▼ラジオNIKKEI賞
05年コンラッド 102
06年タマモサポート 101
07年ロックドゥカンブ 104
08年レオマイスター 98
09年ストロングガルーダ 104
10年アロマカフェ 106
11年フレールジャック 105
12年ファイナルフォーム 105
13年ケイアイチョウサン 105
14年ウインマーレライ 105
15年アンビシャス 109★
16年ゼーヴィント 105
17年セダブリランテス 105
18年メイショウテッコン 109★
19年ブレイキングドーン 108

今年は例年より高いレベル。ブレイキングドーンは後方から外を回って進出し、メンバー2位の35.9秒で差し切って1分49秒8(不良)で優勝。道悪巧者が末脚の持続力を見せつけ重賞初制覇を飾った。

▼CBC賞
05年シンボリグラン 106
06年シーイズトウショウ 111★
07年ブラックバースピン 106
08年スリープレスナイト 108
09年プレミアムボックス 104
10年ヘッドライナー 106
11年ダッシャーゴーゴー 111★
12年マジンプロスパー 110
13年マジンプロスパー 111★
14年トーホウアマポーラ 107
15年ウリウリ 111★
16年レッドファルクス 109
17年シャイニングレイ 108
18年アレスバローズ 106
19年レッドアンシェル 108
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年よりレベル。レッドアンシェルは6番手の外からメンバー最速タイの34.4秒で差し切って1分9秒8(不良)で優勝。芝1200mで2連勝し重賞初制覇。スプリント戦で本格化してきた。

レーティングはJRA発表