▼中山金杯
05年クラフトワーク 108
06年ヴィータローザ 106
07年シャドウゲイト 106
08年アドマイヤフジ 111
09年アドマイヤフジ 112
10年アクシオン 110
11年コスモファントム 110
12年フェデラリスト 108
13年タッチミーノット 111
14年オーシャンブルー 112
15年ラブリーデイ 112
16年ヤマカツエース 111
17年ツクバアズマオー 110
18年セダブリランテス 109
19年ウインブライト 114★

今年は過去15年で最高レベル。ウインブライトは中団からメンバー3位タイの34.9秒で差し切り1分59秒2で優勝。昨年の中山記念(G2)勝ち馬がトップハンデ58キロを背負って貫録勝ち。

▼京都金杯
05年ハットトリック 104
06年ビッグプラネット 103
07年マイネルスケルツィ 113
08年エイシンデピュティ 109
09年タマモサポート 111
10年ライブコンサート 110
11年シルポート 110
12年マイネルラクリマ 109
13年ダノンシャーク 111
14年エキストラエンド 107
15年ウインフルブルーム 109
16年ウインプリメーラ 102
17年エアスピネル 114★
18年ブラックムーン 110
19年パクスアメリカーナ 109

今年は例年レベル。パクスアメリカーナは好位からメンバー6位タイの34.8秒で差し切り1分34秒9で重賞初制覇。ホエールキャプチャの全弟が4歳になって本格化してきた。

▼シンザン記念
05年ペールギュント 107
06年ゴウゴウキリシマ 104
07年アドマイヤオーラ 108
08年ドリームシグナル 105
09年アントニオバローズ 105
10年ガルボ 106
11年レッドデイヴィス 106
12年ジェンティルドンナ 108
13年エーシントップ 108
14年ミッキーアイル 109
15年グァンチャーレ 106
16年ロジクライ 106
17年キョウヘイ 106
18年アーモンドアイ 110★
19年ヴァルディゼール 106
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ヴァルディゼールは中団の内から最内を突いてメンバー2位の35.3秒で抜け出して1分35秒7で優勝。キャリア1戦でシンザン記念制覇は史上初。ロードカナロア産駒が2連覇した。

レーティングはJRA発表