土曜日は2戦1勝!馬単256倍的中で帯封獲得!

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング



今週の12月15,16日週は朝日杯フューチュリティステークス週となります。


2016年の朝日杯FSは「高配当の使者」サトノアレスが6番人気1着で36万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2016-12-19.html

2014年の朝日杯FSは高配当の使者「アルマワイオリ」が14番人気で2着に好走し、22万6000円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2014-12-21.html

2013年の朝日杯FSは16万馬券的中で130万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2013-12-15.html


今週の朝日杯FS当日は同一レースに「強力騎手情報馬」と「強力厩舎情報馬」が出走となります。


今週の情報馬2頭出走レース(日曜日情報)は5~10万円購入指示の勝負レースとなります。


強力騎手情報馬
・・・・・・・・・・・・・・・・でも目途を立てていた馬で、・・・・走前から・・・・・・、・・・・・・・後は●,4,●着。
この馬は高速馬場が合いそうな・・・・・・・・・・産駒で、ここでは明らかに能力上位の1頭と言えます。
・・・・・走前の・・・・・・・・は・・・・・・・・・・・重賞レベルのハイレベル戦で・・・・・・に好走しており、最後は切れ味の差で見劣りましたが勝負どころで自分から前を捉えに行って一旦は先頭に立とうかという勢いを見せており、かなり中身の濃い内容でした。
・・・・走前は・・・・のボコボコした馬場が合わず、コーナーでの走りのバランスが悪くなって・・・着。
・・・・・・・・・・となった・・・走前は勝ち馬とは展開面の差があり、勝ち馬・・・・・・・・・・は上のクラスでも・・・・となっている実力馬で、・・・・走前は苦手な・・・・・・・・・での競馬となり、坂を上がってからあっさりと脱落しての・・・・・となりました。
そして・・・・・は・・・・・カ月の休養明けの1戦となりましたが、「レース前からかなり気合が入ってしまいゲート内の駐立がわるくて(・・・・・・・・・の)出遅れてしまいました。ポジションを取りに行こうとしたところで横の馬にぶつけられる不利もあって、スローペースで外に壁を作れなかったので全く自分の競馬ができませんでした」とのことで・・・・・着。
近走は力を出し切れていないだけに、・・・・・・・・・・・の今回は力を出し切れればアッサリ巻き返せる力を持った1頭と言えます。
近走の敗戦で妙味が大きい1頭です。

強力厩舎情報馬
この馬は・・・・・・の・・・・・・・・・が苦手なタイプで、・・・・走前は外に張ってしまってコーナーでのスピードの乗りが悪くなってしまい直線だけで盛り返して・・・・・・・・・・・のタイミングの差だけの・・・・・。
前走は・・・・・・でペースが落ち着いてしまい、・・・・・・・・・で外に流れて4角を回り込んだ時点で上位との差を詰められずに・・・・・まで。
・・・走前の・・・・・・でも推進力が左に張ってしまい、直線ではピリッとした脚を使えずに流れ込む形で・・・着に敗れています。
「やっぱり・・・・・は・・・・・・が難しいね。どうしても外に張ってしまいます」との事ですが、・・・・・・・・は苦手とは言え・・・・・・は・・・・4着に崩れずに走れており、今回は得意の・・・・・・・・・・に替わってパフォーマンスを大きく上げてくる1頭と言えます。


土曜日の会員様情報結果

土曜日
阪神10レース

11サトノプライム
上のクラスでも2着の実績がある1頭。
5走前は函館ダート1700m戦となり、ゲートの中で動く場面もありましたが問題無くゲートを出て中団からの競馬となり、向正面で外からマクって先頭に立つも勝ち馬の強烈な決め手に屈しての2着。
3着馬には2馬身半、4着馬には5馬身半の差をつけており、このクラスでは力が抜けている1頭と言えます。
この馬は練習では問題ありませんが、以前は実戦になるとゲートで出遅れる競馬が多く見られ、成績が安定していませんでしたが、今年の夏頃には発馬を五分に出られるようになっており、安定して力を出せるようになってきました。
しかし、3走は前から出遅れるようなってしまい、近3走は4,4,8着。
2走前はゲートで横を向いている時にスタートを切られて大きく出遅れてしまい、前走はゲート内で立ちあがってしまい、最後方からの競馬で8着。
スタートさえ出ればこのクラスでは最上位の存在だけに、今回もスタートがカギとなります。


会員様にはスタートさえ決まれば頭まであり得る1頭として馬単での購入指示となり、好スタートを決めての押し切り勝ちとなりました。
2着には12番人気のアンナペレンナが入って馬単256.1倍的中で102万4400円の払い戻しとなりました。


rqd






↓日曜日情報のお申込みはコチラ↓

有料情報 お申込み方法



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html





朝日杯フューチュリティステークス週は過去5年で3回的中のレースとなります

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング



今週の12月15,16日週は朝日杯フューチュリティステークス週となります。


2016年の朝日杯FSは「高配当の使者」サトノアレスが6番人気1着で36万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2016-12-19.html

2014年の朝日杯FSは高配当の使者「アルマワイオリ」が14番人気で2着に好走し、22万6000円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2014-12-21.html

2013年の朝日杯FSは16万馬券的中で130万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2013-12-15.html


