新感覚の競馬新聞・競馬予想 「競馬チェック!」 のブログ

全場メインレースの競馬新聞を只今無料提供中!!WIN5と3連単を攻略するために是非ご活用ください。今1着候補馬と激走印に注目です!

重賞回顧

京介・菊池グリグリの「フェブラリーステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 日曜日の東京では、今年最初のG1フェブラリーSが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

競馬大予言1702

競馬大予言17年春G1トライアル号
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dbBSpf3

※2~3月の重賞&特別データ満載!

フェブラリーステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/92994

<天候・馬場について>

菊池 今年の1回東京開催は、最後まで雨や雪の影響をほぼ受けずに終わりましたね。

京介 凍結防止剤が入る、入らないの差はあったけど、結局ダートは開催8日間通してずっと良馬場で行われたね。

菊池 金曜日には春一番が吹きましたが、その夜からは嘘のように冷え込み。結局、土日は2月らしい日に戻りました。

京介 土曜日は曇り空、日曜日はスカッとした快晴。だけども北風が冷たすぎてね…。直射が当たる馬場側の方も、風が来なければ過ごしやすかったんだろうけど、それでも座席からモノが飛ぶぐらいの風が出ていたようだから、観戦するのも寒さが堪える状況だったわ。

菊池 改めて、先週の馬場傾向ですが。ダートは乾いて時計の掛かる水準でしたね。

京介 ダートの馬場水準は判断が難しいなあ。レベルが異様に低い番組が多かったと思うから。日曜日は風の影響なのかと思うけど、序盤からハイラップを刻むレースが多かったね。それで全体に、外差し・追い込みが良く届き、馬群の中を割れず、馬群の外を回ると伸びるという傾向もあった。

続きを読む

京介・菊池グリグリの「ダイヤモンドステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 土曜日の東京で行われたダイヤモンドSも回顧していきましょう。

競馬大予言1702

競馬大予言17年春G1トライアル号
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dbBSpf3

※2~3月の重賞&特別データ満載!

ダイヤモンドステークス回顧



ダイヤモンドSの展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/93043

<天候・馬場について>

菊池 金曜日に春一番が吹いたのに、土曜日はキッチリ冷え込みましたね(笑)。

京介 寒くなる予報通り寒かったわ~。土曜日はちょっとばかり曇りがかっていて、いかにも夕方寒そうだなという感じだったけどね。この時期は弱めの風でも肌を刺す冷たさだからなあ。

菊池 相変わらず、今開催は雨の影響を受けず。昨年は泥んこだったダイヤモンドSですが、今年は良馬場でした。

京介 小倉や京都は雪で開催が飛びそうになったり中止もあったのに、東京は上手いこと週末に雨とぶち当たらなかったね。何だか申し訳ないぐらいに感じるわ…。

菊池 申し訳ないくらい無事に開始が終わりましたね(笑)。

京介 それでも、芝の生育が悪い冬に3週以上も消化すると、もうさすがに芝はダメになってくる。馬場の内側は真っ茶になるぐらい芝が剥げていて、外差し優勢の状況にはなっていたよね。4歳54kgの馬が逃げて大穴を出した例があったけれども、半数以上が中団からの差し追い込み馬だったね。


続きを読む

オクノ・菊池グリグリの「京都牝馬ステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 土曜日の京都では京都牝馬ステークスが行われました、今回はオクノさんと回顧していきます!

競馬大予言1702

競馬大予言17年春G1トライアル号
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dbBSpf3

※2~3月の重賞&特別データ満載!

京都牝馬ステークス回顧


展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/93129

<天候・馬場について>

菊池  金曜日に雨がありましたが、土曜日の競馬が始まるよりは前に止んでいたのでしょうか。雨量もそう多くはなかったようですね。

オクノ 大阪のほうは、金曜日の夜中にはもう上がってたよ。一瞬ザーッと降ったけど、降っていた時間帯は傘が無くても歩ける程度でしたね。

菊池 土曜日の京都は、朝から芝・ダートともに稍重で開催が始まっていました。

オクノ 土曜は少し湿度が高かったかな。乾きにくかったんでしょう。少し気温も下がってたしね。


続きを読む

オクノ・菊池グリグリの「京都記念回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 日曜日の京都では京都記念が行われました、今回はオクノさんと回顧していきます!

