小倉記念

13 メイショウナルト (PtV98・CV68⇒PV98)
10 クランモンタナ  (PtV94・CV69⇒PV97.4)
15 アズマシャトル  (PtV95・CV60⇒PV96.2)
07 ゲシュタルト   (PtV92・CV55⇒PV95.3)
16 ジャイアントリープ(PtV88・CV68⇒PV94.3)
01 パッションダンス (PtV93・CV60⇒PV94)
14 タガノグランパ  (PtV92・CV70⇒PV93.9)

PV1位はメイショウナルト。昨年の小倉記念でPtV98を記録し、得意の夏で前進が期待できる。
CVは昨年の79よりは下がっているが、その分を斤量で補っている形になっている。

PV2位はクランモンタナ。昨年の新潟記念でPtV94を記録し、その時のCV65から今回は69と、さらに状態の上積みが見込める。この馬もここ2年夏しか好走していない馬。今回が絶好の狙い目だと考える。

PV3位のアズマシャトルは鳴尾記念のPtVが95。前走こそ1600万下で馬券圏外になったものの、実績的にクラスの差はないと考える。

穴として面白いのは昨年の小倉日経OPのPtVが92と高いゲシュタルト。CVも55とそこまで悪くないので(当時のCV62)、このあたりの食いこみがあれば。




レパードS

09 クロスクリーガー  (PtV90・CV64⇒PV89.9)
07 ライドオンウインド (PtV89・CV65⇒PV88.9)
11 ノボバカラ     (PtV88・CV65⇒PV87.7)
01 ゴールデンバローズ (PtV87・CV51⇒PV86.2)
08 カラパナビーチ   (PtV84・CV58⇒PV84.1)

1位はクロスクリーガー。ここ2戦のPtVが90と、このメンバー中1位の数値。
CVも64と水準に達していて、ここも当然中心と見るのが妥当か。

2位はライドオンウインド。鳳雛SのPtVが89とかなり高めのパフォーマンスだった。
CVも65とある程度仕上がっていて、ここでも格下とは感じない。

5位のカラパナビーチまでが6位以下を離していてかつ6位以下が混戦だったので、印はここまでとした。

その他予想は吉田恭介氏のブログ「適性セオリー」にて公開中!!


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。