FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング

有料情報 お申込み方法


今週はチャンピオンズカップ週となります。
今週のチャンピオンズカップは「特注厩舎情報馬」の出走となり、倍額勝負レースとなります。
また、今週は他のレースにも倍額勝負の「強力騎手情報馬」が出走となります。

19年のチャンピオンズカップは「特注厩舎情報馬」の出走となりました。
19年のチャンピオンズカップ情報内容
▲11ゴールドドリーム(ブログ公開無料情報馬)
この馬の東京コース成績は3・3・0・0と最も得意な舞台と言え、左回り戦では信頼度の高い1頭と言えます。

昨年のチャンピオンズカップはスローペースからの前残りとなった一戦で、同馬は4コーナーで11番手と後方からのレースを展開しましたが、その他の上位陣は以下の通りです。

2着 テイエムジンソク 4コーナー2番手
3着 コパノリッキー  4コーナー1番手
4着 ケイティブレイヴ 4コーナー3番手
5着 アウォーディー  4コーナー6番手

とにかく前にいる馬が上位に入る結果となっており、実力のある先行馬達がスローペースを活かして前で粘る中、ゴールドドリームはただ1頭だけ後方からの一気差しを決めました。
「もともと体質の弱い面があるから、間隔は開けた方が良い馬ですよ」との事で、ユニコーンステークスを勝った直後に出走したジャパンダートダービーでは1番人気で3着、武蔵野ステークスで2着に好走した後の2016年チャンピオンズカップでは12着に大敗しています。
体質の弱いゴールドドリームがドバイ遠征でダメージを受けた後の帝王賞では中央勢で最下位となる1.8秒差の7着。
そして体調が戻ったチャンピオンズカップでは前述の通りの豪脚を示しての差し切り勝ちとなりました。
昨年のフェブラリーステークスは2ヶ月半の間隔を空けての出走となりましたが、体質の弱いゴールドドリームにとってはトライアルを使って疲労を出すよりも真っ当なローテーションと言え、2着に好走。
その後もチャンピオンズカップからフェブラリーSに使われる予定でしたが、右肩の筋肉痛の影響で直前に回避する形となり、10月の南部杯→暮れのレースという異例のローテーションとなりました。
昨年のフェブラリーS字はフレッシュな状態で挑み、中間に坂路で49秒台の自己ベストを出すなど、状態面に不安はなく、フェブラリーステークスでは能力全開の走りで2着となりました。
今回もここを目標をキッチリと仕上げられており、不安の無い1頭と言えます。

4インティ(特注厩舎情報馬)
観月橋ステークスのラップは12.4 - 11.3 - 12.6 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.3で前半1000mが61.1という流れとなり、ラスト2・3ハロンで11秒台を連続で刻んで最後も馬なりのままノーステッキで5馬身差の圧勝。
昨年の京都1800m戦でも馬なりで楽に2番手を取れており、このレースではノーステッキでも18年京都1800m戦の最速タイムをマークしていました。
東海Sは速いペースでも最後まで脚色が衰えておらず、2走前の京都戦とほぼ同じタイムで1000mを通過して馬なりのまま直線に向くとしっかりと手前を替えて気合のステッキ一発で一気に突き放して2着馬に2馬身、3着馬に9馬身の差をつける圧勝となりました。
東海Sでは課題だった左回りに対する不安も払拭しており、フェブラリーSでは1600m戦に対応してゴールドドリームをクビ差封じての勝利となりました。
陣営の話では「馬体は本当に弱くて、トモなんか歩いたら球節が地べたに着くぐらい緩かったんですけど、それが筋力とかが鍛えられて、ちょっとずつ上がってきました。競馬に行ったダメージも、前なら両トモに穴を開けるぐらいクモズレをして大変で、初戦は両トモとも落鉄して、上がってきたら歩けないぐらいだったし、蹄底は擦って痛いような感じでした。3戦目ぐらいまでは落鉄、落鉄で来ていて調教してきてもクモズレとかしながらでしたが、そういうのもだんだんしなくなってきましたし、成長を待たされましたけど、数を使わなかったのが良かったんだと思います。」との事で、この馬は陣営が時間をかけて大事に育ててきた素質馬となります。
近3走はスタートで他馬の音に驚いて出遅れたかしわ記念で3着、距離が長く、厳しいハイペース戦となった帝王賞で6着、川田騎手に乗り替わって暴走気味の追走で自滅したみやSで15着と、この馬の能力を引き出せないレースが続いています。
今回は武豊騎手騎乗での中京1800m戦となり、東海Sで異様な強さを見せた舞台となるここは復活するには最適の舞台と言えます。