0212京都記念オクノコラム

↑競馬チェック!内の予想コラム
http://regular.keiba-check.com/keibacheck/main/

京都記念回顧


展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/92354

<天候・馬場について>

菊池 京都は開催が危ぶまれたものの、土日ともに無事に競馬が行われて良かったですね。

オクノ 東京出張が入ってたからいろいろ気にはしていたんだけど、京都に関しては危惧されていた降雪、積雪がなく、通常開催されて良かったですよ。

菊池 芝は、土曜日が重発表。そして日曜日には稍重に、発表は一段階回復していました。ただし、開催末期で道悪になったのでかなり悪い状態でしたね。

オクノ 悪かったね。昨年ほどではなかったけどね。しかし、それでもマカヒキが単勝1倍台まで売れるんだからさすがはダービー馬。結果がどうであれ、そうこなきゃ面白くない。


競馬大予言1702

競馬大予言17年春G1トライアル号
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dbBSpf3

※2~3月の重賞&特別データ満載!


続きを読む

京介・菊池グリグリの「共同通信杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 今回は、日曜日の東京で行われた共同通信杯の回顧をしていきましょう。

競馬大予言1702

競馬大予言17年春G1トライアル号
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dbBSpf3

※2~3月の重賞&特別データ満載!

共同通信杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/92347

<天候・馬場について>

菊池 西日本は大雪の心配がありましたが、東京は平穏でしたね。

京介 日曜日は多少雲が出たけれど、それでも上空はほとんど日照を遮る雲がなかった。土曜に続いて冷たい風が出たぐらいで、雲行きが怪しくなったりは全くなかったね。ただ、競馬が終わってから寒波が関東圏にやってきたぐらいか。帰りの府中駅ホームは相当寒かったなあ~。

菊池 1回東京開催は3週目でした。芝の傾向としては?

京介 クイーンCの時にも話したけど、内ラチ沿いの芝が徐々に剥げてきて茶色になってきたね。芝が枯れた色なのか、土の色なのか…。

京介 一つ前の週はその様子を感じ取れてもまだ先行馬が残るシーンがあったけれど、先週は明らかに外差し有利。スローペースでも瞬発力に勝るタイプの差し馬が届く、という傾向が強かった。日曜日は芝が5Rあって、ディープインパクト産駒が7頭も馬券圏内に絡んだしね。

菊池 差し馬優勢の馬場に推移していきましたね。

京介 Dコースだからこれ以上仮柵は移動できないし、来週はもう馬群が馬場の内を空けて進むシーンばかりが見られるんじゃないかな。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「クイーンカップ回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 土曜日の東京で行われたクイーンCも回顧していきましょう。

競馬大予言1702

競馬大予言17年春G1トライアル号
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dbBSpf3

※2~3月の重賞&特別データ満載!

クイーンカップ回顧



クイーンCの展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/92328

<天候・馬場について>

菊池 木曜日のみぞれ、金曜日にチラついた雪の影響も特になく、東京は土曜日の開催スタートから芝・ダートともに良馬場でした。

京介 ホント先週末の東京だけは、非常にいい天気だった。雪順延や馬場悪化などで厳しすぎる関西の2場と比べちゃうと、申し訳ないなと思うぐらいの快晴だったよ。

京介 土曜日は全く雲がない、気持ちの良い快晴だったね。その分、パドックにも馬場にも冷たい風が時おり強めに吹き込むんだけれども、防寒さえしていればそれは大丈夫だから。

菊池 3週目を迎えましたが、芝は大きな変化がないような。

京介 ディープインパクト産駒などの手先の軽い、バネが効くサンデーサイレンス系が圧倒的に有利だったのは間違いない。その傾向は以前からと一緒だね。だけど内ラチ沿いの芝の色が徐々に茶色くなってきてから、脚質的には外差しの方が有利だったようだね。荒れて見えるのは先週もそうなんだけど。

京介 先週まではペース次第で逃げが残ったり差しが決まったりしていたけど、今週はペース不問で瞬発力のある差し馬が有利な馬場状態に移ったんじゃないか、とは見ているよ。

