今週は土曜日、日曜日、月曜日の3日開催となります。


今週の3日開催は、強力厩舎情報馬(倍額勝負)、強力騎手情報馬(倍額勝負)出走となります。
今週は3日開催でも通常料金での提供とさせていただきます。




土曜日の覆面トラックマン情報結果


中京7レース

13キャノンバローズ

6走前の阪神戦では去勢した後のレースで直線は手前を替えずにズルズルと後退して9着。

当時は中間の稽古でも先行遅れでひと息の内容でしたが、叩き2戦目の次走は好スタートを決めるも、サンラオズアカシアにピッタリと被せられてペースを落とせない厳しい展開となり、その上に4角でハクサンライラックに交わされる格好となりましたが1ハロン標過ぎから渋太く盛り返して中身の濃い内容の競馬で2着となりました。

その後は春に2戦して2,4着と好走し、休ませて体を成長させた2走前は9着に崩れましたが前走は4着に巻き返してきました。

前走は「他の馬がゲートに突進した影響で固まってしまい、良いスタートを切れなかったです。それでも外を回りながら伸びてきたように力はしっかりと示してくれました」との事。

前走はスタートで出遅れたためにいつもとは異なる後方からの競馬となりましたがレースの幅を広げる内容の競馬で健闘できており、スムーズな競馬が出来ればさらに上位可能の1頭と言えます。


11キャッツアイ

スンナリと先手が取れれば渋太い馬ですが、前走は2番手で運べて向正面までは良いリズムでしたが、早めにプレッシャーをかけられる厳しい展開となり、外から被せられると手応えが悪くなって直線入り口で交わされると形で7着に崩れました。

気性的には行き切った方が良いタイプで、今回は積極的な競馬で巻き返しに期待が持てる1頭と言えます。


4ヒルノブルージュ

休み明けの前走は「前が開いていたために自然とハナに立つ形になりました。力まずに走れていましたが、逆にフワフワしてしまいました。」と富田騎手。

序盤は2馬身程度の差を保ち、3角から勝ち馬と2頭で後続を離して直線に入りましたが1ハロン標で振り切られると2着馬にも掴まって3着となりました。

前走はノドの手術明けで久々の1戦だっただけに、叩き2戦目の今回は上積みが大きい1頭と言えます。

会員様情報では◎13キャノンバローズからの馬連2点指示となり、8倍的中で12万円の払い戻しとなりました。


31









月曜日の覆面トラックマン情報
中京12レース

14アーモロート
3走前の京都1200mでの初勝利が1分8秒2、上がり3ハロン33秒6となりましたが、翌週の古馬2勝クラスの勝ち馬が同1分8秒3、上がり3ハロン33秒6だっただけに、上のクラスでも通用するパフォーマンスは示しています。
3走前に2馬身差で負かしたエレヴァートは次走で勝ち上がり、先週の日曜日に1勝クラスも勝ち上がっており、3着に負かしたゼツエイも後に未勝利を勝ち上がって先週日曜日の昇級戦でエレヴァートからコンマ2秒差の2着でいきなりクラスに目途を立てています。
2走前は道悪馬場と、ひと息入って太かった分も影響して3着に敗れましたが、叩かれた前走でも「聞いていましたが、終始、硬さが目立ったしレースに行っても完歩が伸び切らなかったです」と福永騎手。
前走は3角から早めに促す形となり、コーナーで張り気味になり、それでも渋太く脚を使って先頭に立ちそうな場面もありました。
最後はひと押しを欠いて3着となっただけに、まだ本調子でない中でのパフォーマンスと言えます。
今回は1週前に強めに追われており、良馬場で力通り走れれば上位濃厚の1頭と言えます。




2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html