今週は倍額勝負の秋華賞週となります。


今週日曜日の秋華賞は3年連続的中のドル箱レースとなっており、今年の秋華賞は倍額勝負指定レースとなります。

また、今週は「強力騎手情報馬」「強力厩舎情報馬」の出走となります。


↓2017年の秋華賞は147.6倍的中で22万1400円の払い戻しとなりました。

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2017-10-15.html




↓2018年の秋華賞は56倍的中で22万4000円の払い戻しとなりました。

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2018-10-14.html


18年の秋華賞情報内容

◎11アーモンドアイ

桜花賞では出負けして後方からの競馬となり、レース序盤から促しながら追走するもなかなか取り付けず、後方馬群の後ろで進める展開。

3角辺りから前もペースを落としてきたため、ここで外から徐々に勢いをつけて直線に入ってくると、直線序盤で一気に加速して2列目に並びかけてL1で粘るラッキーライラックをあっさりと交わしての完勝となりました。

オークスの場合は要所での機動力が問われることが多く、素材型の馬が差し損ねるケースも桜花賞より多く見られる1戦となりましたが、オークスではこれまでにない機動力を見せて前半かポジションを取り、直線で仕掛けてからの加速も文句無しでの圧勝。

鞍上のルメール騎手は「海外のG1も勝てる」とかなり自信を持っており、ここは通過点レベルの1戦と言えます。


会員様情報では◎11アーモンドアイが鉄板の1着候補に指名し、3連単56倍的中となりました。


224000







昨年の秋華賞は予告の倍額勝負レース指定で70万円獲得となりました。

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-10-15.html


昨年の秋華賞情報

8カレンブーケドール

オークス2着のレース内容はハイペースを早め先頭で3着以下を突き放す強いパフォーマンスで、恵まれたものでもフロックでもありません。

オークス出走馬の中で最も強い競馬をしていたのは間違いなくこの馬と言え、前走の紫苑ステークスは休み明けの太め残りの叩き台の1戦となりましたが、レース直後にトモを落とす厳しい競馬で3着となりました。

道中はスローペースからの瞬発力勝負となり、前半から掛かってしまいキレ負けした格好での3着で、完全に適性外と言えるレースでも崩れずに好走できた点は大きく評価できます。

この馬は行力と自在性がある秋華賞タイプの馬で、スピードの持続力は世代でも最上位のものをオークスで示しただけに、秋華賞が良馬場で行われるのなら大本命馬と考えていました。

ポイントは日曜日の馬場がどこまで回復してくるかで、不良馬場になってしまうと信頼度は下がりますが、重馬場までなら適性面からも上位評価の1頭となります。


結果は8カレンブーケドールが2着となり、3連単709.7倍的中で70万9700円の払い戻しとなりました。


hgfa









先週の会員様情報情結果

今週日曜日出走予定の覆面トラックマン情報馬(事前公開情報馬)


・・・・・・・・・のある馬という触れ込みでしたが、・・・・・・は「競馬を教える意味も込めて何とか抑え込みましたが、・・・・・・・・・・・・・・・・だったのでそれが裏目に出てしまいました。」と・・・・騎手。

しかも最後は直線で先頭に立っていた馬が外に行ったところを突いた矢先に、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・急ブレーキをかける致命的な不利がありました。

「不向きな流れで致命的な不利を受けながらも・・・・・・とは差のないところまで来たのだから能力に疑いようはありませんよ」との事で、・・・・・・・・・・の流れならもっと折り合って運べそうなだけにここは確勝級の1頭と言えます。

会員様情報では以下のように公開させていただきました。

日曜日の覆面トラックマン情報

東京3レース

14アラビアンナイト(強力騎手情報馬)

前向きさのある馬という触れ込みでしたが、初戦は「競馬を教える意味も込めて何とか抑え込みましたが、超スローペースだったのでそれが裏目に出てしまいました。」と戸崎騎手。

しかも最後は直線で先頭に立っていた馬が外に行ったところを突いた矢先に、再び馬が戻ってきて急ブレーキをかける致命的な不利がありました。

「不向きな流れで致命的な不利を受けながらも2着とは差のないところまで来たのだから能力に疑いようはありませんよ」との事で、マイル戦の流れならもっと折り合って運べそうなだけにここは確勝級の1頭と言えます。


情報通りに14アラビアンナイトが1着となり、17.3倍的中となりました。



日曜日の覆面トラックマン情報

新潟3レース


10ダッチマン(強力厩舎情報馬)

前走は初めての1800m戦で2着に好走し、「北海道から帰ってきて乗ったらバランスが良くなっていました。返し馬の感じから成長が感じられましたし、このクラスなら崩れる事は無いと思います」との事。

前走は先行2頭に外から並びかける形となり、相手の渋太さに手を焼きましたが先行2頭を1ハロン標過ぎに競り落とし、内の勝ち馬にクビ差まで詰め寄りました。

前走の内容なら1800m戦でも全く問題なく、距離2戦目で更に前進可能の1頭と言えます。


4ヨクエロマンボ

近走は6,6,4,2,3,3,6,4,8,2着と安定している同馬。

この馬の場合、稽古のパターンを変えた事や前日に輸送することで精神面の負担を軽減できている事が好調の要因と言えます。

5走前の中山戦ではスッと下げて後方からの競馬となりましたが1角でペースが落ち着いてしまい、自分のタイミングでスパートすると迫力満点の脚でゴボウ抜き。

このレースでは不向きな展開でも微差の3着に好走できており、直線の長い東京に替わった次走では「走る方に気が向いていませんでした」との事で6着に敗れて放牧に出されました。

休み明けの3走前は先行有利の落ち着いた展開でもアワヤのシーンを作っての4着で、7歳にしてトモに張りが出てきたことが安定して走れている要因と言えます。

前走は休み明けでも2着に好走できており、流れ一つで勝ち負けできる決め手は魅力です。


5アベックフォルス

休み明けの前走は「ハナを切る事も考えましたけど、2着馬が主張してきたので2番手に控えました」との事で、ジワっと行かせていましたが、1角でハミを噛んだようになってしまい2着馬に競り掛ける形で進め、3角では外から追い上げてきた馬に併せて再度スパートを掛けて前を交わしそうな場面を作っての3着となりました。

タイプ的には後続に脚を使わせたいタプだけに、同馬の存在はヨクエロマンボにとっては好材料と言えます。


会員様情報では強力厩舎情報馬のダッチマンが4番人気1着となり、75.1倍的中となりました。


2020年上半期のG1レース結果(12戦6勝)約700万円獲得

・2月23日(フェブラリーステークス)
配当の使者ケイティブレイブ16番人気2着で434万円獲得

・3月29日(高松宮記念)
21万馬券的中で87万円獲得

・4月5日(大阪杯)
情報馬3頭が1~3着を独占し、78.1倍的中

・4月12日(桜花賞)
デアリングタクトとレステンシアの馬連1点指示となり、11.1倍的中で111万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2020-04-12.html

・皐月賞不的中

・天皇賞・春不的中

・5月10日(NHKマイルカップ)
6ギルテッドミラー(特注厩舎情報馬・高配当の使者)が3着となり、ワイド12.3倍的中で14万7600円獲得

・ヴィクトリアマイル不的中

・オークス不的中

・5月31日(日本ダービー)
予告の完全1点指示で27万円獲得

・安田記念不的中

・宝塚記念不的中



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html