■有力馬診断

■[7]エピファネイア(1位評価)

皐月賞は1、2コーナーで折り合いを欠き、ロゴタイプに0.1秒差の2着。ダービーは中団の内ラチ沿いで福永騎手がなだめるのに苦労し、キズナに0.1秒差の2着。折り合いを欠き気味で勝ち負けに持ち込んだように世代トップレベルの能力を持っている。前走神戸新聞杯は中団から早めに動いてメンバー2位の34.3秒で抜け出して2馬身半差で圧勝。菊花賞を想定して4コーナーで先団に取りつくレースしたが、折り合い面も含め、ほぼ完璧な内容だった。皐月賞、ダービー、神戸新聞杯で一緒にレースをした馬とはほぼ勝負づけが済んだのではないか。最終調教は動き、気配が目立ち、ひと叩きされてさらに良くなっている。驚いたのは1週前調教。福永騎手が騎乗して完璧に折り合いをつけていた。エピファネイアはかなりパワーがあり、非力な福永騎手には乗りこなすのが難しい馬だが、エピファネイアの上で福永騎手の体はピクリとも動かなかったのである。

福永騎手はエピファネイアで菊花賞を勝つために体を鍛え直したのではないか。そうでなければ、エピファネイアであの騎乗フォームはありえない。まだ折り合いは完全にクリアした訳ではないが、内枠に入ったことで馬を前に置けるのはいい。バンデとネコタイショウがいれば、それなりに流れるはずだ。京都では2戦2勝で新馬、京都2歳Sを勝っているが、どちらもラスト3Fは尻上がりラップだった。新馬戦のラスト3Fは11.6−11.3−11.1秒。こういうインパクトのある走りをした馬はG1馬になることが多い。現時点では切れより地力タイプだが、直線の平坦な京都で最も切れる脚を使えそうなタイプ。秋になって心身とも成長し、福永騎手も体をエビファネイア仕様に仕上げてきた。リスクは折り合いと2頭が大逃げしたときに長距離が苦手な福永騎手の仕掛けのタイミング。前走ラスト1Fは12.6秒掛かった。競り合いに強いタイプではない。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM