競馬アナリストGM 鳴尾記念 相馬眼予想(抜粋)穴馬パフォーマプロミス優勝!

阪神は晴れ、芝ダートとも良馬場。阪神は開幕週で芝は良好な状態。昨年と同様にエアレーション作業を行っている。16年は1分57秒6、18年は1分57秒2のレコード決着。開幕週で馬場がいいため、流れると高速決着になりやすい。ある程度前につけて高速決着に対応でき、かつ阪神で実績のある馬を重視したい。

次に展開だが、逃げるのはサイモンラムセス、キメラヴェリテ、ブラックスピネル。好位にサトノフェイバー、ジェシー、テリトーリアル、ラヴズオンリーユー、パフォーマプロミス、中団にドミナートゥス、エアウィンザー、サトノルークス、トリコロールブルー、後方からレッドガラン、レッドジェニアルといった展開。

過去5年の前半5Fと連対馬の脚質は、59.5秒(好位−追込)、59.0秒(好位−差し)、61.6秒(逃げ−差し)、58.2秒(差し−差し)、60.4秒(差し−逃げ)。前半5F60秒前後の流れになり、5番手以内につけた馬が必ず連対している。59.0秒、58.2秒で流れた2年は1分57秒台の決着。

過去5年の勝ち馬の道中位置取りと上がり3Fは5番手−34.8秒(2位)、4番手−34.8秒(4位)、1番手−34.1秒(5位)、5番手−34.8秒(1位)、7番手−34.6秒(1位)。道中7番手以内、上がり5位以内が目安。33秒台で上がって勝った馬はおらず、上がりはある程度掛かる傾向。

今年はラストランのサイモンラムセスが大逃げを打つ可能性がある。大逃げしなくてもキメラヴェリテ、ブラックスピネル、サトノフェイバーなど前に行く馬が揃っており、流れが遅くなる可能性は低い。前半5F59秒台で流れるのはないか。好位勢は早めに動きそう。開幕週の軽い馬場でも消耗戦になるのではないか。

昨年4戦4勝でオークスを制したラヴズオンリーユーを狙う。オークスは中団から最速の34.5秒で差し切り2分22秒8で優勝。2着カレンブーケドールは秋華賞2着、ジャパンC2着、京都記念2着、3着クロノジェネシスは秋華賞1着、京都記念1着、大阪杯2着。走破タイムが優秀でメンバーレベルも高かった。

前走ヴィクトリアマイルは7着に終わったが、元々マイルの高速決着は合わず、かつごちゃついてまともに走っていないため度外視できる。阪神芝2000mは忘れな草賞を勝っており、直線の短いコースもこなすタイプ。牡馬が相手になるがG1馬が54キロで出走できるのは有利。好位抜け出しで復活Vがある。

穴はパフォーマプロミス。G2の日経新春杯、AR共和国杯勝ち馬で前走天皇賞(春)は58キロを克服して3着に入った。重賞を2勝している馬はパフォーマプロミスしかいない。骨折による長期休み明けで人気はないが、能力は上位なのではないか。右回りの芝1800〜2000mは[2−0−0−0](デビュー当時)。

これまで57キロ以上では[1−0−2−6]だが、56キロ以下では[6−2−1−0]。斤量に敏感なタイプ。休み明けでも結果を出しており、右回りで56キロ以下なら[4−0−0−0]。社台の馬が福永騎手で1枠1番に入ったのが匂う。好位の内をロスなく回ってくれば持ち前のスタミナと地力で粘り込みがある。

◎ラヴズオンリーユー
○パフォーマプロミス

<予想結果>
阪神11R 鳴尾記念
◎ラヴズオンリーユー 2着
穴○パフォーマプロミス 1着(10人)単勝3,350円、複勝570円

馬単11,200円的中!(4点)本線
馬連3,360円的中!(8点)本線
ワイド1,080円的中!(2点)本線

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

6月6日(土) 誰でも見れるメインレース予想 スレイプニルS

東京11R スレイプニルS
◎08マスターフェンサー 2着
○10サトノティターン 3着
▲06エルデュクラージュ 1着
△03アルドーレ 5着

馬連460円的中!
3連複450円的中!

馬連8,10,6,3ボックス(6点)
3連複8,10,6,3ボックス(4点)
3連単フォーメーション(12点)
8,10→8,10,6,3→8,10,6,3

前走ブリリアントS1〜3着馬の争い。1着エルデュクラージュは3キロ増の57キロ、2着マスターフェンサーは同斤の56キロ(福永→浜中騎手)、サトノティターンは1キロ増の59キロ。斤量からはマスターフェンサーが有利。浜中騎手が下手に乗らなければチャンスでしょう。59キロを背負うサトノティターンは580キロの大型馬。ダートの実力馬は斤量をこなします。アルドーレは前走1年ぶりで11着。重賞を除きダ1800〜2100mでは[4−2−0−0]。東京ダ2100mの伊勢佐木特別では2着エルデュクラージュに1馬身差をつけて勝っています。人気馬3頭に割って入るとすれば前2走惨敗で人気がないこの馬なのでは。

(スタッフ予想)

