▼安田記念
05年アサクサデンエン 118
06年ブリッシュラック 120
07年ダイワメジャー 121
08年ウオッカ 124★
09年ウオッカ 124★
10年ショウワモダン 117
11年リアルインパクト 116
12年ストロングリターン 118
13年ロードカナロア 120
14年ジャスタウェイ 120
15年モーリス 118
16年ロゴタイプ 119
17年サトノアラジン 118
18年モズアスコット 118
19年インディチャンプ 118
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。インディチャンプは4番手からメンバー5位タイの32.9秒で差し切り1分30秒9のレースレコードで優勝。内&前が有利な馬場&展開を味方につけたが、正攻法のレースで勝ったようにかなり力をつけている。

▼鳴尾記念
05年メジロマントル 100
06年サクラメガワンダー 108
07年ハイアーゲーム 106
08年サクラメガワンダー 114
09年アクシオン 112
10年ルーラーシップ 113
11年レッドデイヴィス 112
12年トゥザグローリー 117★
13年トウケイヘイロー 108
14年エアソミュール 109
15年ラブリーデイ 112
16年サトノノブレス 110
17年ステイインシアトル 109
18年ストロングタイタン 109
19年メールドグラース 110

今年は例年レベル。メールドグラースは7番手の外からメンバー最速の34.6秒で差し切り1分59秒6で優勝。これで1000万条件から4連勝で重賞2連勝。ルーラーシップ産駒が本格化してきた。

レーティングはJRA発表