今週日曜日に開催される北九州記念(芝・1200m・ハンデ)を考察します。
秋の大舞台に向けて、骨のあるメンバーがそろいましたね。


◆出走馬と騎手・枠順・斤量

1枠1番 ラインスピリット   56キロ 森一馬騎手
1枠2番 クインズサリナ    51キロ 西村淳騎手
2枠3番 アレスバローズ    57.5キロ 菱田騎手
2枠4番 イエローマリンバ   53キロ 高倉騎手
3枠5番 ディアンドル     52キロ 北村友一騎手
3枠6番 ラブカンプー     53キロ 川須騎手
4枠7番 ラインシュナイダー  55キロ 藤井騎手
4枠8番 ファンタジスト    54キロ 武豊騎手
5枠9番 キングハート     56キロ 小崎騎手
5枠10番 エントリーチケット  54キロ 国分優騎手
5枠11番 アンヴァル      54キロ 藤岡康騎手
6枠12番 ディープダイバー   53キロ 和田騎手
6枠13番 モズスーパーフレア  55キロ 松若騎手
7枠14番 ナインテイルズ    55キロ 松山騎手
7枠15番 シャドウノエル    52キロ 内田騎手
8枠16番 ダイメイプリンセス  55キロ 秋山騎手
8枠17番 カラクレナイ     55キロ 大野騎手
8枠18番 ミラアイトーン    56.5キロ 浜中騎手



◆脚質

・逃げ馬

・逃げと先行馬の間
 イエローマリンバ
 ラブカンプー
 モズスーパーフレア

・先行馬
 ラインスピリット
 ディアンドル
 ラインシュナイダー
 ファンタジスト
 ナインテイルズ
 シャドウノエル
 ダイメイプリンセス

・先行と差し馬の間
 クインズサリナ
 アレスバローズ
 キングハート
 エントリーチケット
 アンヴァル
 ディープダイバー
 ミラアイトーン

・差し馬
 カラクレナイ

・差しと追い込み馬の間

・追い込み馬



◆展開予想

先日の北九州界隈は台風の影響があり、現時点での小倉競馬の芝状況は稍重です。
ただ、土日の北九州は晴れなので馬場の回復は十分見込めるでしょう。


展開としては内枠をひいたイエローマリンバ、もしくはラブカンプーがハナを切るか、外からモズスーパーフレアが攻めてくるかでしょうね。

いずれの馬がハナを切っても流れる競馬になるでしょう。
ハイペースでの競馬を想定していいでしょうね。



☆出走馬の評価


◆ラインスピリット 評価×

距離適性    ×
小倉適正    △
騎手の小倉成績 ×
人馬の相性   ×
ハイペース   ×
ポテンシャル  ×


一昨年の北九州記念で3着に健闘していたりしますが
さすがに今年の成績は目を当てられないくらいひどいですね。

年齢的にも高齢馬ですしこれ以上の好走の見込みはないかなぁと思います。



◆クインズサリナ 評価×

距離適性    ×
小倉適正    △
騎手の小倉成績 △
人馬の相性   -
ハイペース   △
ポテンシャル  ×


今年の初冬こそ大番狂わせを演じましたが基本的には結果からほど遠い馬。
枠には恵まれていますが見送りでいいでしょう。



◆アレスバローズ 評価△

距離適性    △
小倉適正    ▲
騎手の小倉成績 ×
人馬の相性   △
ハイペース   ▲
ポテンシャル  ▲


連覇を狙う。
舞台適正は昨年ものがたっているように問題はありません。

鞍上菱田騎手とのコンビで昨年同様再挑戦する点もよいでしょう。
枠も内すぎず、外すぎず、よいんじゃないでしょうか。

トップハンデ57.5キロが課題ですがそこさえ乗り越えられれば。
ただ、相手関係でみるとファンタジストやアンヴァルといった新生3歳馬が意外と骨のあるメンバーがそろってしまい、昨年よりも相手関係は手ごわくなっているのも事実です。

