新感覚の競馬新聞・競馬予想 「競馬チェック!」 のブログ

全場メインレースの競馬新聞を只今無料提供中!!WIN5と3連単を攻略するために是非ご活用ください。今1着候補馬と激走印に注目です!

重賞回顧

競馬チェックの重賞回顧~セントライト記念

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・セントライト記念編

菊池 日曜の中山ではセントライト記念が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

紫苑Sはランドネ(7番人気3着)を穴馬に推奨!
180908紫苑S穴推奨

https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/193190

競馬大予言・秋G1トライアル号はソコソコ好評発売中!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/d/6c6vzHP

セントライト記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/194940

<当日の馬場状態について>

菊池 雨は金曜夜からでしたかね。土曜は芝・ダートともに稍重でスタートしました。メイン付近で、止んだという具合だったでしょうか。日曜は終日曇りの発表で、芝は新馬戦から良発表になりました。

京介 土曜日は長くしとしとと雨が続いたけれど、午後になって止んではいたんだよ。後半は日差しも出ていた。だけども、意外と日曜日に芝が回復せず、稍重のままだったね。この馬場発表の印象ほど、雨が降っていたわけではないよ。

京介 なんだかJRAのHP馬場情報に、厳密な含水量を発表し始めてから、良馬場に戻すのが遅くなったような気がするな。

菊池 月曜は朝から晴れ、芝・ダともに良馬場でしたね。

京介 そうです。月曜日は3日間開催で一番いい天気だった。日曜日までの雲が晴れ渡り、適度な日差しも出て、真夏日が戻ってきた様子だったよ。明らかにこの日は乾燥していた。

京介 中山12Rパドックでは雨が降り始めて、12Rがスタートする頃は映像でもハッキリわかるほどに強いにわか雨。ただし、11Rまでは全面的に乾いたパンパンの良馬場。内が基本的に止まらないから、外を回るコースロスが響いてしまうために、ほとんどのレースで内伸び決着だった、という実感があるよ。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~ローズステークス~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・ローズS編

菊池 土曜に中山で行われたローズSも回顧していきましょう。

紫苑Sはランドネ(7番人気3着)を穴馬に推奨!
180908紫苑S穴推奨

https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/193190

競馬大予言・秋G1トライアル号はソコソコ好評発売中!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/d/6c6vzHP

ローズステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/194913

<天候・馬場について>

菊池 阪神は土曜が「芝=稍重」・「ダ=稍重」で開催が始まりましたが、土曜には雨があがっていてお昼過ぎには良馬場に変更されていましたね。日曜は朝から良発表でした。

京介 土曜日の雨状況とは一転、かなりちゃんと晴れたよね。今週は3日ともにズブズブになるんじゃないかと思わせる渋い天候予想だったから、これは良かったね。

菊池 土曜の馬場が乾くのが早かったこともあり、内がさほど悪化していないと言いますか、内を通った馬にアドバンテージがあると言うか、大外一気はなかなか届かない状況ではありましたね。これについては月曜も同様で。

京介 昼過ぎから日が差していたようだから、だいぶ回復が急だったのでしょう。中央4場ともに、渋った所から日差しが強い天気になると、急激に内側から乾いてくるというのは共通している。

京介 そもそもこの開催は全面的な野芝開催。芝の質もかなり良い。馬場が乾けば、そりゃスピード優位の芝のはずなんだよ。渋った時の追い込み有利の状況と印象が違いすぎるから、騎手も結構戸惑うんだろうね。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~京成杯オータムハンデ~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・京成杯AH編

菊池 日曜の中山では京成杯AHが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

紫苑Sはランドネ(7番人気3着)を穴馬に推奨!
180908紫苑S穴推奨

https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/193190

競馬大予言・秋G1トライアル号はソコソコ好評発売中!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/d/6c6vzHP

京成杯オータムハンデ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/193190

<当日の馬場状態について>

菊池 土曜に続いて日曜も晴れていましたね。土日の間で天候の変化はあまりなかったのでしょうか?ダートの含水率がかなり低かったように、乾燥が目立ったでしょうか。

京介 土日ともに中くらい~強めの直線追い風が吹いていて、これがまた生ぬるくて全く涼しくないんだよ(笑)。競馬場内のエアコンが弱めで蒸し暑さをやたらと感じたのも例年通りだったし、確かダートの砂煙がもうもうと舞い上がって、若干芝コースにも掛かっていたぐらいかな。まだそんなに影響はないだろうけれども。

