプという様子じゃなかったんだよ。これはおそらく、報道に出ているように水撒きし過ぎの影響だったのかな。

菊池 土曜の未勝利戦(芝1600m)で1分33秒4という決着もあり、速い時計の出る水準であることは明らかでしたか。いくらか散水の効果もあったかもしれないですが、引き続き速いレベルで。

京介 オークスの直前まで、足の遅い追い込みタイプ、体格で比較的恵まれている方が有利で、メンバー中馬体重上位の馬の激走がやたらと目立っていた。逆に、短足の馬が全くダメというのはあったね。

02_馬場分析


京介 7Rでウインスラーヴァ、10Rでトミケンキルカスが勝利。他の相手よりも背がある方でパワーがないと無理っぽかったから、じゃあここもエールヴォアでいいんじゃないか、と思ったんだけれども。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<オークス・パドックについて>

菊池 フルゲート18頭が集まりました。桜花賞馬不在でしたが、2勝馬の出走は抽選で2頭のみでしたから、例年より賞金ボーダーは高い年でした。

京介 相当グズグズな造りのまま変わらない馬は、遥かに評価が低い超人気薄だけ。人気馬は脾腹が寂しくてパワー不足かな?という点はあっても、ぎこちないとは思わなかった。みんないい仕上がりで来たと思う。

菊池 10倍を切るオッズの馬は4頭。2頭(2・4番人気)が桜花賞組で2頭(1・3番人気)が別路線組でした。

京介 どれも、ここがシーズンの最後だしギリギリの仕上げはしてきていたよ。ただラヴズオンリーユーとコントラチェックは、トモも薄くて腰が甘め。それに対して桜花賞組は、厳しい競馬を経た経験もあるのか、背中や腰のブレが少なく、別路線の馬より緊張感はしっかりしていたと思う。

京介 今年のパドックは、別路線の馬の方がポジティブになれるほどの見た目じゃなかったと思うんだよね。どちらかというと桜花賞組は疲れが響いたというか、良く仕上げて臨んだけれども距離適性がちょっと足りなかったという感じだったと思う。

京介 ラヴズオンリーユーが明らかに見た目と馬力で圧倒するような見た目だったら、予想の組み立ては全然違ったんだけど…。飛節が硬くて四肢の窄みもあり、腰も甘いとなったら、どうしても標準的に評価するのが難しかった。

<レース展開について>

京介 東京芝2400mのスタートは、メインスタンドの真ん前。雲もかなり晴れて気持ちの良い快晴だったね。この時結構風があったように思うけど。

京介 今回は喧騒が静まるのを待ったのもあるし、11番シゲルピンクダイヤがなかなかゲートに入らず、バックで入れるよう誘導をしていたこともあって、これで結構時間が掛かった。奇数番枠がかなり慎重になっていたかな。偶数の馬はサクサクといったんだけど、62秒ぐらいは使っていたかな。それでもあんまりうるさくはならなかった。

スタート

03_スタート


菊池 ゲート内の駐立が怪しかったのが12番ウィクトーリアと2番クロノジェネシス。2番クロノジェネシスの方は出ましたが、12番ウィクトーリアは出遅れてしまいましたね。4番シェーングランツ、6番アクアミラビリスらも出遅れ。

京介 ウィクトーリアはスタートの直前、しきりに3回ぐらい立ち上がっていたね。そしてゲートが開いた瞬間も、再度立ち上がろうとしたタイミングだった。あれは待ってくれても良かったような…。スターターは容赦ない判断だったね。

京介 スタンドや観客との距離が近いオークス、ダービーでは、外枠の馬がこうした外ラチ側からのプレッシャーを受けがちで、急にカッカすることがチラホラ起こる。

菊池 対照的にロケットスタートを切ったのが1番ジョディー。そして8番ダノンファンタジーも良いスタートを決めていました。

京介 ダノンファンタジーは素晴らしいスタートだった。かなり集中していた様子だったね。ジョディーのロケットスタートも素晴らしい。コントラチェックも並以上に出たけれど、急に2馬身差もついたら、レーン騎手でも追いかけて交わそうという気は萎えてしまう。

菊池 まずは内から1番ジョディーがスタートの勢いのまますぐに先頭へ。逃げて連勝していた3番コントラチェックは2番手に控える構えで、5番エールヴォアが3番手、2番クロノジェネシスがハコ内4番手。

