▼コース図
01171200

▼勾配図
01171200ko

▼ラスト3F位置展開データ
01171200ken
赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

【概要】
2コーナーの奥からスタート。コース全体が概ね平坦であるため、スタート直後のアップダウンはない。初めのコーナーまでの距離が400m程ありゆったりとしている。コーナーは2つで大きく緩やかなカーブ。直線の長さは使用コースによって変わるがAコース使用時は266.1m、Bコース267.6m、Cコース269.1mとなる。洋芝のみで行われるのは函館競馬場と札幌競馬場のみ。重賞競走はサマースプリントシリーズ該当レースであるキーンランドカップが行われる。


【展開】
基本逃げ・先行馬が有利になっている。開催日数の変更とAコースからCコースまであるため馬場悪化になることが少ない為、その傾向が強くなってきている。またダート戦とは違いフルゲート16頭になる為、外枠は初めのコーナーまでに先行するか内へ入れないとコースロスが大きくなる。その為内で競馬が出来る馬、コーナーで押上げることが出来る馬が重要。洋芝とはいえアップダウンが少ないため時計も速くなる点は考慮したい。


【ラップ】

未勝利:34.7 - 35.7 = 1:10.4
12.3 - 10.9 - 11.5 - 11.8 - 11.7 - 12.2
500万:34.1 - 35.6 = 1:09.7
12.1 - 10.7 - 11.2 - 11.7 - 11.8 - 12.1
1000万:34.2 - 35.3 = 1:09.5
12.1 - 10.8 - 11.3 - 11.6 - 11.6 - 12.1
1600万:33.6 - 35.4 = 1:09.0
12.2 - 10.3 - 11.1 - 11.7 - 11.5 - 12.2
オープン:34.0 - 35.4 = 1:09.4
12.1 - 10.7 - 11.3 - 11.7 - 11.7 - 12.0

札幌競馬場の特徴といえば「平坦、大回り、直線短い」という3点。当然、この3点は1200mという短距離でも考慮すべき要素であり、これらが規定することはラップの振れ幅が少ないということになります。具体的に言うと、コース形態がラップを遮る要素が少ないため大きな加速・減速が生じにくいということとなります。つまり、基本的には過度な底力は問われずスピードを維持する持続力が重要となります。また、ラップを規定する要素が少ないということから、クラス間でのラップの挙動も未勝利→500万と1000万→1600万ではテン、500万→1000万と1600万→オープン(オープンは2歳戦が含まれるのでそれを除いたラップは33.6 - 34.9)では上がりが速くなるというバラツキが見られるのも特徴。よって、クラス間で問われる資質がやや異なるということはコース依存ではなく出走馬依存でラップに機微を与えることの根拠と言えるでしょう。
そして、上記の補足としてわかりやすい例は、この条件で行われる重賞でもあるキーンランドカップ。コースがラップを規定しないため1600万の平均とキーンランドカップのテンの平均は同程度となり、例年のキーンランドカップでは上がりもまとめる能力が必要となります。ただ、昨年は結果的にメンバーの質が高くテンは33秒とハイペースを刻み底力問われたレースとなり、1・3着馬はスプリンターズステークスで1・2着となりました。これは同条件での資質の変化ですが、要は指標がクラス間に変わるということだけで方向性はコースよりも能力が握る条件と言えます。


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。