菊池 土曜は外を通る差しがやや届きにくいかとも思いましたが、日曜は後半にかけて外を通る差しが届いていましたね。ただ、人気薄ではなく、上位人気馬でしたが。

京介 そうなんだよな~。中山芝の外を回って足りる馬は、たいてい追走性能の高い人気馬ばかりだった。ホントにこの日曜中山の芝は、堅い配当ばかりだったよね。人気馬だと先行しても差しても強い、力の足りない馬だと騎手が何とか工夫して出し抜けを試みようとしても捕まる、外を回ったとて伸びきれない状況だった。

京介 まだデータ数が少ないから強く言わないでもいいかもしれないけれど、外を回るロスをしても、ルメール騎手の馬は脚が溜まっているように見えて「ことさら強く見せる競馬」が多かったんだよね。単勝1倍台のド人気ばかりだから、それなりの能力があっただけかもしれないけれど。ルメール騎手の人気馬が猛威を振るいすぎて、外差し有利傾向に見えただけかもしれない…というのは気を付けておきたいかな。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~紫苑ステークス~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・紫苑S編

菊池 土曜に中山で行われた紫苑Sも回顧していきましょう。

紫苑Sはランドネ(7番人気3着)を穴馬として推奨!
180908紫苑S穴推奨

競馬大予言・秋G1トライアル号はソコソコ好評発売中!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/d/6c6vzHP

紫苑ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/193176

<天候・馬場について>

菊池 開幕週の中山は芝・ダートともに良馬場でスタートしました。阪神は雨の影響を受けていましたが、中山は秋の暑さがあったでしょうか。風はどうでした?

京介 朝の船橋法典に降り立った辺りで、もう生ぬるい風が出ていて結構な暑さを感じたけれども、競馬場はことさら暑かったね。まあまあ日差しも出ていたし、今週また腕に日焼け跡がついたぐらいだよ。競馬場までの地下馬道は今週扇風機を置いてなかったようで、とんでもない熱気が溜まっていたらしいね。

京介 そして今週は確かに結構風が強かったね。あれは南風かな?4コーナーから1コーナー方向、直線追い風が出ていて、これがまた全然涼しくないんだよね。それにパドックは建物に遮られてしまうから、全然いい風が入って来てくれなくて…。

京介 結局今年も、涼しくなった新潟末期開催と比べると、また暑さがぶり返した開催になったね。

菊池 土曜を見る限りは昨年ほど露骨に外有利ではなかったですかね。フラットくらいの印象を受けていたのですが、日曜になるとやや外有利の気配が濃くなったでしょうか。

京介 馬場状態はそもそも絶好だし、内側が悪かったということは全くない。だから基本的には先行有利で、ペースが妙に落ちつけばやはり差し追い込み不発は当然だと思う。そして土曜日はかなり向正面での向かい風が強かった。中山1600mも2000mも、向正面がそれなりに長くここでせめぎ合いが起こるコースなのに、この中盤で風に押されるためか、馬なりで外から捲りに行くのが苦しい。展開の動きが落ち着いてしまいがち、というのはあったと思うよ。

菊池 馬場はフラットで、差し・追い込みには厄介な風があったと。

京介 だけど今週は、人気馬が本当に強かった。力のある馬が先行しても有利、外を回しても唯一1~2番人気の馬だけは伸びてくる。だけど力の劣る馬ではなかなか人気馬を出し抜けず、ロスありきで外を回る馬は展開が向いての激走は一切なかった。人気薄だと、逃げの手に出る以外は全くチャンスがなかったんじゃないか。適性有利というのが事実上ないような日だったね。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧「セントウルステークス」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


オクノ・菊池グリグリの重賞回顧トーク・セントウルS編

菊池 日曜の阪神ではセントウルSが行われました、今回はオクノさんと回顧していきます!

競馬大予言・秋G1トライアル号はソコソコ好評発売中!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/d/6c6vzHP

セントウルステークス回顧


展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/193171

<天候・馬場について>

菊池 関西は結構な雨があったようですね!阪神は土曜の競馬が「芝=重」・「ダ=不良」でスタート。雨は降ったり止んだりで、回復はしませんでしたが、日曜はワンランクずつ回復で「芝=稍重」・「ダ=重」。ただし、メインが近くなった頃に雨が強くなりましたね。結局、セントウルSを迎える頃には「芝=重」の発表でした。

オクノ 降るのかな?やむのかな?そんな天気でしたね。結局まとまった雨がふっての重馬場。予想する方もそうだけど、乗る方も判断に困ったんじゃないでしょうか?

