新感覚の競馬新聞・競馬予想 「競馬チェック!」 のブログ

全場メインレースの競馬新聞を只今無料提供中!!WIN5と3連単を攻略するために是非ご活用ください。今1着候補馬と激走印に注目です!

菊池グリグリ◎

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ フェブラリーステークス ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



※木曜夜の展望トークです 

菊池 日曜日の東京ではフェブラリーSが行われます。こちらを展望していきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




フェブラリーステークス展望


2017年フェブラリーS回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50785036.html

<天候について>

菊池 幸いにも雨の心配はしなくて良さそうですね。気温は週中に比べると低くなるようですが。

京介 かなり寒くなるらしいね。確実に10℃以下にはなるそうで、防寒をちゃんとしておかないと。

<馬場について>

菊池 先週の東京ダートは、差し・追い込みが届かないレースが多かった印象があります。

京介 この開催前半は、水が浮く不良馬場のためもあって前有利の決着が多かったけれど、先週は乾いていても前の組がちゃんと残っていた。とは言え、先行馬同士だけの決着ではなく、前の組もバテて力のある追い込み馬なら届いたレースもチラホラあった。

菊池 雨も降らずにこのままだと、今開催で初めてちゃんと乾いたダートになる可能性がありますね。

京介 そうだね。一応凍結防止剤の有無はチェックしておくべきだけど、フラットで真っ当な力勝負の馬場なんじゃないかと思っているよ。

京介 そうなると昔から、フェブラリーSは外枠の有利が顕著になる傾向だけれども、今年はどうかな。


続きを読む

オクノ・菊池グリグリの「重賞展望トーク!~ 小倉大賞典 ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです

菊池 日曜日の小倉大賞典は、オクノさんと展望していきます。よろしくお願いします!

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




小倉大賞典展望



<天候・馬場について>

菊池 小倉は、月曜日に雨マークがあるのでこれが前倒しになるようだと心配ですね。恐らく大丈夫かとは思われますが。

オクノ 先週が雪で順延になった影響が多少はあると思いますしね。これで雨が降ったらもう手に負えないでしょう。

菊池 3日間開催の初日は、芝レースはとにかく内!という状況からスタートしましたが、積雪による順延の13日は外からの差しも届きましたね。

オクノ 13日は訳が分かりませんでした(笑)。最終レースの最低人気馬とか絶対に買えないし…。そういう競馬は今週も覚悟しておいた方がいいかもしれませんよ。

<レース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/152792

推奨穴馬にご注目を!
180212クイーンC穴推奨

180212クイーンC穴推奨2

180211京都記念穴推奨

180211共同通信杯穴推奨

180204きさらぎ賞穴推奨

180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

2018年の競馬のお供に!!





オクノ・菊池グリグリの「重賞展望トーク!~ 京都牝馬ステークス ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです

菊池 土曜日の京都牝馬Sは、オクノさんと展望していきます。よろしくお願いします!

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




京都牝馬ステークス展望



2017年京都牝馬S回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50785001.html


<天候・馬場について>

菊池 今週は雨の心配もなさそうでしょうか。気温は相変わらず低いみたいですが。

オクノ 水曜と木曜は少し暖かくて、栗東トレセンのほうも多少は過ごしやすかったんじゃないかな。でもまた週末は気温が10度未満に…。春の足音が遠のいたって感じ。

菊池 連続開催の最終週、全面的に荒れている状態になっていますね。

オクノ 厳しい状況ですよね。軽くたたいたところでそこまで変わらないだろうから、スピード不要の馬場と考えて予想したほういいでしょう。

<レース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/152791

推奨穴馬にご注目を!
180212クイーンC穴推奨

180212クイーンC穴推奨2

180211京都記念穴推奨

180211共同通信杯穴推奨

180204きさらぎ賞穴推奨

180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

2018年の競馬のお供に!!




京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ ダイヤモンドステークス ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです

菊池 土曜日の東京ではダイヤモンドSが行われます。こちらを展望していきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




ダイヤモンドステークス展望


2017年ダイヤモンドS回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50785034.html

<天候について>

菊池 雨の心配はなさそうですが、水曜・木曜の暖かさは去ってしまうようですね。

京介 今週は週末に向かうにつれてどんどん寒くなるようだね。なんだか風も強そうだし、曇りがかった空模様になるそうで。

<馬場について>

菊池 東京芝は最終週までDコースで完走します。ひとまず、このレースに影響が出るほどの悪化は見られない、という見方としておきましょうか。

京介 この開催は一度も超外伸び馬場や追い込み有利状況になったことがないし、毎週ちゃんと補正をしていて、ラチ沿い有利をキープしているしね。

京介 ダイヤモンドSのような超長距離レースはほぼ縦長の隊列になるし、特に前行く馬が不利という状況に変わるのは考えにくいと思う。

<レース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/152789

推奨穴馬にご注目を!
180212クイーンC穴推奨

180212クイーンC穴推奨2

180211京都記念穴推奨

180211共同通信杯穴推奨

180204きさらぎ賞穴推奨

180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

2018年の競馬のお供に!!





