七夕賞 レース展望

サマー2000シリーズの第1戦。過去10年で1番人気は[2−1−1−6]で3連対。過去3年は4、11、9、14着で不振。2番人気は[2−1−0−7]、3番人気は[3−0−0−7]で各3連対。6〜9番人気は4連対、10番人気以下は3連対。過去5年の馬連は14倍、232倍、27倍、47倍、46倍。ハンデ戦で波乱傾向が強い。18年は11−4−12番人気で決着し、3連単256万馬券が飛び出した。

前走勝った馬は[0−1−3−9]で1連対のみ。前走6〜9着が2頭、前走10着以下が8頭連対している。過去4年は前走11、10、7、5着馬が優勝。前走着順は問われない。芝2000mで実績のある馬に注目したい。トップハンデは5番人気以内[2−1−1−4]、6番人気以下[0−1−0−6]。19年、20年は3番人気のミッキースワロー、クレッシェンドラヴが優勝。5番人気以内なら馬券に絡めたい。

過去10年でノーザンF生産馬は[3−1−1−23]で1、3、11番人気が勝ち、7番人気が2着、16番人気が3着。シークレットラン、レッドジェネシスが該当する。社台F生産馬は[1−1−0−11]で2番人気が勝ち、1番人気が2着。ヒートオンビート、フォルコメン、マウントゴールドが該当する。社台白老F生産馬は[1−1−1−9]で3番人気が勝ち、10番人気が2着、7番人気が3着。プリマヴィスタが該当する。

ヒートオンビートは重賞では[0−2−2−2]で目黒記念&チャレンジC2着、中山金杯&日経賞3着がある。2走前の日経賞は4番手から最速タイの34.6秒で上がって0.1秒差の3着。勝ったタイトルホルダーは天皇賞(春)、宝塚記念を制し、2着ボッケリーニは目黒記念を制した。前走天皇賞(春)は中団から2位の37.0秒で上がって1.8秒差の4着。芝2000mは[0−2−1−0]で3着以内を確保。過去10年で57キロは[6−2−0−16]、1番人気では[2−1−0−0]。重賞初制覇のチャンスか。鞍上は池添騎手。

アンティシペイトはOP入り後重賞で8、11、11着に終わったが、前走福島民報杯を後方から捲って2位の36.4秒で上がり1分59秒9で5馬身差で圧勝。前半5F57.7秒のハイペースで道中後方を進んだ馬が上位を独占する前崩れの展開だった。これまで長い距離を使われてきたが、芝2000mは[2−1−0−1]で4着以内を確保。前走OP特別を勝ったため、ハンデは1、5キロ増の56.5キロ。重賞で掲示板がない馬が前走福島で圧勝したことで少し見込まれたか。重賞で武藤騎手は[0−1−4−58]で連対率1.6%。

昨年の福島記念2着馬ヒュミドール、昨年の小倉記念勝ち馬モズナガレボシ、昨年の京都新聞杯勝ち馬レッドジェネシス、20年の福島記念2着馬ヴァンケドミンゴ、昨年の七夕賞勝ち馬トーラスジェミニ、昨年の中日新聞杯勝ち馬ショウナンバルディ、ダービー卿CT2着馬フォルコメンなど。ヒュミドールは右回りの芝2000mのG3では[0−2−0−0](55キロ)。福島では[1−1−0−0]。3戦連続でMデムーロ騎手が騎乗する。モズナガレボシは昨年の小倉記念でヒュミドールに勝っている。2走前の新潟大賞典は0.3秒差の4着。叩き3戦目で得意のローカル小回りコース。今年の重賞で戸崎騎手は[1−1−3−27]で1勝のみ。

プロキオンS レース展望

昨年と同様に小倉ダ1700mで行われる。過去10年で1番人気は[2−2−2−4]で4連対。過去3年は5、8、6着で3着以内がなく不振。2番人気は[2−2−2−4]で4連対、3番人気は[0−2−0−8]で2連対。連対馬16頭が5番人気以内、残る4頭は8、9、12、14番人気。過去5年は8倍、27倍、19倍、221倍、536倍。昨年は9−14−12番人気で3連単194万馬券が飛び出した。

