新感覚の競馬新聞・競馬予想 「競馬チェック!」 のブログ

全場メインレースの競馬新聞を只今無料提供中!!WIN5と3連単を攻略するために是非ご活用ください。今1着候補馬と激走印に注目です!

一発逆転!?最終レース激走予想

一発逆転!?最終レース激走予想 ~明日の競馬は小倉だけ!?つまらないから無料公開します!~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【小倉12R】
☆推奨激走馬☆
1ピサノベッテル
─────
◎2.フォーチュンスター
○18.アグネスハビット
▲1.ピサノベッテル
注10.ジョーアカリン
△3.レーヴドプランス
△8.エーシンサファイア

 フォーチュンスターはすでに勝ち上がっていてもおかしくないレベルの馬。これまで負けた相手が、後の重賞連対馬や1000万クラスでも通用するハイレベルな馬ばかり。筋肉量が多くスピード性能には長けていて、ストライドも小回りコース向き。内枠を引けたのもラッキー。ここは勝ち負けしてもらわないと困る。

 アグネスハビットはトモに幅があって胸前の筋肉も隆々。窮屈なところがなく、器用で立ち回りが上手い。ただ今回は大外枠。スピード性能の違いで押し切ってしまえるかもしれないが、状況面で今回は◎にあきらかに劣る。2番手まで。

 レーヴドプランスは地方に転厩しての出戻り。昨年夏はまったく見所のない馬だった。それが中間の追い切りに変化が見られた。当日の馬体を見ていないことには買いとは言いきれないが、腰がしっかりとして歩様に安定感がでていれば買い。前日段階では△まで。

 推奨激走馬のピサノベッテルは、◎と○には及ばないにしても、センスの良さはならそれ以下には負けていない。超ハイペースなると分が悪いが、早めに隊列が決まって瞬発力を活かせる流れになれば、最内枠を利して突っ込んでくる可能性はある。

 エーシンサファイアは脚が長い馬で、とても短距離馬にはみえないが、良いスピードをもっていて、瞬発力もほどよくある。ただ、今の持ち時計が頭打ち。今回は55kgを背負わされるだけに強気にはなれない。

 ジョーアカリンは馬体は良くまとまっていて見栄えがするタイプ。成績をみても買いやすい馬だ。ただ、全体的にパーツが硬く、小回りコースよりも、多少直線があったほうが競馬がしやすい。今回は適性があっているとはいえず、取りこぼしも十分にありえる。

 (オクノ)

一撃必勝!?最終レース大穴予想 ~今週は競馬をする人が少ないようなので…~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【東京12R】
1番ヤマタケディガー

 約10ヶ月ぶりの競馬。もちろん当日の仕上りは気にしておきたい。
 もし仕上がっていたら…。

 なにせ府中のマイル戦でこその馬。最後方から直線に掛けるタイプ。
 今回は追える丸山元気を配してきた。追うことに関しては武士沢よりも今や丸山のほうが達者か。
 勝ちきるシーンは想像でいないにしても、メンバー的にみて3着ならなんとかなりそう。
 仕上がり次第。

 ※理想は右前J鉄外し
 
(オクノ)

一発逆転!?最終レース予想 ~京都12R どうにもならない感じだけど…~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


※京都牝馬ステークスは安目でも当たりは当たり(中途はんぱですが・笑)。というわけで最終レース予想も無料公開します!

-------------------
【京都12R】
☆推奨激走馬☆
2.ワンダーゴヴェルノ
14.ゼンノコリオリ
─────
◎7.エクスクライム
○5.サーシスリーフ
▲2.ワンダーゴヴェルノ
注12.サダムコーテイ
☆14.ゼンノコリオリ
△9.スズカブリザード

サーシスリーフは、前走は馬券圏内はあるだろうとおもった刹那、外から寄られて手綱を引くほどの被害を受けた。そこに道中かかっていた分も加算すれば、ハイレベルの500万条件でも戦える力はあることを証明した。今回は乗り替わりでルメール。連闘でルメールを乗せてくるぐらいだから、陣営もかなり期待しているのだろう。

ワンダーゴヴェルノは、前走、後になって見直してみればちょっと人気なさすぎだったような気がする。馬っぷりが非常に良くなっていた。雰囲気は勝ち馬を遜色なし。やっと成長してきたように思えた。56Kを背負って好走したことがないので大きなことは言えないが、このメンバーでもそこそこやれるとみている。

サダムコーテイは、ダートに路線変更してから成績が安定してきた。ただ、体つきや歩様、脚回りを見る限り、力のいるダートはあっていない。脚抜きの良い馬場の時計勝負になれば評価を改めないといけないが、パサパサのダートなら高く見積もっても今回は4番手まで。

エクスクライムこそダートタイプ。昨年の今時期に芝で勝っているが、すごく時計がかかる重たい馬場がはまった形。スタートで行き足がつかずでいつも後方からの競馬。馬体構造的に芝のスピード勝負になると、当然ながら勝負にならない。こういうタイプはパサパサのダートで一度走らせてみたい。歩様も昨年よりも力強くなっている。

ハドソンシチーは薄身で柔らかみのある芝タイプ。力のいるダートは合わないと見ている。

ゼンノコリオリは前走少し狙ってみたが、スタート失敗して競馬にならなかった。今回は連闘。体も大きくなってきて状態は上向きつつある。乗り替わりもプラス。

スズカブリザードは前走はパドックでの雰囲気がもうひとつ。入れ込み気味で、集中できていなかった。スタートでも行き脚がつかず。中一週で少しでも集中力が高まってきていれば。

(オクノ)

土曜は悔しいヒモ抜け!で再度無料公開! 1/19(日)は中京最終で一発逆転!

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


土曜の同コラムで、10番人気で勝利したラブラバードを本命に推しておきながら、単勝を買わずにワイド一本で行って外すという情けない結果…。
明日こそブログ読者の皆さんにバシっと的中させてもらうために、もう一回無料公開!

【中京12R】
☆推奨激走馬☆
15.エーシンマイェスタ
─────
1000万条件のハンデ戦。
波乱要素が薄い中にも臭い人気薄が何頭かいる。それらの展開どハマリに期待して、3連馬券の好配当を狙っていきたい。

◎6.フジマサエンペラー
○15.エーシンマイェスタ
▲11.ゴールドベル
注4.ダンツカナリー
☆1.レディオスソープ
△8.ヒシガーネット
△16.キネオリュウセイ

 まず1番手となるのがフジマサエンペラー。
 ハンデが58kgとなるのは正直しんどい。ただ実際地力は抜けていて、背負っても決め手を活かせるのが強みだ。鞍上も追える吉田隼人ならさほど不安なし。ダンツカナリーが仕掛けてハナを取りに行く流れになれば、流れは自然と向いてくるだろう。ただし、スローになるとハンデがハンデだけに分が悪くなる。そこをどう取るか。

 ダンツカナリーは、おそらく今回単騎でハナにたつ馬。距離短縮で自分の流れに持ち込めばかなり渋太い。52kgならスピードも生かされる。開幕週の馬場もあう。

 推奨激走馬のエーシンマイェスタは、今回休み明け。まずここが買いのポイント。前走は500万条件ながら内容は良く、スムーズな競馬さえできれば、1000万条件でも十分通用する。休み明けの昇級戦で人気が下がっている今が買い時。