京介・菊池グリグリの「クイーンカップ回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 月曜日に東京で行われたクイーンCを回顧していきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




クイーンカップ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/151596

<天候・馬場について>

菊池 東京は日曜日の気温が高かったですが、月曜日はまた少し寒くなりましたね。とは言え、ここ2週と比べると過ごしやすかったですね。

京介 でも風は日曜日よりも強かったね。自分の作業はパドック側と返し馬(馬場側)との往復が毎レースあるんだけど、返し馬にいくたびに座布団やごみ袋が風でふっ飛んでいたなあ。冷たい突風が何度もあって埃が舞うのもまいったね。

京介 気持ちの良い快晴とはなったんだけど、風が肌に痛くて目を開けられない感じ。

菊池 金曜日に降った雨の影響もごく僅か。日・月の2日間、芝・ダともに良馬場で行われました。

京介 日曜日は極端な内の印象があったけれど、直線で内側に騎手が殺到しすぎたためか、月曜日は内ばかりという感じではなかったね。内でごちゃつくのを上手く避けて足を伸ばした馬が、結果的に後半優勢になるという形が多くて。たまに外枠、馬群の外からの差しも成功したことがあった。でも馬場は基本的に内側有利が続いたと考えるべきでしょう。

京介 それとパトロールビデオでは砂煙が上がっていたけれど、基本的に芝が剥げていたとしても路盤は硬い方。時計も少々速かったんじゃないかな。

続きを読む

オクノ・菊池グリグリの「京都記念回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 日曜日の京都では京都記念が行われました、今回はオクノさんと回顧していきます!
18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




京都記念


展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/151031

<天候・馬場について>

菊池 10日(土)がお昼頃の時間帯から雨。後半にかけて徐々に馬場が悪くなり、夕方には雨が強くなったのでしょうか。

オクノ この時期の雨、重、はデフォルトになってきたね。関西のほうは一日中まとまった雨が降ってましたよ。

菊池 日曜日の開催が始まる段階では雨も上がっていましたが、雪がチラつく寒い日で、「芝・重」、「ダ・不良」で始まり、回復は見込めませんでしたね。

オクノ この時期はどんなに晴れても乾かないですよね。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「共同通信杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 日曜日の東京では共同通信杯が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




共同通信杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/150917

<天候・馬場について>

菊池 東京は土曜日の雨も大したことはなく、日曜日は最高気温が久々に10℃超え。暖かかったですね。

京介 スカッと晴れて青空が広がった、本当の好天だった。ほとんど雨の影響がなかっただけでなく、朝から穏やかな気候で冷たい風があまり入り込まない日だったんだよね。これが助かった。当日はパドックでやけに発汗していた馬もいたし、東京競馬場全体にほんの少し陽気が戻った、という様子だったよ。

菊池 そんなわけで、芝・ダートともに良馬場でスタートしました。これは想定外でした。

京介 自分も、どのタイミングで重から良に変わるか?の変わりしなだと考えていたし、思っていた以上に馬場補正をちゃんとしていたな、という印象だよ。

菊池 芝は内を通った好位~中団の差し馬が台頭するシーンが多く、外を通る馬は好走したとて1着になれませんでした。

京介 1日を通してのムーア騎手の狙っていたルートをチェックしてみるとわかるけれども、ホント最内ルートの馬ばかりが連に絡んでいた日だったよね。道中はずっとインベタにへばりついて、直線も最内を通すという競馬じゃないと、直線後半で伸びて来れなかった。

京介 そもそも馬場が全面的に荒れているから、外を回る距離ロスだけでなくスタミナ消耗もある。だけどこの日の傾向を見ていると、どう見ても均等に荒れているとは言えないぐらい内外の格差が大きかったなと思うなあ。



続きを読む

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ クイーンカップ ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



※金曜夜の展望トークです

菊池 月曜日の東京ではクイーンCが行われます。こちらを展望していきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




クイーンカップ展望


2017年クイーンC回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50784347.html

<天候について>

菊池 月曜日は晴れ予報ですが、土日に雨マークがあり、どの程度降るのか、ズレるのか、降らないのか。ちょっとこのあたりは蓋を開けてみないと分からないですね。

京介 それと仮に雨が止んだとしても、強い風が吹き込んで寒気が流れ込むと。大分冷え込みが厳しくなるって話だね。夕方で日が落ちる手前ぐらいのメインレースだから、雲っていたりすると本当に寒くなるだろうなあ。

