日本ダービー レース展望

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
過去10年で1番人気は[5−1−1−3]で6連対。前走皐月賞を勝った馬は[3−1−1−1]だが、前走皐月賞で負けた馬は[0−0−0−2]で不振。単勝2.5倍以下は[1−0−1−3]で連対率20%、単勝2.6倍以上は[4−1−0−0]は連対率100%。単勝2.5倍以下で勝った馬は昨年のドゥラメンテ。

2番人気は[1−0−0−9]で1連対、3番人気は[3−1−1−5]で4連対。連対馬16頭が5番人気以内、残る4頭は7、10、12、14番人気。過去10年で馬連万馬券が3回出ているが、最近5年は33倍、56倍、9倍、8倍、19倍で中穴までに収まっている。人気馬を軸に本命を押さえて中穴を狙うのが妙味。

連対馬20頭のうち14頭が前走3着以内。前走4着以下から連対した6頭のうち5頭が皐月賞、残る1頭がNHKマイルC。前走G1なら巻き返し可能。前走G2で負けた馬は[0−0−2−27]、前走OP特別は[0−0−1−16]で連対がなく不振。前走G1で3着以内に入った馬と前走G2を勝った馬を重視したい。

過去10年の連対全馬に重賞勝ちがあった。最近は皐月賞で2〜4着に負けた馬の巻き返しが目立つ。皐月賞はトリッキーなコースで紛れが生じやすい。前走皐月賞で負けた芝中距離重賞実績馬に注意。1枠は[6−2−0−12]で8連対。最近8年で1枠1番は[4−2−0−2]で連対率75%。確変モードが続いている。

皐月賞から連対した12頭のうち9頭が前走4着以内、残る3頭は9、13、14着。10年以降に連対した馬は全て前走4着以内。NHKマイルCは09年以降[0−0−0−19]で不振。京都新聞杯勝ち馬は[1−1−1−6]、青葉賞勝ち馬は[0−3−0−7]。前走青葉賞出走馬が日本ダービーを勝ったことはない。

ディーマジェスティは[3−2−0−0]で共同通信杯、皐月賞を連勝。前走皐月賞は後方からメンバー2位の34.0秒で外から豪快に差し切った。勝ちタイム1分57秒9はレースレコード。前半5F58.4秒のハイペースで前崩れの展開、強風を味方につけた蛯名騎手の熟練の技もあるが、能力がないとあの脚は使えない。

共同通信杯と同様に勝負どころで蛯名騎手の手が動いたが、直線でガツンと伸びたように心肺機能が相当に高いのだろう。他馬が苦しくなったときにひと伸びできる心肺機能の高さは大きな武器になる。1986年以降、皐月賞を大外18番枠から勝った2頭(サニーブライアン、トウカイテイオー)はダービーも制している。

蛯名騎手は12年にフェノーメノ(5人気)でハナ差の2着、14年にイスラボニータ(1人気)で3/4馬身差の2着がある。現在確変モード中の1枠1番に入った今年は最大のチャンスか。ここにきて馬体の厚みが増し、母の父ブライアンズタイムが姿を現した。底力のあるディープインパクト産駒。凱旋門賞を目指したい。

マカヒキは[3−1−0−0]で上がりは全てメンバー最速。弥生賞は出遅れて最後方から徐々に進出し、メンバー最速の33.6秒で差し切った。直線で早めに抜け出した2着リオンディーズはラスト2Fを11.3−11.3秒でまとめている。マカヒキを大外を回ってリオンディーズの上がりを0.8秒上回ったのである。

前走皐月賞は後方2番手から大外を回ってメンバー最速の33.9秒で追い込んで0.2秒差の2着。川田騎手は予定通り後方から進めたとコメント。当面の敵とみられたサトノダイヤモンド、リオンディーズを交わしており、ハイペースで後方に控えたことは悪くはないが、大外ブン回しで勝てるほどG1は甘くはなかった。

