▼桜花賞
05年ラインクラフト 109
06年キストゥヘヴン 108
07年ダイワスカーレット 111
08年レジネッタ 107
09年ブエナビスタ 112
10年アパパネ 110
11年マルセリーナ 110
12年ジェンティルドンナ 110
13年アユサン 110
14年ハープスター 113
15年レッツゴードンキ 112
16年ジュエラー 112
17年レーヌミノル 112
18年アーモンドアイ 115★
19年グランアレグリア 115★

今年は過去15年で昨年と並び最高レベル。グランアレグリアは3番手から早めに先頭に立ち、1分32秒7のレースレコードで2馬身差で圧勝。スピードと絶対能力の高さを見せつけた。

▼ニュージーランドT
05年マイネルハーティー 106
06年マイネルスケルツィ 105
07年トーホウレーサー 105
08年サトノプログレス 105
09年サンカルロ 106
10年サンライズプリンス 109★
11年エイシンオスマン 108
12年カレンブラックヒル 107
13年エーシントップ 107
14年ショウナンアチーヴ 108
15年ヤマカツエース 109★
16年ダンツプリウス 108
17年ジョーストリクトリ 108
18年カツジ 109★
19年ワイドファラオ 109★

今年は過去15年で最高レベル。ワイドファラオは前半5F60.3秒で逃げ、メンバー5位タイの33.9秒でまとめて1分34秒2で優勝。スローの上がり勝負でレーティングほどレベルは高くない。

▼阪神牝馬S
05年アドマイヤグルーヴ 109
06年ラインクラフト 111★
07年ジョリーダンス 106
08年エイジアンウインズ 106
09年ジョリーダンス 106
10年アイアムカミノマゴ 106
11年カレンチャン 106
12年クィーンズバーン 105
13年サウンドオブハート 106
14年スマートレイアー 108
15年カフェブリリアント 108
16年スマートレイアー 108
17年ミッキークイーン 111★
18年ミスパンテール 108
19年ミッキーチャーム 108

今年は例年レベル。ミッキーチャームは3番手からメンバー10位の33.4秒で抜け出して1分33秒6で優勝。レースのラスト3Fは11.0−11.0−11.6秒の高速ラップで前残りになった。ミッキーチャームの馬体の造りはG1レベル。

レーティングはJRA発表