金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・武蔵野S編

※金曜昼の展望トークです 

菊池 土曜は東京で武蔵野ステークスが行われる予定ですので、こちらを展望していきましょう。




武蔵野ステークス展望



2018年武蔵野S回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50811077.html

<東京競馬場の天候について>

菊池 府中市は金曜が晴れ。予報では土曜も問題無さそうです。

京介 ただし、昼過ぎでも最高気温が18℃ぐらいにしか上がらないそうだね。先月に曇りだったり雨が降った日よりも肌寒く感じるほど。もうさすがに長袖の季節だなと感じるよ。

京介 パサパサに乾くし風も少し出るので、だいぶ砂煙が上がる状況になると思う。

<東京競馬場の馬場について>

菊池 先週を振り返って、今のダートコースはどんな馬場状況でしょう。

京介 乾いてはいても、砂質が軽くて、直線でスピードの落ちが少ない。ラスト1F12秒台半ば、ラスト2F24秒台半ばでまとめられてしまう。こりゃあどう転んでもスピードのある馬が有利でしょう。スタミナ勝負になってほしいタイプが全然間に合っていない。

京介 今週もパサパサの良馬場ダートだけれども、決して馬力が要る状況ではなくて、むしろ後ろで砂を被りまくる位置の馬が困るだけの状況だと思うよ。好位で立ち回れて、速い上がりに対応できるようなタイプを素直に評価しましょう。

<武蔵野ステークスのレース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!

https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/299614

推奨穴馬にご注目を!

190908京成杯AH穴推奨

190908セントウルS穴推奨

190907紫苑S穴推奨

2190901小倉2歳S穴推奨

2190831札幌2歳S穴推奨







ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