▼コース図
05112000

▼勾配図
05112000ko

▼ラスト3F位置展開データ
05112000ken
赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

【概要】
東京芝2000m戦のスタートは1コーナーの奥からのスタートとなる。コーナーは全てで3つとなるコース形態。2コーナーまでの距離が短いと2コーナーが急カーブであることが大きな特徴である。スタート後は平坦でジワジワと長い下り坂を迎える。向正面で一旦上り坂にそこから3コーナーに向かって下り坂になる。直線は長く525.9m。高低差2.1mの上り坂を駆け上がる。重賞競走は天皇賞・秋とフローラSが行われる。

【展開】
スタート直後から初めのコーナーまでの距離が短い為、枠順の有利不利が大きくなる。外枠の逃げ~先行馬にとってはコースロスになり、内に入れることが出来ないままレースをすることになる。またコーナーが急である事から、内枠の差し馬も外から被せられる為、スムーズにコーナーを曲がれるかが重要になってくる。その為2コーナーをロスなくスムーズに回って来れた先行馬~差し馬の好走が多くなる。

【ラップ】

未勝利:36.9 - 50.5 - 35.2 = 2:02.6
12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.5 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 11.6 - 12.0
500万:36.7 - 50.2 - 34.6 = 2:01.4
12.9 - 11.7 - 12.1 - 12.5 - 12.8 - 12.5 - 12.4 - 11.5 - 11.3 - 11.8
1000万:36.7 - 49.2 - 34.7 = 2:00.6
13.0 - 11.8 - 11.8 - 12.2 - 12.5 - 12.3 - 12.2 - 11.5 - 11.3 - 11.9
1600万:36.7 - 48.5 - 34.6 = 1:59.8
13.1 - 11.8 - 11.8 - 12.3 - 12.4 - 12.1 - 11.8 - 11.2 - 11.6 - 11.8
オープン:36.0 - 48.4 - 34.9 = 1:59.3
12.8 - 11.5 - 11.6 - 11.8 - 12.2 - 12.3 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 11.9

中距離で根幹距離の芝2000m。とはいえ、やはり東京競馬場らしく瞬発力偏重。上記ラップを見てもわかるように、ラスト4F目から3F目に大きな加速が発生し3Fは11秒台前半となっています。そのため、当然この条件で問われる資質は瞬発力。ただし、いくら瞬発力偏重条件とはいえクラスの壁を作っているのは上がりではなく中盤の4F。むしろテン・上がりとも全クラス通じて大きな変動はなく、やはり王道の距離・条件で出走馬のレベルが高くなることがその要因でしょう。そのため、クラスが上がるにつれて底力が重要となっていき、単純なスロー専門のタイプは上級条件では淘汰される形となります。ちなみに、1600万→オープンで中盤4Fが0.1秒しか差がありませんが、これは世代限定戦を含んでいるため。これらを除外してハンデ戦を加えた中盤4F平均は48.0秒とさらに速くなっていることからも、中盤で問われる底力の割合が看取されます。
この条件で行われる重賞はG1天皇賞(秋)と3歳牝馬限定戦のフローラステークス。この2レースは同じ距離・競馬場とはいえ条件がまったく異なるのでここで一律に述べることは出来ませんが、少なくとも一定の瞬発力が問われるという意味では同じ。例えば、天皇賞(秋)では09年3着のウオッカ、10年1着ブエナビスタ、11年1着トーセンジョーダンがジャパンカップで好走しており、フローラステークスでは10年1着サンテミリオンと2着アグネスワルツ、11年3着のピュアブリーゼ、12年2着のアイスフォーリスがオークスで好走と、同じく瞬発力問われる東京競馬場の芝2400mで連続好走を果たしています。


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。