京介 外枠からズバッと好スタートを決めてグイグイ来る馬が全くいなかったし、1コーナーで先団を固めたのはみな内枠の馬だったね。

04_1コーナー手前


菊池 外枠から主張する馬が少なくて内枠の馬がすんなり先行したので、あっという間に隊列が決まって1コーナーへ入っていきました。東京芝2400mの1コーナーはゴチャつくことも多いので、結構珍しいくらいにスムーズな序盤でしたよね。

1コーナー~4コーナー

菊池 内の先行各馬がスムーズだった一方、中~外枠に積極的に位置を取りに行く馬が少なかったので、 2コーナーでは中団が横に大きく広がる馬群になりました。

05_2コーナー


京介 7枠&8枠の馬は、内枠の馬をアッサリ行かせてはまずいと、一定の押し上げはしていた。少しスタートで出負け程度だった13番ラヴズオンリーユーは、馬群の隙を見つけて潜り込み、この狭い混乱の中でも高い位置を譲らなかった。

菊池 1コーナー手前と同様の隊列で、前の4頭がいて、2番クロノジェネシスの外に10番カレンブーケドール。間の8番ダノンファンタジーは壁を上手く作って抑えが利いている状態。並んで14番フェアリーポルカ。

京介 2コーナーまで通してみると、先頭も結構速い流れなのに、馬群の外を押し上げて動いた馬は、ここまで結構脚を使わされている。これはちょっと確かに消耗を感じるだろうし、中盤以降消極的にならざるを得ないかも。

菊池 中団に内から7番シャドウディーヴァ、外に13番ラヴズオンリーユー、11番シゲルピンクダイヤ、16番ビーチサンバと続いていました。そして中団よりやや後ろに15番ノーワン、17番メイショウショウブ、内から9番ウインゼノビア。

京介 シャドウディーヴァでもこのポジション。距離に自信のあるタイプはかなり積極的に動いていたね。

菊池 後方はパラパラと12番ウィクトーリア、4番シェーングランツ、18番フィリアプーラ、6番アクアミラビリスが最後方。

京介 ここらの組はスタートで出遅れた馬たち。先行集団、多少仕掛けて動いたけど中団以降に下がった組、そして出遅れ集団とハッキリ分かれたね。

菊池 前半1000m通過は59秒1と出ました。表面上の時計は速めですが、馬場が馬場だけにハイペースとも言いにくく。ただ、締まった流れであることは明白でしたね。

07_ラップタイム


京介 一応、ジョディーは単騎かつ、コントラチェックに1馬身半つけてリードしているんだけどね。至極楽ではない。コントラチェックもポジションだけとって、無暗に仕掛けてはいないはずなんだけど、この流れだと動かし方が難しそうだね。

菊池 ハナを切った1番ジョディーの武藤雅騎手は3~4コーナーでも息を入れず。最近のG1では珍しく、4コーナーで既に捕まりそうになっていました。

京介 コントラチェックはフラワーCで後半のスパート力を褒められていたけれども、D.レーン騎手はこの3コーナー、残り1000m標識を過ぎてから、意図してジョディーに並びかけて行ったね。そしてそれを見て、エールヴォアも動かしに行ってる。

直線入口~ゴール

菊池 2~3番手から3番コントラチェック、5番エールヴォアが先頭に並びかけて、直後から10番カレンブーケドールも並んでくる勢い。2番クロノジェネシスも直線まで高い位置を確保しつつしっかり脚を溜めて、あとは前が開くのを待つだけ、という態勢。

08_直線入り口


京介 速い流れを意識しつつ、3コーナー過ぎから一気の仕掛けという急な動きではなく、馬の加減や具合に併せて徐々に動き始めている。どの馬もモタつくまいと食らいついている。

菊池 坂に差し掛かるあたりで、5番エールヴォアが後退。3番コントラチェックも手応えは案外で、なんと10番カレンブーケドールが最も良い手応え。

京介 これは結構びっくりしたわ。3コーナー前後でカレンブーケドールは結構手が動いていた様子だったのに、ジワーっと抱えながら接近したエールヴォアが逆に止まり、その外をカレンブーケドールがグイグイ交わして行ったんだものね。

菊池 2番クロノジェネシスは内に潜り込んで、7番シャドウディーヴァは中央へ。8番ダノンファンタジーはその外から。さらに大外を13番ラヴズオンリーユー、12番ウィクトーリアも内へ切れ込みながら接近。