 ゴールドベルも決め手ある一頭。ここ2戦は流れが合わずに力を出し切れないまま終わっている。勝負根性もあって、常に真剣に走ってくれるところも頼もしい。この馬にとって55kgのハンデは非常に楽だ。頭まで見込める。

 穴は最内のレディオスソープ。軽ハンデのメリットは薄いものの、決め手があって、スピード活かせる今回の条件こそ買うべき馬。気の良いタイプなので、なるべく速い流れになってくれたほうがありがたい。

 キネオリュウセイは直線が長いコースのほうが良いタイプ。前走は鞍上と呼吸があっていなければ、馬場もあっていなかったようで、全く自分の力を発揮できなかった。馬体は充実していて特に悪いところもなし。ハンデも手頃で、手替わりもプラス。


(オクノ)


一発逆転!?最終レース激走予想
は、競馬チェック!の新聞会員で提供しています!


nenga

会員入口
入会お申込み

⇒競馬チェック!サービスサイトへの入り口はこちらです


一発逆転!? 最終レース激走予想  「1/18(土)京都12R」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【京都12R】
◎8.ラブラバード
○4.ダイナミックウオー
▲3.スリーキャピトル
注10.ミラクルラヴィ
△11.メイショウヤマホコ

 ダイナミックウオーが1番人気か、それともトーホウスマートのほうか。あるいはメイショウヤマホコか…。
 ダイナミックウオーが3倍台の1番人気になるなら、勝つ期待値はかなり高まるのだが。

 ダイナミックウオーは、前走がさっぱり。左回りがダメはわけではない。時計が掛かる馬場が合わなかったのか。終始走りにくそうで、行きたがっては頭を上げて競馬になっていなかった。度外視して良い。理想は2走前の競馬。すっと先行して、速めの流れで粘り込む競馬。問題は気性難。ペースが遅くなると引っかかってどうしようもなくなる。2走前でも掛かり気味だった。このあたり、福永がいかに上手く操作できるか、そこだけだ。

 ラブラバードは、久々の競馬。休みまえは使いすぎで体がしぼみ、走れる状態ではなかった。ただ、500万条件程度なら勝ち負けできる素質はある。追いきりの内容は○。どれだけ立て直してこられたか、当日の馬体を気にしつつ、積極的に狙っていきたい。

 ミラクルラヴィは決め手はあっても、今の馬場は脚質の観点からはオススメしづらい。後方からすすめて、着を拾いにいく競馬では勝ちきることは到底不可能。あって3着。

 スリーキャピトルは適鞍が定まらず右往左往しているようか感じがする。気性的に難しいところがあり、鞍上も困っているようで、結局後方からの競馬となってしまう。ただ言えるのはダートよりも芝のほうが合っているということ。スピード性能は1200mの馬よりも劣るので、距離が伸びるのはプラスとみている。決め手も備わってきた。国分優作に手が戻るのも頼もしい。

(オクノ)

一発逆転!?最終レース激走予想 ~函館12R大雪ハンデキャップ~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【函館12R大雪ハンデキャップ】
~最終馬連キャンペーン中~

☆推奨激走馬☆
2.ロードエフォール
15.プレイ
─────
◎15.プレイ
A=ブログランキングの順位アップにご協力ください(40~85位ぐらい)
▲9.マイネルストラーノ
注11.ダンツアトラス
☆デルマイザナミ
△2.ロードエフォール

 デルマイザナミは本当に雰囲気が良くなってきた。担当が変わったのか…。ただ、この馬の脚質を考えると、勝ちきるのはちょっと難しそう。鞍上も積極的に前をとりに行くようなタイプではないので、あくまでもヒモ扱いで。

 A=ブログランキングの順位アップにご協力ください(40~85位ぐらい)は以前に比べ、腰付きがだいぶん良くなってきた。いまなら1000万条件でも好走できるレベルにある。前走も先行して押し切る競馬ができたのは大収穫。これも腰が良くなった成果。今回も十分勝ち負けを期待できる一頭。

 マイネルストラーノは前走はまだ少し太め残り。能力的には1000万条件で常に好走できるレベルにある馬で、体力勝負になればより安定感が増す。今の函館の馬場は合うはずだ。

 ダンツアトラスも同クラスの観点からはかなり良い馬の部類に入る。小回り向きではないので、軸にはできないが、53kgなら今回も勝ち負けできるはず。

 トップハンデはプレイ。1600万でも通用していた馬で前走が降級緒戦。そこで敗れた馬は皆同じく上のクラスでも通用する馬達。負けたからといって悲観する内容ではなかった。今回のメンバーは正味格下。上の馬達以外には負けることはまず考えにくい。鞍上が不調なのが多少気になる程度。枠が良いので何とかしてくれると思うが。

 ロードエフォールは、前走は道中の位置取りが悪くなり完全に走る気を無くしてしまった。馬っぷりは平均的でも、道悪適性が非常に高く、今の馬場はこの馬にとって大きくプラスに働いてくれそう。良い状態をキープできている。

(オクノ)

───
☆お知らせ☆

1番人気取捨の極意カバー当ブログ編集長であり競馬アナリスト・奥野の最新作「1番人気 取捨の極意」が発売されましたのでお知らせします。
気が向きましたら、Amazonのサイトのほうでチェックしていただけると幸いです。

【内容紹介】

 1番人気をいつ買い、いつ消すか―。

 馬券を買う上でもっとも重要且つ大事なテーマである「1番人気」に正面から向き合い続ける男・奥野憲一の「1番人気」シリーズの最新刊。
 1作目の「1番人気 鉄板の条件・消しの条件」から約4年半が経ち、シリーズ4作目となる今回は、通常データ(買える1番人気条件)の刷新はもちろん、今話題となっている「育成牧場」についても着目し、休み明けの1番人気を狙う際のデータが充実。

 また、一昨年より発売が開始されたWIN5ファンのために、1番人気を上手く活用して的中へと誘う「WIN5的中シミュレーション」を掲載。
 さらに、大好評を呼んでいる袋とじ企画「鉄板強度」は、各計算を抜きに一発で強度が判別できるように改善。より分かり易く、より使い易く、より的中率を高めて収録されています!

1番人気 取捨の極意 (競馬王新書)
新書: 192ページ
出版社: 白夜書房 (2013/6/21)
発売日: 2013/6/21
定価: 945円(税込) 送料無料


Amazonで購入する


rakuten_books
楽天ブックスで購入する


一発逆転!? 最終レース激走馬予想  8月24日(土)

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【新潟12Rで一発逆転!】

☆推奨激走馬☆
A=ブログランキングの順位アップにご協力ください(40~85位ぐらい)
─────
◎3.アイティクイーン
A=ブログランキングの順位アップにご協力ください(40~85位ぐらい)
▲17.シンワクイーン
注6.アラマサウイン
△5.レヴァンタール
△15.シンボリゾンネ

週中にまとまった雨が降り、明日もまた雨で馬場が渋ることを考慮して予想しなければならない。
軽斤量馬よりも、馬格があって、ダートもこなせる馬が穴をあけるとみる。

人気のレヴァンダールは馬格が無く、走りも堅い芝向き。ちょっと買いにくい。

前走強く推したアイティクイーンは前走はスピード負けしてしまった。現状どちらかといえば多少時計がかかる馬場の方が合っていそうだ。馬格があってダートもこなせるように、明日の馬場に対応できるはず。今回こそ馬連軸でなんとかなりそう。

