▼コース図
08181600

▼勾配図
08181600ko

▼ラスト3F位置展開データ
08181600ken
赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

【概要】
向正面奥の引き込み線からのスタート。初めのコーナーまでの距離が700m程あり非常に長い。向正面半ばから3コーナーへ向かって上り坂になる。3コーナーと4コーナーは急カーブと緩やかなカーブの複合コーナーになっており、下りながら直線へ向かう。直線はほぼ平坦で404m(Aコース使用時)の長さとなる。重賞競走は多く行われており、マイルCS、マイラーズC、デイリー杯2歳S、京都金杯、シンザン記念、京都牝馬Sが行われる。

【展開】
スタート後は平坦で初めのコーナーまでの距離が長く上り坂もあるため先行争いはそれ程激しくはならない。その為逃げ馬や先行馬がラクにレースをすると、4コーナーの下り坂を利用してそのまま粘りこむことも多くなる。差し馬の場合下り坂でポジションを上げつつスピードを上げ、その勢いのまま外から差してくるケースが目立つ。枠順による優劣も他のコースと比べて少ない。


【ラップ】

500万:35.5 - 24.2 - 34.9 = 1:34.7
12.5 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.8
1000万:35.1 - 24.2 - 34.9 = 1:34.1
12.4 - 10.9 - 11.7 - 12.2 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 11.8
1600万:35.6 - 23.9 - 34.8 = 1:34.3
12.7 - 11.1 - 11.8 - 12.2 - 11.8 - 11.4 - 11.6 - 11.8
オープン:35.0 - 24.2 - 34.9 = 1:34.1
12.3 - 11.0 - 11.6 - 12.3 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.8

新馬戦と未勝利戦は内回りで施行されるため、外回りは500万条件以上から。まず、やはり京都競馬場外回りということで、ポイントとなるのは起伏。具体的に起伏を追うと、テン2Fは平坦で3・4F目に4m上ることになり、そのため物理的にこの区間でラップが弛むこととなります。実際、4F目は全クラス通じて12秒台のラップが刻まれてることがその証拠でしょう。そして、5F目で下り残り3Fは平坦。下り坂とはいえコーナーなので一気の加速は難しく、段階を踏みながらの加速。そのため、4F>3F>2Fと徐々にラップが速くなっています。ここまでの一連の挙動を追って導かれることは、まず中盤はラップが弛むということ。そして、前半の3F目が上り坂で後半は下りながら平坦という起伏のため、テンより上がりが遅い後傾ラップがデフォルトということになります。また、当然段階的な加速となる後半のラップデザインからも、一気の加速が得意な瞬発力タイプよりは長くいい脚をつかう持続力タイプに適性が向くこととなります。
この条件で行われる重賞はG1のマイルチャンピオンシップをはじめ、京都金杯、京都牝馬ステークス、シンザン記念、デイリー杯2歳ステークスと牝馬限定戦や2・3歳限定戦と多岐に渡ります。基本的に全ての条件に言えるのは、上記にもあげているように起伏の関係で中盤が弛みやすいということ。そしてそれを特に体現しているのがG1のマイルチャンピオンシップ。過去10年で春のマイル王決定戦である安田記念とマイルチャンピオンシップを連覇した馬はダイワメジャーのみとなっており、3着内と範囲を広くしてもスーパーホーネットとテレグノシスの2頭が該当するのみとこの2戦の相関関係は非常に薄くなっています。これも、テン・中盤が速い安田記念とマイルチャンピオンシップでは問われる資質が異なることが関係しています。




競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。