最新記事


2013年01月

【対談】東京新聞杯~展望~


今週の調教


大嶋:まずはいつものように調教について。今週はどうだったの?


安井:ハイ。今週はトレセン内で発表されている含水率がBコース7.3%、芝コース12.5%、Eコース7.0%となっています。天候が安定していた今週は含水率も低めですね。各コースで時計が速い馬場状態でした。


大嶋:なるほど。確かにBコースやEコースなんかは先週と比較して10%ぐらい差が出てるな。


安井:ですね。ちなみに、CWコースでは上位20頭の平均タイムが79.9秒で坂路コースの上位20頭の平均タイムは51.8秒。どちらも今年に入ってからは最も走りやすい馬場状態だったと思います。


大嶋:それはよかった。安井先生は雨男だからな(笑)。


安井:それは言わないでください(汗)。一方、馬場の影響をあまり受けないポリトラックコースは先週より遅めの78.4秒でしたね。これは、各コースの馬場状態が良く、ポリトラックコースに変更する必要が無くなった分でしょう。


大嶋:まあ詳しくはコラムを参考にするわ。



東京新聞杯~展望~


東京新聞杯画像

安井:では、展望に入りましょうか。今週は東京新聞杯です。


大嶋:スタート後長く下り坂が続くため自然とペースが速くなりやすい。その為逃げ馬は最後の直線でばててしまうケースも多く、極端なトラックバイアスがないと逃げ切りは厳しい。


安井:特にその傾向はオープンクラスなど、上級条件に表れていますね。クラス別でラップを見ると、テン3Fより上がり3Fが速い後傾ラップとなっているのは1600万以下で、オープンクラスでは前傾ラップとなっています。


大嶋:起伏も結構あってタフな条件だよね。さっきも言ったようにスタート後緩やかな坂を下るけど、その後に向正面の坂を1.5m上る。3コーナーから4コーナーに向かって2.3mの坂を下り、直線は2.1m程の上り坂もあるからね。


安井:東京競馬場といえば、長い直線に代表されるように瞬発力が問われるレースが中心となりますが、これはあくまで条件戦だけのものといえます。1600万以下とオープン以上では、ラップの質がまったく異なるということは意識しておいたほうがいいですよ。


大嶋:となると、重賞の東京新聞杯も下級条件とは違うと。


安井:ハイ。過去5年では不良の09年で上がり37秒台というのがありましたが、前傾が3回で後傾が2回となっています。やはり、根幹距離のマイル戦で上級条件となると出走馬の質が高くスピード豊富なメンバーが揃うことから、このようなラップデザインとなるのでしょう。


大嶋:展開的には直線が長い為追い込みも決まるケースがあるが、基本は先行~差しの好走が多い。速いペースで最後の直線でバテない強さが求められるケースが多くなる。


安井:そうですね。基本的にはテンからの急流+長い直線を乗り切る底力が重要と言えます。ただ、安田記念ほど急流でもないので、個人的には程よく加速できるようなバランスタイプを狙いたいですね。


大嶋:あとは、初めのコーナーまでの距離が長い為、枠順による不利は少ないもののコーナーまで外を周るロスを考えると内枠の方が競馬がしやすい。特に東京新聞杯は開幕2週目だしな。


安井:こんなところでしょうか。注目してる馬っています?


大嶋:A競馬 ブログランキングへランキングアップにご協力ありがとうございます。(300位前後)だね。まだ2週目だから脚質が気になるけど、見直しができる部分が大きい。ハンデも手頃だからね。


安井:僕はB競馬 ブログランキングへランキングアップにご協力ありがとうございます。(300位前後)ですね。東京での実績もありますし、順調に使えているという点も好感が持てます。