菊池 その影響もあってか、ネロの馬券がよく売れていましたね。

オクノ ネロは世間の評価がやたら高かったよね。最終5.0倍の3番人気。もともと実績がある馬で、馬場が馬場だということなら人気して当然ですよね。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~札幌2歳ステークス~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・札幌2歳ステークス編

菊池 土曜に札幌で行われた札幌2歳Sも回顧していきましょう。

競馬大予言・秋G1トライアル号は9月10日発売!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/dzYbsTJ

札幌2歳ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/191697

<天候・馬場について>

菊池 札幌は「芝=稍重」・「ダ=重」でスタート。お昼頃には一段階回復して、「芝=良」・「ダ=稍重」になりました。

京介 土曜日の札幌がずっと、というわけではないだろうけれども、メインごろにはいい風が出ていて日差しも高かった。パドックが物凄く混雑して人の頭で埋め尽くされていたけれども、みんな軽装だったし非常に過ごしやすい1日だったようだね。木金はまた雨とぶつかるのかとやきもきしていたんだけれど、そんな心配をよそに。

京介 とはいえ、馬場はだいぶボロボロになってきたのがハッキリわかる様子だった。さすがに最終週で、途中には雨の中での開催日もあったしなあ。レーススタート直後のしょっぱなから、土煙が上がっていたぐらいだからね。

菊池 血統の偏りも見られましたね。やけにトニービン持ちの馬が走るとか、ハービンジャーが穴をあけたとか。

京介 さすが菊池くん、良く見ているね。1着馬に軒並み同じタイプが勢揃いしていたわけじゃないけれども、ラスト1~2Fがガクッと掛かる荒れ馬場で、カーブが緩い小回り。土曜日の競馬だけでも、歩幅が狭いタイプは全く脚が続かず、惰性で生きる大トビ血統が幅を利かせていたね。

京介 しかし最近は「ダンチヒ向きかな?」という雰囲気の馬場状態になると、とたんにハービンジャー旋風かのように高額条件で顔を出してくる血統になったよなあ。ハービンジャー産駒が年々優秀になってきているのもあるけれど、最新のダンチヒ=今ならハービンジャーというイメージが濃くなってきた。デインヒルの仔は日本じゃ大した旋風を巻き起こせなかったからね。


続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~新潟記念~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・新潟記念編

菊池 日曜の新潟では新潟記念が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

競馬大予言・秋G1トライアル号は9月10日発売!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/dzYbsTJ

新潟記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/191712

※レジまぐブログの方に、展望に誤った記述(ストーンウェアまでシリーズ優勝対象)があったことを訂正してお詫び申し上げます。コメントにてご指摘を下さった方、ありがとうございました。以後、このような間違いがないよう注意します。

<天候・馬場について>

菊池 先週の新潟ですが、金曜の時点では芝・ダともに不良。土曜は、さすが水はけの良い新潟だけあって、「芝=稍重」で始まりました。そして日曜には「芝=良」に。金曜がかなり降ったようですが、どんどん回復しましたね。

京介 金曜日は本当に強い雨だったんだよ。それが夕方まで降っていたし、新潟市内よりももっと強力な雨雲が、新潟競馬場では漂っていたみたいだね。夜中のうちに芝まで不良馬場になったのは仕方ないかと。

京介 さすがに雨がパラついていた土曜日は回復しようがなかったけれど、日曜日に日差しが戻ると一気に回復し始めたね。蒸し暑さを感じる日照だったうえに適度に風も出ていたし、こりゃ乾燥するなと感じながら推移を見守っていた。日曜日の半ばから速い時計が出る芝に戻っていたよね。

菊池 この夏の開催は最後までAコース使用。外回りは、先週と同様に馬場中央から外を伸びる馬が台頭するようになっていました。

京介 実際のところ、この開催は大きく穴が開いた部分を補正する作業はちらほらあったけれど、作業員の人が横一列に並んで馬場を叩く様子が全く見られなかった。どちらかと言えば放置したまま、というぐらい。内回りコースはラチ沿い近くを通る逃げ先行馬が止まらないけれども、直線を長く取って加速する間がある外回りコースは、馬場の大外にまで張り出した馬が最後に伸びてくるシーンが多かったね。

京介 ただし、既に外伸び傾向だった土曜日の競馬を経てからの日曜日だから、逃げ先行馬が馬場の大外にまで向かうような騎手のリードが目立った。騎手目線では、馬場の真ん中から外を通らないとどうにもならん、という状況だったのでしょう。それでいて、下手に道中脚を使うと後半持たないし、ペースを抑えたとて意外と消耗度が高い、開催後半の荒れ芝らしい性質があったよね。

京介 バネを利かせて加速で走るタイプが影を潜めていて、繋短めで骨量のある骨太パワータイプの激走が結構見られたね。日曜日の1Rを勝ったガトンは、単純な大トビダート馬だと思うし、その他にもロベルトの血を持つ馬が結構激走していた。本来新潟芝はスピードの高い馬が非常に強いのに、今週はスピードの高い馬が道中の追走で消耗しがちな状況だったのかな、と回顧したいと思う。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧「小倉2歳ステークス編」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


オクノ・菊池グリグリの重賞回顧トーク・小倉2歳ステークス編

菊池 日曜の小倉では小倉2歳Sが行われました、今回はオクノさんと回顧していきます!