A=ブログランキングの順位アップにご協力ください(40~85位ぐらい)もそこそこ馬格があるタイプ。今回の騎手の起用は、馬場状態を考慮して強気で狙ってきている証拠(普通なら上位騎手に替える)。枠も良いところを引いただけにさらに色気が増す。

シンワクイーンも注目の一頭。道悪での好走実績はないものの、部分的に見ると適性が無いことはない。牝馬ならがそこそこ馬格があってパワーでつっきるタイプ。前走はやや仕掛けが遅れた結果で、力負けではない。比較的良い場所を選んで走れそうなので有利。

大穴はシンボリゾンネ。中央では未勝利の身だが、このコースでは実績があって、タイプ的にも道悪は苦にしない。軽量と道悪適性の高さ活かして3着を獲る競馬に徹すれば、今年まだ1勝の花田でも見所は作れそう。

(オクノ)

一発逆転!?最終レース激走予想 ~夏競馬限定!1番人気取捨の極意特別バージョン7/14~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


~中京12R~

─基準1番人気─
9.メテオライト
厩舎 AA
クラス(条件) A
厩舎×馬主AA
厩舎×騎手A
騎手×馬主AA
騎手 S

☆推奨激走馬☆
なし
─────
◎9.メテオライト
○2.スマートラファエル
▲12.ベストリガーズ
注5.メイショウブシドウ
△8.スズカウラノス
☆16.スリータイタン


上位人気からどれをどの位置において、どう馬券を構成するか、といったレース。

1番人気はおそらくメテオライトだろう。1番人気鉄板強度が示す通り、人気して軸鉄板といえる形。もうここはメテオライトの1頭軸固定で良さそうだ。

次は2番手探し。
スマートラファエル、スリータイタン、スズカウラノスらが有力。

スズカウラノスは多少癖がある馬で、どうしても後方からの競馬となってしまう。長く良い足を使えるので、テンからほどよく流れてくれれば、十分ゴール前で接戦を演じることができるだろう。

スリータイタンは、1000万では歯が立たずも500万なら常に勝ち負け。ただし安定感に欠け、自分の競馬ができないと簡単に取りこぼす。今回は大外枠、それだけでもう自分の競馬ができなさそう。

となれば、柔軟に立ち回れ、どんな競馬になっても接戦を演じるスマートラファエルを2ばん手に持ってくるのが妥当。

3歳馬のセイスコーピオンはまだ重いダートで古馬に太刀打ちできるほどの体力が備わっていない。

穴は、障害から帰ってきたメイショウブシドウと叩き2走目のベストリガーズ。

ベストリガーズは前走後にしっかり乗り込まれ、今週は騎手を背に好時計が出た。体調はかなり上向いてきている様子。蹄の不安が解消されているのだろう。今回は前走以上の成績が期待できそうだ。

メイショウブシドウは大きく変わった点はないにしても、そもそも、平地の500万条件を勝ち上がっている身であることを忘れてはならない。調子の良さは顕著。中間はオープン馬は同クラス馬たちと積極的な追切を消化している点にも好感が持てる。

(オクノ)
───
☆お知らせ☆

1番人気取捨の極意カバー当ブログ編集長であり競馬アナリスト・奥野の最新作「1番人気 取捨の極意」が発売されましたのでお知らせします。
気が向きましたら、Amazonのサイトのほうでチェックしていただけると幸いです。

【内容紹介】

 1番人気をいつ買い、いつ消すか―。

 馬券を買う上でもっとも重要且つ大事なテーマである「1番人気」に正面から向き合い続ける男・奥野憲一の「1番人気」シリーズの最新刊。
 1作目の「1番人気 鉄板の条件・消しの条件」から約4年半が経ち、シリーズ4作目となる今回は、通常データ(買える1番人気条件)の刷新はもちろん、今話題となっている「育成牧場」についても着目し、休み明けの1番人気を狙う際のデータが充実。

 また、一昨年より発売が開始されたWIN5ファンのために、1番人気を上手く活用して的中へと誘う「WIN5的中シミュレーション」を掲載。
 さらに、大好評を呼んでいる袋とじ企画「鉄板強度」は、各計算を抜きに一発で強度が判別できるように改善。より分かり易く、より使い易く、より的中率を高めて収録されています!

1番人気 取捨の極意 (競馬王新書)
新書: 192ページ
出版社: 白夜書房 (2013/6/21)
発売日: 2013/6/21
定価: 945円(税込) 送料無料


Amazonで購入する


rakuten_books
楽天ブックスで購入する


一発逆転!?最終レース激走予想 ~夏競馬限定!1番人気取捨の極意特別バージョン7/7~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


堅いところを狙いに行くと荒れ、高配当を狙いに行くと荒れすぎて獲れない。これが福島競馬の現状。
なので、もう無理に福島に手を出すのはやめにする。

当てやすいところは函館。中京はヒモ荒れ発生率が高いので、ある程度の高配当を狙いにいくなら中京がおすすめ。

函館最終レースは10頭立てで1番人気鉄板強度が比較的高い。
中京最終レースは18頭立てで1番人気鉄板強度がやや高め。
当てに行くか好配当を狙いに行くか…。


~函館12Rかもめ島特別~

【基準1番人気】
 5.キャトルフィーユ
  鉄板強度総括AA

  <詳細>
   厩舎    AA
   クラス(条件)A
   厩舎×馬主 ─
   厩舎×騎手 ─
   騎手×馬主 ─
   騎手    S


☆推奨激走馬☆
8.ハイタッチクイーン
─────
◎5.キャトルフィーユ
○1.エアジェルブロワ
▲8.ハイタッチクイーン
注10.クイーンリヴィエラ
△2.ニシノテキーラ

 本命はキャトルフィーユ。おそらく1番人気。昨年の3歳オープン特別を勝利後、勝ち星から遠ざかっている。ただ、G1未満では大崩れなく、自己条件では牡馬が相手でも当たり負けせず好走している。
今回は牝馬限定の1000万条件。前走よりもレースレベルが下がり、枠順的にも確実に良い位置をとれるとなれば、連を外すことを考える方が難しい。決して目立ってはいない鞍上藤田も1番人気なら高信頼。堅軸扱いで良いだろう。

 ハイタッチクイーンは昨年の同レースで3着。コース適性はあることはすでに証明済み。前走の敗戦は、軽ハンデ馬がレースを引っ張りすぎ、この馬にとって理想の流れにならなかったことが主な理由。今回のようにスローペース必至なら、高い瞬発性能できっちり上位を獲りに来れる。

 ニシノテキーラは、前走はハイタッチクイーンとは逆で、Hペースが嵌った。体は仕上がりは良くても、それほど見栄えはせず、歩様も硬め。ここまで使われていては上積みも見込めない。評価を下げるのが妥当だろう。

 一叩きして心身ともに余裕がうまれているのがエアジェルブロワ。休み明けの前走は余裕の勝利。この中間はしっかり乗り込まれデキの良さをアピール。内々で連勝の期待も高まっている。

 最後はクイーンリヴィエラ。前走は休み明けでも体はデキていた。ただ、スタートで躓くハプニングで、自分の競馬が全く出来なかった。まともなら掲示板はあったはずだ。今回は2走目で状態は明らかに上向き。大外枠の分割り引いたが、上手く馬群に入れることができれば、3着内は難しくない。