<馬場について>

菊池 月曜日は晴れたとしても、日曜日が雨の中での競馬となると、一気に馬場悪化が進む恐れがあります。

京介 今週は芝レースの比率の方が多くて、日・月でここまで10鞍消化するから、馬場が緩いと確かに2日間の間で傾向が替わりそうだものね。今の時期の3歳牝馬はまだひ弱。馬場傾向が結果にモロに直結しがち。極端な馬場になる可能性もあるので、注意を払いたいね。

<レース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/151596

推奨穴馬にご注目を!
180204きさらぎ賞穴推奨

180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

2018年の競馬のお供に!!




オクノ・菊池グリグリの「重賞展望トーク!~ 京都記念 ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです

菊池 日曜日の京都記念は、オクノさんと展望していきます。よろしくお願いします!

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




京都記念展望



2017年京都記念回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50784754.html

<天候・馬場について>

菊池 京都は土曜日に雨予報がありますか。気温次第では雪になる可能性もありそうですね。さすがに北陸の大雪みたいになることはないと思いますが、無事に開催して欲しいところです。


オクノ 京都に関しては、雪の心配はいらないとおもいますよ。怖いのは小倉かなぁ。

菊池 この京都開催は、昨秋の連続開催で雨が多かったこともあり、内の馬場悪化が早かったですよね。そして、どのみち荒れてくる開催後半を迎えました。外回りのレースは、中~外が伸びるルートということでいいでしょうか。

オクノ すごく時計が掛かっているわけではないけど、外回りに重たさが増っている感じがするので、少しでもペースが速くなれば、差し追込みのレースになるでしょう。

<レース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/151031

推奨穴馬にご注目を!
180204きさらぎ賞穴推奨

180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

2018年の競馬のお供に!!




京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 共同通信杯 ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです 

菊池 日曜日の東京では共同通信杯が行われます。こちらを展望していきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




共同通信杯展望


2017年共同通信杯回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50784701.html

<天候について>

菊池 今週末は土日に雨が降る可能性があるようですね。大雪が降った週に比べれば寒の緩みがあるとは言え、雪に変わる心配もあって安心できないですね。

京介 現時点では土曜日から日曜日朝にまたがって降る可能性が高いらしい。はあ~、最近は週末になると天候が崩れるようになってきたなあ。今週末は一応雪予報ではないにしても、寒波がちょっと関東圏に被ってくればすぐ雪に変化するかもしれないそうだし、まだまだ安心できないね。

<馬場について>

菊池 先週は見た目こそ内が悪かったですが、実際にレースで通る分には全くダメというほどでもなく。判断が難しいですが、やや中~外の方が良いくらい、の解釈でいいでしょうか。

京介 そもそも開幕週も先週も、2週両方とも雪のダメージに見舞われていた。蹄跡か足跡かで馬場全体がボロボロ、そのために時計が掛かっていた馬場だからね。競馬によってではなく、それ以前にダメージを受けていた馬場と考えればおそらく分かりやすいはず。

京介 当日も継続的にしっかり馬場補正を入れてくれないと、多分まともに走るのが難しい馬場なんじゃないかと推測するよ。そのために、前半から騎手がみんな手探り。同時に、スローになりがち。それで直線のみの瞬発力勝負になるから、隊列次第で内にも外にもなるんでしょう。先週の東京新聞杯は内差しだったし、あまり内外と考えない方がいいと思うね。末脚が確かでメリハリの効いた競馬ができた方が有利、という状況なのでしょう。

菊池 ただ、雨が降るとなると話が変わってきそうですね。

京介 確かにそこは心配…。でも日曜日は今のところ晴れる予報。良馬場にまで乾き切る可能性の方が高いと思っているよ。

<レース傾向について>

△3番人気以下のディープインパクト産駒
→[2・1・4・9]、1~2番人気が苦戦の一方で複穴頻発。
回収率の面では関東馬[1・1・3・5]が狙い。

○前走が東京の条件戦に出走
→[2・3・2・3]、昨年は3頭出走で上位独占!
  前走がセントポーリア賞だと2着、2着。

▲前走がOP特別・重賞で上がり2位以内
→今回が距離短縮なら[3・2・1・8]。適度な見せ場+短縮が◎。
  上記かつ前走2・3着は[3・1・1・1]。軸候補。

×前走が未勝利勝ち
→[0・0・0・13]、前走が新馬勝ちも10年で1勝のみ。
前走がOPクラスだった馬を重視。

?前走が500万下で今回が距離短縮
→[0・0・1・16]、ソコソコの人気になる割に期待値低い。
前走500万下全体が[1・2・3・30]、イマイチ。

?8枠 
 →[0・1・1・18]、フルゲートにならずとも不振の傾向。
対照的に1~3枠は過去10年で5勝。

京介 きさらぎ賞と同じく、このレースも前走新馬・未勝利勝ち馬がかなり不利。もうこの時期に一定以上の完成度があって、キツイ相手にいい戦いを繰り広げている2勝馬3勝馬が登場するし、馬体の芯がしっかりしている差が出てしまうからだね。

