2007年06月26日

ハイソサエティー夢へ弾み…ラジオNIKKEI賞

夏の福島の重賞第1弾は、3歳馬によるラジオNIKKEI賞・G3(7月1日、芝1800メートル)だ。ハイソサエティーは、ここまで5戦3勝。小島太調教師は、将来性を高く評価している。510キロを超す馬体から繰り出すフットワークは迫力満点。福島向きの先行力も備えている。秋は天皇賞へ−。重賞制覇を遂げ、夢に向かって弾みをつけるつもりだ。

 ワンランク上の走りだった。ハイソサエティーは、タフな東京のマイルを舞台に行われたエーデルワイスS(3歳1000万)を、4コーナー2番手から押し切った。2着馬との差は1馬身1/4。「危なげない」という表現がぴったりのレースで3勝目を手に入れた。

 「まだ、体がパンとしていない。7割くらいの完成度で、あれだけの走りをするのだから、奥がある馬だよ」と小島太調教師はうなずいた。後肢が甘く、直線でもたれるしぐさを見せながら後続を寄せ付けなかったのは、能力の証明だ。

 芝では4戦3勝。GIのNHKマイルCは、さすがに苦しい戦いを強いられ7着に敗れたが、勝ち馬とは0秒6差だった。「前々で攻める、本来の競馬ができなかった」(小島師)という事情を考慮すれば、踏ん張ったという表現が的確かもしれない。

 1800メートル戦は初めてでも、府中のマイルであれだけの競馬ができれば、気にする必要はない。小島良助手は、血統面から興味深い見解を示した。「フレンチデピュティの子は、いろいろなタイプがいる。母方の血の影響を受ける種牡馬のような気がする」。母クイーンモードは、2400メートルの仏GI・ヴェルメイユ賞の勝ち馬。その父アカラッドも、同じ距離の仏GI・サンクルー大賞典を制している。母系は完全にスタミナ指向だ。

 秋への飛躍を期して臨む戦い。小島師は「順調に成長すれば、3歳という枠を超えて勝負できる馬になるはず。2000メートルまでは大丈夫だと思うし、天皇賞に出したい」と夢を広げる。馬名をストレートに訳せば「上流社会」。ハイソサエティーは、競馬の社会でスペシャルな存在になれるサラブレッドだ。

→ 明日当たる馬券が知りたいですか?  → 競馬アイテム


★ 無料情報サイトでお得競馬情報をゲット!

AI競馬【登録も競馬予想も全てが無料】タダだからウソはなし!!

【カッパギ競馬NET】大物関係者からプロ馬券師まで集結した本物の競馬情報!

【hr─g1】G1レース・競馬予想に役立つ万馬券・ネット競馬情報!

★ 競馬情報

メガヒット競馬術◎回収率1000%の秘密を完全暴露する究極の馬券商材

【億万競馬】◆※残りあと11部◆
  【1億293万8450円】の競馬資産を持つ四天王が静かに語る!
  荒れるレースを根こそぎブン当てる〜夏には夏の予想法が今、売れています〜


【朝の15分競馬】
  競馬なんて全く知らないど素人でも、機械的な単純作業だけで簡単に儲かる
  投資金額1日わずか7,200円で確実に獲り続け、7ヶ月で家が建ちました!


1日2レース限定5点以内で勝てる!脅威の即日収入・高額回収を実現できる投資競馬

★その他のお得情報

1173人とエッチした元風俗嬢が明かす、女を簡単にイカせる男の秘密のテクニックとは?

1000人が実証済!素人でも妻の浮気、夫の浮気の証拠を押さえられるマニュアル!

総合離婚情報「リコンナビゲーション」

競馬ゲーム
 →【NDS】サンケイスポーツ監修 競馬力認定試験 馬検DS

keiba_yosoujyutu  この記事をクリップ!
QRコード
QRコード
過去ログ
最新記事
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)