FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング

有料情報 お申込み方法



今週は倍額勝負の秋華賞週となります。


日曜日
阪神11レース
秋華賞

12アカイトリノムスメ
3走前のクイーンCでそこまで差のなかったアールドヴィーヴルやククナとの差を、桜花賞では3馬身以上に広げましたが、この2頭と比較した場合にスピード色が強くなった中で良さが出たパターンと、大きな成長面を示したパターンと、その両方のパターンが考えられます。
スピード色が強くなった中で良さが出たならオークスへの距離延長はプラスにはなりませんが、オークスでも2着に好走できた面からも成長面が大きかったと考えられます。
赤松賞では緩い流れからの決め手勝負で勝利しており、ここでは直線度の地点でも各馬を上回っていましたが、進路を取ってからのL2の切れが目立ちました。
最速ラップはL2地点で11.3となっており、ここで違いを作ってきたのは府中適性としては必要な要素と言え、実際この馬は府中で3戦3勝しており、府中適性はメンバー随一と言えます。
「桜花賞は長距離輸送があったので、体が減ってしまいました。タメれば切れるし、長く脚を使う競馬もできるので、今回はソダシをマークする競馬で逆転は出来ると思います。」との事で、テンションが上がりやすいタイプのソダシは、東京までの長距離輸送+2400mへの距離適性の差でオークスではソダシを上回ってきました。
今回は再び舞台は阪神となり、距離が2000mに短縮され、条件的にはアカイトリノムスメとソダシはオークスから逆転します。

9アンドヴァラナウト
2走前の出雲崎特別では3着以下を千切って勝利しており、前半のハイペースに乗って中弛みで我慢して直線前半まで進路確保ができていない状況でL2のギアチェンジ性能を引き出した内容は大きく評価できます。
このレースは2枚は総合的に抜けている競馬だったと言え、どう見ても差し馬有利の展開の中、レースラップに近い位置での競馬を強いられていた中でこのギアの上げ下げの上手さはかなり驚かされました。
前走のロースSでは坂の登り加速というのは初めてでしたが、それでもグンと加速して先頭に立てており、機動力の高さが大きな武器と言えます。
中距離戦になってからスピード面の良さが出てきただけに、2000mの距離なら崩れる不安の少ない1頭と言えます。

この続きは会員様情報で公開させていただきます。





土曜日の結果

東京7レース
12レッドロワ(強力厩舎情報馬)
2そうまえの 中山2000m戦では18番枠からの競馬で前に壁を作れず、「2000mは長いです。スピードはありますがスタミナが無いので坂を登ってから疲れてしまいました。」との事で4着。
この馬は以前は口向きの悪さを見せて能力を発揮できていませんでしたが、前走はマイルに距離を短縮した事で道中はリラックスして走れるようになり、中団の外から前に馬を置いて我慢差せると、最後は良く伸びて差し切りました。
「今考えると初戦は若干距離が長い中でも(距離適性ピッタリだった)グレートマジシャン(毎日杯2着、ダービー4着)と微差(アタマ差)でしたからね。マイルならもっと上のステージを目指せる馬だと思いますし、充電させて元気いっぱいなので、ここは負けられません。」との事で夏は無理をさせず、充電させた事で口向きの悪さが良化しており、再度ワンターンのマイル戦となるここは上位可能の1頭と言えます。

7スリートップキズナ
4走前の東京戦ではオープン級の出色の時計で2着となりましたが、次走で5着に崩れた同馬。
4走前2着時は「これまでは折り合いに気をつけながら運んでいましたが、調教でメンコを着けたら折り合いがついたので、今日は位置を取って攻めの競馬をしました。」との事で、持ち時計を大幅に短縮して2着に好走できており、3走前もメンコ着用で挑みましたが最内枠からスタートで後手を踏んでしまい、二の脚で挽回して中団後方から進んで4角から徐々に外に出して渋太く脚を使って5着となりました。
2走前は勝ち馬を意識して早めに仕掛かける競馬となりましたが、直線半ばで内にササってしまい気性面の若さを見せて4着となり、前走の中山戦ではブリンカー着用で4着となりました。
前走は促して先団直後まで追い上げ、一旦は先団に並びかける場面を作って最後はジリジリとなりましたが、大外枠だったことを考えれば十分な内容と言えます。
今回は強いパフォーマンスを見せた府中マイル戦となり、大きくパフォーマンスを高めてきそうな1頭と言えます。

結果は強力厩舎情報馬の12レッドロワが1着となり、7スリートップキズナが2着で3連単147.7倍的中となりました。







↓2017年の秋華賞は147.6倍的中で22万1400円の払い戻しとなりました。


↓2018年の秋華賞は56倍的中で22万4000円の払い戻しとなりました。

18年の秋華賞情報内容

◎11アーモンドアイ
桜花賞では出負けして後方からの競馬となり、レース序盤から促しながら追走するもなかなか取り付けず、後方馬群の後ろで進める展開。
3角辺りから前もペースを落としてきたため、ここで外から徐々に勢いをつけて直線に入ってくると、直線序盤で一気に加速して2列目に並びかけてL1で粘るラッキーライラックをあっさりと交わしての完勝となりました。
オークスの場合は要所での機動力が問われることが多く、素材型の馬が差し損ねるケースも桜花賞より多く見られる1戦となりましたが、オークスではこれまでにない機動力を見せて前半かポジションを取り、直線で仕掛けてからの加速も文句無しでの圧勝。
鞍上のルメール騎手は「海外のG1も勝てる」とかなり自信を持っており、ここは通過点レベルの1戦と言えます。