連対馬20頭のうち16頭が前走5着以内。前走ダートのOP特別で連対した馬は[4−2−5−16]、5番人気以内なら[4−2−5−8]で6連対。前走OP特別で連対した人気馬に注目したい。小倉ダ1700mで行われた昨年の1〜3着馬は道中5−2−1番手につけた4、5歳馬だった。小倉ダ1700mは前に行った馬が残りやすい。穴でダ1700mで実績がある逃げ先行タイプの4、5歳馬を絡めたい。

過去10年でノーザンF生産馬は[1−2−2−13]で2番人気が勝ち、3、4番人気が2着、1、10番人気が3着。ヴェルテックス、エクレアスパークル、ラーゴムが該当する。社台F生産馬は[0−1−0−9]で8番人気が2着。今年は出走馬がいない。G1に繋がりにくい重賞で社台生産馬はそれほど活躍していない。社台馬主の馬は3着以内がなく不振が続いている。今年社台馬主の馬はヴェルテックスのみ。

ラーゴムは昨年のきさらぎ賞勝ち馬。初ダートの仁川Sは1.1秒差の6着に終わったが、前走吾妻小富士Sを2番手から4位の36.6秒で抜け出して1分43秒3(重)で優勝。他馬より重い58キロを背負い、ダート2戦目で走りが一変した。今回は2キロ減の56キロで出走できる。セレクトセールで5076万円で取り引きされた馬。オルフェーヴル産駒ではマルシュロレーヌがBCディスタフを勝つなどダート重賞を5勝している。JRAダート重賞で鮫島駿騎手は[0−2−1−9]。今回初めて4番人気以内に支持されそうだ。

サンライズウルスはダート[4−1−1−2]で7戦が上がり最速。2走前の下総Sは3着に終わったが、勝ったテリオスベルはスレイプニルSを制した。前走立夏Sは好位から最速の35.2秒で抜け出して1分36秒0で3馬身差で圧勝。直線で鞭を入れておらず、能力の違いを見せつける勝ち方だった。安田翔厩舎のヘニーヒューズ産駒で母系にトゥザヴィクトリー。過去10年で前走3勝Cを3馬身差以上で圧勝した馬は[1−1−0−0]。初のダ1700mをこなせるかがカギ。横山和騎手から後方ポツンの横山典騎手に乗り替わる。

昨年の宝塚記念2着馬ユニコーンライオン、昨年のJBCスプリント2着馬サンライズノヴァ、スレイプニルS3着馬ゲンパチルシファー、ブリリアントS勝ち馬アルドーレ、昨年の平安S2着馬アメリカンシード、20年の東海S勝ち馬エアアルマス、昨年のプロキオンS3着馬メイショウウズマサ、名古屋GP勝ち馬ヴェルテックスなど伏兵は多士済々。今年はダート重賞勝ち馬がエアアルマス(57キロ)、サンライズノヴァ(58キロ)、ヴェルテックス(58キロ)しかおらず高齢馬が多い。小倉で行われた昨年は4−5−5歳馬で決着。

ユニコーンライオンは蹄の病気で昨年の宝塚記念2着以来のレースとなる。ダートでは15、11着だが、パワータイプで適性はある。昨年長期休み明けのストークSは3着。そのとき騎乗した川須騎手が騎乗する。サンライズノヴァはダート重賞5勝の実力馬。過去10年で8歳馬は[0−1−1−15]。初のダ1700mで松若騎手がどう乗るか。ヴェルテックスはダ2500mの名古屋GPを勝ったが、小倉ダ1700mは[1−3−2−0]で3着以内を確保。重賞で西村騎手は[1−1−1−50]、ダートでは[0−0−0−5]。

