▼コース図
09241200

▼勾配図
09241200ko

▼ラスト3F位置展開データ
09241200ken
赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

▼クラス別基準ラップ
未勝利:前半3F35.6 - 中盤0F0 - 後半3F37.7 = 1:13.3
[12.5 - 11.2 - 11.9] - [12.2 - 12.3 - 13.3]
 500万:前半3F35.1 - 中盤0F0 - 後半3F37.4 = 1:12.5
[12.3 - 11.0 - 11.8] - [12.2 - 12.1 - 13.1]
1000万:前半3F34.7 - 中盤0F0 - 後半3F37.0 = 1:11.7
[12.3 - 10.9 - 11.6] - [11.9 - 12.1 - 13.1]
1600万:前半3F34.4 - 中盤0F0 - 後半3F36.9 = 1:11.3
[12.3 - 10.7 - 11.4] - [12.0 - 12.1 - 12.9]
オープン:前半3F33.6 - 中盤0F0 - 後半3F36.4 = 1:10.0
[12.0 - 10.5 - 11.1] - [11.9 - 11.8 - 12.7]

【概要】

向正面2コーナー寄りからのスタート。
スタート直後は平坦だが向正面半ばから直線まで緩やかな下り坂が続く。
3・4コーナーは急カーブと緩やかなカーブの複合カーブ。
352.5mの直線と高低差1.5mの上り坂がある。
重賞競走はないが主に未勝利、500万戦が多いが、オープン競走も行われる。

【展開】

ダート戦なので先行馬が有利なのは確かで4コーナー4番手以内の好走は多く勝率も高い。ただ同じ関西圏である京都ダート1200mと比べると差し、追い込みが決まりやすくなっている点は注目。後方の追い込みもクラスが上がるにつれ決まっている。下り坂を利用した位置取りと直線の上り坂が要因となっている。

【ラップ】

近似距離の阪神ダート1400mと比べて異なる点は、芝スタートの有無。
そのため、芝スタートの1400mと比べて前半3Fで未勝利では1200m35.6秒→1400m35.3秒、500万では1200m35.1秒→1400m34.8秒、1000万戦では1200m34.7秒→1400m34.6秒と1400m戦より1200m戦のほうが遅くなるという特徴があります。

ということは、逆説的に考えるとその分後半3Fはこちらが速くなるのは道理。
実際、後半3Fは未勝利で1200m37.7秒→1400m38.3秒、500万で1200m37.4秒→1400m37.8秒、1000万で1200m37.0秒→1400m37.5秒、1600万で1200m36.9秒→1400m37.2秒、オープンで1200m36.4秒→1400m36.6秒と各クラス通して速くなっているのがわかります。

ただし、これはあくまで同じ阪神競馬場間での話。
直線が平坦な京都競馬場と比較すると、500万で京都競馬場が後半3F36.8秒に対して阪神競馬場は37.4秒と大きな差があります。
ゆえに、単純に上がり性能が重要というわけではなく、1400mとの比較で底力の割合が低下していると考える必要があります。


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。