▼コース図
04101000
▼勾配図
04101000ko

新潟芝1000mラスト3F位置展開データは算出に必要な項目が無いためありません。

【概要】
新潟競馬場の名物コースであり、日本で唯一直線だけで行われるコース。重賞競走のアイビスサマーダッシュの舞台でも有名。イメージからスタートからゴールまで平坦と思われがちだが、上り坂と下り坂が2回あることが特徴。スタートから280m程上り坂で、そこから200m程下り坂、そこから小さなアップダウンがあり最後は平坦となる。1000mの中にも細かいアップダウンがあり、この部分を上手に乗り切るかが重要といえる。


【展開】
基本、逃げ~先行馬の活躍が目立つコースで平坦部分までに5番手までにはつけたい所。前半の下り坂で如何に好位につけれるかがポイントとなる。また中途半端なスピードだと最後に大きく失速してしまい、後方からの差しが決まりやすくなる。開催が進むにつれ、内回り・外回りとの共有部分の芝が荒れてくるため、必然と外枠が有利になりやすい点は注意したい所。

【ラップ】
未勝利:33.3 - 33.5 = 0:56.0 *テン3F-上がり3Fで標記
12.1 - 10.3 - 10.9 - 10.6 - 12.0

500万:32.8 - 33.2 = 0:55.3 *テン3F-上がり3Fで標記
11.9 - 10.2 - 10.7 - 10.4 - 12.0

1000万:32.9 - 33.1 = 0:55.2 *テン3F-上がり3Fで標記
11.9 - 10.1 - 10.8 - 10.3 - 11.9

オープン:32.0 - 32.2 = 0:53.9 *テン3F-上がり3Fで標記
11.7 - 9.9 - 10.4 - 10.1 - 11.8

良馬場のみ。
ハンデ戦、牝馬限定戦除く。

新潟芝1000mは5Fという短い距離の中に「上り→下り→上り→下り→平坦」という起伏が存在します。特に、前半の大きな起伏はラップに与える影響が大きく、最もスピードが乗る区間となる2F目の下りで最速値を刻むこととなります。オープンクラスでは実に9.9秒と10秒台を切る水準で、このスピードにいかに対応できるかが重要と言えるでしょう。
また、ラスト2~1Fで大きく減速することもポイント。この条件ででダート経験馬が好走することが多く見られますが、これはダート戦も同じくラストに失速するラップデザインになることに由来しています。特に開催後期など芝が荒れて失速する割合が大きくなる条件では、失速ラップで上がりが使えるタイプに注意する必要があります。


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。