ラジオNIKKEI賞 レース回顧

フェーングロッテンは内ラチ沿いの6番手から徐々に押し上げ、メンバー4位の35.4秒で最内から抜け出してレースを制した。勝ちタイムは1分47秒3。ショウナンマグマが逃げて前半5F58.8秒。上がりは35.9秒。後半5Fのラップは12.0−12.0−12.0−11.7−12.2秒。道中内ラチ沿いをロスなく回ってきた3頭で決着。これだけ上がりが掛かっても後方から差してくる馬がいなかった。フェーングロッテンは前走白百合Sで逃げて京都新聞杯2着馬ヴェローナシチーを完封したことがダテではないことを示した。これまで白百合S勝ち馬は56キロ以上を背負っていたが、JRAが社台に忖度して55キロ、しかも内枠に入れていた。これが日本の公正競馬。直線で最内はほとんどスペースがなかったが、松若騎手が強引に入っている。事故が起きてもおかしくない危険な騎乗だった。フェーングロッテンはピクシーナイトの半弟で体力があり、タフなレースに強いタイプ。軽い芝で切れ負けして通用しなくなったらダートを使うことになりそうだ。

ショウナンマグマはハナを切って前半5F58.8秒で飛ばし、メンバー8位タイの36.1秒で上がって0.2秒差の2着。この上がりでは差されてもおかしくないが、スローに慣れている馬が多く、速い流れで脚を使わされて34秒台で上がった馬がいなかった。2走前に中山芝1800mの1勝クラスを逃げて1分48秒4で8馬身差で圧勝した馬。乗り難しい馬で成績にムラがあるが、菅原騎手が逃げてスムーズなレースをして力を出し切った。芝1800mで2戦2勝でも前走プリンシパルSで惨敗してハンデ53キロだった。賞金を加算してOP入りしたため、今後は厳しいレースが続きそうだ。

サトノヘリオスは1枠1番から内ラチ沿いの8番手を進み、内から押し上げて勝負どころで外に持ち出すとメンバー2位タイの35.3秒で上がって0.2秒差の3着。スプリングS3着のときと同様に内をロスなく回って捌いてきたが、最後に伸び切れなかった。福島への長距離輸送が影響したのか、馬体が12キロ減って過去最低体重だった。間隔を詰めて関東に輸送したときは13、17着。今回は休み明けでフレッシュなぶん馬体が減っても走れたのだろう。関西圏のレースでは2戦2勝でレコード勝ち。賞金を加算できなかったため、次走は自己条件に使うことになりそうだ。人気になるようなら割り引きたい。

ソネットフレーズは外枠スタートから2番手につけ、メンバー8位タイの36.1秒で上がって0.5秒差の4着。手応え良く追走して直線で追ったが伸び切れなかった。津村騎手は最後の止まり方を見ると距離が1F長いとコメント。速い流れで2番手につけたことも影響している。社台のソネットフレーズが2番手につけたことで騎手たちは前にプレッシャーをかけることができず、それによって逃げたショウナンマグマが粘り込んでいる。半兄ボーデンは2戦目から9戦連続1番人気に支持され、1勝クラスは4、2、1、2勝クラスは2、2、1着。他の馬の単勝、馬単に妙味がある。ソネットフレーズは今後はマイル路線を使うことになりそうだ。

ボーンディスウェイは6番手からメンバー7位の36.0秒で上がって0.6秒差の6着。1番人気に支持されたが、外を回って伸び切れなかった。これまで前半5F60秒台以下のレースを経験したことがなかった馬が、弥生賞(前半5F61.1秒)でドウデュースの3着が評価されて過剰人気だった。

グランディアは出遅れて最後方を進み、大外からメンバー2位の35.3秒で追い込んで0.8秒の8着。内ラチ沿いを通った馬が1〜3着に入るレースで最後方から大外ブン回しでは厳しかった。前に行くことが多い坂井騎手らしからぬ騎乗。心は欧州遠征か。ディアデラノビアの子供は古馬になってから覚醒する馬が多い。