京介 単純に共同通信杯を勝っただけでも皐月賞~ダービーに向けて優勢になれるけれど、新馬勝ち直後や未勝利勝ち後のローテーションでココを勝ったリアルスティールやディーマジェスティは、その背景からかなりのポテンシャルを示して勝ったと言える。重賞で連対した馬を向こうに回してここを勝てた1勝馬は、皐月賞で本命級待ったなし。その水準にある馬が、果たして今年出て来るかどうか期待したい。

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/150917

推奨穴馬にご注目を!
180204きさらぎ賞穴推奨

180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

2018年の競馬のお供に!!






京介・菊池グリグリの「東京新聞杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 日曜日の東京では東京新聞杯が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




東京新聞杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/149160

<天候・馬場について>

菊池 東京は木~金曜日にかけて積雪があり、開催が危ぶまれましたが、何とか土曜日の障害戦を中止したのみ。被害は最小限で済んだ、といった感じでしたね。

京介 そうだね。まず無事に開催を始められたのは良かったよ。というか、競馬場に到着して見てみたら、意外と場内や馬場に雪が積もっていなかったと思うよ。

京介 先週、巡回ルートや馬場のラチ部分に溜まっていた雪が2倍になっているのかと心配したんだけど、先週の分は先週のうちにだいぶ解けだしたようだし、金曜日の分は馬場を湿らせる程度で済んだのではないかと。都内でも降りはしたけどみぞれみたいなものだったしね。

菊池 馬場発表は土曜日が「芝・稍重」、「ダ・不良」。日曜日は芝がメインの前から回復の発表となり、「芝・良」、「ダ・不良」でした。まぁ、芝の良馬場発表については、眉唾ものという感も否めないですが。

京介 まず見た目には先週よりも明らかに馬場が汚れていたし、何らかの作業をしたんだろうなという様子はあった。内ラチ沿いどころか、全面的に蹄跡らしき凹凸が残っていた。ひょっとしなくても馬のものではなく人の足跡であそこまでになったのかも。

菊池 芝は、最内がやや伸びにくい、くらいの感じでしょうか。かと言って極端な大外一気も厳しい、という印象で。

京介 悪いは悪いんだけれども、内の悪い馬場に脚を取られるというほどではなかった、ということだね。ちゃんと人の手が入って悪い部分を補正していたし、内側を通っても後半バタッと止まる様子は感じられなかった。

京介 展開次第で真ん中から外を差し馬が伸びる場面もあったけど、全体にペースは落ち着き気味で一番有利なのは内。単純に、「全面的に荒れていた」という解釈が正しそうだね。別に外を回っても有利ではないから、「ロスなく内を回る有利が最後まで効いた」馬場だと考えたい。

<パドックについて>

菊池 16頭立て、2歳戦も含めればG1馬が3頭というメンバーでした。ともあれ、実績面ではなかなか良いメンツでしたよね。

京介 そこはパドックでも実感があったよ。馬体センスが高くて歩様のリズムのいい馬が、例年より多かったかな。

菊池 厳寒期の重賞、G1シーズンもまだ遠い、という背景があるので、仕上がりは一息という馬が多い感じがありましたかね。

京介 そこは確かにそうだね。パドックのメンバーはレベル高くても、仕上げレベルはイマイチ、という年だったと感じた。

京介 実績面で良い馬は、先々を考えていたり、春ぐらいにピークを迎えられるよう、ここは甘い造りで出がちなんだよなあこのレースは。まだ本気じゃないというのは確かに感じた。それもあってまだ実績足らずで、この時期に賞金を加算したい事情のある格下の馬が優勢だったりするんだけれど。

京介 アドマイヤリードは十分動ける造りだと思ったけど、ピークでないのは事実。グレーターロンドンもまだちょっとモコモコしていたかな。この馬は接着装蹄だったしね。今回キッチリつくっていたのは、リスグラシューとダイワキャグニー。リスグラシューは直前の栗東坂路で1番時計だったっけ。そういうものは信用してもいいのかも。55kgは不利だったと思うけどね。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「きさらぎ賞回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 日曜日に京都で行われたきさらぎ賞を回顧していきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