会員様情報では◎11アーモンドアイが鉄板の1着候補に指名し、3連単56倍的中となりました。


19年の秋華賞は予告の倍額勝負レース指定で70万円獲得となりました。

19年の秋華賞情報

8カレンブーケドール
オークス2着のレース内容はハイペースを早め先頭で3着以下を突き放す強いパフォーマンスで、恵まれたものでもフロックでもありません。
オークス出走馬の中で最も強い競馬をしていたのは間違いなくこの馬と言え、前走の紫苑ステークスは休み明けの太め残りの叩き台の1戦となりましたが、レース直後にトモを落とす厳しい競馬で3着となりました。
道中はスローペースからの瞬発力勝負となり、前半から掛かってしまいキレ負けした格好での3着で、完全に適性外と言えるレースでも崩れずに好走できた点は大きく評価できます。
この馬は行力と自在性がある秋華賞タイプの馬で、スピードの持続力は世代でも最上位のものをオークスで示しただけに、秋華賞が良馬場で行われるのなら大本命馬と考えていました。
ポイントは日曜日の馬場がどこまで回復してくるかで、不良馬場になってしまうと信頼度は下がりますが、重馬場までなら適性面からも上位評価の1頭となります。

結果は8カレンブーケドールが2着となり、3連単709.7倍的中で70万9700円の払い戻しとなりました


昨年の秋華賞は◎13デアリングタクトの1着固定3連単指示となり、441.1倍的中(600円購入指示)で26万4660円の払い戻しとなりました。


昨年の秋華賞情報

13デアリングアクト
3走前のエルフィンSが芝のマイル戦になったのは1987年で、それからエルフィンSで1分33秒台で走った馬は2頭しかいません。
1頭は後に牝馬として64年ぶりに日本ダービーを制覇し、歴史的な名牝となったウオッカで、もう1頭は今年のレースを快勝したデアリングタクトとなります。
約30年という長い歴史の中で、わずか2頭しかいないうちの1頭というのは、それだけで価値があります。
しかも、デアリングタクトの走破時計は1分33秒6で、ウオッカよりもコンマ1秒速く、更に今年の京都は例年以上に時計が掛かる馬場状態だった事を加味すれば今年の時計は破格のタイムと言えます。
また、安藤勝己元騎手に桜花賞で乗りたい馬を尋ねたところ、躊躇なくデアリングアクトと答えており、「今年のメンバーでアーモンドアイ級になる可能性があるのはこの馬」との事。
桜花賞は極悪馬場で3~4角では馬場差よりもコースロスが響いたはずですが、この地点で速いラップを踏めており、ここで外から追いかけて脚を使いながら前が消耗ペースを刻む中で脚を使わされずに最後に差してきた内容は衝撃的でした。
内容的にも高いレベルではマイルは前半で質的に足りてない感じがあり、前走のオークスの内容をみても距離自体はマイルより延びた方が良さそうなタイプだけに、ここは桜花賞以上に信頼度が高い1頭と言えます。

8ソフトフルート
パフォーマンスだけなら面白い馬ですが、適性面で見たときに前半のスピード面での課題は残っています。
前走の夕月特別は5Fのロングスパート戦で3~4角で最短距離を通せた点が噛み合い、ポテンシャルで分散しながらL3-2で速いラップを踏んでロングスプリントの脚を引き出せていました。
坂の登りで鋭く伸びてきたのは好材料で。長く脚を使ってくるタイプで素材的には魅力が多い一頭と言えます。
矢車賞でも進路確保で苦労して直線入りまで置かれながらL2最速でギアチェンジで苦労しそうな場面がありましたが、スペースを確保してから反応良くスッと伸びてきていただけに、後半はギアチェンジを持ちつつ素材的にも良いものを見せているので今回の舞台では不気味な存在と言えます。

会員様情報では◎13デアリングタクトの1着固定3連単指示となり、441.1倍的中(600円購入指示)で26万4660円の払い戻しとなりました。

26r









↓日曜日情報受付中です

2020年上半期のG1レース結果(12戦6勝)約700万円獲得

・2月23日(フェブラリーステークス)
配当の使者ケイティブレイブ16番人気2着で434万円獲得

・3月29日(高松宮記念)
21万馬券的中で87万円獲得

・4月5日(大阪杯)
情報馬3頭が1~3着を独占し、78.1倍的中

・4月12日(桜花賞)
デアリングタクトとレステンシアの馬連1点指示となり、11.1倍的中で111万円獲得

・皐月賞不的中

・天皇賞・春不的中

・5月10日(NHKマイルカップ)
6ギルテッドミラー(特注厩舎情報馬・高配当の使者)が3着となり、ワイド12.3倍的中で14万7600円獲得

・ヴィクトリアマイル不的中

・オークス不的中

・5月31日(日本ダービー)
予告の完全1点指示で27万円獲得

・安田記念不的中

・宝塚記念不的中


2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