菊池 前残りが、ほとんどなかったですね。

京介 ルメール騎手が土曜東京前半の芝レース、4R・5R・6Rと人気馬に騎乗して連続して逃げたり、内ラチ沿いを進ませて全部ぶっ飛んだでしょ。土曜日の序盤から内枠で工夫しても案外うまくレース運びができず、妙に脚を溜められない印象があったなあ。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「きさらぎ賞回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 京都で行われたきさらぎ賞も回顧していきましょう。

競馬大予言1702

競馬大予言17年春G1トライアル号
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dbBSpf3

※2~3月の重賞&特別データ満載!

きさらぎ賞回顧



きさらぎ賞の展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/91366

<天候・馬場について>

菊池 日曜日の京都は雨に見舞われて馬場が悪化しました。

京介 確か雨が降っていたのは夜半?か明け方?だったっけ。朝からそこそこの雨が降って、ダートは水飛沫が上がり始めた。このままずっと降ったら芝もダートも不良必至と思っていたけど、昼過ぎに雨が止んで、傘をさす人はほとんどいなくなっていた。ただ、日差しが出ず薄暗い中での競馬になって、さすがに馬場回復には至らなかったね。

京介 日曜京都のメインは結局重馬場のまま。芝も掘れて緩んでいたようで、だいぶ時計が掛かる状況になっていた。

菊池 芝1200mでは内を通った馬が上位になっていましたが。

京介 直前の10Rだね。あれは4コーナー途中から馬群がどんどんバラけて、外を回っていた馬がさらに4角直線と大外を目指すような動きだったね。だけども、馬場がボロボロで内が悪かったのは確かだけれども、あそこまで全面的に馬場が悪くなっていたら外に向かってもスピードに乗れる芝のルートはなくて、距離ロスなく内を回った馬が結局有利だったというオチ。

京介 なので、内側も悪かったのは確かだけど、外を回る有利がないほどどこを通っても悪かったから、結局内だったんだという馬場でしょう。

菊池 そういう解釈でいきましょう。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「東京新聞杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 今回は、日曜日の東京で行われた東京新聞杯の回顧をしていきましょう。

競馬大予言1702

競馬大予言17年春G1トライアル号
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dbBSpf3

※2~3月の重賞&特別データ満載!


東京新聞杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/91365

<天候・馬場について>

菊池 雨の心配がありましたが、持ちこたえましたね。

京介 昼過ぎぐらいから雲が分厚くなってきて、6Rのパドック途中ぐらいかな。パラパラっと降る様子はあった。だけど雨が酷いことにはならず、メインも傘が要るかいらないかで済んでくれた。おそらくは先週の日曜京都メインよりも軽かったでしょう。

菊池 1回東京開催は2週目でした。芝の傾向としては、どのように見ていますか?

京介 土曜日のしょっぱなから外差しが通用する馬場で、ディープインパクト、ステイゴールド、キングカメハメハ産駒が活躍しまくっていた。時計は決して速くないけれども、いわゆる瞬発力優位馬場だったと思う。

京介 けど決して内か外に有利なルートがあったわけではなく、全面的にフラットな馬場でしょう。毎レース後に馬場の補正も入れていたしね。適度に踏みこなれて芝としては脚抜きが良く、決め手がなまくらな馬では走り切れないんでしょう。馬場もある程度締まって固めなんじゃないかな?


続きを読む

京介・菊池グリグリの「シルクロードステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 京都で行われたシルクロードSも回顧していきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


シルクロードステークス回顧



シルクロードステークスの展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/90604

<天候・馬場について>

菊池 京都は心配された雨が、遅い時間帯にズレました。シルクロードS発走時には降っていましたが、馬場に大きな影響を及ぼすほどではありませんでしたね。

京介 そうだね。天候発表はずっと曇りのままだったから、ザーッと降るほどにもなかった。パドック映像で傘をさす人が9Rぐらいからチラホラ見られたのかな?ぐらいで、馬場が湿るというほどもなかったんじゃないかな。馬場は荒れているけれどもさすがは京都、と感じるスピード必須の状況だったよね。