きさらぎ賞回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/149170

<天候・馬場について>

菊池 先週末の京都は雨・雪の影響も受けず。寒かったこととは思いますが、無事に開催を終えて何よりでしたね。

京介 いきなり大雪のようになった先週のことを考えると、ホント何も不安のない開催だったよ。空も晴れていたしね。

菊池 京都は土日とも「芝・良」の発表でしたが、とにかく時計が掛かっていましたね。全体時計も上がりも。

京介 土曜日はそこまで遅いと思わなかった。日曜日は全レースがズブズブの重馬場かと思うほど掛かっていたよね。芝1200mが2鞍あって準オープンでも1分9秒4、1000万下で1分10秒5。

京介 どちらも上がり3Fや1Fはまともに速いのに、テンにだいぶ遅いレースだった。向正面でスピードダウンしすぎだったのは、かなり強い向かい風が出ていたためなのかな?推測でしかないけれども。

<パドックについて>

菊池 今年も少頭数のきさらぎ賞。それにしても、2勝馬がいなくて、重賞2着実績のあるオープン馬すら1頭。なかなか見たことのない低調なメンバー構成でした。パドックの映像を振り返って、そのあたりは感じられますか?

京介 1勝馬だけだと、腰の甘さと歩様の窮屈さがみんな目立つ。それとどの馬も、まだ馬体が薄いし、体のメリハリも物足りない。例年勝ち負けする2勝馬と比べて、「馬体がまだ若いな」という印象を出走全馬に持つ、というところはあったね。

京介 というか、カツジの+14kgって何だったの…。実際に腹構えがまだ微妙に緩くて、背中も上下にブレていたね。体が固まっていない、高値で安定していない状態だと、陣営が狙っているはずのレースなのにそういうことも起こるんだな、という勉強にはなったよ。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ きさらぎ賞 ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです

菊池 日曜日の京都ではきさらぎ賞が行われます。こちらを展望していきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

★競馬大予言18年新春号はソコソコ好評発売中!
2月の特別戦・重賞まで使えるデータが満載!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




きさらぎ賞展望


2017年きさらぎ賞回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50784347.html

<天候について>

菊池 京都は雨も雪も心配されていないようですね。

京介 金曜日の明け方に一瞬だけ雪の可能性があるらしいけど、関東のように寒波が通過するような形ではないらしくて、金曜日からもう晴れるらしいね。

京介 週末の土日は暖かくはならないものの、そもそも雨もないし雪も積もらないから、馬場が悪化する材料はなさそう。当日も晴れるそうだし。

<馬場について>

菊池 京都芝は先週からBコース使用。その先週、シルクロードSこそ内を通った先行・逃げのワンツーでしたが、他のコースなら中~外、差し有利で見て良さそうかなと思っているのですが。

京介 京都の直線を長く取る外回りコースなら、十分に差しも効くでしょう。そもそも馬場自体はだいぶ荒れ目が目立つし、今回のレースは体力に乏しい3歳限定戦。才能ありきでもあるし、ちゃんと鍛えているかどうかも影響するから、隊列のことをあまり考えなくても良いレースではあるね。

<レース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/149170

推奨穴馬にご注目を!
180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


17年12月競馬大予言新春号

2月までの特別戦・重賞で使えるデータが満載
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

2018年の競馬のお供に!!




京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 東京新聞杯 ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです 

菊池 日曜日の東京では東京新聞杯が行われます。こちらを展望していきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

★競馬大予言18年新春号はソコソコ好評発売中!
2月の特別戦・重賞まで使えるデータが満載!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




東京新聞杯展望


2017年東京新聞杯回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50784344.html

<天候について>

菊池 今週末は木曜日に雨→雪という予報。さらに、日曜日も僅かながら降る可能性あり?仮に当日が雨でなくても良馬場での開催は望みにくいかもしれませんね。

京介 いっときは金曜日よりも日曜日の寒波の方が凄くて、酷い雪になるという予報もあったけれど、どうやら週末は金曜日よりはマシという話だね。だけど土曜日に晴れたとしても積雪が残るほど金曜日に降るのは間違いないそうで、ちょっとさすがに憂鬱だわ。

京介 土曜日にスカッと晴れて、結構強い日差しが出てくれればよいのだけれど…。でもパドックは日陰で極寒の中だろうなあ。

<馬場について>

菊池 先週の芝は、傾向云々以前に、人気馬が強かったですね。土日ともに1番人気が3勝ずつで、1着は全て5番人気以内。大それた人気薄は連対圏まで来ませんでしたね。

京介 直線の坂を上る所でだいたい力尽きる、という例が多かったかなと思う。少なくても、バランスの悪いフットワークをしていた馬は直線で加速つくことすらなかったよ。まずは体力がないと勝負にならないし、惰性では残せないから展開で誤魔化すこともできない。そりゃ人気馬ばかりになるよなあ。