ディープインパクト産駒で高速ラップの持続力が優れた馬。今年は例年よりメンバーレベルが高いため、後方から大外ブン回しだと差して届かず2、3着がありえる。精神的に強い馬で本来は馬込みを苦にしないレース巧者なのではないか。相馬眼的にスーパーホースになる可能性を持った馬。川田騎手が乗り方がポイントになる。

サトノダイヤモンドは[3−0−1−0]で新馬、500万、きさらぎ賞をメンバー最速上がりで圧勝。3戦とも尻上がりラップだった。前走皐月賞は中団からメンバー3位の34.8秒で伸びて0.4秒差の3着。直線でスピードに乗ったところでリオンディーズが斜行した煽りを受けて外に振られる大きなロスがあった。

きさらぎ賞から直行したように最初からダービー制覇が最大目標。最終調教でも少し余裕を残し、中山に輸送して馬体6キロ増。最後にピリッとしなかったのは、そのあたりの影響もあるのではないか。パドックではきさらぎ賞のときより良くなっていたが、馬体にはまだ甘い部分があった。そこがどこまでクリアされてくるか。

今回は皐月賞前とは違い、調教で攻めている。2週前調教は少し脚捌きがぎこちなかったが、1週間、最終調教と着実に動き、気配が良くなっている。さすがにダービーをオルフェーヴルで制した池江厩舎。本番の仕上げに抜かりはない。ルメール騎手は先週10勝を挙げ絶好調。4強の中で最も前につけて早めに抜け出す作戦か。

リオンディーズは[2−1−0−1]で新馬戦を勝った直後に朝日杯FSを制した。弥生賞は4番手から早めに抜け出してメンバー2位タイの34.4秒でまとめたが、最後にマカヒキに差されてクビ差の2着。スタンド前と向こう正面で少し掛かっていた。半兄エピファネイアも道中掛かり気味に走る乗り難しい馬だった。

前走皐月賞は2番手追走から向こう正面で掛かって先頭に立ち、3、4コーナーで後続を引きつけて直線で追ったが、外から3頭に交わされて0.5秒差の4位入線。ゴール前で斜行し5着に降着になった。向こう正面で強風を前から受けたことでペース感覚が狂ったのか、皐月賞男Mデムーロ騎手らしかなぬ騎乗だった。

ハイペースで飛ばし、向こう正面で強風をモロに受けて勝ち馬とは0.5秒差。前に行きタフなレースをしたことで心肺機能が強化されたのではないか。母シーザリオはオークス、半兄エピファネイアはジャパンCを制したように東京芝2400mで最大パフォーマンスを発揮する一族。折り合うと末脚が爆発する可能性がある。

前走皐月賞4着のエアスピネル、同6着のマウントロブソン、京都新聞杯勝ち馬スマートオーディン、青葉賞勝ち馬ヴァンキッシュラン、同2着馬レッドエルディスト、同4着馬プロディガルサン、NHKマイルC2着馬ロードクエスト、プリシパルS勝ち馬アジュールローズ、共同通信杯2着馬イモータルなど伏兵は多士済々。

レッドエルディストは芝2200m以上[2−1−0−0]で上がりは全てメンバー最速。前走青葉賞はメンバー最速の33.9秒で大外から追い込んで0.2秒差の2着。キャリア4戦で幼さがありレースは上手くないが、スタミナと末脚の威力を備えている。四位騎手はダービー2勝。スタミナが問われる消耗戦になれば。

★先週の予想結果

◆競馬道場(競馬アナリストGM)
◎ウオッカが勝ったダービーでは、パドック診断で215万馬券的中!(30点)

◆MR予想(万馬券MR)
ダービーは「ここで狙いたい穴馬」がいます。予想は高自信度配信!