(オクノ)

───
☆お知らせ☆

1番人気取捨の極意カバー当ブログ編集長であり競馬アナリスト・奥野の最新作「1番人気 取捨の極意」が発売されましたのでお知らせします。
気が向きましたら、Amazonのサイトのほうでチェックしていただけると幸いです。

【内容紹介】

 1番人気をいつ買い、いつ消すか―。

 馬券を買う上でもっとも重要且つ大事なテーマである「1番人気」に正面から向き合い続ける男・奥野憲一の「1番人気」シリーズの最新刊。
 1作目の「1番人気 鉄板の条件・消しの条件」から約4年半が経ち、シリーズ4作目となる今回は、通常データ(買える1番人気条件)の刷新はもちろん、今話題となっている「育成牧場」についても着目し、休み明けの1番人気を狙う際のデータが充実。

 また、一昨年より発売が開始されたWIN5ファンのために、1番人気を上手く活用して的中へと誘う「WIN5的中シミュレーション」を掲載。
 さらに、大好評を呼んでいる袋とじ企画「鉄板強度」は、各計算を抜きに一発で強度が判別できるように改善。より分かり易く、より使い易く、より的中率を高めて収録されています!

1番人気 取捨の極意 (競馬王新書)
新書: 192ページ
出版社: 白夜書房 (2013/6/21)
発売日: 2013/6/21
定価: 945円(税込) 送料無料


Amazonで購入する


rakuten_books
楽天ブックスで購入する


一発逆転!?最終レース激走予想 ~夏競馬限定!1番人気取捨の極意特別バージョン7/6~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


福島12R

【基準1番人気】
 4オリオンザスター
  鉄板強度総括AA

  <詳細>
   厩舎    A
   クラス(条件)B
   厩舎×馬主 S
   厩舎×騎手 AA
   騎手×馬主 ─
   騎手    S

☆推奨激走馬☆
7.アウルム
────
◎4.オリオンザスター
○5.ルミナススカイ
▲7.アウルム
注6.キョウエイショウリ
☆11.コスモゴールデン
△3.プロモントーリオ

 1番人気は3歳馬のオリオンザスター。小西厩舎の田辺で、指数全般が◎とくれば素直に信用。軸は堅いとみて、ここから流す馬券作戦。

 推奨激走馬のアウルムは前走は転入放牧による休み明け。門別競馬を経験させるなかで体がしっかりしてきたのか、昨年春よりも数段見栄えがするようになって帰って来た。
ただ、休み明けだったせいもあり中身のデキがまだ甘かったようだ。脚抜きがよく速い流れに対応できなかった。今回は中間しっかりと乗り込み仕上げに抜かりが無い様子。乗り替りからも勝負度合いの高さが伝わってくる。

 ルミナススカイは昨年秋から使いつつ徐々に成長し、1000万でもそれなりの走りができるようになった。距離は長くてもこれぐらいなら持ちこたえてくれそうな走り方。追い切りでもだいぶ目立つようになってきた。500万条件ならスピード競馬になっても問題なし。

 ルミナスと同じ厩舎のキョウエイショウリも一応やる気をみせている。福島コースは実績があり鞍上も信頼できる伊藤工。条件面ではルミナスよりも上。ただ、スピードではまだ上位に劣るのであって3着の評価。

 人気と実績の乖離から狙ってみたいのがコスモゴールデン。地方に回ってきているので人気を下げているようだが、持ち時計も一応基準をクリアーしていて追い切り評価も非常に高い。昨年の春頃のデキに戻っていそうだ。鞍上も乗れている柴田大なら信頼に足りる。

 ショウナンアポロンは1200~1400mを中心に賞金を積み上げてきた。1700m以上は初。ここをどう評価するか。前走を見る限り、まだ前捌きが硬くトモも不安定。メンバー弱化とはいっても、今回もよくて掲示板だろう。

(オクノ)

───
☆お知らせ☆

1番人気取捨の極意カバー当ブログ編集長であり競馬アナリスト・奥野の最新作「1番人気 取捨の極意」が発売されましたのでお知らせします。
気が向きましたら、Amazonのサイトのほうでチェックしていただけると幸いです。

【内容紹介】

 1番人気をいつ買い、いつ消すか―。

 馬券を買う上でもっとも重要且つ大事なテーマである「1番人気」に正面から向き合い続ける男・奥野憲一の「1番人気」シリーズの最新刊。
 1作目の「1番人気 鉄板の条件・消しの条件」から約4年半が経ち、シリーズ4作目となる今回は、通常データ(買える1番人気条件)の刷新はもちろん、今話題となっている「育成牧場」についても着目し、休み明けの1番人気を狙う際のデータが充実。

 また、一昨年より発売が開始されたWIN5ファンのために、1番人気を上手く活用して的中へと誘う「WIN5的中シミュレーション」を掲載。
 さらに、大好評を呼んでいる袋とじ企画「鉄板強度」は、各計算を抜きに一発で強度が判別できるように改善。より分かり易く、より使い易く、より的中率を高めて収録されています!

1番人気 取捨の極意 (競馬王新書)
新書: 192ページ
出版社: 白夜書房 (2013/6/21)
発売日: 2013/6/21
定価: 945円(税込) 送料無料


Amazonで購入する


rakuten_books
楽天ブックスで購入する


一発逆転!?最終レース激走予想 ~夏競馬限定!1番人気取捨の極意特別バージョン6/30~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【福島12R】

▼基準1番人気
 15.ダイワベスパー
  鉄板強度総括B+

  <詳細>
   クラス(条件)A
   厩舎    B
   厩舎×馬主 B
   厩舎×騎手 A
   騎手×馬主 ─
   騎手    B

─────
☆推奨激走馬☆
なし

◎7.ガッダムアスカ
○10.アルマディヴァン
▲11.リシェス
注15.ダイワベスパー
△8.レモンチャン
△2.モレサンドニ

1番人気はダイワベスパーかガッダムアスカか…。
もし直前でガッダムアスカが1番人気になるようならガッダムアスカの連は堅いということになる。
それはさておき、ここはとりあえず、基準1番人気のダイワベスパーを1番人気として進めていく。

 ダイワベスパーの1番人気鉄板強度はB。1番人気なりの成績は残すが決して堅くはない、との評価。データからはこうでた。
 馬個体評価は、たしかに成長している風にはみえるが、2走前は枠順と馬場と展開に救われたところがあり、相応の能力の高さを見せつけての勝利とは言い難い。
 前走は距離が長かったというよりも、単なる力負け。スローの流れで先行して、他の先行馬はきっちり馬券に絡んでいるのに対し、こちらは掲示板をキープするのがやっと。出遅れた分もあるが、スローの流れで最内枠からスムーズに好位をとれた無駄のない競馬でこの成績。今回の牝馬限定に近い500万条件でも、連軸はおろか、大外枠からでは馬券にも絡めない可能性も十分ある。思い切って消してしまってもいいか。

 それに対して◎を打ちたいのが、ガッダムアスカ。
 半年ぶりの競馬。中間は関西の吉澤ステーブルWで調整。お金を掛けて心身共に強化されきた。ベストの状態なら、少なくとも3走前の力強い競馬ができて当然の馬。鞍上がそこそこ乗れている嶋田なら安心してお金を預けられる。
 