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

小倉2歳ステークス回顧


展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/191822

<天候・馬場について>

菊池 小倉は土曜が「芝=重」・「ダ=不良」でのスタートでした。金曜夜からの雨でさらに悪化しての土曜競馬。後半に雨は止んで、日曜朝には晴れて「芝=稍重」・「ダ=重」でしたね。土曜朝と日曜朝の含水率には大きな差がなかったので、日が出てから競馬が始まるまでに結構回復したということだったんでしょうか。

オクノ 土曜日は開催中に雨が降り続いて重まで悪化。でも土曜日の早い時間に雨がやんで、そこから降らなかったみたいですね。それで日曜は稍重まで回復。

菊池 そんなこんなで昼過ぎからは「芝=良」まで回復しました。8Rの3歳以上・500万下が1分7秒8で決着。時計だけを見れば、先週までの良馬場より少しだけ時計が掛かるか?程度まで回復していたようにも感じられますか。

オクノ そんな感じでしたよね。でも、直線の走路による伸び方が違っていたかもしれません。土曜の重馬場と日曜の前半で、走路がだいぶ荒れたという事でしょう。8Rの1分7秒8は、52Kの牝馬が逃げ切ったものなので、基準にはしにくいですよねぇ。56Kの牡馬換算だと1分8秒台前半になるかな。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~キーンランドカップ~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・キーンランドC編

菊池 日曜に札幌で行われたキーンランドカップも回顧していきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

キーンランドカップ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/190163

<天候・馬場について>

菊池 札幌は台風が2発一緒に接近していて、開催も危ぶまれていましたが無事に開催できて何よりでしたね。雨量も思ったほどではなかったようで。

京介 そうなんだよ。あんまり雨が降っていなかったみたい。現場で過ごすのにあまり苦労はなかったみたいだね。

菊池 馬場発表は土曜が「芝=稍重」、「ダ=不良」で開催スタート。日曜は「芝=稍重」・「ダ=重」でした。土曜はさすが水はけの良い札幌!稍重で済んだか!と思いきや、芝1200m(1000万下)が1分11秒1、芝2000m(1600万下)が2分4秒4。時計はしっかり掛かっていましたね。

京介 そうだね。他場の重か不良か…と感じるぐらいの、体力勝負になる芝だったのは確かだね。

京介 先週も指摘していたけど、下級条件では時計・上がりが掛かると道中で消耗してしまうから、4コーナー先頭の馬が圧倒的に有利。なので、一見前残りっぽく見える。だけども上のクラスになると道中でバテる馬が少なく、馬群一団で直線に向くから、内の馬が伸びあぐねて外を回る差し馬が届く、という形だった。

菊池 日曜も稍重のまま変わらなかったですが、8Rの芝2000m(500万下)が2分4秒2。同じ稍重でも時計からは徐々にマシになっていた印象で。

京介 うーん、どうだろう。2分3秒を超える水準の比較だと、マシになったと言えるのかどうか。流れ次第でいくらでも変わっちゃいそうで。結局土曜日と、レースの上がり水準はずっと変わらなかったしね。

京介 風が出ていて乾燥したかもしれないけれど、日が差さずずっと曇りのままだったし、発表もやや重のままだった。札幌は重になりにくくやや重の幅が広いとはいえ、あくまで渋った状況の中で重めとも言いにくい方、という程度でしょう。


続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~新潟2歳ステークス~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・新潟2歳S編

菊池 日曜の新潟では新潟2歳Sが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

新潟2歳ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/190162

<天候・馬場について>

菊池 先週の新潟ですが、土曜は芝・ダともに良馬場で始まり。土曜メイン頃から天候発表が小雨になっていました。現地の天候はどんなものでしたか?