大嶋:もう2013年も1ヶ月が経ったと思うと早いなぁ。


安井:2月に入るとG1もありますしホントにあっという間ですね。いろいろとやっていきたいですし、まだまだ頑張ってる途中ですね。




競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。

【競馬場】中京芝1600m

▼コース図
07111600

▼勾配図
07111600ko

▼クラス別基準ラップ
未勝利:前半3F36.4 - 中盤2F25.3 - 後半3F36.4 - 1:38.1
[12.6 - 11.5 - 12.3] - [12.4 - 12.9] - [12.4 - 11.8 - 12.2]
500万:前半3F35.2 - 中盤2F24.0 - 後半3F36.1 - 1:35.3
[12.6 - 11.0 - 11.7] - [11.9 - 12.1] - [11.9 - 11.9 - 12.3]
1000万:前半3F36.1 - 中盤2F23.8 - 後半3F34.7 - 1:34.6
[12.7 - 11.6 - 11.8] - [11.8 - 12.0] - [11.8 - 11.1 - 11.8]
オープン:前半3F35.3 - 中盤2F23.8 - 後半3F36.0 - 1:35.1
[12.4 - 11.2 - 11.7] - [11.7 - 12.1] - [11.7 - 11.4 - 12.9]


【概要】

1・2コーナーの引き込み線からのスタート。中京競馬改装と同時にできた新設コース。
初めのコーナーまでの距離が短くコーナーは計3つ。
向正面へ向かって緩やかな上り坂を上り、向正面半ばから3・4コーナーは下り坂。
412.5mの直線と高低差2.3mの上り坂が待ち構えている。
重賞競走は中京記念が行われる。

【展開】

札幌芝1500mや中山芝外1600m、東京芝1800mのように特殊なコース体型。旧阪神芝1600mコースのように内枠が有利かという予想だったが、実際枠順にそれ程の差はない。差し馬の場合外枠でも好走するケースが多い。また内枠の場合逃げ~好位抜け出しの好走も目立つ。初めのコーナーで外枠との位置取りの差が大きいか。

【ラップ】

2012年から装い新たに開催された中京競馬場。その際、新たな距離設定として誕生したのが芝1600m。
まだまだ施行回数が少ないため、ここは500万条件を中心に考察します。

コースの起伏を確認すると、1600m専用の特殊ポケットからの発走で「上り→下り→上り」となります。
前半3F35.2秒、中盤2F24.0秒はともに中山競馬場に次いで2番目の速さ。
下り坂となる中盤2Fはともかく、上り坂の前半で速くなることは意外と言えます。

前半+中盤がこの距離で中山競馬場に次ぐレベルの水準ということもあり、上り坂となる後半に掛かる負担は想像に難くありません。
実際、後半3F36.1秒はこの条件としては最も遅いラップとなります。
ちなみに、中山競馬場が2番目に遅いラップとなるわけですが、その差は0.3秒。
中山競馬場の場合はスタートから下る起伏なので、より負荷が掛かっていることがここから理解できます。
よって、この条件では底力が重要。

この条件で行われるのは、2012年からサマーマイルシリーズとして開催されている中京記念。
500万の前半3平均が35.2秒に対して中京記念は35.3秒と大差がなく、上り坂の前半は実は500万レベルで最大に達していると見られ、クラス的な機微に触れると後半主導で底力と持続力が重要になってくると読み取れます。


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。

【競馬場】中京芝1400m

▼コース図
07111400

▼勾配図
07111400ko

▼クラス別基準ラップ
未勝利:前半3F34.7 - 中盤1F12.0 - 後半3F36.2 = 1:22.9
[12.5 - 10.8 - 11.4] - [12.0] - [12.2 - 11.8 - 12.2]
 500万:前半3F34.4 - 中盤1F12.0 - 後半3F35.6 = 1:22.0
[12.3 - 10.8 - 11.3] - [12.0] - [12.0 - 11.6 - 12.0]
1000万:前半3F34.8 - 中盤1F12.5 - 後半3F36.2 = 1:23.5
[12.3 - 10.8 - 11.7] - [12.5] - [12.2 - 11.9 - 12.1]


【概要】

向正面奥の引き込み線からのスタート。
スタート後は緩やかな上り坂で初めのコーナーまでの距離が長い。
3・4コーナーは急カーブで下り坂のスパイラルカーブ
直線は412.5mで京都競馬場の外回りより長く高低差2.3mの上り坂。
重賞競走はファルコンSが行われる。