 対抗にはアルマディヴァン。
 芝に変わって未勝利を脱出し、500万条件のそこそこレベルが高い競馬で好走。すでにこのクラスを卒業する目処は立っている。先行力があるのもまた頼もしい。馬券圏は確保してくれるはずだ。

 人気薄で面白そうなのがリシェス。
 少し間隔はあいたが、中間は山元トレセンのほうに出されていたので仕上がりに関しては問題なし。
 前走の敗戦も、馬場と枠順が空回りを生んだことによるもので、要は力を出し切れていない。スムーズならもっと良い競馬ができたはず。
 そして今回は鞍上に戸崎を従えての参戦。枠順が11番なら楽にイイ位置をとれるはず。

(オクノ)

一発逆転!?最終レース激走予想 ~夏競馬限定!1番人気取捨の極意特別バージョン~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


 今週から夏のあいだ、特別に1番人気の鉄板強度を含めた予想でお届けします。
【函館12R 洞爺湖特別】

▼基準1番人気
 10ダノンジェラート
  鉄板強度総括A
  <詳細>
   クラス(条件)A
   厩舎    B
   厩舎×馬主 ─
   厩舎×騎手 AA
   騎手×馬主 ─
   騎手    B


☆推奨激走馬☆
11.コスモバタフライ
洞爺湖特別_コスモバタフライ

─────
◎9.アールシネマスタア
○10.ダノンジェラート
▲2.ゼロス
注3.スーパームーン
☆11.コスモバタフライ

 基準1番人気のダノンジェラートは、鉄板強度は微妙なA。騎手も強度Bならさほど信用できるレベルではないので、やや低めの扱いで。
 馬自体、完全な直線長いコースのスピード馬場タイプ。小回りで直線が短い函館コースでどこまで能力を引き出すことが出来るか。後方からマクリ一発決められるようなタイプでないだけに、勝ちきるまでは難しいかも知れない。

 スーパームーンもそれとよく似たタイプ。後駆に繋が硬く、飛節も硬いので、小回りコースへの対応力に疑問符が付く。ダノンジェラートよりも前で競馬が出来る分、有利に立ち回れそうだが、前残りを許してしまう可能性は大だ。

 前残りの可能性がある馬となれば、キタサンパイロットとゼロス。

 ゼロスは、前走2段階降級となるハンデ戦で凡走。58kgのトップハンデが堪えたとはいえ、ちょっと不甲斐ない内容。今回は定量戦の57kg。距離がさらに200m延長になるが、スローになりそうなここは、寧ろ距離延長がプラスにでそう。

 キタサンパイロットはまだ体が出来あがっていない印象がある。好位からレースを進められる分有利だが、最後の直線で瞬発力勝負になると分が悪い。

 そして激走馬のコスモバタフライは、典型的な小回りコースタイプ。前走はハンデ戦での軽斤量だったとはいえ、人気馬たちを置きざりにしてきた走りはなかなかのもの。ただ、完成度的にはまだ1000万では3着争いが精一杯だろうとおもわせる形。勝ちきるところまではイメージしづらい。

 大穴はアールシネマスタア。脚元の状態から、芝を使えない事情があるのかどうなのか…。タイプ的にはダートのスピード競馬に対応できる馬ではなく、芝の重い馬場のほうが合っているかもしれない。洋芝はむくはずだ。デキも安定しているので、ここで激走する可能性は低くない。

(オクノ)

ダービーDayだから特別公開! ~オクノの一発逆転!?最終予想 「目黒記念の激走注目馬はこの馬だ!」 ~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【目黒記念の激走予想】

☆推奨激走馬☆
5.カポーティスター
チェック_目黒記念激走馬

─────
◎8.アドマイヤラクティ
○16.ルルーシュ
▲4.ムスカテール
注11.カフナ
☆5.カポーティスター
△15.コスモラピュタ

ルルーシュは本当に良くなって帰って来たなーというのが第一印象。中間もあれだけダービー参戦馬の稽古相手をしていれば、勝手に自らの士気もあがる。57Kも非常に楽。外枠を引いた分割り引くが、連争いは必至とみている。

アドマイヤラクティは、本当にイイ追い切りをする。これで57.5Kでも単勝5倍つくなら、食指が動いて当然。好調を維持できているのはもちろん、終いのキレに鋭さを増している。前走はGⅠで相手が強かったが、このメンツで57.5kのハンデはむしろ楽。ただし、仕掛け遅れて届かず3着というケースも考えられるので、◎とはいって手広く。

ムスカテールやカポーティスターら、天皇賞(春)惨敗組は、今回はデキをキープできている様子。むしろ前走よりも上向いているようにみせる。特にムスカテールは、ここがベストの条件。絶対に落とせない意志のウチパク起用なら尚更だ。
対してカポーティは福永。悪くはないが、なんとなく「空いていたから感」がある。とはいえ、乗れていて長距離なら信頼できる騎手。消すわけにはいかない(激走馬)。

カフナは使いつつ逞しくなっていく様子がみてとれる。後肢の緩さも徐々に解消され、終いまでしっかりと伸びるようになった。ただしまだ重賞での連対はなし。斤量も56.5Kは決して楽ではない。展開と位置取りとペースを読める鞍上の手腕で、連までもってこられるかどうか、といったところか。勝ちきるところまでは想像しづらい。

大穴はコスモラピュタ。このところ全く良いところなし。でも実際は悪いところは見られない。前走は休み明けでプラス18K。体を戻してこられたというのは加点してよいところ。この追い切りも走りのバランスが良くなっている。前走の中間にビッグレッドファーム鉾田に出してから少し状態が改善されつつあるのかもしれない。

クリールカイザーはちょっと体が硬いので、重賞となるともう一つポジションが下がる。ハンデ活かして良くて3着といったところか。配当的にあまり美味しくないのでいっそのこと消しても良いか。

タッチミーノットは相変わらず脚捌きが硬い。これが終盤のコーナーで置かれる最大の要因。不器用なので、他が良い位置を獲りに行く場面で先を越されてしまい、結果差し遅れて掲示板までということになる。これはもう7歳の馬を矯正することは不可能。この馬の適条件で好走を促す調整をするしかない。ハンデ57.5Kも正直厳しい。これで単勝10倍前後なら尚更買いづらい。押さえまで。

(オクノ)

<特別公開>オクノの2/2(土)は中京最終で一発逆転!