京介 どんよりした曇り空で、土曜日はチラッと晴れ間ものぞいたけれど、基本的にはすぐ雲に覆われてしまう状況だったね。風は出ていたけれど生ぬるくて、あんまり涼しくなかったな。まだ残暑だなと感じる気候だったよ。そして、メイン~最終レースの合間ぐらいからしとしとと雨が降り始めたんだよね。

菊池 日曜は「芝=稍重」・「ダ=重」でスタートして、終日馬場発表は変らなかったですね。

京介 夕方から夜中にかけて雨が止まなかったようだし、新潟の芝がやや重になるほどなら結構降った印象だよ。それと、日曜日は全体に西風が強く吹いていて、直線向かい風がずっと出ていた。季節の変わり目に差し掛かった雰囲気は感じたね。

京介 新潟はサンマが豊漁って話もあるし、最終週を前にして夏が終わりつつあるという雰囲気が出てきたね。それと同時に、馬場も荒れて軽い芝ではなくなってきた印象もある。今週の新潟芝で連対する馬の傾向が、瞬発力のいいガッチリしたタイプではなく、非力な脚長スタミナタイプばかりだったもの。

京介 それと渋った馬場をかなり意識してのものなのか、あるいは新潟は札幌と違って荒れるに任せていて馬場の内側をあまり直していないためか、日曜日の後半から騎手が極端に馬場の大外へ向かうシーンがチラホラ出てきた。メインレースも一斉に横に広がり、外ラチ沿い近くにまで張り出した馬の追い込みが決まっていたね。先週はそうでもなかったのに、急に末期新潟のようになってきたなあ。雨でここまで変わるかと。



続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~札幌記念~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・札幌記念編

菊池 日曜の札幌では札幌記念が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

小倉記念はマウントゴールド(5人気3着)を穴推奨に指名!
180804小倉記念穴推奨

札幌記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/ 188917

<天候・馬場について>

菊池 札幌は週中の雨の影響も残って、土曜は芝こそ良馬場でしたが、ダートは稍重でした。芝も、金曜午後は芝も稍重でしたね。

京介 ここのところ札幌競馬場は、毎日のように降雨予報が続いているし、本降りではなくてもちょっとばかり天候が崩れ気味だそうだね。朝一番の札幌競馬場パドックの映像見るといつも曇り空だよなあ。

京介 木曜、金曜ともに微妙な天候だったそうだし、今週はもともと馬場が緩んでいたと判断した方がいいね。JRAのホームページ、馬場情報にある「金曜日午前の含水率」が13%ほどはあった。

菊池 日曜は午前中に雨が降って、一時は「芝=稍重」になりました。直前のレースを見ていても、馬場が渋って芝は決して差しやすい馬場ではなかったですよね。

京介 水はけが非常に良くて、開催当日に雨が降ってもなかなか稍重や重にはなりにくいものなんだけれども、土曜日からの流れで意外と含水率があって、その上でやや重のゾーンにすぐ達したということだね。

京介 日曜日は馬群の内側だけでなく、ほとんど全面的に蹄跡が目立っていて、見るからに凹凸がついていた。だけども重馬場の時のように芝がえぐれて土が飛び、2列目以降の騎手のゼッケンや帽子を汚すというほどの悪化じゃなかった。

京介 札幌記念の直前の芝レースまでは、逃げや4角先頭に押し上げていた馬が必ず勝ち負けしていて、あんまり外からの末脚がハマる状況でもなさそうだった。内も外も悪くて、力の足りない馬同士の条件戦なら、結局ロスしない内が有利になる傾向だったね。ちょっとは馬場の補正をしていたかも。

菊池 全面的に馬場が荒れてきて、余力がないと伸びを発揮できない。かなり体力が求められるタフな馬場になっていると感じました。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~北九州記念~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・北九州記念編

菊池 日曜に小倉で行われた北九州記念も回顧していきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

小倉記念はマウントゴールド(5人気3着)を穴推奨に指名!
180804小倉記念穴推奨

北九州記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/188909

<天候・馬場について>

菊池 小倉競馬場は土日を通して芝・ダともに良馬場。馬場発表だけでなく、天候も晴れのまま変更になる瞬間がありませんでした。

京介 35℃を超すほどではなかったようだけれど、涼しい風が出てきた新潟と違って小倉はまだ暑そうだね。先週、先々週辺りの暑さと比べれば、気持ち和らいだのかもしれないけれど。

菊池 事前に速い時計が出ることは察知できましたが、9Rの戸畑特別が1分7秒5でした。前日の500万下もほぼ同じ時計が出ていました。

京介 小倉はとにかく乾燥続き。水撒きとかしているのかな?通常の水撒き量だと朝のうちにすぐ乾燥し切っちゃいそうだね。500万下条件で1分7秒5が土日両方で出ていたし、ずっと時計の速い馬場はキープしていた。オープンならここから1秒速いぐらいだと予想はしていたけれど。

