先週のレース直前☆競馬ナマTV!

今週の放送


2017年のご視聴誠にありがとうございました!

今後の放送につきましてはブログ、SNS等で改めて告知させていただきます。

最新記事


2012年09月

【ストライド競馬新聞】スプリンターズS


レースを読む!競馬新聞


⇒スプリンターズSの新聞をダウンロードする(無料)
エプソムC

⇒スプリンターズSの新聞をダウンロードする(無料)
⇒展開記号対応表をダウンロードする
⇒馬柱の説明書をダウンロードする



新聞をご覧いただくためには、最新のアドビリーダー(adobe reader)が必要です。
こちらからダウンロードしてください。




競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。

【対談】win5


芙蓉S


◎10.フラムドグロワール
今週は印のみとさせていただきます。(大嶋)

◎7.サンブルエミューズ
○9.エデンロック

中山9Rの芝1600mは中盤からの下りに加え直線の上りでスピードと底力が必要なレース。

◎は前走で馬場速い新潟とはいえテン33.8秒を先行して0.8秒圧勝とスピードあり。○は前走重賞で3着と実績はナンバーワン。(安井)


道頓堀S


◎2.ハクサンムーン
今週は印のみとさせていただきます。(大嶋)

◎2.ハクサンムーン

阪神10Rの芝1200mはスタートしてからのコーナーまでの距離が短いため点が速くなりにくく、その文上がりに比重が行くレースで加速力が重要。

◎は阪神(2.0.0.0)でコース巧者で加速力問われる新潟1000mのアイビスサマーダッシュで0.3秒差4着はここでは適性・能力上位。(安井)


勝浦特別


◎2.ローレンルーナ
○3.トーセンムンク
今週は印のみとさせていただきます。(大嶋)

◎5.ガッダムアスカ
○13.ヤマニングルノイユ
▲7.アポロノカンザシ
注3.トーセンムンク
△9.レッドエレンシア

中山10Rの芝1200mは下り→上りでスピードと底力が重要。

ここはハンデ戦でもあり手広く。
◎は開幕週の高速馬場を差し切り。○▲注はスピード上位の先行馬。△は札幌2戦の内容がレベル高く押さえ。(安井)


ポートアイランドS


◎1.クラレント
○17.オリービン
▲13.ダローネガ
今週は印のみとさせていただきます。(大嶋)

◎7.ゴールスキー
○9.マイネルラクリティ
▲17.オリービン
注1.クラレント

阪神11Rの芝1600mは外回りで瞬発力重視、と行きたいところも明日は台風で馬場が悪くなることが考えられ、かつゼロスが出走するなら底力寄りに考えたい。

◎はまさに急坂で底力問われる条件が得意なタイプで急流+急坂の中京記念で上がり3位の0.5秒差。○はそのゴールスキーに時計掛かる阪神で勝利。▲は阪神得意で急流実績ありの3歳馬。注は渋った馬場得意でNHマイルでの実績を尊重。(安井)


スプリンターズS


◎1.マジンプロスパー
○14.カレンチャン
詳しくは展開予想で。(大嶋)

◎7.リトルブリッジ

詳しくはこちら。(安井)





競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。

9月30日(日)安井のラップ予想~中山12R 内房ステークス~

中山12R 内房ステークス

競馬 ブログランキングへランキングアップにご協力ありがとうございます。(80位前後)
○2.ハッピーカオル
▲7.ノボレインボー
注8.ハンマープライス
△1.キクノストーム
△3.ケイアイダイオウ
△6.ケージーハヤブサ
△11.カフェシュプリーム

内房ステークスが行われるのは中山競馬場ダート1200m。
前日に引き続き中山ダート1200mに注目。コースレイアウトは昨日も書いていますので簡潔に纏めると、大雑把なコースレイアウトは前半下り→後半上り。そのため、前半はスタート後からの下り坂でテンが速く、後半は急坂で大きく失速するラップバランスとなり前後半の差が激しく底力問われる条件となります。