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【2月2日 中京12R】
☆推奨激走馬☆
A=ブログランキングの順位アップにご協力ください
13.マイネルマルシェ
─────
◎5.リバーハイランド
○9.ゼフィランサス
A=ブログランキングの順位アップにご協力ください
注13.マイネルマルシェ
△12.マイネルディール
△15.マイネルナタリス

2走前の新潟で少し注目していたリバーハイランドが出てきたのでこちらのレースを逆転レースとしてもってきた。

リバーハイランドは、今回は休み明けとはいっても中10週。外厩で少し体を休めてきただけのようだ。追い切り時計を見る限りは体はほぼ仕上がっていそう。
2走目の新潟芝1600mの敗戦は、もう8枠以外にない(他の3歳馬や牝馬らの斤量メリットもあったが)。
時計が出る馬場で、結局は内を走ることができた馬が好走をして、人気を背負ったアドマイヤコリンら大外一気を図った馬たちは前を捕らえられずに敗退している。リバーハイランドももちろんその1頭だ。
内で脚を溜めることができれば、もっと終いは弾ける馬。マイルもベストで左回りも問題なし。
鞍上は一応好調を維持している菱田なら文句なし。
もうそろそろガツンと狙っていい頃かもしれない。

推奨激走馬のマイネルマルシェは、今回は乗り替わって和田。9Rのカラフルブラッサムに乗りに中京に参戦のついでに、一穴開けて欲しいところ。
前走9着に負けているとはいっても、勝負どころで勝ち馬に後ろから煽られて進路を譲ったら、前が壁になって動けなかったという、情けない結果。
それ以前に、同じレースに出走していたマイネルスパイスの好走を促す算段だったのかもしれないが…。
今回はとなりのマイネルディールかこの馬か、どちらかが上位を獲りに来た印象。安定感をとるなら、鞍上面を考慮してマイネルマルシェのほうか。
もちろんマイネルディールも上位争いできる馬なので、抑えは必須。

もう1頭の推奨激走馬A=ブログランキングの順位アップにご協力くださいは、ようやく適条件がめぐってきた。
左回りは問題なく、直線が長いコースもこの馬には喜ばしいこと。
レースの流れに嵌るかどうか…というところはあるが、今回の鞍上を踏まえて、少しでも単勝を握っておいたほうが良さそうな雰囲気はある。

ゼフィランサスはようやく状態を持ち直してきた様子。
3着だった前走は、厳しい流れの中、好位を取りに行ったぶん、終いに影響したようで、外の2頭の追撃を退けることができなかった。4角の進路取りも良くなかったようにおもう。
今回の鞍上は、特に信頼できるわけではないが、一応昆貢厩舎に頼られている上村。下手なレースにはならないだろう。
ただ、アタマ鉄板とまではいかないので、あくまでも3着内鉄板ということで。

大外のマイネルナタリスは、毎度堅実に上位に食い込んでくる馬なのだが、いつもそれほど人気しない。ここ2戦も、下から数えたほうが早い人気順位だったにもかかわらず、掲示板を確保。負けた時も僅差で決して大負けはしない。
いつ馬券圏内に突っ込んでくるかわからないので、押さえておいたほうが無難。開き直りの最後方一気が決まる可能性もなきにしもあらず。

人気しそうなキングロンシャープは安定感乏しいタイプ。
2走前の2着のレースも、勝ち馬以外はかなりの低レベル馬の集まり。そこで上手く流れ込んで2着しただけ。常に掲示板をとれる馬ようなではない。

※当コラムは、普段は新聞会員サイト内で公開しています。
(オクノ)




nenga
⇒サイトへの入り口はこちらです

会員入口
入会お申込み

一発逆転!? 最終レース激走予想! ~ お年玉特別公開 パート2~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


今年は、
単複はもちろん、ワイドも含め、
様々な馬券戦略を企てつつ、
一発逆転となる馬選びのポイントをお伝えしていければと考えています。
どうぞご期待ください。
※当コラムは、普段は新聞会員のコラムコーナーで公開しています


【1月6日 京都12R】
☆推奨激走馬☆
6.シェルエメール
A=ブログランキングの順位アップにご協力ください
─────
◎8.タマラマ
○6.シェルエメール
A=ブログランキングの順位アップにご協力ください
注10.ヤマニンプチガトー
△7.マイネルアダマス
☆15.タマモコントラバス


まずは明日の天気から。

晴時々曇
最高 8℃
最低 -1℃
降水確率 30%

西の風日中北西の風
等圧線の状況から、それほど強い風にはならなさそう

ダートは凍結防止剤を使用していて、多少力がいる馬場になっている。
芝は全体がフラットでも、どちらかといえば内枠が有利な状況。


さて、今回、京都最終を選んだ理由は、
中山12Rの条件よりも、京都12Rの条件の方が荒れる確率が高いからだ。

   ▼複勝500円以上の出現率
    ・全体 42%
    ・京都芝1400m 57%
      ※単オッズ3倍台の1番人気がいる条件戦に限る
    ・中山芝2000m 26%
      ※単オッズ3倍台の1番人気がいる条件戦に限る


まず見ていきたいのが、複勝500円前後つきそうな激走馬。

京都12Rシェルエメールシェルエメールがその対象。
前走は黛からウィリアムズへの乗り替わりがまず大きかった。
そして今回は福永。明らかに状態の良さを示唆した人事だ。

つづいてA=ブログランキングの順位アップにご協力ください
前走は逃げ先行総崩れの厳しいレースを、先行してバテバテフィニッシュ。距離が1F長い上、あれだけ強風にあおられては競馬にならない。前々走、3走前は道悪にないた。
1000万で勝ち負けできる能力はもっているはずなのだが、環境的好条件にめぐまれないのが実際のところ。
今回の乗り替わりは大きな加点材料ではないが、最内枠を引けたのは幸運だし、比較的固く時計がでやすい馬場状態も理想的。今回こそ能力をフルに発揮できるはず。

激走馬ではないがタマモコントラバスもその対象。
こちらはさらに配当がつく。
外枠にやや不安をおぼえるものの、この条件ではすでに好走歴があり、今の状態(好調)なら悪条件を克服できる可能性は高い。
鞍上の松山は土曜に1勝をあげて幸先の良いスタートをきった。安定感がでてきたといえる。

本命はタマラマ。前走は休み明けにして厳しい競馬。ノーザンFのように自前の育成施設をもっていない同馬主の馬は、初戦よりもひと叩きしてからのほうが狙い目。
今回は鞍上をしっかり押さえての再挑戦。今回こそ勝ち気が伝わってくる。
堅軸。
    
【参考データ】[総数 1着数 2着数 3着数 勝率 単回収率 複回収率]
    ▼プリンセス・ハヤ氏の馬の連闘から中4週の成績
    54 9 7 5 33 16.7% 173.7% 100.7%

    ▼プリンセス・ハヤ氏の馬の中10週以上の休み明け初戦
    16 1 3 4  8  6.3%  18.8% 114.4%


京都12Rヤマニンプチガトーヤマニンプチガトーも連対候補の1頭。
前走はこれまでが1200mを走ってきていた影響があったか、テンで少し行きたがってしまった。それが終いの追い比べに影響したようにおもう。ハミ替えの影響も少なからずあったはず。レースレベルはそこそこ高く、内容も非常に良かった。
前走で1400mの競馬を経験できたので、今回は折り合い面での不安はなし。できれば今まで使用していたエッグハミに戻してきてもらいたいが…。

ハングリージャックは脚元がきれいではない馬。裂蹄もちで、陣営もかなり調整に苦労しているはず。装蹄すらままならない状態だ。それでいて京都への遠征ではちょっと買いづらい。

タマラマと同じ馬主のスピークソフトリーは、久々でも坂路で好時計がでたせいか、人気を背負いそうな雰囲気がある。中間はグリーンウッドで調整されているものの、いきなりから古馬1000万条件で通用する走りは期待しづらい。当日のデキが良く、目覚しい成長が見られれば話は別だが。

(オクノ)



nenga
⇒サイトへの入り口はこちらです

会員入口
入会お申込み

一発逆転!? 最終レース激走予想! ~ お年玉特別公開 ~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