菊池 先週から仮柵が3m移動のBコース使用でした。

京介 今週最初の京都芝は土曜日の5R未勝利戦だったんだけど、最低人気単勝万馬券の馬が逃げ切り。土日ともに逃げ先行馬や早めにコーナーで仕掛ける馬が優勢だったし、追い込み馬は結構苦労する状況だったね。

京介 時計の速い決着が続いているし、このままならメインレースも1分8秒台前半、また内じゃあないかな…と見ていた所です。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「根岸ステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 東京開催が始まりました!その開幕週で行われた根岸Sの回顧をしていきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


根岸ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/90594

<天候・馬場について>

菊池 寒が緩む週末になったことは幸いでしたね。

京介 いやー、でも日曜は寒かったよ。土曜日は日差しが出て風も建物で遮られていたから暖かかったんだけど、日曜日は馬場の方でもモロに冷たい風が吹き込んでいたからね。まあ、京都のように氷雨みたいな感じにならなかったのは良かったけども。

菊池 1回東京開催の開幕週でしたが、週中も含めて随分と雨が降っておらず乾燥続き。凍結防止剤はなくともパワーの要る馬場だったと言えるでしょうか。

京介 そうだね。開催の最初が比較的深いダートから始まることは多いけど、この開催は並みの水準から時計が気持ち掛かったか、という水準だね。500万下の牝馬限定戦と3歳未勝利戦のタイムが一緒だったりもあった。

菊池 差し・追い込みが届く状況でしたね。

京介 道中からどんどんバテて後退する馬が多く出て、直線ゴール前は片手で数えられるぐらいしか画面にいない、というレースが多かった。

京介 どちらかというと脚抜きが悪いというか、引っ掛かりがありすぎる質のダートだったと捉えるべきでしょう。だからこそ、序盤にちょっとした争いがあると、すぐ差し追い込みが飛んできやすいのはあった。走破時計も超高速水準ではないしね。

続きを読む

京介・菊池グリグリの「東海ステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 日曜日に行われた東海Sも回顧していきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


東海ステークス回顧



東海ステークスの展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/89689

<天候・馬場について>

菊池 今週の中京は土日分ともに、夜間発売も無事に行われました。

京介 だけどこちらの心配をよそに、土日とも真っ当に晴れていたよね。日曜日の午後はちょっと曇ったかな、ぐらいで。だけど風がそこそこ強くて、寒そう…とは思ったけども。

菊池 先週に引き続き、ダートは凍結防止剤の発表もありました。

京介 時計は標準並みから、若干掛かるぐらいの状況。だけど中山とは違って、ラスト1Fが掛かったわけではない。この日は1番手2番手がだいぶ有利で、直線一気の差しがなかなか決まりにくい様子だったようだね。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 中山開催お疲れ様でした。AJCCの回顧をしていきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


AJCC回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/89983

<天候・馬場について>

菊池 暦の上では最も寒い週でした。現場は大変ですね。

京介 いやホント寒かったなあ~。確か中山競馬場は金曜日の昼に雨予報だったはずなのに、それが粉雪に変わるぐらいに冷え込んだと言う話だね。

菊池 無事に開催が行われて何よりでした。中山は雨も大丈夫でしたね。

京介 幸い、雲が全くなく真っ青な好天、快晴だったんだよね。日が差す馬場側は比較的穏やかな天候のまま進んで、夕方に差し掛かるメイン近辺でもそこまで暗くはならなかった。これは幸いだったね。

京介 それと、週末も寒いと思ったのに週中はそれ以上らしいじゃない。この間、月曜日の夜中に雑誌の打ち合わせをしたんだけど、氷点下以下になって突風が吹き荒れて、あまりにも寒すぎて驚いたわ。この回顧をしながら「競馬場がこんな日じゃなくてホント良かった」と思ったよ。

菊池 確かに(笑)。

<パドックについて>

菊池 有力ローテの有馬記念組が不在でしたが、全体のメンバーレベル、ひいては仕上りもやや劣る感じでしたか?

