▼愛知杯
05年マイネソーサリス 95
06年アドマイヤキッス 109★
07年ディアデラノビア 107
08年セラフィックロンプ 97
09年リトルアマポーラ 108
10年セラフィックロンプ 106
11年フミノイマージン 108
12年エーシンメンフィス 98
13年フーラブライド 96
14年ディアデラマドレ 108
16年バウンスシャッセ 107
17年マキシマムドパリ 102
18年エテルナミノル 104
19年ワンブレスアウェイ 104

今年は例年レベル。ワンブレスアウェイは4番手からメンバー4位タイの33.9秒で抜け出して2分00秒0で優勝。前半5F62.2秒のスローペース、1番人気のノームコアが躓いて後方からのレースになったことが有利に働いた。

▼シルクロードS
05年プレシャスカフェ 110
06年タマモホットプレイ 106
07年エムオーウイナー 106
08年ファイングレイン 107
09年アーバンストリート 103
10年アルティマトゥーレ 109
11年ジョーカプチーノ 112
12年ロードカナロア 113★
13年ドリームバレンチノ 111
14年ストレイトガール 109
15年アンバルブライベン 107
16年ダンスディレクター 111
17年ダンスディレクター 112
18年ファインニードル 111
19年ダノンスマッシュ 113★

今年は過去15年で最高レベル。ダノンスマッシュは好位の内から直線で外に出してメンバー3位タイの34.2秒で差し切り1分8秒3で優勝。レーティング113は12年に制したロードカナロアと同じ。

▼根岸S
05年メイショウボーラー 112
06年リミットレスビッド 107
07年ビッググラス 107
08年ワイルドワンダー 109
09年フェラーリピサ 107
10年グロリアスノア 108
11年セイクリムズン 111
12年シルクフォーチュン 111
13年メイショウマシュウ 109
14年ゴールスキー 109
15年エアハリファ 110
16年モーニン 110
17年カフジテイク 113★
18年ノンコノユメ 113★
19年コパノキッキング 112

今年は例年より少し高いレベル。コパノキッキングは7番手からメンバー最速の35.4秒で差し切り1分23秒5で優勝。一戦ごとに着実にパフォーマンスを引き上げ4連勝を飾った。

レーティングはJRA発表