▼大阪杯
05年サンライズペガサス 111
06年カンパニー 110
07年メイショウサムソン 114
08年ダイワスカーレット 117
09年ドリームジャーニー 117
10年テイエムアンコール 111
11年ヒルノダムール 113
12年ショウナンマイティ 114
13年オルフェーヴル 120
14年キズナ 121★
15年ラキシス 120
16年アンビシャス 115
17年キタサンブラック 121★
18年スワーヴリチャード 121
19年アルアイン 119
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。アルアインは内枠から内ラチ沿いの4番手につけ、メンバー4位タイの35.2秒で抜け出して2分1秒0で優勝。スローペース、時計&上がりの掛かる馬場、ロスなく回れる内枠が上手く噛み合っての勝利。

▼ダービー卿CT
05年ダイワメジャー 110
06年グレートジャーニー 106
07年ピカレスクコート 105
08年サイレントプライド 107
09年タケミカヅチ 107
10年ショウワモダン 107
11年ブリッツェン 104
12年ガルボ 109
13年トウケイヘイロー 105
14年カレンブラックヒル 109
15年モーリス 111★
16年マジックタイム 107
17年ロジチャリス 106
18年ヒーズインラブ 106
19年フィアーノロマーノ 106
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。フィアーノロマーノは先行してメンバー10位の34.8秒で早めに抜け出し1分31秒7で重賞初制覇。55キロでレーティングは低くなったが、ハイペースでレースレベルは高い。

レーティングはJRA発表