京介 それと全面的に馬場が良いというか、高額条件では逃げ馬が残せていたし、内ラチ沿いがずっと絶好だった。日曜9R戸畑特別でテイエムヒッタマゲが逃げ切ったのはホントビックリしたね。外を回して伸びる馬もいるんだけど、たいていは人気馬。直前の2Rで逃げ馬が押し切ったから、騎手の意識も「内優勢だろう」となっていたんじゃないかな。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~関屋記念~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・関屋記念編

菊池 日曜の新潟では関屋記念が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

小倉記念はマウントゴールド(5人気3着)を穴推奨に指名!
180804小倉記念穴推奨

関屋記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/187547

<天候・馬場について>

菊池 新潟は土曜から芝・ダともに良馬場でスタート。土日を通して雨の影響はなかったですね。

京介 日曜日はかなり気持ちよい晴れ間だったね。そして先週とは違って、生ぬるい風ではなく涼しい風が適度に吹いてくれた。競馬に影響するほど強い風でもなかったし、競馬をする環境としてはかなり良い、楽に感じる状況だったと思う。まあ、まだまだ暑いけれどね。

菊池 内回りは相変わらず逃げが残りますが、外回りはちゃんと外からも差しが届くようになってきた印象でしょうか。

京介 本来は新潟の外回りだと、長い直線を乗り越えるために道中は楽に運ぼうという心理が働くところがあった。だけども、前の2週間で逃げ馬が外回りでも残ってしまう結果が頻発したから、さすがに今週は向正面から先頭をつつく戦法で進めるレースが多かったよね。新潟の外回りで、平均ペースあるいはハイペースになれば、そりゃ差しが届くよ。

京介 馬場を細かく見ると、微妙に内ラチ沿いも蹄跡が増えてきたけれど、それはやや内から真ん中も一緒。内が荒れてきて差し決着が増えたわけではない、あくまで展開傾向によるものというところだね。


続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~エルムステークス~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・エルムS編

菊池 日曜に札幌で行われたエルムSも回顧していきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

小倉記念はマウントゴールド(5人気3着)を穴推奨に指名!
180804小倉記念穴推奨

エルムステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/187569

<天候・馬場について>

菊池 予報どおり金曜から雨で、土曜は「ダ=不良」でのスタート。日曜はやや回復しましたが、メインレースも発表は「ダ=重」でした。

京介 土曜日の札幌競馬場はだいぶ薄暗くて、思った以上に降った様子には驚いたなあ。あれはさすがに日曜日も残っちゃうね。日曜日もピーカン照りというほどではなく、急激回復は望みにくい微妙な空模様。ただ、エルムSのレースをみていると、ダートの表面が乾いている部分も若干あったみたいだけど。一応重馬場だったわけね。

菊池 昨年ほどではないですが、スピード勝負は必至でした。

京介 毎年、良馬場であってもハイラップでも先行馬が残りがちなレースなのに、重~不良馬場で決着時計が良馬場とは明らかに違う水準になると、とにかく前有利になってしまう条件。スタートダッシュが効くアドバンテージがどこまで通じるか、という勝負になった。


続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~レパードステークス~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・レパードS編

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

小倉記念はマウントゴールド(5人気3着)を穴推奨に指名!
180804小倉記念穴推奨

菊池 日曜の新潟ではレパードSが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

レパードステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/186321

<天候・馬場について>

菊池 新潟は土曜が芝・ダとも良馬場、そして日曜ですが、朝は雨があったんですよね?芝の2歳未勝利戦だった1Rでは中継に雨が降っている様子は映っていなかったですが、2Rではダートが濡れて、内馬場に僅かながら水たまりも見え、3Rも同様。ただし、その後は晴れて稍重まで移行することはないままでした。

京介 朝一番は薄暗い曇り空で、まだ雨が降る様子ではなかったんだけれども、開門ぐらいから天気雨のようにパラついてはいたね。そして、集中豪雨のように雨雲が固まって襲ってきたのが、新潟2Rの返し馬終了後。締め切りまであと2分というあたりだったかな。あの時に滝のような大雨になった。

京介 だけど前線が活発化したとかではなくて、ホント競馬場周辺だけの雨だったんだよね。レーダーで見ても周辺にあまり雨雲ナシ、赤くなっていたのは競馬場だけ。ホントにその1分程度で豪雨がすぐに止んで雨雲はどっかに抜けてしまい、3Rのパドックは傘も合羽も必要なかったよ。

京介 その後は一切雨が降る様子なし。昼過ぎには晴れ間もたまにのぞいて、徐々に蒸し暑さが戻ってきたというあんばいだったね。

菊池 気温は案外涼しかったんでしょうか?