本命は競馬 ブログランキングへランキングアップにご協力ありがとうございます。(80位前後)
底力問われる中山競馬場では同条件での実績は素直に信頼でき、特に同級での実績はより信頼度が増します。同馬は3走前のブラッドステークスで同級・同条件を3着と好走。このレースは不良馬場ではありましたが、テン33.2秒という急流となったレース。これを通過順(7-7)から上がり2位で0.1秒差まで迫った内容は底力を評価するには十分な内容。また、過去には1000万でテン34.2秒とこのクラスでは遅いラップを差しきっており、緩急問わず急坂中山で乗員お上がりを見せるという挙動はラップの幅が窺えると同時に自身の急坂での適性の高さを証明する根拠と言えます。また、明日は台風の影響で湿った馬場状態も看取され、その点でも同馬は持ち時計もありスピード馬場にも対応可能。休み明けではありますがここは実績を尊重。


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。

【対談】G1予想バトル~スプリンターズS~

スプリンターズステークス予想バトル



安井:今週はスプリンターズステークスです。いよいよ秋のG1シーズンが始まりましたね。


大嶋:春は安井先生の安田記念90万オーバーがあるからな。さすがにアレには勝てんなぁ。その資金で引っ越しもしたみたいで。


安井:そうですね。ようやく「安田御殿」が完成しましたよ。笑


赤木:ようやく引っ越したんか。でもアレやで。一人暮らしをするということはその分お金がかかるということや。あんまり馬券ばっかり買ってたらアカンで。


安井:ハイ…、それは実感してます。汗


大嶋:まあそんな感じで今回も予想バトル始めましょう。


安井:あっ、そういえば今週はスプリンターズステークスを見に中山に行かれるんですよね?


大嶋:そうそう。台風が心配ではあるけどね。その辺の話は回顧でするわ。


安井:わかりました。楽しみにしてます。




赤木の予想


◎ロードカナロア:大外枠は若干、気になるところだが、中間の馬体重504k(前走時500k)なら、中間の立ち写真通り、キッチリ仕上げた感。前走のセントウルSは、早めに動いて抜け出したところを勝ち馬に巧くエピセアロームに強襲されたが、勝ち負けは展開の綾だけ。巻き返す。

○ダッシャーゴーゴー:中間の馬体重536k(前走時534k)なら、中間の立ち写真通り、キッチリ仕上げた感。距離向き、叩き3走目、使われてきた強みを活かし。

▲リトルブリッジ:バウヒニアスプリントT(同・芝1000m)、前々走のスプリントC(同・芝1200m)連勝し、遠征した英国でも国際G1・キングズスタンドS(アスコット・芝1000m)と3連勝と勢いあり。問題は高速馬場適性だけ。スンナリなら単まで。

注パドトロワ:中間の馬体重534k(前走時526k)と数字上は重目に感じるが、前走が絞り過ぎていただけで、この馬体重が本来の形(腹ポテ体型)。本質的には平坦向きだが、デキの良さで克服可能。

△カレンチャン:休み明け、前走の馬体重増(+22k)は、数字上は重目残りだが、ほどよく仕上っていただけに中間の馬体重500k(前走時504k)なら、問題無し。ただ、返し馬では前肢の脚捌きが硬さが目立ち、2走目のポカが気になるところ。地力上位明らかだが、過信禁物。

▽エピセアローム:中間の馬体重488k(前走時478k)は好仕上げ。2走前から短距離路線に矛先を替えたのが正解。前走は、軽斤量、展開の綾もあったが、夏の上がり馬的存在。要注意。

☆マジンプロスパー:1連の成績を見ると勝ち負けが前後しており、今走は好走する順番。中間の馬体重514k(前走時508k)なら、中間の立ち写真通り、好仕上げ。問題は、最内枠で前走同様、ハナに立ち、他馬の目標にされる点。ただしマイペース叶えば。

大嶋の予想


◎1.マジンプロスパー
○14.カレンチャン
▲7.リトルブリッジ
注11.パドトロワ
△13.ダッシャーゴーゴー
△16.ロードカナロア
△15.エピセアローム
△6.エーシンヴァーゴウ

詳しくは展開予想で。(大嶋)