この馬の調子で言うと前走CBC賞が強い競馬ができていたのでその勢いままに競馬できればワンチャンスあるでしょう。



◆イエローマリンバ 評価×

距離適性    △
小倉適正    ▲
騎手の小倉成績 ×
人馬の相性   ×
ハイペース   ×
ポテンシャル  △


逃げるのはこの馬かもしれません。
ただハイペースは意外と苦手でミドルペースくらいの逃げが得意です。

モズやラブカンプーらが競り合ってきて流れるようでしたら厳しいですし意外とその可能性は小さくないです。



◆ディアンドル 評価▲

距離適性    〇
小倉適正    ▲
騎手の小倉成績 ▲
人馬の相性   ▲
ハイペース   ▲
ポテンシャル  ▲


6戦5勝。
スプリンター路線の新勢力が夏の九州をとりにきました。

ポテンシャル面でみれば優秀ですし前走葵ステークスもアスターペガサスに詰め寄られはしましたが先着。
ディープダイバーやアウィルアウェイらには強く勝ち切っています。

新馬戦で敗れたファンタジストとここで再度ぶつかることになりますがハンデの恩恵は大いに得ています。

枠も好枠を引けました。

あとは北村友一騎手の手綱次第ですね。


馬場によりますが良馬場開催のほうが出し切れるでしょうね。

本命~相手はいまのところ未定ですが馬券には絡めたい一頭です。



◆ラブカンプー 評価×

距離適性    -
小倉適正    -
騎手の小倉成績 -
人馬の相性   -
ハイペース   -
ポテンシャル  -

精神状態    ×


さすがに4戦連続しんがり負けはひどすぎますね。
しばらく休養するのがこの馬にとってベストだと思います。




◆ラインシュナイダー 評価×

距離適性    -
小倉適正    -
騎手の小倉成績 ×
人馬の相性   -
ハイペース   -
ポテンシャル  ×


ダート出身馬。
本職ダートでもパッとしないうえ、メンバーレベルの強いこのスプリンターレースで上位争いは至難でしょうね。



◆ファンタジスト 評価〇

距離適性    〇
小倉適正    〇
騎手の小倉成績 〇
人馬の相性   〇
ハイペース   〇
ポテンシャル  〇


久々のスプリント路線に帰ってきました。

小倉の1200mは昨年の小倉2歳で強い競馬ができているようにコース適正は問題ないです。

その小倉2歳Sは相手関係に恵まれていた点について考えてみましょう。
たしかに相手関係は楽で、今回の北九州記念のほうがメンバーレベルは高いです。

それでも今回の有力馬であるディアンドルには新馬戦で勝ち切っているようにこの馬のポテンシャルも高いのも事実です。


皐月賞は距離的に厳しかったものがありますしNHKマイルは超高速馬場が合わなかったかもしれません。

台風のあとの小倉はそこまで高速化していないでしょうしファンタジストにあっていると思います。

ハンデ戦というのは気になるところですが人馬ともに舞台適正はよいですし出し切れればここでも上位争いできるでしょう。



◆キングハート 評価×

距離適性    ×
小倉適正    ×
騎手の小倉成績 ×
人馬の相性   ×
ハイペース   ×
ポテンシャル  ×


近走が非凡。
関東馬なので長距離輸送になる点もマイナスですしいかんせん近走全く結果を残していないので手を出すことはまずないでしょう。


◆エントリーチケット 評価△

距離適性    △
小倉適正    ▲
騎手の小倉成績 ×
人馬の相性   ×
ハイペース   △
ポテンシャル  ×


この馬も消したいところですが昨年の九州スポーツ杯、北九州短距離競争はともに5番人気ですしたが2戦とも勝ち切りました。
小倉はベストコースでしょう。


ただ、それ以外の特徴はとくになく、ポテンシャル面でもメンバーの中では下位です。


大穴で一口買うかもしれません。



◆アンヴァル 評価×

距離適性    △
小倉適正    ▲
騎手の小倉成績 ×
人馬の相性   ×
ハイペース   △
ポテンシャル  △


オープン以下のレースではそこそこ好走しますが重賞戦では馬券に絡めていないように
格上戦となると苦しいです。

今回も個性あふれる若駒たちがそろってしまいました。

きても3着が限界でしょう。

個人的にはポテンシャル面を考慮して切ります。



◆ディープダイバー 評価△

距離適性    △
小倉適正    -
騎手の小倉成績 〇
人馬の相性   ▲