★推奨激走馬★
4.オースミイージー
─────
◎3.ナリタスプリング
○4.オースミイージー
▲13.タイセイマスタング
注1.アンヴァルト
△14.ペガサスヒーロー
△5.オーミレイライン

まず1番人気に支持されるであろう
アンヴァルトから。
前走は負けて強し。
大外から先手を奪い、速い流れに耐えての2着。
1000万勝ちがあるだけのことはある。
今回は中2週で登板。間隔がつまっているときのほうがよく走るので、
ローテに関しては特に不安はなし。
ただし、1月時期の実績がゼロ。
馬齢もすでに6歳。上積みを考えると、前走のパフォーマンスを今回も発揮できるかどうかは微妙だ。
しかも、あすは先行に不利な直線向かい風の抵抗がある。
スピード優先だけあって、安易には飛びつけない。

つぎに人気しそうなトキオエクセレントも同様だ。
この馬はアンヴァルト以上にスピードに勝った馬。
消してもよいだろう。

基準3番人気のナリタスプリングは、
上記2頭とは違い、スピードよりもスタミナタイプ。
脚質も後ろからの馬なので、もろに強い風を受けることもない。
今回こそ優位に立ち回れそうだ。

4.オースミイージーは、もひとつスピード性能に乏しい馬だが、
持続力はそこそこ高い馬。最後方からでも常に速い上がりで前を捉えにくる。
明日はこういうタイプが穴をあけると予測している。

ゴリラは評価に困るタイプ。
昇級初戦で、かつ、前走は軽い逃げ先行有利の馬場で逃げこんだだけ。相手も相当弱かった。軽視しても良いとおもう。

穴はタイセイマスタング。
前走は出遅れ後方からの競馬。これは仕方ないとして、
最後の直線では、強い向かい風の中、大外から猛然と追い込み、
前を行く人気馬を一蹴した。
スピード性能ではおとっても、スタミナ値はここでも見劣らないはず。

(オクノ)



nenga
⇒サイトへの入り口はこちらです

会員入口
入会お申込み

オクノの「一発逆転!?最終レース激走予想」 オーラス特別公開!

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


【阪神12R ファイナルステークス】

☆推奨激走馬☆
9.エーシンビートロン
─────
◎11.ホクセツダンス
A=ブログランキングの順位アップにご協力ください
▲9.エーシンビートロン
注12.キモンレッド
△2.ポアゾンブラック

人気のキズマは、前走時でも書かせてもらったが、やはり買いかぶられ感がある。
たしかに今の坂路で53.5秒-13.1秒はすばらしい。しかしまだ速い流れの1400mで最後まで持ちこたえる地力が身についていないようにおもう。
前走は、向こう正面が強い追い風で、直線が強い向かい風。その影響は少なからずあったとはおもうが、それにしても負けすぎ。
1600万条件で勝ち負けするには、もう少し地力強化が必要か。

人気のアルゴリズムも同様。前走時に、ポリトラックばかりでCWで追いきられていないところに不安を覚えるとかいた。大山ヒルズで乗り込まれていたはずなので休み明けが直接の敗因ではないとみている。そして今回は中1週ということもあってか、坂路のみで調整程度。やはり体調面での不安は拭えない。

シルバーキセキは、実は1400m戦は1000万条件でも勝てていない。また阪神コースも同様。
これほど悪条件が揃っている馬が人気しているのには何かわけがありそうだが、過去の実績からは買うことはできない。今回はスパッと斬る。

これで人気馬はほとんど消えた。

人気馬で唯一信頼できるのがホクセツダンスだ。
前走は正直買うべきか消すべきか迷ったが、仕上がりの良さから馬券的には拾わざるをえなかった馬。
レース内容も非常によかった。
強風の中を好位から折り合って進み、向かい風にも強いメゲずに果敢に前を追いかけて3着を死守。前走時から本追切りにポリトラックを使ってきたことが気持ちの面で前向きにさせたのかもしれない。
もちろん今回もポリトラックで本追い切り。
本年度のラストを飾るのが、初のリーディングジョッキーに輝く浜中というのも絵になる。

ポアゾンブラックの長所はゲートの速さ。
前走は久々でもすっとゲートを出て番手につけ速い流れを演出。最後の直線では強風の向かい風に負けてしまったが、実績あるエーシンビートロンに先着し地方からの転入馬でも十分やれることを証明した。馬っぷりも悪くなかった。追い切りも動いている。今回も侮れない存在だ。

エーシンビートロンも注目の一頭だが、ポアゾンブラックとの相性は良くないかもしれない。この馬も前走は強風の煽りをもろに受けた。そのため上がり39.5秒もかかってしまったが、ごく普通の穏やかな天気の中ならもっときわどい競馬になったはず。実際馬っぷりも悪くなかった。今回はルメールなので、少しは押さえておいたほうがよさそう。

キモンレッドも前走は着順ほど内容は悪くなかった。というよりも、鞍上があせって早く動きすぎて自慢の末脚をいかせなかったことが主な敗因だろう。直線では外から勝ち馬に一気に追い抜かれたことも負に働いたといえる。
1600万条件では後方で脚をためて直線残り200mあたりから一気に追い出す競馬のほうがいい。勝ちきれなくても3着なら十分期待できる。

そして今回の特注大穴馬はA=ブログランキングの順位アップにご協力ください
まず、久々の競馬ということについては気にしない方が良い。自前の育成牧場でトレーニングを積んでいるので、きっちり仕上がって帰厩されている。今月あたまの入厩でも、坂路でしっかりと時計が出されていることからもそれがうかがい知れる。
前走の敗因は、距離の壁、もあるが、とにかくメンバーが強すぎ。それだけ。
前々走もメンバーが強かったことと、勝負どころで勝ち馬に絡んでいったことでスタミナを消耗したことが最後の脚を鈍らせた。
ここでいきなり勝てとは言わないが、乗り方次第では勝ちきってしまう力はあるとみている。鞍上も、外枠なら開き直って、焦らず後方からの競馬をしてくれるはず。

(オクノ)

特別公開! 3/10(土)は中京最終で一発逆転!

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


今日は、重賞がなく、非常に地味な1日になりそうなので、
少しでも競馬に意識を傾けてもらうために、
今日は特別に、昨年まで当ブログで無料公開してきた「最終レース一発逆転予想」を公開します。

今日は、超難儀な中京の最終レースで高配当を狙います!!
(基本的に中京はノータッチです)

【中京12Rの予想】
新装中京の予想をアップするのは少々勇気がいるが、狙っていたヤマニングルノイユが登場するとあっては話は別。
たしかに10ヶ月の休み明けであるためデキを推し量りにくいというのはある。しかし、10月後半に1度入厩し、びっしりと時計をだしているし、2月に入ってからも、強い追い切りを問題なく消化できている。ダートコース併用というのも良い。
7~8分のデキで出てきてくれれば問題なしだ。
降級となるここは楽勝で復帰緒戦を飾ってもらいたいところ。
───────
◎9.ヤマニングルノイユ
○11.クリーンエコロジー
▲17.アイビーフォールド
☆13.イトククリ
☆4.マックスストレイン
△5.フレデフォート

○クリーンエコロジーの前走は実はハイレベル。1000万のハンデ戦よりも時計が速い。休み明けから大幅プラス体重の好走後なので、2走目のポカが心配されるも、力は1000万級とみてよい(そもそも既に重賞4着の実績あり)。