京介 雨が襲ってきた直後は、いい風が吹いてきたと思うシーンもあったんだけど、その後は日差しが戻ってきたんだよ。徐々に蒸し暑い新潟になってきた。メイン付近はまあまあな暑さにはなっていたね。だけど、先週ほどの猛暑というのは避けられたから良かったかな。ちなみに、この日のパドックはミスト放射を1Rに行っていたけれど、それ以降はずっと止めていたよ。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~小倉記念~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・小倉記念編

菊池 日曜に小倉で行われた小倉記念も回顧していきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

小倉記念はマウントゴールド(5人気3着)を穴推奨に指名!
180804小倉記念穴推奨

小倉記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/186296

<天候・馬場について>

菊池 今週の小倉はお天気の心配もなく、土日ともに良い天気。芝・ダともに、終始良馬場のまま行われました。

京介 良い天気ではあるけれども、今年の猛暑はホントに心配になるよ。また38℃前後の最高気温が予測されて、当日もその通りになるっていうね。パドックは地面が濡れるほどのミストシャワーが出ていたようだけれど、それでも現地に行った人の体調を気にしたいよね。当然、激走した馬の次走も注意したい。何度も短い期間で連戦は効かないだろうし…。

菊池 開幕週ほどではなかったですが、引き続き速い時計が出る水準ですね。

京介 そうなんだよね。下級条件は若干落ち着いた時計だったかな。それと全体に外差しも決まり始めた。それでもなかなかに速い時計が出ていて、スピード馬場に対応できるタイプじゃないと勝負にならんと。サンデーサイレンス系にキングカメハメハ系がいつも勝ち負けしている状況だったね。

京介 同日の小倉6R未勝利戦が芝2000mだったんだけど、ルーラーシップ産駒とスズカマンボ産駒が穴をあけていたのが印象深かった。2分を切る決着時計だったのに、前走好走馬の脚が続かず、それまで大敗続きだった馬が唐突にスイッチが入る…という特殊な状況だったね。

<パドックについて>

菊池 12頭立てでした。ただ、上位人気はいずれも57キロを背負ったように、メンバーは濃かったですね。

京介 しかもその背負っている側の馬が、どれも非常に良い仕上がりだった。追い切りからそう感じていたけれど、トリオンフもサトノクロニクルも、しっかりした肉付きで隙のない仕上がりだったように感じる。七夕賞が相当タフな競馬だったためか、マイネルサージュとメドウラークは連戦で微妙に疲れが出ていたかな。腹構えも緩くなり、後肢がくたびれていて、緊張感が落ちていたね。

京介 暑いだけでなく馬場が特殊な福島開催で激走した馬の次走は、やっぱり下げで見ておいた方がいいのかも…。


続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~アイビスサマーダッシュ~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・アイビスSD編

菊池 日曜の新潟ではアイビスSDが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

アイビスSDはナインテイルズ(8人気3着)を穴推奨に指名!
180729アイビスSD穴推奨

アイビスサマーダッシュ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/185128

<天候・馬場について>

菊池 新潟は最高気温が39℃にもなったんだとか!?暑かったですよね、お疲れ様でした。あと、風も強かったようですね。

京介 いやあ本当に直射日光が強かった。日焼け止めももっと効果の強いものにしないといけないね。でも新潟はパドックが表にある分、ガラス張り屋内の中で蒸してしまう福島のパドックよりはちょっとマシだったかな。

京介 それと日曜日は海風が結構きつくて、せっかくこの開催から配置したパドックのミスト設備も、霧が風に負けてみんな観客側へ散ってしまうんだよね。自分らがミスト浴びるのは…まあちょっと助かるけど。馬にとっては暑さでキツイ1日になったかもね。

菊池 開幕週の新潟、土曜の1000m戦は3歳上500万下の閃光特別。前に行った馬、それも外枠での決着で、比較的素直な結果だったと言いますか。

京介 そうだね。あのレースはパドック推奨3頭だけで○▲◎決着だったんだけど、「直線競馬でいいタイプ」が上位に並んだ典型的なレースだった。
180728閃光特別ガチンコ

菊池 これはありがとうございました。僕も前日予想で注目していた2頭が高評価で、安心して買えました。

180728閃光特別前日予想

180728新潟09Rワイド

180728新潟09R馬連3連複

180728新潟09R3連複

京介 外ラチ沿いの芝も非常に良好、クッションが効いて時計が出る馬場状態。基本的にはなかなか先行馬が止まらない芝だったと思うよ。すなわち、例年通りの芝だね。

京介 2~3歳戦の芝でやけに優秀な時計が出ていたし、例年よりも気持ち速いんじゃないか?という感触もあった。ここも54秒じゃ済まないんじゃないか、という予測はしていたよ。


続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~クイーンステークス~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・クイーンS編