WAKUWAKU競馬道場

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

安田記念 レース展望

過去10年で1番人気は[3−1−2−4]で4連対。単勝1倍台は[1−1−1−0]、単勝2倍以上は[2−0−1−4]で取りこぼす馬が多い。2番人気は[1−0−0−9]で1連対、3番人気は[0−3−2−5]で3連対。6〜9番人気は7連対、10番人気以下は2連対。過去10年の馬連は50〜80倍が3回、万馬券が4回。最近5年の馬連は17倍、32倍、104倍、73倍、56倍で荒れている。

前走京王杯SCは[2−3−1−30]で1、2、4、7、9着が5、3、2、13、7番人気で連対。マイラーズCは[1−1−6−36]で2連対。マイラーズC勝ち馬は[0−0−0−8]、2着馬は[0−0−0−6]で不振。前走ヴィクトリアマイルは[0−2−0−11]で前走4、5着のアエロリットが2度連対している。6番人気以下で連対した9頭のうち5頭にG1連対があった。穴で人気を落としたG1馬に注意。

アーモンドアイはG1[7−0−1−1]の現役最強馬。前走ヴィクトリアマイルは4番手からメンバー最速の32.9秒で抜け出して1分30秒6で4馬身差で圧勝。ルメール騎手は後ろを振り返り、流す余裕があった。昨年の安田記念はスタート後に寄られて後方になり、直線で前が壁になって捌くのに手間取り、メンバー最速の32.4秒で追い込んでクビ+ハナ差の3着。勝ったインディチャンプの上がりを0.5秒上回っている。

昨年の天皇賞(秋)は好位の内からメンバー2位の33.8秒で抜け出して1分56秒2で3馬身差で圧勝。ダノンプレミアムを全く相手にしなかった。ヴィクトリアマイルは前半5F56.7秒で楽々と好位につけたようにマイルの高速決着にも対応できる。09年にヴィクトリアマイル、安田記念を連勝したウオッカのレーティングは123、128。アーモンドアイはヴィクトリアマイルが128。初めて中2週で使う点だけか。

インディチャンプは昨年安田記念、マイルCSを制した最優秀短距離馬。その後は香港マイル7着、中山記念4着に終わったが、前走マイラーズCを好位からメンバー2位タイの33.0秒で抜け出して1分32秒4で2馬身差で圧勝。例年よりメンバーが弱かったか。東京芝1600mは2戦2勝。過去10年でマイラーズC勝ち馬は[0−0−0−8]で5着が最高。好位からひと脚使えるタイプ。積極策で福永騎手が粘らせるか。

前走高松宮記念2着のグランアレグリア、前走大阪杯3着のダノンキングリー、前走クイーンエリザベスS3着のダノンプレミアム、昨年の香港マイル勝ち馬アドマイヤマーズ、前走ヴィクトリアマイル3着のノームコア、京王杯SC勝ち馬ダノンスマッシュ、マイルCS[1−1−1−0]のペルシアンナイトなど。東京は今週もCコースで行われる。土曜が曇り後雨、日曜が曇り時々晴れ。馬場状態と気温が上がる点に注意したい。

グランアレグリアは昨年桜花賞をレースレコードで優勝。昨年の阪神カップは中団の内から最速の33.5秒で抜け出して1分19秒4で5馬身差で圧勝。前走高松宮記念は後方から最速タイの33.1秒で追い込んでハナ差の2着。短距離戦で磨いてきたスピードでアーモンドアイに対抗するか。ダノンキングリーは関東圏の芝1600〜1800mは[5−0−0−0]。東京芝[3−1−0−0]で昨年の毎日王冠でインディチャンプに勝っている。昨年のマイルCSは0.4秒差の5着。得意の東京、戸崎騎手に戻ってG1初制覇なるか。

ダノンプレミアムは芝1600m[3−1−0−1]で昨年の安田記念はスタート後の不利が響いて16着、マイルCSはインディチャンプに0.2秒差の2着。天皇賞(秋)ではアーモンドアイに3馬身差をつけられた。テン乗りのレーン騎手が積極策で粘らせるか。アドマイヤマーズは良馬場の芝1600mでは[6−0−0−0]で朝日杯FS、NHKマイルC、香港マイルを優勝。香港マイルでノームコアは4着、インディチャンプは7着だった。スミヨン騎手から川田騎手に乗り替わる。今年のG1で川田騎手は[0−0−0−7]で不振。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

先週の重賞レーティング(日本ダービー、目黒記念、葵S)

▼日本ダービー
05年ディープインパクト 119
06年メイショウサムソン 117
07年ウオッカ 120
08年ディープスカイ 117
09年ロジユニヴァース 118
10年エイシンフラッシュ 118
11年オルフェーヴル 120
12年ディープブリランテ 118
13年キズナ 119
14年ワンアンドオンリー 119
15年ドゥラメンテ 121
16年マカヒキ 121
17年レイデオロ 120
18年ワグネリアン 119
19年ロジャーバローズ 119
20年コントレイル 122★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は過去16年で最高レベル。コントレイルは内ラチ沿いの3番手から最速の34.0秒で抜け出して2分24秒1で3馬身差で圧勝。デビューから全て最速上がりで5連勝し2冠を達成。過去の名馬とは馬体の造りが違うが、心肺機能が父ディープインパクトレベル。ノースヒルズからディープインパクトの後継が現れた。