CBC賞 レース回顧

テイエムスパーダは前半3F31.8秒のハイペースで逃げ、メンバー3位タイの34.0秒で上がって3馬身半差でレースを制した。勝ちタイム1分5秒8はレコード。2着タイセイビジョンとは斤量9キロ差。最軽量馬とトップハンデ馬の決着になった。スタートして外に寄れてメイショウケイメイ、タイセイビジョンの進路塞ぎ、その後は内に切れ込んでアネゴハダ、レインボーフラッグが手綱を引いている。外から押してきたスティクスはテイエムスパーダに競りかけず。女性新人騎手が飛ばしたため、事故がないように他の騎手が遠慮したようなレースだった。今村聖奈騎手はJRA重賞初騎乗初制覇となった。

1986年以降の重賞で48キロを背負った馬は[3−0−0−114]、3歳馬は[1−0−0−34]で初めて3歳馬が制した。昨夏のスプリント重賞はアイビスSD・オールアットワンス(51キロ)、北九州記念・ヨカヨカ(51キロ)、キーンランドC・レイハリア(51キロ)が勝ち、3歳牝馬が3連勝した。今年の函館スプリントSはナムラクレア(50キロ)が2馬身差で圧勝、CBC賞はテイエムスパーダ(48キロ)が3馬身半差で圧勝。夏のスプリント重賞は斤量の軽い3歳牝馬を買えがもはや格言になっている。テイエムスパーダは次走北九州記念でサマースプリントシリーズの優勝を目指すことになりそうだ。

タイセイビジョンはスタートで寄られて位置取りが悪くなり、道中14番手からメンバー最速の33.5秒で内から追い込んで0.6秒差の2着。川田騎手がロスなく回って内から捌いてアネゴハダを交わしたが、テイエムスパーダには3馬身半差をつけられた。これで右回りの芝1200mG3では[0−4−0−1]で直線で前が詰まったCBC賞4着を除き2着に入っている。近親にダートG1を4勝したユートピア。5歳馬だが、前半の位置取りが取れるようになると覚醒するかもしれない。

アネゴハダは3番手からメンバー7位タイの34.4秒で上がって0.7秒差の3着。1枠2番からスタートを決めて先行したが、前半にテイエムスパーダに前に入られて少し減速したことが堪えた。タイムトライアルになっただけに余計に堪えている。昨年の小倉2歳Sで穴馬で狙った8番人気で3着に入った馬が古馬相手のG3で1番人気に支持されるとは何とも感慨深い。新潟ダ1200mの新馬戦で心肺機能の高さを示したのはやはりダテではなかった。

スマートリアンは出遅れて後方を進み、大外からメンバー2位の33.7秒で追い込んで0.9秒差の4着。逃げ馬が圧勝するレースで後方から大外ブン回しでは厳しかった。いつものように中団より前につけていれば、あっさり連対できたのではないか。馬場の内側が荒れて外差しが決まる北九州記念に出走したら注意したいが、今回大外から切れる脚を使ったことで人気になりそうだ。勝負根性があり混戦に強いロードベイリーフの方が面白いかもしれない。

万馬券MR 7月2、3日予想結果

■予想結果とコメント

福島10R 松島特別
◎サンカルパ 2着
○ワーフデール 3着
▲イリマ 1着
馬連880円的中!
ワイド590円的中!
ワイド330円的中!
ワイド250円的中!

土曜の資金アップレース(厳選予想)。馬連&ワイド3頭ボックスで回収率341%。
恒例の3連単3頭ボックスは10,550円。回収率は1758%でした。

福島11R TUF杯
○サトノファビュラス 1着
注ジャスパージャック 2着
馬連1,850円的中!

サトノファビュラスが先行抜け出しで優勝。418キロの小柄な牝馬ですが走ります。

福島10R さくらんぼ特別
▲サイヤダンサー 2着
△ファイアダンサー 1着
馬連1,780円的中!

ファイアダンサーが直線一気を決めました。戸崎騎手は日曜3勝。今年の重賞では[1−1−3−26]で勝率3.1%。頭で狙ったら負けです。

函館11R TVh杯
◎ヴィズサクセス 1着
▲イルクオーレ 2着
馬連1,540円的中!