菊池 坂を登って残り200m。3番コントラチェックは後退し、10番カレンブーケドールに内から迫る2番クロノジェネシス、直後に7番シャドウディーヴァ。外から13番ラヴズオンリーユー。

09_ラスト直線


京介 先頭の3頭は直線の入口でもう力尽きている様子。そして3列目半以降の馬は水を空けられていてちょっと前とは遠い。カレンブーケドールが一番いい反応だけれども、クロノジェネシス筆頭に2列目の馬がポジション絶好に見えたなあ。この時は。

菊池 残り100mまでに2番クロノジェネシスの方が苦しくなって、10番カレンブーケドールが未だ先頭。そこに外から13番ラヴズオンリーユーが並んで差しきり。しかし、10番カレンブーケドールは前に出られてからもしぶとく抵抗し、クビ差のままゴール。

京介 後方の大外を回った馬にまで注目していたけれども、大半の馬が先行勢と脚色一緒になってしまっていた。追走で体力が9割方消耗していたんだろうね。

菊池 3着争いは内から接近した12番ウィクトーリアを、2番クロノジェネシスが何とかクビ差凌いでのゴールでした。

10_決勝線


京介 戸崎騎手はここ数週間、G1でホント似たような仕掛けをしているね。ちょっと後ろでモタつく様子であっても、ラストゴール寸前で盛り返すようなタイミングで後出しして、一気に浮上する形。今回もそれを狙っての仕掛けだったと思う。クロノジェネシスと8番ダノンファンタジーも、ホントクビぐらいしかない僅差だったことにも注意。

<結果を受けて…>

11_結果


菊池 勝ち時計は2分22秒8。オークスレコードが出ました。正直、パドックで見た今年のメンバーでこんな時計が出るようには思えなかったですね。高速馬場だけでなく、ジョディーが締まった流れを作ったことも大きかったと思いますが。

京介 あとから考えれば、思ったよりもみなが前行く馬をケアしまくっていたよね。土曜日は内を空けた決着が多かったのに、日曜日は内ラチ沿いで粘り込む馬の激走があったし、直前の準オープンは行った行ったの決着だった。コントラチェック、というかD.レーン騎手に何度もやられるわけにいかない、という雰囲気もあったかな。

京介 なのでメンバーの馬柱やテン比較をして考える以上に、中盤を進む差し馬のプレッシャーが厳しくなったと思う。その筆頭がエールヴォアの3番手の仕掛けだったのかな、と。世間が考えた以上に前掛かりになったよね。

菊池 厳しい流れでのガチンコ勝負になり、前走でスピード勝負となった桜花賞を走っていた馬たちは軒並み失速。別路線からの1着馬同士で決着しました。

京介 いやあ…今でも桜花賞組の方が馬体の完成度や緊張感はあったと思うけど、確かに雁首揃えて撃沈したねえ。まあ、掲示板にいなかったというわけではないけれども、下手したらラストの仕掛け次第では、別路線の忘れな草賞+スイートピーS+フローラS勝ち馬のワンツースリーで決着する可能性すらあったわけだから。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

ラヴズオンリーユー

菊池 前走から増減なしの456キロでした。1番人気診断は辛口でしたね。

京介 うーん…確かに良く見えなかったし、後から映像を見直しても良くないパーツが多かったなあと。繋も結構立っている方なのに、キレキレの捌きではなかった。もちろん、標準以上のオープン級の馬体ではあるし、スッキリと仕上がっていたけれどもね。

菊池 個人的な感想としては、やはり他馬と比較すると未完成というよりも、単純に成長度合いが遅れているなという印象で。古い話ですが、カワカミプリンセスみたいな、遅れてきた大物だとパッと分かるほどではなかったですね。

京介 そうそう。これまで何度も見た一介のディープインパクト産駒、という様子だったと思う。ここからさらに上昇するのかもしれないけれど、この日は腰から腿にかけてブレが目立ち過ぎた。

菊池 道中は中団で折り合いもスムーズ。上がり最速の脚を繰り出して外から差しきりました。展開が向いたことは確かですが、力がないとできない芸当でしたね。

京介 正直な所、3コーナー以降はもうちょっと行かせたいんだけど4コーナー前半や直線入口場面で狭くされていて、思った以上に坂下では前との差があった。そしてこのきょうだいらしく、直線では若干前足の開きがあるフットワークだった。仕掛けが後出し気味だったとしても、前を捉えることができたのは、確かに能力とも言えるし、展開の影響も大きかった。さらに、「このレースを前にして疲れていなかった強み」が出たのかなと考えるよ。

菊池 無敗のまま4連勝でオークス制覇。伸びしろは大きそうですね。

京介 母ラヴズオンリーミーは牡馬ばかり好走していて牝馬は1勝もできていなかったんだけど、このラヴズオンリーユーが4連勝でのG1制覇。ジンクスを完全に打ち破ったね。兄と同じ傾向で、栗東坂路で良いタイムを出していた時に高く評価するという方針でいいのかなと。

カレンブーケドール

菊池 4キロ減の460キロでした。パドックの印象はいかがでしたか?