菊池 雨(雪)の量がどんなものかで変わりますが、気温も低いし乾くことには期待が持てませんね。

京介 おまけに金曜日に降るんでしょ?芝の上に乗った雪をどける際に芝が削られるようなこともあるし、きれいな馬場は到底望みにくい。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「シルクロードステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 日曜日に京都で行われたシルクロードSを回顧していきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

2月の重賞・特別まで使えるデータが盛りだくさん!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




シルクロードステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/147704

<天候・馬場について>

菊池 京都は金曜夜間の前日発売を取りやめしましたが、ひとまず無事に開催ができて良かったですよね。土曜日は雪がちらついて、かなり寒い中の競馬だったと思いますが。

京介 土曜日のメインレース、あれ牡丹雪と言えるぐらいしっかり雪が降っていたのに、天候発表が「曇り」のままだったのがちょっと不思議…。

菊池 日曜日は雪の心配もなくなって芝良・ダ稍重での開催でした。今週からBコース使用に変っていましたが、内の蹄跡は隠れきっておらず、見た目には傷んでいますね。

京介 そうなんだよね。パトロールビデオを見ても、芝レースは毎回向正面から内ラチを進む馬の脚元から土がえぐれるのか、煙が上がっている。やはり内側は悪いのは悪いんだよ。良馬場発表と言えどね。

菊池 ただし、予想にも書いたように、1200mだけは「内が傷んでいても内」ということが起こりやすく、ましてや上級条件ほどその傾向は強いと。

京介 レースをつぶさに観察していると、「ここまで悪くなるのなら…」と感じるんだけど、シルクロードSを行うと毎回結果は内枠なんだよね。重賞に出走する馬ぐらい、骨組みと筋力がしっかりしているのなら、京都芝1200mだと内が押し切ってしまう。結局今年も、馬場が多少悪かろうが内有利の結果となったね。これは覚えておかないといけない。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「根岸ステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 日曜日の東京では根岸Sが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

ナイスジャッジ!!
180128根岸S1番人気診断

17年12月競馬大予言新春号

2月の重賞・特別まで使えるデータが盛りだくさん!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




根岸ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/147698

<天候・馬場について>

菊池 東京は開催中に、雪に見舞われることはなかったですが、寒かったですね!

京介 いや本当に寒かった。全国でも寒い日が続いたけれども、思った以上に先週月曜日の雪が関東圏の各地で残っていたから、先週はずっと寒気が留まったように底冷えする日が続いたよね。

菊池 月曜日に20センチほどの積雪。これが週中の寒さでなかなか融けず、木曜日に除雪隊が入りました。

京介 土曜に競馬場に着いてみてびっくりしたよ。まず東京競馬場正門をきちんと雪かきしていなくて、道路に氷が張っているんだもの。凍結したまんまなんだよ。入場アナウンスの時に「今日は絶対に滑って転んでしまう状況なので、走ったりしないでください!」と念を押されることなんて稀だものね。

京介 おまけにパドックに辿り着いてみたら、やっとこさどかした雪がパドック後方に溜まっていた。最前列も微妙に雪が残っている。これが結局土曜日どころか、日曜日になっても塊で残ったままだったから、ずーっと冷気が途切れない状態だったんだよね。日が差しているのに、パドックはとてつもなく寒かったんだよ。

菊池 展望トークでも話しましたが、ダートは重馬場が残りましたね。土曜日は不良スタートで日曜日のお昼頃に「不良→重」という発表がありましたが、正直「何が?(笑)」って感じでしたね。回復するような気温でもなかったし日照もないし、で。

京介 見た目にもちょっと表面に水が浮いて光っていたし、返し馬が本当に見づらかった。照り返しがキツイダートだったから、やっぱり湿っていたというのをかなり通り越して、水浸しだったのは間違いないと思うよ。あの重発表は「どうだかな~」と感じたのは同意だね。

菊池 含水率が下がったということなんでしょうけど、凍結防止剤の効果もあって、見た目にも粘っこい馬場に見えました。レース後に蹄跡の整備が入ると、水が浮くところとそうでないところができる馬場。見た目は大井の道悪に似ているような印象を受けました。

京介 やっぱり、ハロー掛けは上手くいかなかったんじゃないかと勘繰ってしまうねえ。見た目にも変だったし、レース結果もおかしかったよね。

菊池 その結果として、ダートは脚質傾向が露骨でしたよね。とにかく内が伸びなくて、外差し・追い込みがバンバン決まる。直線半ばで先頭に立った馬が、3着すら確保できないというシーンがありました。