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

日本ダービー 調教診断

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
■[7+/]マカヒキ
栗坂で軽く仕掛けられた。1週前に追って直前は余力残し。馬体を大きく見せ、力強い脚捌きでまっすぐに登坂。馬体に芯が入って走りにブレがなくなった。さらに良化。

■[7+/]リオンディーズ
栗CWで3頭併せで軽く仕掛けられて先着。前向きさがあり、仕掛けられてからの反応が良くラスト11秒台で鋭く伸びた。走りの推進力が増している。前走より良化。

■[7+/]サトノダイヤモンド
栗CWで3頭併せで強めに追われて先着。首を使って重心の低いフットワーク。良く見せるタイプだが、馬体の張りが良くなり迫力が増している。前走より仕上げてきた。

■[7/]ディーマジェスティ
南Wで2頭併せで軽く仕掛けられて先着。前向きさがあり、重心の低いフットワークでラスト11秒台。馬体の厚みが増してボリュームアップ。前走勝ったが、さらに良化。

■[6+/]スマートオーディン
栗CWで2頭併せで馬なりのまま先着。前向きさがあり、最後まで集中して走っていた。身のこなしが柔わらなくなり、重心が低くなった。使いながら動き、気配とも良化。

■[6+−]ヴァンキッシュラン
栗CWで3頭併せで馬なりのまま併入。重心の低いフットワークで最後まで集中して走っていた。馬体、気配とも落ちておらず、一連のデキをキープできている。

■[6+−]レッドエルディスト
栗坂で2頭併せで軽く仕掛けられて先着。まだ少しズブさがあるが、スピードに乗ってからの走りは良かった。レースを使いながら着実に仕上げは進んでいる。

WAKUWAKU競馬道場

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

目黒記念 調教診断

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
■[7/]マリアライト
南Wで馬なり調教。前向きさがあり、大外を回ってスピード感のある走りで最後まで余力十分。一度使って動き、気配とも良くなった。デキは上向き。

■[6+−]タッチングスピーチ
栗坂で2頭併せで強めに追われて先着。いつも通りしっかりとした脚捌きで追われてからの伸びが良かった。前走惨敗したが、デキ落ちは見られない。

■[6+−]モンドインテロ
南Wで2頭併せで強めに追われて先着。首を使って軽快なフットワークで動けている。馬体の厚みが増し、全体的に重厚感が出てきた。デキは安定。

■[6+−]クリプトグラム
栗CWで2頭併せで馬なりのまま併入。内に併せたため見えにくかったが、軽快なフットワークでこの馬なりに動いている。一連のデキをキープ。

■[6+/]レコンダイト
栗坂で2頭併せで強めに追われて先着。重心の低いフットワークで最後までしっかり伸びた。叩き3戦目で一杯に追って攻めている。デキは上向き。

WAKUWAKU競馬道場

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

目黒記念 レース展望

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
過去10年で1番人気は[2−3−1−4]で5連対。単勝2倍台[1−2−0−1]、3倍台[0−1−0−2]、4倍以上[1−0−1−1]。人気が割れて単勝が3.5倍を超えると危険。2番人気は[0−2−1−7]、3番人気は[2−0−1−7]で各2連対。6〜9番人気が5連対、10番人気以下が2連対。

09年以降は7年のうち6年で7番人気以下が連対しており、馬連は27倍、192倍、30倍、36倍、27倍、213倍、144倍。最近2年は10番人気以下が連対して3連単は42万、10万馬券が飛び出した。ハンデ戦でかなり波乱傾向が強い。軸を決めたら人気薄まで手広く流して中穴以上を狙うのが妙味。

51キロは[1−2−0−5]で3連対だが、50キロ以下、52キロ、53キロは[0−0−2−31]で連対なく不振。軽量馬は51キロが狙い目だが、今年は該当する馬がいない。連対馬11頭が56キロ以上で10年のうち9年で連対している。重賞実績のある56キロ以上を背負った馬を重視したい。

トップハンデは[1−1−0−11]で2連対のみ。1、2番人気は[1−1−0−2]で連対を外した2頭は休み明け、前走天皇賞(春)6着の8歳馬だった。休み明け、前走G1で激走した馬は危険。3番人気以下は[0−0−0−9]で出番なし。今年のトップハンデは58キロのヒットザターゲット。