5クリソベリル
2走前のジャパンダートダービーはハイペースで流れましたが中盤でそこまで上がっておらず、L3の4角地点で13.8秒と極端に緩んでいました。
ここで内で巻き込まれたためにかなり厳しかったと思いますが、一気に直線で加速するギアチェンジを見せて高い総合力を見せて圧倒してきました。
このJDDの内容からも何でも出来るタイプの印象が大きく、かなり手強い1頭と言えます。
今年の3歳勢はかなりハイレベルですが、その中でも2枚上の別格の存在と言えます。

4インティ(特注厩舎情報馬)からのワイド2点指示ダブル的中で32万4000円の払い戻しとなりました。

4t





土曜日
中山7レース

6ベストマジック
ノドに不安がある馬で、4走前は雨の影響で2着に好走。
「以前乗った時よりもトモの感じが良くなっていました。スタートは上手く出てくれましたし、行きたい馬を行かせてそれらを見ながら運びました。直線は勝てるかと思いましたけど、逃げた馬にもうひと脚を使われてしまいました。」との事で、好位からの正攻法の競馬で2着に浮上してきました。
休ませてトモが良化してきた点は好材料で、近走はブリンカー効果で雨が降らなくても好走できるようになっており、
前走は「コーナーで下げたり、もう一度行かせたりと、複雑な指示を出してもちゃんと応えてくれました。以前はやめるようなところがあったので、これだけしっかりと走ってくれたのは良かったです。」との事で、近走は気性面の成長も観られるだけに、高いレベルで安定している近走の内容からもチャンスが近い1頭と言えます。

1スターリングワース
初ダート起用となった4戦目で未勝利を卒業し、昇級戦は発馬を決めて前にいきましたが外もなかなか引かなかったためにペースを落とせず、3角でようやく単独先頭に立ちましたが最後は勝ち馬に捩じ伏せられる格好で後続に2馬身の差を付ける2着となりました。
このレースは厳しい展開でも後続には決定的な差をつけており、放牧に出されてパワーアップした前走は福島に使われるも着に凡走。
「今日は精神的な脆さが出ました。他馬の動きに気を取られて自分の走りが出来ていませんでした。」と仲舘調教師。
前走は度外視可能の1戦と言え、仕切り直しの今回は巻き返し必至の1頭と言えます。

この先は会員様専用情報掲示板で公開させていただきます。




2020年上半期のG1レース結果(12戦6勝)約700万円獲得

・2月23日(フェブラリーステークス)
配当の使者ケイティブレイブ16番人気2着で434万円獲得

・3月29日(高松宮記念)
21万馬券的中で87万円獲得

・4月5日(大阪杯)
情報馬3頭が1~3着を独占し、78.1倍的中

・4月12日(桜花賞)
デアリングタクトとレステンシアの馬連1点指示となり、11.1倍的中で111万円獲得

・皐月賞不的中

・天皇賞・春不的中

・5月10日(NHKマイルカップ)
6ギルテッドミラー(特注厩舎情報馬・高配当の使者)が3着となり、ワイド12.3倍的中で14万7600円獲得

・ヴィクトリアマイル不的中

・オークス不的中

・5月31日(日本ダービー)
予告の完全1点指示で27万円獲得

・安田記念不的中

・宝塚記念不的中


2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