▲アイビーフォールドは、前走で○クリーンと対戦し500万レベルで勝ち負けできる力を確認。2週前の坂路で好時計を叩き出し、好調さをアピール。左回りも問題なく、多少時計が掛るようなタフな馬場のほうが優位に立てる。

☆マックスストレインは状況があうかあわないかだけで、500万条件で好走する地力はすでに持ち合わせている。2走目は超Hペースを押し切り加減に進出して3着に粘り込み、前走も位置取りが悪くなったが力は出せている。そもそも小倉のスピード競馬よりも、時計がかかる洋芝向き。すなわち今の中京馬場はあう。

☆イトククリは、高速馬場よりも時計が掛る馬場のほうが成績が良い。前走は小倉の高速決着と大外枠の不利、2走前は初ダート戦、3走前は距離が向かず、それぞれこの馬にとって力を発揮できる状況ではなかったというわけ。休み明け3走目の今回は追い切り時計を見ても分かる通り、かなり具合は良さそう。単まで見たおきたい。

△フレデフォートは2走前、前走と好走。だいぶ調子は上向いてきている様子。ただ、新装の時計がかかる今の馬場は合わない印象がある。また、スタミナ的に上の3頭に劣る。あくまでも連下候補。

(オクノ)

11/12(土)は新潟最終で一発逆転!

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


今日は特別にこちらにもアップしました。
通常はこちらの新しいサイトにて公開しています。明日以降もどうぞご一読ください。

☆推奨激走馬☆
14シャイニングサヤカ

2走前は、休み明けでも体はほぼ仕上がっていたが、どうやら1F長かったようだ。トビが大きいので小回りコースも合わない。
前走は東京芝1600m。内枠から出遅れ、いきなり不利な状況に立たされるも、直線外に持ち出すと最後までしっかり脚を伸ばして2着に好走。得意の左回りコースでよく走っているが、やはりもう1F欲しい。
そして今回は最適距離となる1800m戦。14番からなら揉まれずに好位を伺える。鞍上は引き続き好調の黛騎手。人気も手ごろなので狙う価値は十分ある。ちなみに、黛騎手は土曜が誕生日です。
─────────
◎14.シャイニングサヤカ
○13.フクラムサイフ
▲3.プレミアムテースト
注7.モビール
△17.ゼロチョウサン
△1.リルバイリル

○フクラムサイフの前走は、現1600万のゴールドブライアンに差し切られて2着。相手が悪かったと言えばそうなるか・・・。500万条件ならいつでも勝ち上がれる地力はある。今回も流れ次第でアタマまで。場がやや重めでも対応可能だ。

▲プレミアムテーストは、驚異の連対率を誇る堀厩舎の管理馬。叩き2走目の今回は厩舎の評価も上向いている。前走同様、直線が長い左回りのここなら突き抜ける可能性も。

注モービルは休み明けでも素質では500万条件をクリアーできてもおかしくはないレベルの馬。追い切り時計を見る限りは、ある程度仕上がった形で出てきそうな感じはある。丸田騎手というのも買い材料の1つ。

3着候補は2頭。
ゼロチョウサンは流れ次第。今回は頭数が多く、前に行ける馬が揃ったので流れが向く可能性が高い。

リルバイリルは好調栗田厩舎に柴山騎手なら押さえは必須。

10/29(土)は京都最終で一発逆転!

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


激走馬が掲載された、競馬チェック!の新しい競馬新聞
「データ新聞」の置き場所はコチラ

☆激走馬推奨
1番シーポラリス
5番アマノレインジャー

再度シーポラリスに期待(少し)。随分前に1600万条件で好走していた馬。地力は当然格上だ。叩き2走目の今回で少しは変わってこないか。アンヴァルトとエーシンボダイジュがハナを争い、ハイペースになれば台頭は十分ありえる、と見る。

アマノレインジャーはあくまでも流れ次第。他馬がHペースを演出してくれれば出番が回ってくる。

─────
◎ 9.キモンレッド
○14.ユウキアックン
注 4.アルゴリズム
△ 2.アンヴァルト
☆ 1.シーポラリス
☆ 5番アマノレインジャー

◎キモンは3歳牝馬で53Kとまだ有利な斤量で戦える。他の有力馬は叩き2走目とはいえ中1週の短ローテ。しかし同馬はゆとりのあるローテ。この差が僅かであっても最後の叩きあいに影響してくるはず。時計的にはすでに同条件をクリアー。引き続き信頼が厚い小牧騎手ならここは軸固定で。

○ユウキアックンは厳しいところで戦った経験がそろそろ活かされるころ。常に後方からなので、大外枠は特に気にはならない。流れ次第でアタマまで。

▲は今のところなし。

注アルゴリズムは中1週で昇級初戦。叩き2走目でも、さすがに余裕が感じられない。この秋の京都1000万ダート1400mを主戦場としている馬には、今の番組編成は相当厳しいと思う。東京へ持って行ければ良いが、左回りは相性が悪いタイプなので、それも厳しい。今回は疑って掛りたい。パドックと返し馬の状態次第で▲に上げるかどうかを決定したい。

△アンヴァルトはハナに立つのか番手に回るのかで全然流れが違ってくる。恐らく外からエーシンボダイジュがハナを奪いに来るはず。そこで控えるなら有利な状況となるが、それでも流れが想定以上に速くなれば、ここ最近のように甘くなるだろう。中1週も厳しい。アタマまでは考えずづらい。
競馬ビッグデータ(BIG DATA)がオープンしました!
競馬ビッグデータ
競馬で勝つためにシステムがここに築かれる!


競馬チェック!のツイートもチェック!
新聞会員ご入会受付中!!

会員入口
入会お申込み
赤木&京介のガチンコ予想

会員入口
入会お申込み

▼「馬見こそ競馬予想の原点!」

関西のカリスマ赤木一騎と関東馬見の才人金子京介の一味違った競馬予想
→ご入会はコチラ
→更新手続き・有効期限の確認はコチラ


競馬「ここ」に騙されるな 厩舎ver


競馬ここに騙されるな 厩舎ver

著者 橋浜 保子(JRDB)
価格 ¥2,000
東邦出版発刊、カラー256P
絶賛発売中!
ネットで動画も見れる付録つき
最新記事
「馬券の勝ち組」になるには…~赤木流馬券術~
最新コメント
おすすめの競馬本






【送料無料】競馬大予言(13年春G1佳境号)

【送料無料】競馬大予言(13年春G1佳境号)
価格:840円(税込、送料込)


【送料無料】京介式馬券厩舎ランク

【送料無料】京介式馬券厩舎ランク
価格:2,100円(税込、送料別)


【送料無料】調教指数で獲る!高中の方程式

【送料無料】調教指数で獲る!高中の方程式
価格:2,000円(税込、送料別)


【送料無料】京大式推定3ハロン

【送料無料】京大式推定3ハロン
価格:945円(税込、送料別)


ご意見・ご要望は

ご意見・ご要望をお聞かせください

送信フォームはこちらをから
記事検索
QRコード
QRコード
リンクフリー
【新感覚の競馬新聞 競馬チェック!】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
keibacheck_link
keibacheck_link2
http://blog.keiba-check.com/
  • ライブドアブログ