▼コース図
05231600

▼勾配図
05231600ko

▼ラスト3F位置展開データ
05231600ken
赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

【概要】
2コーナーの引き込み線からのスタート。スタート直後は芝。そこから緩やかな下り坂になっている。初めのコーナーまでの距離は長い。3コーナー手前で上り坂になっており、下りながらコーナーを回るレイアウトになっている。直線は501.6mの長さを誇り高低差2.5mの坂が待ち受ける。重賞競走はフェブラリーS、武蔵野S、ユニコーンSが行われる。

【展開】
スタート直後が芝コースであることから、芝スタートが得意で無い馬にとってはダッシュがつかないケースが多く先手が取れないケースが多い。3コーナー手前の上り坂で一旦息が入る。その為最後の直線が長いとは言え先行馬が有利になり、逃げ切りや好位抜け出しの好走が多くなる。差し・追い込み馬が好走する場合外から伸びてくるケースが多い。

【ラップ】

未勝利:36.0 - 25.8 - 38.1=1:39.9
12.6 - 11.3 - 12.2 - 12.8 - 13.1 - 12.7 - 12.4 - 13.0
500万:35.5 - 25.3 - 37.5=1:38.3
12.5 - 11.1 - 11.9 - 12.5 - 12.8 - 12.4 - 12.3 - 12.7
1000万:35.6 - 24.9 - 37.1=1:37.6
12.5 - 11.2 - 11.9 - 12.4 - 12.5 - 12.2 - 12.1 - 12.7
1600万:35.6 - 25.1 - 36.6=1:37.3
12.5 - 11.1 - 12.0 - 12.4 - 12.7 - 12.3 - 12.0 - 12.3
オープン:35.0 - 24.5 - 36.6=1:36.1
12.4 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.3 - 12.1 - 12.0 - 12.5

やはりポイントはダート競争としては直線が501mと他の競馬場と比較して明らかに長いこと。そのため、直線向いての加速は当然重要なファクターとなります。実際、上記ラップを見ても上がりはクラス間でしっかりとタイムが速くなっており、やはりここはポイントとなります。また、テンは未勝利→500万と1600万→オープンで大きな壁があるだけで、芝スタートではあるものの前半は下って上るという起伏からあまりスピードに乗りにくく速くなりにくいことから、その点も上がりの比重が寄ることに拍車をかけています。よって、ダート戦ではあるものの、底力だけでは押し切れず上がりのキレが重要となります。
この条件で行われる重賞はG1フェブラリーステークスを筆頭に、武蔵野ステークス、3歳限定のユニコーンステークスとなります。ダート戦ながら直線で問われるキレに加え、1600mという距離設定からこの条件というのは再現性が乏しく、結果として同条件での実績というのが結果に結びつきやすい傾向にあります。例えば、フェブラリーステークスでは10年2着12年1着のテスタマッタや09年1着10年3着のサクセスブロッケン、または09年武蔵野ステークス1着12年フェブラリーステークス3着のワンダーアキュートや10年11年の武蔵野ステークス2着11年マイルCS南部杯(東京開催)2着のダノンカモンなどが該当します。



競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。