▼天皇賞(春)
05年スズカマンボ 113
06年ディープインパクト 123★
07年メイショウサムソン 117
08年アドマイヤジュピタ 118
09年マイネルキッツ 117
10年ジャガーメイル 118
11年ヒルノダムール 117
12年ビートブラック 117
13年フェノーメノ 120
14年フェノーメノ 118
15年ゴールドシップ 118
16年キタサンブラック 117
17年キタサンブラック 121
18年レインボーライン 118
19年フィエールマン 119

今年は例年レベル。フィエールマンは中団から進出し4コーナー先頭からメンバー2位の34.5秒で上がって3分15秒0で優勝。菊花賞と同様の上がり勝負で1番人気に応え、G1−2勝目を挙げた。

▼青葉賞
05年ダンツキッチョウ 105
06年アドマイヤメイン 107
07年ヒラボクロイヤル 105
08年アドマイヤコマンド 106
09年アプレザンレーヴ 107
10年ペルーサ 113
11年ウインバリアシオン 108
12年フェノーメノ 110
13年ヒラボクディープ 108
14年ショウナンラグーン 108
15年レーヴミストラル 110
16年ヴァンキッシュラン 112
17年アドミラブル 114★
18年ゴーフォザサミット 112
19年リオンリオン 112

今年は例年レベル。リオンリオンは前半5F59.9秒で逃げ、後半5Fを61.0秒でまとめて逃げ切り勝ち。上がりは36.3秒と掛かったが、ラップを落とさず逃げたことで切れる脚を使える馬がいなかった。

▼新潟大賞典
05年エアセレソン 102
06年オースミグラスワン 104
07年ブライトトゥモロー 102
08年オースミグラスワン 106
09年シンゲン 108
10年ゴールデンダリア 107
11年セイクリッドバレー 107
12年ヒットザターゲット 108
13年パッションダンス 106
14年ユールシンギング 108
15年ダコール 109
16年パッションダンス 110★
17年サンデーウィザード 106
18年スズカデヴィアス 110★
19年メールドグラース 105

今年は例年より低いレベル。メールドグラースは中団からメンバー3位の33.0秒で差し切り1分58秒6で優勝。54キロの軽ハンデで絶好調レーン騎手に導かれ、条件戦から3連勝で重賞初制覇を飾った。

レーティングはJRA発表