京介 そうそう。差し追い込みが良く決まる割に、時計が掛かり前がバテたための結果ではなく、強烈に全体時計&上がりの速い決着でのものだった。いいスピードのある先行馬の逃げ粘りが全くなかったんだよね。これがまず一つ。

京介 それと土曜日の傾向を見て内有利と判断した騎手が多かったのかな?日曜日は馬群がかなり密集しがちだったよね。その影響があってか、直線で内を突いて馬群を縫う選択をする有力騎手も多くて、先行馬は内で止まるのにみな捌ききれず内で終わってしまう、というシーンが多々目についたね。だもんで、日曜日の後半クラスが上がると、馬群を捌かず加速に乗れる分、外枠の馬の優勢が顕著になっていた。

京介 それとパドックにも雪が残っていたという話をしたけれど、コースの方は処理して馬場からどかした雪が相当残っていたね。芝&ダートコースに雪はなかったけれども、土日ともにかなりの冷気で凍える中で競馬をしていたことは想像に難くない。

続きを読む

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ シルクロードステークス ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです

菊池 日曜日の京都ではシルクロードSが行われます。こちらを展望していきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

★競馬大予言18年新春号はソコソコ好評発売中!
2月の特別戦・重賞まで使えるデータが満載!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




シルクロードステークス展望


2017年シルクロードS回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50784056.html

<天候について>

菊池 土日は大丈夫そうですが、金曜日にもしかしたら雪が降る可能性があると。ただ、大きな積雪量にはならなそうですね。

京介 小雪の予報だと、雨ではなく晴に変わることが多いし、実際に軽く降っても影響が少ないから、多分土日に晴れれば問題ないかな?

<馬場について>

菊池 京都芝は今週からBコース使用になります。

京介 とはいえ、京都のAコース開催もだいぶ厳しい馬場だったね。結構ボロボロになっていて、終いには外も伸びず…という状況になっていた。荒れに荒れた中山とほとんど似た推移だったんじゃないかな。

菊池 昨年はこのタイミングで逃げ有利が顕著になり大穴が出たりもしました。土曜日から注目したいところ。

京介 仮柵移動とともに、馬場を少しいじったりもするからね。ただ今回はどうだろう。Aコースがかなり荒れた年は、馬場の大外の良い部分に持ち出せるから、外伸び傾向に変わったりもするし…。まずは経過に注意したいね。

<レース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/147704

推奨穴馬にご注目を!
180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


17年12月競馬大予言新春号

2月までの特別戦・重賞で使えるデータが満載
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

2018年の競馬のお供に!!




京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 根岸ステークス ~」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※木曜夜の展望トークです 

菊池 日曜日の東京では根岸Sが行われます。こちらを展望していきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

★競馬大予言18年新春号はソコソコ好評発売中!
2月の特別戦・重賞まで使えるデータが満載!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




根岸ステークス展望


2017年根岸S回顧はコチラ
http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50784055.html

<天候について>

菊池 今週末は天気の心配もないようなので良かったのですが、何せ寒い!寒いので、月曜日に積もった雪がまだ融けずに残ってしまっています。

京介 関東圏でも、思った以上に積もる雪だったものね。美浦の調教映像では、コースから雪をどかしてはいるけど、脇に固まった雪の塊が融けずにまだ残っている状態。

京介 東京都内の道路に雪が残るのは、関東の人たちの雪かきが下手だからだけど、東京競馬場も雪は避けたけど底冷えする天候が続いて融けきっていないはず。コースわきに避けて残った大量の雪を横目に見ながらだから、冷気が半端ない中でレースを行う形だろうね。

<馬場について>

菊池 22日(月)に約20センチの積雪。馬場全面に残った状態で、雪かきをやったのが木曜日だったということです。

京介 火曜日にすぐやったわけじゃなく、しばらく残していたんだ!それだと雪の重たさで芝が寝た状態でしょう。ダートも雨が降ったと同じぐらいに湿っているはず。

菊池 凍結防止剤も間違いなく入りますし、日曜日まで重馬場という可能性もありそうですね。ちょっと特殊な重馬場になりそうな予感。

京介 その影響は考えるけれど、おそらくじっくり湿らせたと同じような重馬場だと思うし、変な重たさはないと思うんだよ。一定のスピード、あるいは瞬発力が要求される軽いダートじゃないかと。

<レース傾向について>

続きは『競馬のレジまぐ』で全編公開中です!


https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/147698

推奨穴馬にご注目を!
180114京成杯穴推奨

180114日経新春杯・穴推奨菊池

180114日経新春杯穴推奨


17年12月競馬大予言新春号

2月までの特別戦・重賞で使えるデータが満載
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

2018年の競馬のお供に!!





