▼紫苑S
05年コスモマーベラス 103
06年サンドリオン 102
07年アルコセニョーラ 102
08年モエレカトリーナ 102
09年ダイアナバローズ 102
10年ディアアレトゥーサ 102
11年カルマート 102
12年パララサルー 104
13年セキショウ 102
14年レーヴデトワール 104
15年クインズミラーグロ 104
16年ビッシュ 108★
17年ディアドラ 105

今年は例年レベル。ディアドラは後方からメンバー3位の33.8秒で差し切り勝ち。桜花賞とオークスで最速上がりを繰り出した馬がG1実績馬のいないメンバーで能力の違いを見せつけた。

▼セントウルS
05年ゴールデンキャスト 106
06年シーイズトウショウ 116★
07年サンアディユ 114
08年カノヤザクラ 111
09年アルティマトゥーレ 112
10年ダッシャーゴーゴー 111
11年エーシンヴァーゴウ 112
12年エピセアローム 113
13年ハクサンムーン 114
14年リトルゲルダ 112
15年アクティブミノル 111
16年ビッグアーサー 114
17年ファインニードル 111
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ファインニードルは3番手からメンバー9位タイの33.4秒で抜け出して1分7秒5で優勝。開幕週の馬場を味方にMデムーロ騎手が先行して粘らせた。

▼京成杯AH
05年マイネルモルゲン 106
06年ステキシンスケクン 106
07年キングストレイル 108
08年キストゥヘヴン 112
09年ザレマ 109
10年ファイアーフロート 106
11年フィフスペトル 109
12年レオアクティブ 109
13年エクセラントカーヴ 107
14年クラレント 113★
15年フラアンジェリコ 101
16年ロードクエスト 113★
17年グランシルク 110
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より少し高いレベル。グランシルクは中団からメンバー最速の33.4秒で差し切り1分31秒6で優勝。ハイペースと上がりの速い馬場で持ち味をフルに発揮した。

レーティングはJRA発表