▼NHKマイルC
05年ラインクラフト 111
06年ロジック 111
07年ピンクカメオ 111
08年ディープスカイ 112
09年ジョーカプチーノ 112
10年ダノンシャンティ 115
11年グランプリボス 114
12年カレンブラックヒル 115
13年マイネルホウオウ 113
14年ミッキーアイル 114
15年クラリティスカイ 114
16年メジャーエンブレム 116★
17年アエロリット 116★
18年ケイアイノーテック 114
19年アドマイヤマーズ 116★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は過去15年で最高レベル。アドマイヤマーズは6番手の外からメンバー4位の33.9秒で差し切り1分32秒4で優勝。激しいレースを能力と体力で捻じ伏せた。マイルは5戦5勝でG1−2勝となった。

▼京都新聞杯
05年インティライミ 106
06年トーホウアラン 103
07年タスカータソルテ 103
08年メイショウクオリア 103
09年ベストメンバー 106
10年ゲシュタルト 107
11年クレスコグランド 107
12年トーセンホマレボシ 107
13年キズナ 110
14年ハギノハイブリッド 107
15年サトノラーゼン 110
16年スマートオーディン 111★
17年プラチナムバレット 107
18年ステイフーリッシュ 111★
19年レッドジェニアル 109

今年は例年レベル。レッドジェニアルは中団の外からメンバー最速の34.7秒で差し切り2分11秒9で優勝。切れる脚を使える馬が少ないメンバーで末脚の威力を発揮。母は日経新春杯3着馬レッドアゲート。

レーティングはJRA発表