▼札幌2歳S
05年アドマイヤムーン 103
06年ナムラマース 103
07年オリエンタルロック 102
08年ロジユニヴァース 103
09年サンディエゴシチー 103
10年オールアズワン 104
11年グランデッツァ 104
12年コディーノ 107★
13年レッドリヴェール 104
14年ブライトエンブレム 106
15年アドマイヤエイカン 106
16年トラスト 106
17年ロックディスタウン 106
18年ニシノデイジー 106
19年ブラックホール 106

今年は例年レベル。ブラックホールは中団の外からメンバー最速の36.5秒で差し切り1分50秒4で優勝。道中流れが緩まずに消耗戦になり、末脚の威力をフルに発揮した。ゴールドシップ産駒のワンツー決着。

▼小倉2歳S
05年アルーリングボイス 101
06年アストンマーチャン 102
07年マルブツイースター 101
08年デグラーティア 102
09年ジュエルオブナイル 102
10年ブラウンワイルド 102
11年エピセアローム 103
12年マイネルエテルネル 102
13年ホウライアキコ 103
14年オーミアリス 103
15年シュウジ 105★
16年レーヌミノル 105★
17年アサクサゲンキ 105★
18年ファンタジスト 105★
19年マイネルグリット 105★

今年は近年と同レベル。マイネルグリットは好位からメンバー3位タイの36.2秒で抜け出し1分10秒5で優勝。新馬、フェニックス賞を連勝した馬が重馬場を味方に3戦3勝で制した。

▼新潟記念
05年ヤマニンアラバスタ 103
06年トップガンジョー 107
07年ユメノシルシ 104
08年アルコセニョーラ 103
09年ホッコーパドゥシャ 108
10年ナリタクリスタル 105
11年ナリタクリスタル 111
12年トランスワープ 107
13年コスモネモシン 98
14年マーティンボロ 108
15年パッションダンス 108
16年アデイインザライフ 106
17年タツゴウゲキ 106
18年ブラストワンピース 114★
19年ユーキャンスマイル 112
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より高いレベル。ユーキャンスマイルは後方から内を通ってメンバー最速タイの33.6秒で差し切り1分57秒5で優勝。左回りでは3戦3勝。得意の左回りで重賞2勝目を挙げた。

レーティングはJRA発表