安井の予想



中山11R スプリンターズステークス

◎7.リトルブリッジ
○14.カレンチャン
▲11.パドトロワ
注16.ロードカナロア
△1.マジンプロスパー
△4.サンカルロ
△6.エーシンヴァーゴウ
△15.エピセアローム

中山競馬場芝1200mはスタートが下り坂。そのためやはりテンは全競馬場通じて最速の水準となります。
G1ともなるとテンはさらに速く、スプリンターズステークスの過去3年の平均では33.1秒にもなり、過去10年で3度32秒台が計時されています。
特に、最もスピードに乗る2F目は過去3年で2度も10.2秒が刻まれるラップとなっていることから、スタート後すぐにスピードに乗れることは重要となってきます。
そのため、スタートダッシュという視点から1000mでの実績はリンクする傾向にあり、昨年のエーシンヴァーゴウや09年のカノヤザクラなどがこれに該当します。当然、よりテンが速くなるラップでこの傾向が強いということは言うまでもないでしょう。
ただし、テンが下りだけならスピードで押し切れるものの、中山競馬場には直線に約2mの上り坂というもう一つの起伏が存在します。前後半の差は例年1秒ほど後半が遅い前傾ラップとなり、上記のラップグラフを見てもわかるように基本的にはラストは失速していくラップデザインとなります。つまり基本的にバテ合いの消耗戦。よって、テンの下りで計時されるラップに対応できるスピードと上がりの急坂で失速するラップを乗り切る底力という2つの資質が重要となります。
また、脚質的な話題に触れると先行馬が有利。
一見すると急流で差し馬が恵まれる構図ではありますが、そもそも直線が短いという外的要因に加え、このクラスの先行馬は底力が優れていることから結果的に前にいる馬に利が働きます。
もちろん、これは差し馬とはいえ全馬失速しているという観点から、決して自身で加速しているわけではない中で相対的に失速を抑えているというという状況から同じ底力ある馬同士なら前にいるほうが有利となる、ということに基づいています。
これには、基本的に差し馬といってもスプリント戦では自身の加速で交わすタイプは少なく、またその手のタイプは急流になると持ち味が活かせない背景も含んでいます。
そのため、むしろラップが弛んだ場合の方が差し馬のギアチェンジが間に合うため食い込む余地が出てきます。
例えば、テン33.3秒とこのクラスでは遅い10年は2着キンシャサノキセキが通過順(9-6)、3着サンカルロが通過順(15-12)と差し馬で構成されています。そのため、差し馬を評価する場合は①ペースが遅くなる②ペースが速くかつ先行馬の底力が頼りない③能力が抜けているのどれかが見込める場合に評価を上げるのがベターでしょう。

