▼スプリンターズS
05年サイレントウィットネス 122★
06年テイクオーバーターゲット 121
07年アストンマーチャン 116
08年スリープレスナイト 118
09年ローレルゲレイロ 115
10年ウルトラファンタジー 115
11年カレンチャン 117
12年ロードカナロア 117
13年ロードカナロア 118
14年スノードラゴン 115
15年ストレイトガール 117
16年レッドファルクス 116
17年レッドファルクス 116
18年ファインニードル 116
19年タワーオブロンドン 117
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。タワーオブロンドンは中団からメンバー3位の33.5秒で差し切り1分7秒1で優勝。セントウルSをレコードで圧勝した馬がさらにパフォーマンスを引き上げ、G1初制覇を飾った。

▼シリウスS
05年ブルーコンコルド 110★
06年メイショウバトラー 109
07年ドラゴンファイヤー 106
08年マイネルアワグラス 102
09年ワンダ-アキュート 108
10年キングスエンブレム 106
11年ヤマニンキングリー 106
12年ナイスミーチュー 102
13年ケイアイレオーネ 106
14年クリノスターオー 108
15年アウォーディー 107
16年マスクゾロ 106
17年メイショウスミトモ 105
18年オメガパフューム 107
19年ロードゴラッソ 103
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より低いレベル。ロードゴラッソは好位から早めに動いて先頭に立ち、メンバー4位の36.4秒で上がって2分3秒5で優勝。奥手のハーツクライ産駒がダート7戦目で重賞初制覇を飾った。

レーティングはJRA発表