京介 いや、そんなことはなかったかな。休み明けで臨む馬が結構良い仕上がりで、不調を何とか脱し始めた?と思わせる馬も数頭いたんだよ。特に関東馬は、かなり仕上がりが良いと感じたね。

菊池 そうでしたか。トレセンの映像でもそこまで雪を見ませんし。

京介 この時期は栗東だと雪が積もりがちで、美浦は寒くても雨・雪がないことが多い。調教映像だと、栗東CWや栗東坂路のコースわきに雪を避けているのを見かけるけど、美浦だとほとんどないはず。どちらも寒さではどっこいどっこいなんだけどもね。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「日経新春杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 17日(火)に行われた日経新春杯も回顧していきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


日経新春杯回顧



日経新春杯の展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/88814

<天候・馬場について>

菊池 京都は日曜日が大雪で中止。一度は開催する!と発表して、馬券を売ってしまったがために、再投票&枠順変更で火曜日に代替開催となりました。

京介 これは本当に判断が悪かったね。人災と言われているけど…。京都市近辺は雪が上がったような予報は全くなくて、まだ降り続く様子もあったはずなのに、朝9時から馬券を販売してしまった。しかし画面で見たら、雪かきを行ってる最中にもっと大量かつ大粒の雪が降っているんだもの。こりゃどうしようもないな、という降雪状況だったよね。おまけに、昼頃に晴れたわけでもなく。なぜ強行したのか悩むぐらい降ったそうだね。

菊池 偉い人が寝てたんですかねぇ(苦笑)。

京介 関係してる部門と連絡がちゃんと取れなかったと言う話もあるけど、中京のように普通の流れで中止する判断を下せなかったがために、月・火と分かれた開催となってしまったうえ、火曜日は再投票。開催が分かれると、月曜日だけじゃなく、火曜日も全国の競馬場&WINSを開けないといけないし、再投票なら新聞だって新しく発注しないといけない。とんでもない人件費がかかることとなった。責任問題になるとは言われているね。

菊池 なるほど。本当にマズかった。我々なんてたいしたことないですけども。

京介 うちらとしてもデータが出る処理が遅くなるし、玉突き的にスケジュールも厳しくなる。月・火ともに競馬関連に出張した人は、今週はまず休みがないでしょ。

菊池 各方面の皆様、本当にお疲れ様でした。

京介 本当に大変だったことと思います。自分たちも決して被害が少ないわけじゃないけどね。中京の方のデータ処理を手伝ってくれと言われたし…。

菊池 で、除雪を経た火曜日。芝は最初のレースが行われた5R時点では稍重の発表でした。

京介 自分はもっとグダグダになってもおかしくない状況だと思っていたけど、案外持った方だな、と思っている。新馬戦で馬場が悪かったと思うなら、1分37秒台はまともだと思うし、紅梅Sも1分22秒前半で収まった。あのレースもパドックのレベルは物足りなかったんだけども。上がりは掛かるけれども、良馬場並みの時計が出る水準ぐらいには回復していたんじゃないかなと。

京介 それに、内ラチ沿いがあまり悪くはなかったようだしね。体力を問われて追い込みが効きにくい状況だったけれども、極端に内側のどこそこの箇所が悪い、という状況はなかったと思う。

<パドックについて>


続きを読む

オクノ・菊池グリグリの「愛知杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 土曜日の中京では愛知杯が行われました、今回はオクノさんと回顧していきます!


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


愛知杯回顧


展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/88847

<天候・馬場について>

菊池 中京は土曜日から雪が降りました。 レースのタイミングでおさまっている時もありましたが、時折激しく降っていましたね。

オクノ 雪、すごかったね。メインレースあたりも結構強く降っていたようで。火曜日に東京出張で大阪から新幹線で移動したんだけど、滋賀から岐阜にかけて雪国化現象が起きてたよ。中京あたりもまだ少し雪が残ってたかな。

菊池 首都圏はまったく降らなかったんですが、今回は関西&中京圏が大変でしたね。

オクノ ともあれ、日曜競馬が月曜に順延になったけど、 この重賞があった土曜競馬がちゃんと開催されたよかったよ。

菊池 平地の芝レースは7R以降に組まれていましたが、その7Rから稍重発表で始まりました。

オクノ その稍重も怪しいよね。火曜京都芝の稍重みたく、通常降雨による稍重とは質が違う感じがしました。

<レース展開について>

続きを読む

京介・菊池グリグリの「京成杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 関東以外は雪で大変でした。まずは日曜日に中山で行われた京成杯の回顧をしていきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


