先週は断然の注目を集めたエピカリスがレパードステークスに参戦。
レース前まではどれくらい着差をつけて勝利するのか?という事が焦点だったかと思います。
しかし、蓋を開けてみれば3着に敗戦。

単勝1.5倍の圧倒的1番人気。
国内では負けなしだったエピカリスはなぜ負けたの?

そういう声があるのも当然でしょう。

結論から言うと、今回の直接的な敗因は直線の不利に尽きると思います。
ゴール前は良い脚を使って伸びていたので、あれがなければ差し切っていた可能性も十分考えられます。

ice_screenshot_20170808-155407
(参考画像:JRAレーシングビュア)

しかし、なぜあのような競馬になったのか?という事をちょっと取り上げてみましょう。

今回は、海外遠征明け、しかも出走取り消し明けというものがありましたね。
状態はどうなんだろう?という疑念が浮かび上がります。

こういう時に役立つのがストライド競馬新聞の直前情報です。

ice_screenshot_20170808-155557

前日の展開予想ではやや抜けた1番手でしたが、直前の展開予想図を見ると…

ice_screenshot_20170808-155616

2番手以下との差が一気に詰まっているのがわかります。
こうした場合、考えられることは2つ。

・エピカリス自身に何かマイナス要素があった
・他馬にポジティブな要素が大きく付加された

では、実際に確認してみましょう。
詳細というタブをクリックすると、どういった内容で加算、減算があったかわかります。

ice_screenshot_20170808-160610

クリックし、エピカリスの項目を見てみます。

ice_screenshot_20170808-160715

パドック、オッズで加算がありますが、一つの項目で大きな減算がありますね。
そう、脚元です。



レース直前にリツイートもさせていただいたように、今回のエピカリスはレースに出走するために、かなり色々と補正をしていました。
この結果が、脚元のマイナス5ポイントに繋がっています。

つまり、蹄の状態があまり良くないので、強気な競馬が出来なかったと類推することも可能です。
実際、ルメール騎手のレース後のコメントを見ても

一番大切なのは馬のコンディションだと思っていた。フットワークは良かったし、状態面は問題なかったが、直線でスペースがなかった。残念。
スポーツ報知から引用
(サイトURL:http://www.hochi.co.jp/horserace/20170806-OHT1T50234.html)

としています。

コンディションが不明瞭なので、探り探りの競馬だったとも読み取れます。
走れる状態ではあるけれども、万全の状態ではない…。
こうしたポイントを上手く反映されて、的中された方がいらっしゃいました。
的中おめでとうございます!



今回のブログのポイント

前日と直前で展開図がどのように変わったのか?
変わった場合はその理由をチェックする(自身の評価が下がったのか、他馬の評価が上がったのか)

以上を踏まえて考えていただくと、よりストライド競馬新聞を深くご利用頂けるかと思います。
是非、参考にしてみてください。


PS
ちなみに、今回は3着に好走したエピカリス。
今後についての私個人の見解は…





--------------------------------------------------------------

無料会員登録で対象レース(一日3~4レース)が無料で閲覧可能です!!
まずは無料会員登録からお願い致します。


ストライド

⇒ストライド競馬新聞 サービスサイトへ


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。