しつこくてすいません。
ストライド競馬新聞代表の安井です。

これで最後です。
皆さんお待ちかねのエリザベス女王杯の前哨戦です。

取り上げたレースは春のGⅠヴィクトリアマイルと、
夏から秋にかけて行われた前哨戦2つとしました。

えー!他のレースも見たかった!というそこのあなた。

現在、無料会員登録をしていただけましたら、
エリザベス女王杯など重賞のストライド競馬新聞がご覧いただけます。
(プレミアム会員様は全レースご覧いただけます)

近走のストライド指数、不利データ、外厩…。
これだけを見るだけである程度予想が出来そうです。
ぜひ今のうちにある程度予想をお楽しみください!

ice_screenshot_20181108-203331
(ダウンロードはこちらから⇒ストライド競馬新聞サイトへ)

ice_screenshot_20181108-173244

春の牝馬の大一番はいかにも牝馬限定戦らしくスローペース。
しかもトラックバイアスは外差し優勢で、
決め手のある馬しか対応できないという状況でした。

相当有利な状況とはいえ、
その中で鋭い決め手を見せたリスグラシューはやはり高評価。
追って伸びきれなかった5着ミスパンテールとの差は小さくありません。

ice_screenshot_20181108-174614

レースレベルはSですが、それは勝ち馬が引き上げたもの。
勝ち馬以外は2着馬でも67ほどでGⅠでは?という水準です。

ice_screenshot_20181108-175723

ハイペースの外差し決着という事で、後方からの馬が有利なレース。
ただ、ペースは厳しいので追走力は問われた一戦でした。

上位勢を含め、トラックバイアスに恵まれた馬多数。
そのためレースレベルもそこまで高くありません。
このメンバーの中では先行して厳しい競馬をした
クロコスミアが僅かではありますが指数は最上位となりました。

☆注目馬☆
リスグラシュー


新刊「超穴馬の激走を見抜く! 追走力必勝法」が発売!



詳しくは下記をご覧ください。
新刊「超穴馬の激走を見抜く! 追走力必勝法」発売のお知らせ

追走力とは…
「スタートから勝負所となるラスト3Fまでの走破力」。
競馬において勝負区間となるのはラスト3F(直線)ですが、そこでどれだけのパフォーマンスが発揮できるかは勝負区間までに決まります。
その区間の走破力=追走力に目を向けた理論。

穴をあける馬は追走力は高いものの、近走スローペース等で力が発揮できなかった馬が多く、また、追走力の低い人気馬は瞬発力だけで過剰に評価されているので取りこぼしが目立ちます。

追走力の使い方使用例
追走力がもたらしてくれるもの



本書で推奨している追走力1位、かつ偏差値65以上の成績(2018年)。

GⅠ
ice_screenshot_20181031-172203

GⅡ、GⅢ
ice_screenshot_20181031-172213
*いずれも2018年1月1日~10月21日まで

ブログの追走力とサイトの追走力の違い

現在、追走力はブログにて公開しているものと
サイト内にて公開しているものの2つが存在しています。
(競馬最強の法則誌面、単行本に記載の追走力はブログ版です)

この2つの計算式は、基本的にほぼ変わりはありません。

同様の計算式で算出されていますが、
単行本では(費用対効果も兼ねて)前走を算出対象レースとしています。

しかしサイト内ではその限りではありません。

もちろん基本的には前走を使用しますが、
事情(休み明けや参考外にした方がいいレースなど)を考慮して
前走以外を使用した方がいい場合はそれ以外を使用しています。

また、特に成長期の馬は前走以上のパフォーマンスを出してきます。
そういった場合の補正などもサイト内では処理されています。

このように出力されているのが
サイト内で提供している追走力となります。

もちろん、ブログ用でも
有益な情報であることは間違いないと自負していますが、
より精度の高い情報が欲しいという方は、
ぜひストライド競馬新聞内のサイトをご確認ください。

また、追走力を活かしてくれる騎手なのか?
追走力が高くても直線で伸びることは出来るのか?
などなど。

そういった追走力を含めた最終的な結論は展開予想で公開しております。

追走力、そして展開予想を使ってぜひ競馬をお楽しみください!


ストライド競馬新聞はどんなことが出来るの?
コンビニプリントサービスも好評販売中!

--------------------------------------------------------------

無料会員登録で対象レース(一日3~4レース)が無料で閲覧可能です!!
まずは無料会員登録からお願い致します。


ストライド

⇒ストライド競馬新聞 サービスサイトへ


競馬 ブログランキングへいつもありがとうございます。