マリアライトは昨年のエリザベス女王杯でG1初制覇。有馬記念は0.1秒差の4着、日経賞は0.3秒差の3着に入り、牡馬一線級相手に通用することを示した。芝2400〜2500mは[2−0−1−1]で長い距離を得意にしている。切れより地力タイプだが、前走日経賞ではメンバー2位の33.9秒で上がっている。

実質トップハンデ56キロを背負うが、エリザベス女王杯を56キロで勝っている。ただし他馬との比較で有利とは言えない。エリザベス女王杯は稍重で少し緩い馬場だった。叩き2戦目は[2−0−0−1]。この時期に移動した97年以降、牝馬は[0−1−0−14]でレディパステル(2人気)の2着がある。

タッチングスピーチは昨年ローズSを勝ったが、その後は秋華賞6着、エリザベス女王杯3着、京都記念2着、大阪杯9着と勝ち切れないレースが続いている。昨年のエリザベス女王杯は54キロを背負い、56キロを背負ったマリアライトにクビ+ハナ差の3着。今回は55キロのため、斤量2キロ差が1キロ差に詰まる。

京都記念は勝ったサトノクラウンに3馬身差をつけられたが、メンバー最速タイの36.6秒でしぶとく伸びて2着を確保。前走大阪杯は9着に終わったが、小回りコースでスローの上がり勝負では厳しかったか。今回は初の左回り、長距離輸送、芝2500mがカギ。昨年秋に3戦騎乗したルメール騎手に乗り替わる。

メトロポリタンS勝ち馬モンドインテロ、昨年の目黒記念勝ち馬ヒットザターゲット、同2着馬レコンダイト、AJCC2着馬スーパームーン、大阪−ハンブルクC勝ち馬クリプトグラム、同2着馬マドリードカフェ、昨年のAJCC勝ち馬クリールカイザー、昨年のジャパンC4着馬ジャングルクルーズ、前走1600万条件を勝ったサムソンズプライドなど。

モンドインテロは芝2400mで3戦3勝。マリアライト、タッチングスピーチと同じディープインパクト産駒。前走より1キロ重い56キロを背負うが勢いで突破するか。ヒットザターゲットは前2走13着に終わったが、芝2400〜2500mのG2では[2−0−0−2]で4着以内を確保。内枠に入ったら要注意。

スーパームーンは同コースのAR共和国杯で3着がある。昨年の目黒記念でレコンダイトを2着に持ってきたMデムーロ騎手に乗り替わる。クリプトグラムは前走大阪−ハンブルクCを格上挑戦で優勝。そのためハンデは54キロで他馬よりも軽い。芝2300〜2400mは[3−1−0−1]。福永騎手が持ってくるか。

クリールカイザーはAR共和国杯で2着がある。長期休み明けを叩かれてどこまで上向いてくるか。ジャングルクルーズはジャパンCで0.3秒差の4着に入った。そのときより1キロ軽い56キロで出走できる。サムソンズプライドは東京芝2400mの緑風Sでマリアライト、オクトーバーSでゴールドアクターの2着がある。軽ハンデ54キロを味方に粘り込むか。

★先週の予想結果

◆競馬道場(競馬アナリストGM)
平安S 馬単1,770円 3連単6,130円的中!

◆MR予想(万馬券MR)
オークス 馬連420円、平安S 馬連・3連複1,770円的中!

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

藤田菜七子騎手 5月28、29日騎乗馬

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
■□■ 5月28日(土) ■□■

東京2R ネイチャーポイント
→前2走自身が騎乗して2着、5着。外枠に入ったため、スタートを決めて流れに乗りたい。

東京7R ファーストオーサー

東京8R ケモノタイプ

■□■ 5月29日(日) ■□■

東京2R ヴィレミーナ

東京3R デルマネネ

東京12R 目黒記念 サイモントルナーレ
→昨年の目黒記念は1枠の2頭で決着。サイモントルナーレは消耗戦に強い馬。馬場が渋った方がいいが、消耗戦になって上がりが極端に掛かれば。

最新コメント
最新トラックバック
記事検索
Archives
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
QRコード
QRコード