FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング

有料情報 お申込み方法


今週(1月15,16日)は『倍額勝負の強力騎手情報馬』『倍額勝負の強力厩舎情報馬』の出走となります。


先週の会員様情報結果

月曜日の覆面トラックマン情報結果
中京6レース

8エテルナメンテ(高配当の使者)
今の中京の芝は内・先行タイプの馬がかなり有利な馬場状態となっており、テンのスピードを生かせるタイプの同馬が狙い目となります。
この馬の血統は世界水準のスピード血統をかけ合わせられており、初戦はマイル戦で出遅れて11着に大敗しましたが、2戦目で距離を短縮すると、好スタートを切って逃げると直線入り口付近で後続を振り切っての独走Vとなりました。
昇級初戦の前走も楽にハナを狙っていましたが、外のデュガが来た事で控える競馬となり、2番手で溜めて差す競馬で2着となりましたが、ラスト100mで止まった内容からも距離が長かったように思えます。
今回はこの血統の良さを生かせる待望のスプリント条件となり、テンのスピードだけで全てが決まる今の中京の高速馬場は最高の条件と言えます。
今回のメンバーでもテンに主張すればスピードの違いであっさりハナを奪える可能性が高く、今の馬場で逃げられれば圧勝まであり得ます。

2 ゼロドラゴン
母がスカイノダンで母父サクラバクシンオーという短距離血統で、初戦はマイル戦で寄られたり包まれる不利を受けて度外視可能の11着となりましたが、2戦目の前走はノドの手術+距離を1200mに短縮して一変のパフォーマンスを見せました。
前走はハイレベルなメンバーが揃っていたところを楽々差し切る強いパフォーマンスを見せており、1勝クラスなら即通用の器と言えます。
スタートに課題があるので位置を落とす可能性はありますが、内枠が引けたここは外を回さなければ地力で差し込んでこれそうな1頭と言えます。

1テーオースパロー
初戦はまだ太目が残る馬体で挑みましたがゲート内で長く待たされた事で出遅れる不利があり、道中は枠なりに内を回って距離ロスを抑えて直線では馬群を捌いてしっかりとした脚でゴール前猛追の3着に食い込みました。
2戦目で順当に勝ち上がり、もみじSでは1400m戦に対応して2着に好走し、1200m戦のさざんか賞では五分のスタートを切った後に折り合いをつけているうちに下がって後方2番手の競馬となり、ペースが落ち着いた事で不向きな展開となりながらもクビ差の2着に好走しました。
道中は動かずに内が開くのをじっと待ち、進路が出来てから追われて良く伸びると最後は狭いところを突いて食い込んでおり、この馬は1200mでも1400mでも問題無く走れており、勝負根性も秘めているだけにゲートが改善された今なら崩れる不安の少ないタイプと言えます。
前走の1400m戦では「使い詰めできているので着順を下げるのは仕方ありません。まだこれから良くなる馬ですし、1ハロン長い感じがあるので、1200m戦ならもっとやれると思います。」と岩田騎手が話しており、1200m戦となる今回は巻き返し濃厚の1頭と言えます。

7ピンクマクフィ―
稽古では抜群の動きを見せている馬で、稽古の動き通りなら1勝ちクラスでも上位の存在と言えます。
2走前の昇級戦では稽古の良さを生かせず、じっくりと構えすぎてしまい見せ場のないまま8着に敗れましたが、1ハロン短縮となった前走はロス無く上手く立ち回って坂を上がってからもグングンと前に迫ってアタマ差の2着に好走しました。
中京では馬場不問で1,2着と好走できており、登り坂加速性能の高さを見せているだけに、更に1ハロン短縮のここも上位評価の1頭となります。

会員様情報では8エテルナメンテ(高配当の使者)1着固定の3連単指示84.1倍的中となり
21万250円の払い戻しとなりました。



1500


1000











日曜日の結果

中京4レース
12エコロマンボ(強力騎手情報馬)
使われる毎の馬体が絞れてきて末脚の鋭さが増しており、2走前は中1週でテンションが上がっていたためにスタートで出遅れてしまいましたが最後は良い脚を使って2着馬からハナ・クビ差の4着に健闘しました。
前走は間隔を開けての1戦となり、スタートが改善されて2着に好走しました。
「前回は中1週だったのでテンションが上がってしまって力をだせませんでしたが、今日は惜しかったです。1400mの方が競馬がしやすかったですし競馬としては完璧でした。体が戻っていたので次は勝てると思います。」と西村騎手が強気の発言をしており、後続には3馬身の決定的な差をつけただけに今回は勝ち負け必至の1頭と言えます。

5スズノナデシコ
「怖がりなので立ち回りひとつです。」と金折助手が話していた馬で、前走は3角で勝ち馬よりも外から早めに動き出し、1ハロン標過ぎに先頭に立って粘り込みを図るもラスト100mで掴まってしまい2着となりました。
「この2走がチグハグだったので、リズム良く走らせようと思っていました。前が速くなる展開も良かったですし、このクラスでもやれます。」と秋山騎手。
今回も快速タイプの逃げ馬ソナトリーチェ、パフュームリボンが揃っているだけにここも展開が向きそうな1頭と言えます。

結果は上記情報馬が1.3着となり、105.4倍的中となりました。




土曜日の会員様情報結果

中京1レース

9レタラ
近走はダート1800m戦に使われて3,2着と安定して走れている同馬。
2走前は「他馬を気にしているのか、1~2角でブレーキをかけてしまいました。あそこでついて行ければ違ったと思います。」と泉谷騎手が話しており、出負けして砂を被ると行きっぷりが悪くなって後退し、前半はハミ掛かりの悪さを見せる場面もありました。
それでも3角過ぎから押し上げて最後までバテずにじわじわと伸びて3着に浮上しており、スムーズならもっと際どかった内容と言えます。
前走は「道中でフワフワする面はチークピーシーズで改善されていました。最後は上げ下げの分だけですし、次は何とかしたですね。」と坂井騎手。
チークピーシーズを着けた前走はレースぶりが格段に良くなっており、チャンス間近の1頭と言えます。

7ミギーフェイス
この馬も近2走はダート1800m戦に使われていますが、2走前は好スタートを切って逃げる形となり、直線の追い比べで上位2頭に見劣ってしまい3着となりました。
前走はスタートで躓く不利があり、その後はリカバリーして2番手を確保すると道中は抑えるぐらいの手応えで4角に入り、ここで仕掛けて前を追っていましたが直線入り口で2着馬に先を越されてしまい、1ハロン標手前で甘くなって流れ込んだ格好の4着となりました。
本来はスタートが上手なタイプだけに、ここはスムーズなら前走以上のパフォーマンスが期待できる1頭と言えます

5ディスコ
初戦の芝では8着に敗れましたが、前走はダート1800m戦に使われて2着にパフォーマンスを一変させた同馬。
「デビュー前から坂路で52秒台が出ていた馬ですからね。前走が本来の力です。」との事で、前走は様子を見ながら3番手追走の形となり、流れに乗って手応え良く運んで直線でも最後まで渋太く伸びて2着となりました。
前走はダート替わりで目途を立ててきただけに、再度ダート1800m戦となるここも上位評価の1頭となります。

結果は◎
9レタラ1着固定、5ディスコ3着固定の3連単142.4倍的中となりました。



2020年上半期のG1レース結果(12戦6勝)約700万円獲得

2019年のG1レース結果 24戦12勝

2017年 G1レース結果 22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