▼天皇賞(秋)
05年ヘヴンリーロマンス 116
06年ダイワメジャー 119
07年メイショウサムソン 122
08年ウオッカ 122
09年カンパニー 121
10年ブエナビスタ 125★
11年トーセンジョーダン 122
12年エイシンフラッシュ 121
13年ジャスタウェイ 123
14年スピルバーグ 119
15年ラブリーデイ 120
16年モーリス 124
17年キタサンブラック 123
18年レイデオロ 123
19年アーモンドアイ 126★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は過去15年で最高レベル。アーモンドアイは内ラチ沿いの5番手からメンバー2位の33.8秒で抜け出して1分56秒2で3馬身差で圧勝。内をロスなく回ったとはいえ、内から一瞬で抜け出し最後まで脚色が衰えていなかった。8分のデキで牡馬を圧倒。ようやく本格化してきた。

▼スワンS
05年コスモサンビーム 108
06年プリサイスマシーン 109
07年スーパーホーネット 111
08年マイネルレーニア 110
09年キンシャサノキセキ 108
10年マルカフェニックス 110
11年リディル 113
12年グランプリボス 112
13年コパノリチャード 111
14年ミッキーアイル 114★
15年アルビアーノ 114★
16年サトノアラジン 114★
17年サングレーザー 111
18年ロードクエスト 110
19年ダイアトニック 112
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ダイアトニックは後方からメンバー最速の33.6秒で差して1分21秒3(稍重)で優勝。安田隆厩舎のロードカナロア産駒。馬体がボリュームアップしてパフォーマンスを引き上げた。

▼アルテミスS
12年コレクターアイテム 105
13年マーブルカテドラル 104
14年ココロノアイ 104
15年デンコウアンジュ 105
16年リスグラシュー 106
17年ラッキーライラック 106
18年シェーングランツ 106
19年リアアメリア 107★

今年は過去8年で最高レベル。リアアメリアは出遅れて後方からメンバー最速の33.0秒で差し切って1分34秒3で優勝。スローの前残りの展開を末脚の威力と能力であっさり覆した。馬体に芯が入るかがカギ。

レーティングはJRA発表