▼中山牝馬S
05年ウイングレット 104
06年ヤマニンシュクル 106
07年マイネサマンサ 105
08年ヤマニンメルベイユ 101
09年キストゥヘヴン 108★
10年ニシノブルームーン 101
11年レディアルバローザ 105
12年レディアルバローザ 106
13年マイネイサベル 107
14年フーラブライド 105
15年バウンスシャッセ 106
16年シュンドルボン 105
17年トーセンビクトリー 103
18年カワキタエンカ 102
19年フロンテアクイーン 106

今年は例年レベル。フロンティアクイーンは中団からメンバー5位タイの35.0秒で差し切り1分47秒7で優勝。高レベルの府中牝馬S3着馬が54キロの軽ハンデを味方に重賞初制覇を飾った。

▼金鯱賞
05年タップダンスシチー 115
06年コンゴウリキシオー 106
07年ローゼンクロイツ 110
08年エイシンデピュティ 112
09年サクラメガワンダー 114
10年アーネストリー 112
11年ルーラーシップ 115
12年オーシャンブルー 107
13年カレンミロティック 110
14年ラストインパクト 115
15年ミトラ 113
16年ヤマカツエース 111
17年ヤマカツエース 113
18年スワーヴリチャード 116
19年ダノンプレミアム 118★

今年は過去15年で最高レベル。ダノンプレミアムは内ラチ沿いの3番手からメンバー最速タイの34.1秒で抜け出して2分00秒1で快勝。G1馬が揃ったレースで明け4歳馬が能力の違いを見せつけた。

▼フィリーズレビュー
05年ラインクラフト 105
06年ダイワパッション 104
07年アストンマーチャン 105
08年マイネレーツェル 102
09年ワンカラット 104
10年サウンドバリアー 105
11年フレンチカクタス 104
12年アイムユアーズ 106
13年メイショウマンボ 106
14年ベルカント 105
15年クイーンズリング 106
16年ソルヴェイグ 105
17年カラクレナイ 107★
18年リバティハイツ 106
19年ノーワン 107★
19年プールヴィル 107★

今年は17年と並び過去15年で最高レベル。ノーワンは中団の内からメンバー最速の34.5秒、プールヴィルは7番手からメンバー2位の34.7秒で上がって1着同着。レーティングほどレベルは高くない。

レーティングはJRA発表