京成杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/87521

<天候・馬場について>

菊池 中京は大雪で中止。そして、京都も一度は開催すると決まったものの、結局は開催できず。この冬一番とも言われる大寒波の襲来で、えらいことになっていましたが、関東の平野部では寒いけど雪は降りませんでしたね。

京介 凄い寒波が列島を襲った週だったんだよね。天気予報も日本海側が真っ白で。中京・京都ともに、土曜日から雪が舞っていて、開催が危ぶまれるムードが土曜日からすでにあった。

菊池 この冬一番と前評判が凄かったです。

京介 だから、中山はこんなに好天でいいのか申し訳ないな、と思うぐらいスカッと晴れていて、3場で見比べると対照的だったよね。だからと言って寒くなかったわけではないんだけど。

菊池 寒さはさすがでした。風はどうでしたか?

京介 中山競馬場の地図を少し引いた視点で言うと、パドック側国道沿いから競馬場のコースに向けて風が吹き付ける格好。だから、建物を挟んでパドックは極寒なんだけど、馬場側に出ると風も穏やかでポカポカしている時間帯もあった。なぜなら、強烈な風を建物で遮っていて、馬場を眺める場所にいたら風を受けないからだね。

菊池 なるほど。では、馬場側ではさして風は強くなかったということですね。

京介 全体的に、ゴール側から向こう正面へと吹く風だったから、直線で向かい風&追い風とはならず、道中は横風。おおまかに、レース展開に影響を与える風ではなかったはずだよ。

菊池 Cコース使用2週目でした。土曜日は、4コーナー1番手通過の粘りが目立ちました。

京介 開催2週目にして、中山の芝も徐々に剥げた部分が出始めたかな。3~4コーナー部分はまだ大丈夫そうだけど、上がりは掛かっているのに、直線で位置取りの差を押し上げにくい決着が多いよね。馬群の間をズバッと割る馬がいない、大外を一気の脚で差すには物足りない。先行馬は脚が止まっているのに、後続も追走で消耗するのか、足が溜まりにくい様子。馬の方も苦労しているんだなあと感じさせるレース展開ばかりだったよ。

<パドックについて>

続きを読む

京介・菊池グリグリの「フェアリーステークス回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 変則開催お疲れ様でした!フェアリーSの回顧をしていきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


フェアリーステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/87850

<天候・馬場について>

菊池 土曜日までは大丈夫でしたが、日曜日はお昼頃から雨の心配がありました。

京介 そうなんだよね。日曜の朝は日差しも薄く出ていたから、我慢してくれよ!と願ったんだけど、あいにく雲行きは昼頃から怪しくなり…。

菊池 実際に降り始めたのは何時頃でしたか?

京介 で、結局ポツポツと来だしたのは9Rパドック途中ぐらいかな。確実に傘が必要と感じるほど強くなったのが、10Rのパドックが始まる頃。だから、結構急激に悪くなった印象だね。とは言え、フェアリーSは良馬場発表のままだったんだけど。

菊池 風はどうでしたか?

京介 パドックでは風が巻いていたけれど、強烈な風が馬場でも吹いていたかというと、そうでもない。実際の所、雲が陰って冷たい雨も降り、おまけに風も出ていたら、場外に誰も人が出て行かなかっただろうね。

菊池 芝は、いくらか内を通る馬の方が有利だったかにも思いましたが、概ねフラットだったと見ていいでしょうか。

京介 午前中の様子を見ていると、十分差しが通用する様子はあったけどね。でも雨が降りだして、馬場が変わりかけていた時のレースだから、厳密にはいろいろ言いにくい。極端な内有利や外有利ではなかったし、一日通して上がりの掛かる馬場ではあったけど。

<パドックについて>


続きを読む

京介・菊池グリグリの「シンザン記念回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 8日(日)に行われたシンザン記念も回顧していきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