今週の朝日杯FS週は同一レースに「強力騎手情報馬」と「強力厩舎情報馬」が出走となります。


今週の情報馬2頭出走レースは5~10万円購入指示の勝負レースとなります。


強力騎手情報馬
・・・・・・・・・・・・・・・・でも目途を立てていた馬で、・・・・走前から・・・・・・、・・・・・・・後は●,4,●着。
この馬は高速馬場が合いそうな・・・・・・・・・・産駒で、ここでは明らかに能力上位の1頭と言えます。
・・・・・走前の・・・・・・・・は・・・・・・・・・・・重賞レベルのハイレベル戦で・・・・・・に好走しており、最後は切れ味の差で見劣りましたが勝負どころで自分から前を捉えに行って一旦は先頭に立とうかという勢いを見せており、かなり中身の濃い内容でした。
・・・・走前は・・・・のボコボコした馬場が合わず、コーナーでの走りのバランスが悪くなって・・・着。
・・・・・・・・・・となった・・・走前は勝ち馬とは展開面の差があり、勝ち馬・・・・・・・・・・は上のクラスでも・・・・となっている実力馬で、・・・・走前は苦手な・・・・・・・・・での競馬となり、坂を上がってからあっさりと脱落しての・・・・・となりました。
そして・・・・・は・・・・・カ月の休養明けの1戦となりましたが、「レース前からかなり気合が入ってしまいゲート内の駐立がわるくて(・・・・・・・・・の)出遅れてしまいました。ポジションを取りに行こうとしたところで横の馬にぶつけられる不利もあって、スローペースで外に壁を作れなかったので全く自分の競馬ができませんでした」とのことで・・・・・着。
近走は力を出し切れていないだけに、・・・・・・・・・・・の今回は力を出し切れればアッサリ巻き返せる力を持った1頭と言えます。
近走の敗戦で妙味が大きい1頭です。

強力厩舎情報馬
この馬は・・・・・・の・・・・・・・・・が苦手なタイプで、・・・・走前は外に張ってしまってコーナーでのスピードの乗りが悪くなってしまい直線だけで盛り返して・・・・・・・・・・・のタイミングの差だけの・・・・・。
前走は・・・・・・でペースが落ち着いてしまい、・・・・・・・・・で外に流れて4角を回り込んだ時点で上位との差を詰められずに・・・・・まで。
・・・走前の・・・・・・でも推進力が左に張ってしまい、直線ではピリッとした脚を使えずに流れ込む形で・・・着に敗れています。
「やっぱり・・・・・は・・・・・・が難しいね。どうしても外に張ってしまいます」との事ですが、・・・・・・・・は苦手とは言え・・・・・・は・・・・4着に崩れずに走れており、今回は得意の・・・・・・・・・・に替わってパフォーマンスを大きく上げてくる1頭と言えます。


今週の小ネタ

土曜日
阪神10レース

サトノプライム
上のクラスでも2着の実績がある1頭。
5走前は函館ダート1700m戦となり、ゲートの中で動く場面もありましたが問題無くゲートを出て中団からの競馬となり、向正面で外からマクって先頭に立つも勝ち馬の強烈な決め手に屈しての2着。
3着馬には2馬身半、4着馬には5馬身半の差をつけており、このクラスでは力が抜けている1頭と言えます。
この馬は練習では問題ありませんが、以前は実戦になるとゲートで出遅れる競馬が多く見られ、成績が安定していませんでしたが、今年の夏頃には発馬を五分に出られるようになっており、安定して力を出せるようになってきました。
しかし、3走は前から出遅れるようなってしまい、近3走は4,4,8着。
2走前はゲートで横を向いている時にスタートを切られて大きく出遅れてしまい、前走はゲート内で立ちあがってしまい、最後方からの競馬で8着。
スタートさえ出ればこのクラスでは最上位の存在だけに、今回もスタートがカギとなります。




先週の阪神JFは不的中となりました。

有料情報 お申込み方法



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html





阪神JFの覆面トラックマン情報

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング



今週の日曜日(12月9日)は香港国際競走情報も会員様へ提供させていただきます。

香港国際競走は日曜日の15時の第4レースから日本馬が出走となり、第4、第5、第7、第8レースのG1レース4鞍(香港ヴァーズ、香港スプリント、香港マイル、香港カップ)情報を提供させていただきます。




阪神11レース

阪神ジュベナイルフィリーズ

11ビーチサンバ
アルテミスS組で狙い体馬で、前半も後半も速いラップを踏めていた点は評価でき、アルテミスSは基本的に中弛みになりやすいレースで今年は12.3 - 12.5 - 11.8 - 11.4 - 11.8のラップ推移でL2最速戦となりました。
この馬は中団の外目から中弛みでじわっと押し上げて、自身の走破時計は前半3Fで34.9秒と速いペースで入っており、L2の地点で鋭さを見せました。
今は平均の流れを好位で入って進められればチャンスがある馬で、阪神JFはある程度の位置で競馬ができないと難しいレースだけに、新馬戦で10.7と最速ラップを踏めている点も好材料でペースの幅が広いこの馬は大きく崩れる不安の少ない1頭と言えます。



有料情報 お申込み方法



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html





★★★
記事検索