京介 いやー、この馬を選ぶのは難しかった。とにかく腰が甘すぎ!お尻を横に振って歩いていたし、腹ボテ体型とは言えパワーがあるのかというとそうでもないし…。しっかり四肢が伸びているわけでもなく。

京介 その後ろに、バシッと腰つきが決まって確りしているシゲルピンクダイヤやウィクトーリアがいて、この馬が上回るとは全く思えなかったよ。あれで直線坂をこなしてしまうのは、ディープインパクト産駒のセンスあってこそとしか思えない。

菊池 須田鷹雄さん(「カレン」鈴木氏のアドバイザー)のTweetが興味深かったですね。

京介 見た見た。近年の2400mG1傾向がそもそも先行有利、というのはその通りで、実力が微妙だとしても果敢に前に行くべきというのは、もっと作戦を立てる側、乗る側が意識しておかないといけない部分だよね。非常に面白い逸話だったと思います。

菊池 前走も早め先頭からしぶとかったですが、恥ずかしながらその再現をこの舞台で出来るとは思いもしませんでした。

京介 東京で捲りの競馬のジリっぽい押し切りをしたタイプが、時計勝負の2400mで活躍する素地があるとは本当に思わなかった。もちろんそれだけの人気薄評価にもなると思うし。それに、間隔が近かったこともあってスイートピーSからの馬体上昇があまりなかったしな…。

菊池 キャラクターが定まってきたので秋もこの馬の持ち味を活かす競馬がみられそうですね。

京介 どうだろう、この馬でも走れてしまう世代と思った方がいいんじゃないかな。この結果でA級レベルが確定したわけではないと思うんだよねえ。

クロノジェネシス

菊池 2キロ減の432キロでした。生涯最低馬体重をまた更新してしまいましたが、なんとか踏ん張っている、という印象だったでしょうか。

京介 ここまで減ってしまうとさすがに脾腹は寂しいね。それでも後肢を深く踏んで広く伸ばす、しっかりした足取りで歩けていた。これは褒めておきたい。ただ、オークスで活躍できる馬体重ゾーンを外れてしまうほど小柄になってしまったのは、どうしても気がかりな部分だった。

菊池 数字が示すとおり、見た目には大幅な成長を見せず…というのが正直な感想でした。レース振りとしては、立ち回りとしては本命を打った身として全く不満がないです。北村友一騎手は本当に良く乗ったんじゃないでしょうか。

京介 インベタを守っただけでなく、道中から勝負所、さらに直線で特別目立つようなふりを受けずに回っているからね。上位2頭に比べてもロスは全くないし、内が不利なルートでもなかったわけだから。

菊池 秋に向けては馬体の成長に期待したいですね。

京介 20kgは増えて欲しいけれども…。2歳から馬体が増えてないんだものなあ。

その他

菊池 4着はウィクトーリア。2走続けて出遅れ。結果的に後方にいたことも奏功しており、先に向けては出遅れ癖の方が気になります。

京介 先ほど触れたけれども、戸崎騎手は目一杯持ち味を生かして乗っていると思う。前の崩れ方次第では十分3着あったと思うけど、そこは運がなかったね。やはりゲートで急に暴れ始めるのは、何か対策をした方がいいと思う。

菊池 5着はダノンファンタジー。パドックでは我慢が利いており、道中も馬群で折り合えていました。このあたりには中内田厩舎&川田騎手のタッグの凄みを感じました。

京介 そうだね。今回の5着もまた道中で何かやらかしてのものかなと見直したけど、好スタートを決めてから壁になる3列目内に潜り込ませたのがポイントだったと思う。若干嫌がったかな、というぐらいで2コーナーではすぐに落ち着いたし、折り合いは一切問題ない。