ハイペース   △
ポテンシャル  △


怖い一頭
もともとは1400mからマイルで走っていましたが
3走前の500万下のレース、前走葵ステークスで好走しました。

今年の葵ステークス組は意外とメンバーレベルが高いと踏んでいるので
そこで4着に健闘できたことは期待したいところです。

和田騎手も小倉巧者ですし馬券に絡めてもおかしくないでしょう。



◆モズスーパーフレア 評価×

距離適性    ▲
小倉適正    ▲
騎手の小倉成績 △
人馬の相性   △
ハイペース   ▲
ポテンシャル  ▲


韋駄天の逃げ足に期待。
1番手、2番手で競馬しないと上位争いできないのでここでも必ずハナを狙ってくるでしょうね。

鞍上松若騎手は悪くありませんが武・ルメール騎手比較でみると鞍上弱化でしょう。

斤量も55キロ。
牡馬でいう57キロ課せられた点もマイナス。
この馬は昨年の秋から今年の春にかけて急に調子を取り戻しましたがハンデの恩恵も少なからずありました。

前走高松宮記念は相手関係が強かった+近走の激走疲れもあって敗れてしまいました。

55キロでどう結果が転ぶか、実は今回が実質はじめての試みといえます。


休み明けは昨年のファルコンS→函館のHBC賞で3か月の休み明けで勝ち切れているようにそこまで悲観しなくてもよいでしょう。

個人的にはほかに魅力的な馬が多数いるので見送ろうと思っていますが逃げ切り勝ちしても全然おかしくない一頭だと思います。



◆ナインテイルズ 評価×

距離適性    ×
小倉適正    ×
騎手の小倉成績 ▲
人馬の相性   -
ハイペース   ×
ポテンシャル  ×


近年は完全に京都専用機。

タフな馬場が得意なので台風の影響で重くなれば一発ありそうですが、それでも馬券内は厳しいと思います。



◆シャドウノエル 評価×

距離適性    ▲
小倉適正    ×
騎手の小倉成績 ×
人馬の相性   △
ハイペース   △
ポテンシャル  △


条件上がり馬ですが素質はけして低くないです。
斤量も〇。小倉の内田騎手の成績はほぼほぼ皆無ですが前走テレビ福島杯で勝ち切ったコンビなので悪くないです。

問題は先行馬ですが外枠を引いてしまったことでしょうか。
内に先行勢がずらりとならんでしまったので後方競馬になると厳しいかと思います。



◆ダイメイプリンセス 評価×

距離適性    △
小倉適正    ▲
騎手の小倉成績 △
人馬の相性   ▲
ハイペース   △
ポテンシャル  △


昨年の2着馬。
久々の秋山騎手とのコンビですね。

近走スランプに陥っているデムーロ騎手よりかは手綱のあっている秋山騎手のほうがいいかもしれません。

ただしダイメイプリンセス自身も今年はいまいち結果を残せていません。

個人的に昨年までがピークで今年はポテンシャルを落としている感じもします。




◆カラクレナイ 評価△

距離適性    △
小倉適正    -
騎手の小倉成績 -
人馬の相性   ▲
ハイペース   ▲
ポテンシャル  ▲


ポテンシャルは高いでしょう。
外枠を引きましたが差し馬なのでそこまで大きな欠点ではないでしょう。

ハイペースの競馬で差し切り勝ちをしているので今回の逃げ馬を見る限り展開も向きそうです。

小倉の大野騎手は全くといっていいほど成績はありませんが、カラクレナイで勝ちに来ていると考えたら侮れませんね。

馬券も相手候補で絡めたいです。



◆ミラアイトーン 評価△

距離適性    〇
小倉適正    〇
騎手の小倉成績 ▲
人馬の相性   〇
ハイペース   ▲
ポテンシャル  ▲


4連勝中にミラアイトーンが重賞初制覇を狙います。
ポテンシャルの高い馬で、今回出馬しているカラクレナイらに先着しています。

浜中騎手とのコンビもよく、浜中騎手自身も小倉は得意。
ミラアイトーンも小倉成績は(3-0-0-0)と舞台適正はメンバー随一。

気になるのは大外枠と56.5キロのハンデでしょう。

大外に関しては前走鞍馬ステークスで中段からの差し競馬で勝っているので後ろからの流れで勝負すればいいでしょう。

56.5キロのハンデに関しては走ってみるしかないですが今年の柴川特別や淀屋橋特別で57キロで好走しているので負担はそこまで問題ないかな。

むしろ素質の高そうな3歳勢が軽ハンデで出馬できる点のほうが厳しいでしょうね。

馬券に絡めたい一頭ですがアタマまではたぶん狙わないと思います。