FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング

有料情報 お申込み方法


日曜日

中京6レース

6クリノクラール
2走前は休み明けで2着に好走できており、「ゲートがうるさくて駐立が悪かったです。以前よりも状態は良くなっていましたし、すぐにチャンスが来ると思います。」と富永騎手。
このレースは出遅れて後方からの競馬となり、向正面で外に出して追走する形でロスが生じていましたが、勝負どころからジワッと追い上げると最後まで渋太く伸びて2着を確保しました。
前走は前有利の流れの中で間に入って動けない形となり、3~4角では捌きながらの競馬でも崩れずに4着に健闘しました。
「先行すると集中力を欠くので、じっくり行く方が最後まで集中して走れます。」との事で、今回は逃げ馬プラウドルックが」ブリンカー着用となるだけにある程度流れる可能性が高く、差す形が嵌りそうなだけに上位濃厚の1頭と言えます。

7ステイブルアスク
昇級戦+休み明け+初ダート戦となった3走前は輸送もクリアして2着に好走。
「帰厩後の調教ではグイグイ行くようになって、良い意味で前向きさが出てきました。今日はスローで序盤に力んだ分もありましたが、もう少し流れていればまた違ったと思います。」との事で、初めてのダート戦でも砂を被らずに終始余裕ある手応えで追走できており、ラスト300mで他馬と接触する不利がありながらも渋太く伸びて3着馬を捉えました。
相手が悪かった2走前は昇級戦でもクビ・クビ差の3着に好走したタイキフォース相手に8馬身の差のをつけられる2着となりましたが、行き脚がつかずに砂を被る形になってしまい、最後は粘り込みを図る3着馬を何とか掴まえて2着を確保しました。
前走は砂を被っても怯まずに走る事ができており、4角では馬込の中でも手応え十分でラスト1ハロン標で間を割って先に抜け出した勝ち馬を追い詰めるも2着までとなりました。
ここでは3着馬に4馬身の決定的な差をつけており順番間近の1頭と言えますが・・・この先は会員様情報で公開させていただきます。

この先は会員様情報で公開させていただきます。


2020年上半期のG1レース結果(12戦6勝)約700万円獲得

2019年のG1レース結果 24戦12勝

2017年 G1レース結果 22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