シンザン記念回顧



シンザン記念の展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/87836

<天候・馬場について>

菊池 京都は早い時間から雨が降り始めました。

京介 日曜日の雨だったよね。京都は朝から変な馬が大穴を開けてばかりで、大変そうだなあ~と対岸の火事のように見ていたよ。結局中山でも雨が降るんだけど…(笑)

菊池 そうでした(苦笑)。冷たそうな雨が。

京介 ファンファーレで赤旗が振られてから、カメラは芝に落ちる雨粒を映すんだから、「今の京都の雨はこんなにひどいぞ」というのを表現したかった現場の感覚も良く分かる。

菊池 芝は前日までの内有利を引き継いでいましたが、後半にかけて急激な変化があったのでは?と感じられましたが。

京介 そうだよね。相当ズブズブの状況になったようで、京都の馬場発表も稍重から重に変わるタイミングが早かったなと感じたよ。ラップからして怪しい様子があった。

菊池 雨量もありますが、やはり前開催のダメージで一気に悪くなった感じがあります。

京介 けどかなり雨が強いと知っていても、直前の寿Sを見た後までは、「やっぱり内側有利はそりゃ残っているよな」としか思えなかった。タフな馬場だとは感じていたけど、先行有利を覆せる状況があるとは思ってなかったねえ。

菊池 同じ日でも、11・12Rの芝は全くの別物だったと考えるべきでしょうね。

京介 やっぱり今回の展開は、重賞で欲目のある馬が多かったからこその厳しいペースだったんじゃないかな、と思う。みんな内側の良いポジションを取りたかったんでしょう。この雨だからこれだけ厳しい展開になった、というよりも。

<パドックについて>

続きを読む

京介・菊池グリグリの「京都金杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑



菊池 京都金杯も回顧していきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


京都金杯回顧



京都金杯の展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/87513

<天候・馬場について>

菊池 お正月から晴れっぱなしで、雨の心配も影響もなく始まりましたね。

京介 京都もこの木曜日は好天の一日だったんだよね。

菊池 開幕週の京都ですが、見た目には綺麗な芝に見えなかったですね。やはり前開催の傷みを引きずっているような。

京介 そうそう。芝の1200m、1400m、1600mのゲートを置いていた部分は茶色く剥げているし、京都芝コースは横幅が広いとはいえ、内ラチから馬場の5分の3から外側は、補正が間に合わなかった感じだよね。

京介 だからこそ、相対的にAコース・Bコース部分の芝はより良好だと感じる。内ラチ沿いはかなり良かったんじゃないかと思うよ。だけど、外回りの4コーナーがやけに掘れていたのは気がかりだったなあ。この開催は馬場が荒れるのが早いのかも…とは予感させたね。

菊池 連続開催で先が長いだけに心配です。


続きを読む

京介・菊池グリグリの「中山金杯回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 変則開催お疲れ様でした!2017年最初の回顧をしていきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


中山金杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/87521

<天候・馬場について>

菊池 お正月からずっと晴れていてダートは乾いていましたね。

京介 元旦から関東一円はずっと快晴続きで、結構暖かかったんだよね。金杯開催の中山競馬場は、1日通してずっといい天気でした。

菊池 そして風が強かったですよね。

京介 そうなんだよ。中山競馬場は残念ながら風が強くて、マシに思えたのは直射日光を浴びている場所だけだったなあ。ちょっと建物の陰に入るともう寒くて寒くて。パドックは随分強い風が朝から巻いていて、足が痺れるほどの冷たさだったよ。

菊池 芝は今週からCコースへと、一気に6mの仮柵移動がありました。

京介 仮柵移動した内側は芝が剥げて茶色く染まっていて、ラチを置いた外側は蹄跡こそ目立つけれど、ちゃんと芝が残っていた。馬場の中から外側も、全面的に蹄跡は残っているから、全体的に踏みこなれていて「絶好ルート」というものは見つからなかったように思うんだ。まずまず時計の掛かる、フラットな馬場状態だったと考えていい。

菊池 有馬記念当時よりはマシだけど、冬の中山らしいタフさを要求される馬場ではありますね。

京介 ちょっと展開に影響する要素としては、1コーナーから3コーナー方向にずっと強い風が吹いていたことぐらいか。向正面ではやや追い風、ゴール前は若干向かい風になるけど、金杯のレースが始まる夕方前は弱まっていたかな。

<パドックについて>



続きを読む

京介・菊池グリグリの「有馬記念回顧!」

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑


菊池 お疲れ様でした!有馬記念が終わりました。ということで、2016年最後の回顧をしていきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※東京大賞典情報もあります!