京介 それに場所を考えると6番手でしょ。クロノジェネシスを意識して競馬していたんだろうし、道中一切無駄な動きをしていない。これはもはや、伸びなかったのは馬のせいと言えるわ。ただまあ、ちょっとフラフラする7番シャドウディーヴァが邪魔だったかな。

菊池 6着シャドウディーヴァの岩田騎手も完璧な立ち回りでしたね。一瞬は、馬券圏内どころか連対まであるかという見せ場もありました。

京介 今回はフローラSとは違って、だいぶ強気だったね。だけどまさか、あの競馬をしてウィクトーリアにまた負けるとは。長距離の競馬のアヤを感じるわ。

京介 この馬も四肢のブレが目立ち、腰が甘すぎるタイプ。本当に評価するのが難しい。こういう馬の伸びが、高速東京芝で活躍する要素になっていくのかなあ。

菊池 桜花賞馬が不在の年は別路線組、という傾向もありますが、スイートピーS組まで来るとは…。

京介 最近の放牧帰り重視の流れに逆行する傾向だものね。おまけにスイートピーSは出走している馬のレベルが低く、どうやったってレベルの高いレースになりようがない。指数面は遥かに見劣りする。おまけにこの馬、中距離全勝あるいは東京芝全勝というわけでもないんだよね。非常に地味な履歴で、ここからグンと指数を伸ばす、あるいは急成長を示す根拠に乏しすぎた。

菊池 ディープインパクト産駒のワンツー。そして、2頭とも母父がストームキャット(系)でした。

京介 まず、自分の見立てがどうもストームキャット系と妙に相性が悪いのが気がかりだし、ここは反省していきたい。何か走るツボみたいなのがあるはずだから、そこを今すぐに習得していきたいね。

京介 そして、父ディープインパクトの前走1着馬。改めて、レースに前向きになっているディープインパクト産駒はプラス加点すべきだし、勢いがちょっと止まった産駒はイマイチになって行くよね。シェーングランツのようにトモがげっそり落ちるならすぐわかるけども、ダノンファンタジーのようなタイプは、キチンと仕上げていいパーツも多いだけに、どうにも判断が難しい。オカルト的なもので考えないといけないのかな。

菊池 ディープインパクトの凄みと共にヴィクトワールピサの限界まで見てしまい、何とも複雑な後味でした。

京介 いやーもう、そうなんだよなあ。上のクラスで全然ダメだよねヴィクトワールピサ産駒って。なんつーか並みのオープン馬を出すぐらいだわ。一番きつい場面で踏ん張ってくれないし…。

菊池 同時にラヴズオンリーユーを褒められない自分を恥じつつ。

京介 これは自分も反省します。ただ、秋に果たしてどういう馬体になってくるのかで見直したい。

<教訓まとめ>

・ディープインパクト産駒は単純に高速芝での強さを示しているだけではなく、馬体がまだパンとせず甘めの状態でも、レースに対して非常に前向きでどんどんクラスの壁を越えて激走する血統だというのが強みだと言える。ディープインパクト産駒を除いて桜花賞やオークスの好走馬を集計すると、全く違う傾向に見えてしまうぐらい、ディープインパクト産駒は破壊力がある。

・M.デムーロ騎手やC.ルメール騎手が乗れる状態でオークスを迎えられるよう、ローテーションの調整をするというのは、今回のようにある側面において正解だというのを実証した。

・過去20年ほど遡っても、オークス優勝馬で一番馬体重が重たかったのが484kgのカワカミプリンセスぐらい。490kg台で2着すら結構難しく、500kg超えに至っては2桁大敗した馬が多すぎ。この時期の大型馬は、自重負担で消耗しすぎになってしまうのか、2400mをびっしり走り切れるほど完成しないということだと思う。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・コントラチェック
…典型的に「マークされまくって負けた」馬だと思う。仕上がりは十分だったと思うが、本質的にオークス向きの資質でもなかったかも。キャラ的に紫苑S→秋華賞のルートを狙うには、十分に期待していいタイプだと思うが。

<菊池>
・シゲルピンクダイヤ
…そんなに筋肉量が豊富なタイプではないものの、ダイワメジャー産駒らしくカチっとしたところがあるので器用さがある反面、距離の融通は利きにくく上位2頭とは逆方向のキャラクターであると感じました。ローズSでは良い面が出そうで、秋はその一発勝負に注目します。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。次の週末は3重賞なのでダービーと目黒記念を京介さんと、葵Sはオクノさんと展望します。よろしくお願いします。