▼コース図
09241400

▼勾配図
09241400ko

▼ラスト3F位置展開データ
09241400ken
赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

【概要】
2コーナー奥のポケット地点からのスタート。スタート直後は平坦で芝コースを走る。3コーナーまでの距離は長く540m程。残り1000mからラスト1ハロンまで下り坂になっている。3~4コーナーは急カーブと緩やかな複合カーブ。直線は352.5mで高低差1.5mの坂が待ち構えている。以前はプロキオンSが行われていたが、現在は重賞競走は行われていない。オープン戦のギャラクシーS、エニフSが行われている。

【展開】
初めのコーナーまでの距離が長いが、スタートから平坦かつ芝スタートであるため先行争いが激しい。また1000mから下り坂になっているためペースも緩みにくい。直線の坂からゴールまでで大きく失速することが多く、単調なスピードで押し切る競馬では勝ちきることは厳しい。1200m戦と比べて大外からの差しも決まりやすく逃げ・先行馬+差し馬の決着が多く見られる。多頭数になった場合若干ではあるが、外枠が有利になりやすい。

【ラップ】
未勝利:35.3 - 12.5 - 38.3 = 1:26.2
12.4 - 11.0 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 12.4 - 13.3
500万:34.8 - 12.2 - 37.8 = 1:24.8
12.3 - 10.8 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 13.1
1000万:34.6 - 12.1 - 37.5 = 1:24.3
12.3 - 10.8 - 11.6 - 12.1 - 12.2 - 12.2 - 13.1
1600万:34.5 - 12.0 - 37.2 = 1:23.7
12.4 - 10.7 - 11.4 - 12.0 - 12.2 - 12.0 - 13.0
オープン:34.6 - 11.9 - 36.6 = 1:23.0
12.2 - 10.8 - 11.5 - 11.9 - 12.0 - 11.8 - 12.7

阪神ダート1200mと比べて異なる点は最初の1Fが芝ということ。つまりテンの1Fは芝スタートとなります。そのため、テンで未勝利では1200m35.6秒→1400m35.3秒、500万では1200m35.1秒→1400m34.8秒、1000万戦では1200m34.7秒→1400m34.6秒と1200m戦より1400m戦のほうが速くなるという特徴があります。また、面白いことにこの特徴は1600万戦では1200m34.4秒→1400m34.5秒とここで逆転現象が発生しており、自身の能力では発揮できない水準を外的要因でカバーするという解釈から下級条件で特にこの特徴が出ているということは注目に値します。とはいえ、芝スタートでも1400戦でクラス水準を眺めると意外とテンがクラス間で明示的に速くなるということはなく、どちらかというと上がり主体で時計が短縮されています。これはやはり速い上がりで抜き去るというよりは、直線の急坂を受けてからの失速を抑えると解釈するほうが妥当。これは各クラスのラスト1Fの失速の割合が減っていることからも理解できます。つまり、ここからもクラスの壁はスタートの芝よりも上がりの急坂が規定していると考えられ、やはりこの条件で問われる資質は底力ということとなります。


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。