【展開】

ペースにもよるが差しが決まりやすいコース。多頭数の場合4コーナー12番手以下からでも差しきりが決まり回収率も高くなる。枠順が真ん中から外がやや有利。下り坂とスパイラルカーブを利用して一気に差し切るのが理想か。ゴール前での攻防が大きく変わるのは見物。

【ラップ】

2012年から装い新たに開催された中京競馬場。その際、新たな距離設定として誕生したのが芝1400m。
まだまだ施行回数が少ないため、ここは500万条件を中心に考察します。

コースの起伏を確認すると、流れとしては「上り→下り→上り」となります。
では、これを踏まえてラップを確認すると、前半3F34.4秒は阪神・新潟競馬場に次ぐレベル。
同じく前半が上り坂の京都と比べても0.2秒速くなっています。

前半がこの距離で最速クラスなら、その分後半3Fで失速するのがデフォルト。
後半3F35.6秒は阪神より0.1秒、新潟より0.2秒それぞれ遅くなっています。
ゆえに、この条件で重要となるのは急流+急坂でバテない底力となります。


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。

【対談】根岸S~回顧~


根岸ステークス~回顧~


安井:東京は快晴という感じでしたが、京都では雪が降っていましたね。僕は最近事務所で作業しているので大丈夫でしたが…お疲れ様です。


大嶋:いやぁー、寒かったね。赤木さん曰く土曜のほうが寒かったみたいだけど、日曜でも十分寒かったよ。


安井:そうですか。まだまだ寒い日が続きますね。



メイショウマシュウ


meisyou1meisyou2

大嶋:まずは勝ったメイショウマシュウから見ていこう。前半から抑え気味で進めて直線は鋭く追い込んできたな。


安井:1400mを中心に使われて(3.2.3.1)。唯一敗戦したのは今回と同じ条件の4走前でしたが、これは出遅れが原因でしょう。それでも0.3秒差まで詰めているあたりは能力をうかがわせます。


大嶋:ダート戦全体で見ても(5.2.3.1)だし、まだまだそこを見せてない感じだな。前走もガンジスに0.1秒差だし、このときは外枠でコメントに「道中外々」とロスがあった。


安井:今回は激走馬にも推奨されていましたし、こうやって事実確認をしていけば十分評価できる一頭ですね。



ガンジス


ganzisu1ganzisu2

大嶋:次は2着のガンジス。前半押して好位から直線はジリジリと伸びている。


安井:基準1番人気で実際も1番人気。結果も2着とはいえハナ差ですからね。結果的にですが、指数が▲となっていたようにそこまで抜けた能力を発揮していたわけではなかった分が、このハナ差に出ているということでしょうか。


大嶋:それはあるかもね。こっちも勝ったメイショウマシュウ同様、ダート戦は(4.2.1.0)で1400mに限ると(4.1.0.0)とまだまだそこを見せていない。また、こちらは東京ダートも(1.2.0.0)と得意としてるな。


安井:近走では常に上がり3位以内をキープしていますし、直線での記号も「追って確り伸びる」や「追って鋭く伸びる」となっていることからも、直線での決め手を持っていることがわかります。


大嶋:今回は展開のアヤという感じかな。


安井:それにしても、前回ガンジスで勝利した藤岡佑騎手が今回メイショウマシュウでガンジスに勝利したというのも感じるものがありますね。


大嶋:そういうのは見てて面白いし、使えそうな時もあるな。



セイクリムズン


esin1esin2

大嶋:じゃあ次は3着のセイクリムズンだな。ガンジス同様押して先行。直線は内からジリジリと伸びてきた。


安井:これも激走馬ですね。結果的に激走馬3頭が1・3・4着となっています。激走馬恐るべし。。。


大嶋:まあ激走馬もだけど、そもそも2011年の根岸ステークスの勝ち馬で、昨年のJBCスプリント2着でもあるからな。2走前のカペラステークスは直線で「追えず」の記号が入っている。今回は人気が無さ過ぎたかなと思う。