菊池 日曜に札幌で行われたクイーンSも回顧していきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

アイビスSDはナインテイルズ(8人気3着)を穴推奨に指名!
180729アイビスSD穴推奨

クイーンステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/185109

<天候・馬場について>

菊池 台風に気を揉んだ本州をよそに札幌はお天気の心配もなく晴れ続きだったようですね。

京介 本当は北海道の右手にも低気圧が接近していたはずだけれど、大して強くもなく進路も逸れたようだね。非常に気持ちの良い競馬日和だったようで。

菊池 開幕週、昨年は時計も速く内有利が顕著でしたが、今年はそう速い時計ではなかったですね。

京介 土日ともに逃げ馬、2番手の馬がそれなりに好走していたけれども、確かに超高速決着ではなかったし、案外外枠の差し馬も活躍できていたね。1・2番枠の馬が意外とダメだった。今週は1500mや中距離の番組が多く、芝1200m戦は少なかったためもあるのかな。

京介 やっぱり馬場を軟らかくしたことも多少影響していて、差し馬にもイーブンになるよう設えているように感じたね。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~中京記念~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 日曜には中京記念が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

函館記念はエアアンセム(5人気1着)を穴推奨に指名!
180715函館記念穴推奨


中京記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/183996

<天候・馬場について>

菊池 中京は引き続き37~38℃という猛暑の中。厳しい暑さが続きますね。

京介 ちょっとズレた名古屋地方は、40℃を超えた場所もあったとか。中京競馬場は馬場の方だとあんまり風もなかったようだし、随分過酷な環境で競馬をやっているなと感じるよ。

菊池 芝はBコース使用の2週目でも荒れた状態で、土曜から内を避けて通る騎手が多かったですね。

京介 あの芝の色はどうなんだろうなあ。暑さで乾燥しすぎだから芝が枯れているんじゃないか、と感じはする。また、外に持ち出せば外が伸びるし、内が荒れるなら荒れるに任せるという方針かな?土煙もかなり高く上がるようだったしね。

京介 自分が担当している福島競馬場でも、「馬場に出て穴を埋める作業を積極的には行っていない」感じがするんだよ。馬場の様子と見るということではなく、あまりに直射日光が強すぎて馬場も熱されているし、補整作業をする人たちに継続して業務をさせるのが危険な環境なんじゃないかな?中京競馬場はあの福島よりも暑かったわけだし、ほとんど荒れるに任せた、という可能性を感じる馬場だったね。

続きを読む

競馬チェックの重賞回顧~函館2歳ステークス~

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・函館2歳S編

菊池 日曜に函館で行われた函館2歳Sも回顧していきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

函館記念はエアアンセム(5人気1着)を穴推奨に指名!
180715函館記念穴推奨

函館2歳ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/184005

<天候・馬場について>

菊池 函館も晴れて良いお天気で最終週を迎えました。今年は雨が少なかったですね。

京介 重賞が続く後半2週間を、いい天気で行えたのは良かったね。函館地方は30℃を上回りはしなかったけれど、その付近まで行ったらしいね。馬場悪化を気にせず予想ができる函館は助かる。

菊池 Bコース2週目、雨が少なかったこともあり、最後まで内の傷みは軽微でしたね。

京介 土日の芝レースラストを飾るこの日曜メインで、直線ラチ沿いを進んだ馬が好走できたほどだったからね。荒れ馬場をこなすタフさやらは、事実上考えなくても良かったと。レースに出走する馬の関係者も、予想する側も助かったと思う。

続きを読む
中央競馬全重賞データバイブル
全重賞&全コース別1番人気鉄板全書


競馬チェック!のツイートもチェック!
新聞会員ご入会受付中!!

会員入口
入会お申込み
赤木&京介のガチンコ予想

会員入口
入会お申込み

▼「馬見こそ競馬予想の原点!」

関西のカリスマ赤木一騎と関東馬見の才人金子京介の一味違った競馬予想
→ご入会はコチラ
→更新手続き・有効期限の確認はコチラ


競馬「ここ」に騙されるな 厩舎ver


競馬ここに騙されるな 厩舎ver

著者 橋浜 保子(JRDB)
価格 ¥2,000
東邦出版発刊、カラー256P
絶賛発売中!
ネットで動画も見れる付録つき
最新記事
「馬券の勝ち組」になるには…~赤木流馬券術~
最新コメント
ご意見・ご要望は

ご意見・ご要望をお聞かせください

送信フォームはこちらをから
記事検索
QRコード
QRコード
リンクフリー
【新感覚の競馬新聞 競馬チェック!】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
keibacheck_link
keibacheck_link2
http://blog.keiba-check.com/
  • ライブドアブログ