本命はリトルブリッジ。
昨年の香港スプリントは4着。今回出走するラッキーナインが勝利したレースで、日本馬からはカレンチャン(5着)とパドトロワ(14着)が出走したレースですが、この香港スプリントはスプリンターズステークスとは起伏がまったく異なる点に注意する必要があります。
中山競馬場の起伏については上記で既に明記していますのでここでは割愛しますが、シャティン競馬場の起伏というのは3コーナーから直線にかけて下り坂でそのまま直線平坦というコースレイアウトであることから底力というよりもキレが問われる場面。実際、このレース勝利したラッキーナインはスプリンターズステークスでは5着に敗戦していますし、同じ日本の1200mでもキレ問われる阪神で2着していることからもその差は理解できます。となると、直線の坂で底力問われる中山競馬場はシャティン競馬場と真逆の適性。
そして同馬は香港ではG1に届かなかったものの、前走アスコット競馬場で行われたキングズスタンドステークスでG1初勝利をあげました。このレースは直線1000mなのですが、キングズスタンドステークスが行われるアスコット競馬場はスタートして上り、さらにホームストレッチ部の直線に入ってもずっと上るという起伏の激しいコース。
これを先行してそのまま押し切る展開で勝利したわけですから底力は十分と言えます。むしろ、ここまで香港競馬場で勝てていないのは下りながら平坦な直線に向かうという底力が活かしきれない状況であることが所以でしょう。
さらに、底力に加えスピードも問われる中山競馬場。この点でも同馬はすでに補完を果たしており、3走前にシャティン競馬場で行われた芝1000mのバウヒニアスプリントを先行して勝利。このレースは香港で行われたので香港ジョッキークラブでラップを確認でき、そのラップがテン1F13.41秒で次の2Fが20.78秒というラップ。これは、10年にスプリンターズステークスを勝利したウルトラファンタジーのケント&カーウェンCSC2着時の13.45-20.72とほぼ同じ水準でテン1Fはわずかにこちらが上。そして、同馬はこの水準を60.5キロという斤量で計時しており額面以上の評価が可能で、シャティン競馬場の直線1000mはスタートから下るというコースであることからも下りでスピードに乗せるという側面も同時に満たしています。
そもそも、日本のスピード馬場に対応するには海外では1F短い距離での実績を尊重するのが重要。実際、スプリンターズステークスを勝利したサイレントウィットネス、テイクオーバーターゲット、ウルトラファンタジーは全て1000mでの実績がありましたし、昨年1.5倍の1番人気に押されたロケットマンには1000mでの実績がありませんでした。また、当然スピード能力を示すフラグであるわけですから先行できていると評価が高いのは言うまでもありません。これは、1000mでの実績を持ちながらスプリンターズステークスで好走できなかったシーニックブラストの存在からも理解できます。
もちろん、1200mでも2走前のスプリントカップを”1:09.1″という高タイムで勝利しており、日本と香港とのタイムの計測位置の違いを踏まえると時計面での裏づけも十分。香港スプリントは向正面で挟まれる不利があっての4着ならむしろ立派で、実際カレンチャンには先着しています。よって、キングズスタンドステークスとバウヒニアスプリントという起伏の異なる2戦での合わせ技から急流・急坂のスプリンターズステークスは自身の資質が発揮できる舞台と見ます。また、有力馬の多くが外枠という固まった状況。中山で一線級の快速馬が揃うとやはり外枠ではロスが大きく、これなら枠順も恵まれたこちらから入りたい。




競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。

【レース結果】9月30日(日)阪神競馬

【レース結果】9月30日(日)阪神競馬のレース結果です。
ケータイの方は⇒コチラ続きを読む


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。
Twitter(更新用)
ストライド競馬新聞 メンバーサイト
ストライド競馬新聞サイトバナー

ストライド競馬新聞のメンバーサイトがオープン!

会員登録(無料)で、多くのコンテンツをご利用いただけます。

日々進化していく「ストライド競馬新聞」を一度お試し下さい!

会員登録は、メンバーサイトの右「初めてご登録される方」からお進みください。 →ストライド競馬新聞のメンバーサイトへ進む
ストライド競馬新聞の見方はこちら

各馬の動きを記号で表した
「レースを視覚する競馬新聞」

→詳しくはこちら
お知らせ

ストライド競馬新聞がコンビニで購入可能に!

ストライド競馬新聞が、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)でお買い求めいただけます。

→詳しくはこちら
レース直前☆競馬ナマTV!
broadview_logo
リアルに情報を聞くならこのサイト

毎週土曜日14時から
日曜日9時50分から
安井涼太がメインMC!
馬トクPOG発売中!!
C-AUYR6VYAAXAqu

最高に最強で最上のPOG本がついに完成!
今年のPOG本はこれで決まり!?

優勝賞金総額330万円の馬トクPOG大会など、馬トクWebページはこちらから
馬トクWebページへ
図解で学ぶ 1番人気 鉄板の条件・消しの条件

ストライド競馬新聞も登場しています!
【お知らせ】安井式ラップキャラ発売中!
馬券モンスター
馬券モンスター
馬券モンスターとは、JRDBデータを駆使して馬券的中を導き、効率よく資金を増やすことを目的に開発された競馬ソフトです。
詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓
馬券モンスター(サイト)
競馬ビッグデータ(BIG DATA)がオープンしました!
競馬ビッグデータ
競馬で勝つためにシステムがここに築かれる
当サイトの説明
ストライド競馬新聞サイトへ初めてご訪問された方はこちらをどうぞ。→ブログ説明
当サイトへのリンク
ストライド競馬新聞のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
また、相互リンクをご希望の場合はコメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。

  • ライブドアブログ