今週の4月3,4日週は4年連続的中継続中の大阪杯週となります。


↓20年の大阪杯は78.1倍的中

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2020-04-05.html


↓19年の大阪杯は3点以内の倍額勝負的中で88万円獲得

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-03.html


↓18年の大阪杯は174.5倍的中で17万4500円獲得

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2018-04-01.html


↓17年の大阪杯は3点指示で23.2倍的中で34万8000円獲得

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2017-04-02.html


今週の大阪杯は「超強力厩舎情報馬」が出走となり、3倍額勝負レースとなります。



日曜日
阪神11レース
大阪杯

12グランアレグリア

安田記念では現役最強クラスのアーモンドアイを千切り捨てる内容で勝利。

この時の府中は雨の影響もありましたが、やや高速状態までの馬場となっており、その中でペースは平均で収まってからのL2最速11.0は大きなインパクトでした。

この片鱗は阪神カップでも見せていましたが、ある程度時計が掛る状況で追走して要所で鋭く加速してくる能力は相当高く、安田記念の場合は馬場がそれなりに渋っていた事でアーモンドアイはこのペースだと後半自分の末脚を完全に発揮するところまでは持っていけませんでした。

そういう点では前半のスピード面でアーモンドを上回り、後半の一瞬の鋭さで抜け出して勝負を決めることが出来たと言えます。

スプリンターズSを見ると前半のスピード面は質的には物足りず、阪神Cでもそこまで良い位置を取れませんでしたが33.9の流れで中団で自身では34.9となり、そこから爆発して33.5と後半型の競馬で突き抜けてきました。

安田記念を見ても距離に関してはマイルでも問題なく走れており、この馬の場合は瞬間の爆発力が最大の武器となるだけに、上がり最速が続いていますが高速馬場ではアーモンドアイほど強烈なトップスピードの質、ロングスプリントの性能は示せていなためアーモンドアイとの比較で見れば割とマイラー色が強いタイプと言えます。

今回は2000m戦で緩い流れになる可能性が高いため、マイラーの質が問われにくい条件ではこれまでの爆発的なパフォーマンスは発揮できない可能性があります。

ただ、ギアチェンジ面でも高い能力を秘めているだけにスローになった場合でも崩れる場面は想像できません。





2020年上半期のG1レース結果(12戦6勝)約700万円獲得

・2月23日(フェブラリーステークス)
配当の使者ケイティブレイブ16番人気2着で434万円獲得

・3月29日(高松宮記念)
21万馬券的中で87万円獲得

・4月5日(大阪杯)
情報馬3頭が1~3着を独占し、78.1倍的中

・4月12日(桜花賞)
デアリングタクトとレステンシアの馬連1点指示となり、11.1倍的中で111万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2020-04-12.html

・皐月賞不的中

・天皇賞・春不的中

・5月10日(NHKマイルカップ)
6ギルテッドミラー(特注厩舎情報馬・高配当の使者)が3着となり、ワイド12.3倍的中で14万7600円獲得

・ヴィクトリアマイル不的中

・オークス不的中

・5月31日(日本ダービー)
予告の完全1点指示で27万円獲得

・安田記念不的中

・宝塚記念不的中



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html