今週は過去10年で5回的中の安田記念週となります。


19年は79万円獲得!

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-03.html


17年は435倍的中!

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2017-06-04.html


16年はコンマ1秒差で40万円取り逃す結果となりました。

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2016-06-05.html


13年安田記念25万7000円獲得!

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2013-06-02.html


12年安田記念42万5500円獲得!

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2012-06-05.html


11年安田記念49万800円獲得!

http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2011-06-06.html




東京11レース
安田記念

過去10年の平均ラップで見ればL5-4-3は11.6-11.7-11.5とほとんどコーナーでの緩みはありません。
スローでしかけの遅い競馬になった16年の10.9が過去10年の後半の最速ラップですが、次点で17年の11.0と、そこまで速い脚を要求されにくいのが安田記念の基本的な傾向と言えます。
前半3Fが33秒台なら4角10番手以降の馬でも馬券になっていますが、前半3Fが34秒台を超えてくると先行馬が優位となっています。
昨年は前半3Fが34秒台でしたが、稍重馬場だった事を考えると速い入りと言えるだけに、先行馬には厳しい展開となっていました。
07年 34.1秒 4角4,1,5番手の馬の決着
08年 34.6秒 4角4,2,6番手の馬の決着
09年 33.4秒 4角5,8,18番手の馬の決着
10年 33.6秒 4角8,15,14番手の馬の決着
11年 33.9秒 4角3,11,15番手の馬の決着
12年 33.8秒 4角12,10,4番手の馬の決着
13年 33.9秒 4角8,14,11番手の馬の決着
14年不良馬場で参考外
15年 34.3秒 4角3,10,4番手の馬の決着
16年 35.0秒 4角1,2,9番手の馬の決着
17年 33.9秒 4角15,1,13番手の馬の決着
18年 34.2秒 4角12,3,5番手の馬の決着
19年 34.5秒 4角5.1.9番手の馬の決着
20年 34.2秒 4角7.11.7番手の馬の決着

15年からは前半3Fが34秒台の入りとなっており、今年も逃げ馬トーラスジェミニが飛ばすタイプではないだけに、34秒台の流れとなる想定です。
4角10番手以降の馬には厳しい展開と言えますが、近2年の真逆と言える展開で連続で馬券になっているインディチャンプは適性の幅の広さが魅力の1頭と言えます。
今年のペースは19年に近い展開が濃厚なため、インディチャンプにとっては昨年よりも好走しやすい条件と言えます。

この先は会員様情報で公開させていただきます。





2020年上半期のG1レース結果(12戦6勝)約700万円獲得

・2月23日(フェブラリーステークス)
配当の使者ケイティブレイブ16番人気2着で434万円獲得

・3月29日(高松宮記念)
21万馬券的中で87万円獲得

・4月5日(大阪杯)
情報馬3頭が1~3着を独占し、78.1倍的中

・4月12日(桜花賞)
デアリングタクトとレステンシアの馬連1点指示となり、11.1倍的中で111万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2020-04-12.html

・皐月賞不的中

・天皇賞・春不的中

・5月10日(NHKマイルカップ)
6ギルテッドミラー(特注厩舎情報馬・高配当の使者)が3着となり、ワイド12.3倍的中で14万7600円獲得

・ヴィクトリアマイル不的中

・オークス不的中

・5月31日(日本ダービー)
予告の完全1点指示で27万円獲得

・安田記念不的中

・宝塚記念不的中



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html