こんばんは。
ストライド競馬新聞代表の安井です。

木曜日になりましたので、
今週末行われる重賞の前哨戦を振り返りましょう。
これをやると整理されて週末の予想も捗ります。

現在、無料会員登録をしていただけましたら
出走馬確定版のストライド競馬新聞が無料で閲覧可能です。
ぜひご登録をお願い致します。

ice_screenshot_20181011-190157
(ダウンロードはこちらから⇒ストライド競馬新聞サイトへ)

まずは府中牝馬ステークスの前哨戦を振り返りましょう。
今回は2レースを対象としました。

ice_screenshot_20181011-161618

まずは春の牝馬の大一番、ヴィクトリアマイルです。

この日は外伸び+差し追い込み有利の馬場状態。
ただしスローペースであったので、
好走するには他馬よりも抜きんでた瞬発力が必要でした。

勝ったジュールポレールは上がり2位を使って差し切り。
スローペースで良く伸びた一頭という事で高い評価を得ています。

しかし、それを上回ったのが上がり1位を記録。
しかも32.9秒と2位とも差をつけたリスグラシューです。
結果こそ2着でしたが、勝ち馬以上の能力を示したと言えるでしょう。

とはいえ、瞬発力はあるけど追走力の乏しい同馬は、
それだけ後方からの競馬になるのでこのような
「負けて強し」の競馬ばかりになってしまうのは否めませんが。

追走力を活かしたい馬にとっては難しいレースで、
能力がはっきりと問われたレースではないことはレベルが示しています。

ice_screenshot_20181011-161630

続いては夏に行われたクイーンステークスを振り返りましょう。

この日は内伸び馬場で、かつレースはスローペース。
内で上手く立ち回った馬に相当向いた状況で、
それが嵌ったのは3着のソウルスターリングでした。
2着と3着には大きな指数差が存在しています。

そして、1着と2着でも大きな差が生じています。
スローペースは全馬が基本的に余力を残した状態なので、
着差をつけるには他馬より抜きんでた瞬発力を発揮する必要があります。

勝ったディアドラは2着馬に3馬身差をつけて完勝。
上がりも1位で、はっきりとここでは力が抜けていました。
レースレベルSですし、能力は古馬GⅠでも通用する水準。


ストライド競馬新聞はどんなことが出来るの?
コンビニプリントサービスも好評販売中!

--------------------------------------------------------------

無料会員登録で対象レース(一日3~4レース)が無料で閲覧可能です!!
まずは無料会員登録からお願い致します。


ストライド

⇒ストライド競馬新聞 サービスサイトへ


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。