有馬記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/86250

菊池 堅く収まりましたね!一応、もらえるだけもらうことはできましたが…。

161225有馬記念馬券

京介 もうちょっと穴馬に頑張ってほしかった。とはまず思う。ただし、馬体的にも展開に寄与する部分でも、力の差がハッキリついたままのレースだったかな…とは思ったよ。

<天候・馬場について>

菊池 木曜日に思ったより雨が降り、3日間開催は道悪スタートでしたね。中山芝も稍重発表からのスタートでした。

京介 とは言え、その金曜の最初から、雲がすぐ晴れて暖かい日差しが降り注ぐ快晴だったからね。適度に風もあって、乾燥&回復しやすい状況にはあったと思う。

京介 金曜日の中山大障害の場面では、ちょっと馬場が緩い印象を受けたけど、金・土と直射日光を受ける快晴だったし、これで回復しないということはない。

菊池 土曜日の競馬を見ていても、結構タフな馬場でしたよね。ハービンジャー産駒の活躍が目立つなど、種牡馬傾向も特徴がありました。

京介 そうなんだよ。内回り・外回りに関係なく向正面でやたらとペースが速くなりがちで、コーナーでどんどん仕掛けて直線は上がりが掛かる競馬ばかりだった。あるいは、みんなもペースを押さえて進ませたいのに、妙に脚を使ってしまうというか。

京介 馬体重のある馬同士のワンツーという結果も、1600m以下のレースで多く見られたね。

菊池 日曜日も朝から時計が掛かるなぁという競馬に見えて。

京介 その日曜日は、有馬記念で例年激走が多いステイゴールド産駒の活躍が目立ったよね。有馬記念の厳しい流れ独特の傾向じゃなくて、使い込まれた末の上がり掛かる中山だと、ステイゴールド産駒に向きやすくなるのかなとぼんやり感じたね。残念ながら今年は出走馬にステイゴールド産駒がいなかったんだけど、これは来年以降覚えておきたい。

<パドックについて>


続きを読む
競馬ビッグデータ(BIG DATA)がオープンしました!
競馬ビッグデータ
競馬で勝つためにシステムがここに築かれる!


競馬チェック!のツイートもチェック!
新聞会員ご入会受付中!!

会員入口
入会お申込み
赤木&京介のガチンコ予想

会員入口
入会お申込み

▼「馬見こそ競馬予想の原点!」

関西のカリスマ赤木一騎と関東馬見の才人金子京介の一味違った競馬予想
→ご入会はコチラ
→更新手続き・有効期限の確認はコチラ


競馬「ここ」に騙されるな 厩舎ver


競馬ここに騙されるな 厩舎ver

著者 橋浜 保子(JRDB)
価格 ¥2,000
東邦出版発刊、カラー256P
絶賛発売中!
ネットで動画も見れる付録つき
最新記事
「馬券の勝ち組」になるには…~赤木流馬券術~
最新コメント
おすすめの競馬本






【送料無料】競馬大予言(13年春G1佳境号)

【送料無料】競馬大予言(13年春G1佳境号)
価格:840円(税込、送料込)


【送料無料】京介式馬券厩舎ランク

【送料無料】京介式馬券厩舎ランク
価格:2,100円(税込、送料別)


【送料無料】調教指数で獲る!高中の方程式

【送料無料】調教指数で獲る!高中の方程式
価格:2,000円(税込、送料別)


【送料無料】京大式推定3ハロン

【送料無料】京大式推定3ハロン
価格:945円(税込、送料別)


ご意見・ご要望は

ご意見・ご要望をお聞かせください

送信フォームはこちらをから
記事検索
QRコード
QRコード
リンクフリー
【新感覚の競馬新聞 競馬チェック!】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
keibacheck_link
keibacheck_link2
http://blog.keiba-check.com/
  • ライブドアブログ