京介・菊池グリグリの「東海ステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 日曜日に中京で行われた東海Sを回顧していきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

2月の重賞・特別まで使えるデータが盛りだくさん!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




東海ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/146452

<天候・馬場について>

菊池 先週も無事に雪は回避することができて何よりでしたね。寒かったのは寒かったと思いますが。

京介 少なくともパドックの最前列は、ガッチリ防寒している人ばかりだったね。ただ中京11Rのパドックが回っている時間帯は、西日がいい角度で差し込んでいて風も穏やかだったようで、空は晴れていたようだね。まあ、中山に比べて暖かかったとは到底思わないけれど。

菊池 さて、中京ダートは土曜日が終日「稍重」の発表。これは週中の雨が残ってのものでしたね。そして日曜日は「良」でした。

京介 凍結防止剤を今週は入れなかったからか、意外と乾燥が進んだというのはあるよね。

京介 平均的に逃げ馬の連対率が3割を超す中京ダートを前提にして考えると、今週は案外差しが決まったし、人気の逃げ馬や2番手の馬が苦戦していた方だと思うよ。差し馬が足りるという意味でのフラットな状況だったかと思う。

京介 やや重だった土曜日は内枠ばかり、逆に良馬場になった日曜日は馬群の外から被せて進められる外枠、2桁枠番の馬が土日ともずっと勝っていた。だけどさすがに、メインレースでは力の差が大きく展開が歪んだためか、この傾向とも言いにくい流れは覆されてしまったけれども。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 日曜日の中山ではAJCCが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

2月の重賞・特別まで使えるデータが盛りだくさん!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




AJCC回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/146441

<天候・馬場について>

菊池 寒波は月曜日。雨も降らずお天気は良かったですね。

京介 月曜日のことを思うとなあ。嵐の前の静けさというか。この日は土曜日の薄い雲も晴れて、強い風もなく、比較的穏やかな一日だった。

京介 月曜日は関東圏で雪。家の前でも膝下ぐらいまで積もる雪が降って、雪かき大変だったよ。あの水準の悪天候が日曜日にぶつかる可能性があったと思うと、ホント恐ろしい。助かったなあという感じだよ。

菊池 最終週を迎えた中山芝ですが、先週と同様に比較的内枠の方が良かったように感じられました。馬場自体は悪化が進んだように見えましたが。

京介 馬場は確実に悪かったと思う。レースごとに内ラチ沿いを進む馬の脚元から、砂煙?土煙?だかが上がっていたね。内ラチ2頭分ぐらいは、野芝すら残っていなかったんじゃないだろうか。

京介 その上で騎手も馬の脚元を傷めないよう、できれば外を回って競馬をしたかったんだと思う。どのレースも逃げ馬を放置してゆったりしたペースで進んで、3コーナーで差し馬が仕掛けてくるんだけど楽をしている先行馬が抵抗して盛り返す、という競馬が続いていたね。

京介 だけど実際のところ、やや内~6頭分ほど外の馬場真ん中あたりまでは等しく悪くなっていたから、馬場の良い場所まで狙おうとすると相当外を回ることになる。そのロスを考えると、多少悪くても最内を進んだ方が、距離得できたという状況だったね。これこそ末期馬場と捉えても良いほどだったと思うよ。


続きを読む
中央競馬全重賞データバイブル
全重賞&全コース別1番人気鉄板全書
競馬大予言


競馬チェック!のツイートもチェック!
新聞会員ご入会受付中!!

会員入口
入会お申込み
赤木&京介のガチンコ予想

会員入口
入会お申込み

▼「馬見こそ競馬予想の原点!」

関西のカリスマ赤木一騎と関東馬見の才人金子京介の一味違った競馬予想
→ご入会はコチラ
→更新手続き・有効期限の確認はコチラ


競馬「ここ」に騙されるな 厩舎ver


競馬ここに騙されるな 厩舎ver

著者 橋浜 保子(JRDB)
価格 ¥2,000
東邦出版発刊、カラー256P
絶賛発売中!
ネットで動画も見れる付録つき
最新記事
「馬券の勝ち組」になるには…~赤木流馬券術~
最新コメント
ご意見・ご要望は

ご意見・ご要望をお聞かせください

送信フォームはこちらをから
記事検索
QRコード
QRコード
リンクフリー
【新感覚の競馬新聞 競馬チェック!】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
keibacheck_link
keibacheck_link2
http://blog.keiba-check.com/
  • ライブドアブログ