安井:1400mも得意ですしね。あと、岩田騎手だと(1.0.1.0)と相性がいいのもポイントですね。今回もさすが岩田騎手というようなレースでした。



人気で負けた馬(エーシンウェズン、トウショウカズン)


esin1esin2tousyou1tousyou2

大嶋:じゃあ次は人気で負けた馬を見てみよう。まずは2番人気5着のエーシンウェズンからだな。この馬にしてはスタートは出てたんだけど直線はジリジリとしか伸びなかった。


安井:5着とはいえ0.2秒差ですからね。額面ほどは負けていないのですが…。まあこれはいつも言っている人気と指数のギャップがあるのは一つかと。実際、2走前の同条件は通過順(3-3)ながら自身の前半3Fは36.0秒ですからね。ちなみに、メイショウマシュウの4走前は通過順(10-9)でも35.9秒ですからね。差し馬とほぼ同じ水準で先行できたわけですから相当な恵まれでした。


大嶋:確かに。1400mは(4.0.1.0)と得意としているし、勢いも感じられるけど微妙に能力の裏づけが足りなかったな。


安井:そうですね。基準は4番人気でしたが、実際は3番人気だったトウショウカズンはどんなレースでしたか?


大嶋:そうだね。道中は馬なりだったけど直線は伸びなかった。


安井:能力的にも問題なしで1400mも得意条件。東京は(0.1.0.2)とわずかに苦手としていますが、昨年の根岸ステークスでも2着していますからね。


大嶋:馬柱的には評価したいタイプの馬だよね。強いて言うなら、4走前の「スタ芝○」のコメントだな。実績もそっちに集中しているし。後は出走馬の中で4・5歳馬がガンジス、ストローハット、メイショウマシュウの3頭しかいなくてワンツー。そろそろ世代交代の波が来てるかなと。


安井:こんなところでしょうか。根岸ステークスが終わるとフェブラリーステークスを意識してしまいますね。


大嶋:だな。今年も頑張るか。





競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。

【ストライド競馬新聞 】 関西特別・関東特別レースの競馬新聞を一挙公開!


レースを読む!競馬新聞


エプソムC


⇒中山特別レースの新聞をダウンロードする(無料)

⇒京都特別レースの新聞をダウンロードする(無料)


⇒展開記号対応表をダウンロードする
⇒馬柱の説明書をダウンロードする



新聞をご覧いただくためには、最新のアドビリーダー(adobe reader)が必要です。
こちらからダウンロードしてください。





競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。
Twitter(更新用)
ストライド競馬新聞 メンバーサイト
ストライド競馬新聞サイトバナー

ストライド競馬新聞のメンバーサイトがオープン!

会員登録(無料)で、多くのコンテンツをご利用いただけます。

日々進化していく「ストライド競馬新聞」を一度お試し下さい!

会員登録は、メンバーサイトの右「初めてご登録される方」からお進みください。 →ストライド競馬新聞のメンバーサイトへ進む
ストライド競馬新聞の見方はこちら

各馬の動きを記号で表した
「レースを視覚する競馬新聞」

→詳しくはこちら
お知らせ

ストライド競馬新聞がコンビニで購入可能に!

ストライド競馬新聞が、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)でお買い求めいただけます。

→詳しくはこちら
安井式ラップキャラ発売中!
馬券モンスター
馬券モンスター
馬券モンスターとは、JRDBデータを駆使して馬券的中を導き、効率よく資金を増やすことを目的に開発された競馬ソフトです。
詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓
馬券モンスター(サイト)
競馬ビッグデータ(BIG DATA)がオープンしました!
競馬ビッグデータ
競馬で勝つためにシステムがここに築かれる
当サイトの説明
ストライド競馬新聞サイトへ初めてご訪問された方はこちらをどうぞ。→ブログ説明
当サイトへのリンク
ストライド競馬新聞のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
また、相互リンクをご希望の場合はコメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。

  • ライブドアブログ