▼目黒記念
05年オペラシチー 108
06年ポップロック 104
07年ポップロック 116★
08年ホクトスルタン 111
09年ミヤビランベリ 109
10年コパノジングー 105
11年キングトップガン 98
12年スマートロビン 110
13年ムスカテール 110
14年マイネルメダリスト 105
15年ヒットザターゲット 112
16年クリプトグラム 105
17年フェイムゲーム 115
18年ウインテンダネス 105
19年ルックトゥワイス 109
20年キングオブコージ 106

今年は例年レベル。キングオブコージは後方4番手から最速の34.9秒で差し切り2分29秒6で優勝。4連勝で重賞初制覇。レースを使いながら一戦ごとに着実にパフォーマンスを引き上げている。

▼葵S
07年カノヤザクラ 98
08年ミリオンウェーブ 98
09年エイシンタイガー 101
10年ケイアイデイジー 98
11年ロードカナロア 103
12年マコトナワラタナ 98
13年ティーハーフ 100
14年リアルヴィーナス 101
15年ジャストドゥイング 102
16年ナックビーナス 99
17年アリンナ 101
18年ゴールドクイーン 104
19年ディアンドル 104
20年ビアンフェ 108★

今年は過去14年で最高レベル。ビアンフェはハイペースで逃げ、上がりを34.6秒でまとめて1分8秒1で優勝。勝ちタイムは翌日の3勝クラスより1.1秒速い。キズナ産駒がバテない強みを発揮した。

レーティングはJRA発表

鳴尾記念 レース展望

12年に6月に移動し距離が2000mに変更された。過去8年で1番人気は[2−3−0−3]で5連対。最速上がりを繰り出した馬は[2−3−0−0]。開幕週で上がりの速さが問われる。2番人気は[2−1−1−4]で3連対、3番人気は[2−0−1−5]で2連対。6〜9番人気が4連対。10番人気以下は[0−0−2−19]。人気薄が連対した3年は35倍、70倍、170倍。最近は10倍台までに収まっている。

前走1着は[1−1−1−5]で2連対のみ。2、3着は[0−0−1−9]で3着止まり。前走6〜9着は[4−0−3−15]、10着以下は[3−3−3−33]で計10連対。前走重賞、OP特別で惨敗した馬が巻き返している。前走好走した馬は過信禁物。6番人気以下で連対した4頭には重賞で連対があり、前走OP以上で4、8、13、16着に負けていた。穴で前走負けて人気がない重賞実績馬、特に関西牡馬に注意。

ラヴズオンリーユーは昨年4戦4勝でオークスを優勝。ドバイ中止で出走した前走ヴィクトリアマイルは道中内でごちゃつき、直線でもスムーズさを欠いて1.2秒差の7着。マイルの高速決着は合わなかった。阪神芝2000mは忘れな草賞を中団から最速の34.6秒で差し切り2分00秒5で3馬身差で圧勝している。牡馬が相手になるが、54キロで出走できる。高速決着に対応できるかがカギ。今年の重賞でMデムーロ騎手は1番人気では[0−0−1−1]。

サトノルークスは昨年皐月賞14着、ダービー17着に終わったが、秋はセントライト記念2着、菊花賞2着と巻き返した。阪神芝は[2−1−0−0]ですみれSを優勝。過去8年の鳴尾記念で池江厩舎は[5−0−1−3]、4番人気以内なら[5−0−1−1]。池江厩舎はダービーでヴェルトライゼンデ(10人)が3着、目黒記念でアイスバブル(6人)が2着に入った。菊花賞以来のレースでどこまで仕上がってくるか。テン乗りの武豊騎手に乗り替わる。

昨年のチャレンジC勝ち馬エアウィンザー、昨年の京都新聞杯勝ち馬レッドジェニアル、大阪城S勝ち馬レッドガラン、18年の鳴尾記念3着馬トリコロールブルー、昨年の天皇賞(春)3着馬パフォーマプロミス、若葉S2着馬キメラヴェリテ、前走福島民報杯2着のドミナートゥスなど。阪神は開幕週で例年通りAコースで行われる。16年は1分57秒6、18年は1分57秒2のレコード決着になった。今年も1分57秒台の高速決着になるのかどうか。

エアウィンザーは芝2000m[4−4−2−2]、阪神芝2000m[3−1−0−1]で昨年のチャレンジCを1分58秒3で3馬身差で圧勝している。長期休み明けの前走新潟大賞典は見せ場なく9着。叩き2戦目でどこまで変わるか。テン乗りの川田騎手に乗り替わる。ドミナートゥスは長期休み明けを除くと[4−4−0−0]で連対を確保。前走福島民報杯は好位から早めに動いて0.2秒差の2着。今年重賞7勝の松山騎手がテン乗りで持ってくるか。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター
記事検索
Archives
QRコード
QRコード