ウィズサクセスが差し切りました。馬単は2,820円。

函館10R 洞爺湖特別
◎クライミングリリー 1着
注オブデュモンド 2着
馬連830円的中!

クライミングリリーが差し切りました。右回りなら[3−1−1−0]で堅実です。

福島11R ラジオNIKKEI賞
◎フェーングロッテン 1着

前走白百合Sを逃げ切ったフェーングロッテンを狙います。2着ヴェローナシチーは京都新聞杯2着馬。ピクシーナイトの半弟。素質が開花してきたのでは。前走OP特別を勝った馬が前走より1キロ軽い55キロで出走できるのは有利。ロスなく回れる内枠もいいでしょう。今デキがいいですから内をロスなく回ってくれば直線で抜け出すとみています。

■MRのコメント

先週は小倉が高速決着、福島は少し重い馬場で時計、上がりが掛かりました。○○○賞のように八百長のようなレースが多くなっているので注意していきましょう。コース&馬場の傾向は掴めたので、今週の予想で大きいところを獲りたいと思います。

今週の七夕賞(ハンデ戦)、プロキオンS(小倉ダ1700m)も荒れそうです。○○のレベルが低いため、人気馬は積極的に軽視したいところです。実績のある○○ほど暑さでダメです。昨年のプロキオンSは穴馬トップウイナー(14人気)が激走。馬券は実物を買った方が良さそうです。

■今週の重賞展望

今週の重賞は七夕賞、プロキオンSが行われます。七夕賞は得意のローカルハンデ重賞。馬場状態、コース適性、ハンデ、枠順がポイント。ハンデ戦は実力より斤量が軽い馬を狙うのが鉄則。20年は穴馬ヴァンケドミングが激走しました。今年もハンデに恵まれた馬がいます。「一発がある穴馬」で大きいところを狙います。

プロキオンSは小倉ダ1700m適性、斤量、展開、脚質、枠順がポイント。ダートは芝ほど紛れはないですが、今年の人気馬は危険なのでは。昨年は穴馬トップウイナー(14人気)が2着。馬連は536倍、3連単は194万馬券でした。今年も穴馬からの馬券を買ってきてください。とんでもない穴馬がいます。答えは有料版でお届けします。お楽しみに!

福島11R 七夕賞
穴◎ヴァンケドミンゴ 3着(6人気)

穴馬ヴァンケドミンゴを狙います。福島芝は[4−0−0−0]、福島芝2000mは[2−0−0−0]で前走エールSを大外捲りで勝ちました。57キロを背負って大外から早めに動き、ラスト3Fが12.0−11.6−11.5秒で尻上がりだったんです。皐月賞2着馬サンリヴァルの全弟が重賞で通用するレベルにきたのでは。前走より3キロ軽い54キロ。中団の外から早めに動いて一発があるとみています。

福島11R 七夕賞
高自信度勝負R
○クレッシェンドラヴ 2着
△ミッキースワロー 1着
馬連2,710円的中!

福島11R 七夕賞
◎ゼーヴィント 1着
▲マイネルフロスト 2着
馬連1,420円的中!

小倉11R プロキオンS
大穴トップウイナー 2着(14人気)

大穴はトップウイナー。昨年ダ1800m、ダ1200m、ダ1400mで3連勝して欅Sを勝った馬。前3戦は16着、競走中止、16着(目黒記念)のため人気がありませんが、叩き3戦目で調教の動きが良くなっているんです。小倉ダ1700mでは小倉城特別で1分44秒5(重)で走って2着があります。母の父テイエムオペラオー。和田騎手は燃えているのでは。道中は好位の内をロスなく回って死んだふり。直線で少し外に出して捌ければ大激走があるとみています。

中京11R プロキオンS
▲キングズガード 1着
△カフジテイク 2着
注ブライトライン 3着
3連複2,810円的中!

有料版MR予想の説明&申込

過去の予想結果

万馬券MRのHP
記事検索
Archives
QRコード
QRコード