▼有馬記念
05年ハーツクライ 122
06年ディープインパクト 126
07年マツリダゴッホ 121
08年ダイワスカーレット 123
09年ドリームジャーニー 122
10年ヴィクトワールピサ 121
11年オルフェーヴル 123
12年ゴールドシップ 124
13年オルフェーヴル 129★
14年ジェンティルドンナ 122
15年ゴールドアクター 119
16年サトノダイヤモンド 122
17年キタサンブラック 124
18年ブラストワンピース 122
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ブラストワンピースは6番手からメンバー5位の35.7秒で差し切って2分32秒2で優勝。ダービー、菊花賞は上がり勝負で5、4着に終わったが、消耗戦で一気にパフォーマンスを引き上げた。池添騎手は有馬記念最多の4勝目。勝ち方を熟知している。

▼阪神カップ
06年フサイチリシャール 114★
07年スズカフェニックス 113
08年マルカフェニックス 108
09年キンシャサノキセキ  110
10年キンシャサノキセキ 113
11年サンカルロ 111
12年サンカルロ 111
13年リアルインパクト 113
14年リアルインパクト 113
15年ロサギガンティア 112
16年シュウジ 114★
17年イスラボニータ 113
18年ダイアナヘイロー 112
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ダイアナヘイローは前半3F34.8秒、5F57.5秒で逃げ、メンバー5位タイの34.9秒でまとめて1分21秒1(稍重)で優勝。阪急杯勝ち馬が内が有利な馬場で前残りの展開に持ち込んで重賞3勝目を挙げた。

レーティングはJRA発表