▼京王杯2歳S
05年デンシャミチ 103
06年マイネルレーニア 103
07年アポロドルチェ 105
08年ゲットフルマークス 105
09年エイシンアポロン 105
10年グランプリボス 106
11年レオアクティブ 106
12年エーシントップ 107
13年カラダレジェンド 106
14年セカンドテーブル 107
15年ボールライトニング 107
16年モンドキャンノ 108
17年タワーオブロンドン 110★
18年ファンタジスト 109
19年タイセイビジョン 109

今年は例年より少し高いレベル。タイセイビジョンは中団からメンバー最速の33.5秒で差し切り1分20秒8の2歳レコードで2馬身差で圧勝。直線の長いコースで末脚の威力を見せつけ、パフォーマンスを引き上げた。

▼ファンタジーS
05年アルーリングボイス 104
06年アストンマーチャン 106★
07年オディール 104
08年イナズマアマリリス 103
09年タガノエリザベート 104
10年マルモセーラ 104
11年アイムユアーズ 104
12年サウンドリアーナ 106★
13年ベルカント 105
14年クールホタルビ 104
15年キャンディバローズ 105
16年ミスエルテ 106★
17年ベルーガ 106★
18年ダノンファンタジー 106★
19年レシステンシア 106★

今年は例年レベル。レシステンシアは2番手からメンバー3位タイの34.9秒で抜け出して1分20秒7の好タイムで優勝。前走新馬戦を勝った馬が正攻法のレースで重賞を制し、一気にパフォーマンスを引き上げた。

▼AR共和国杯
05年サクラセンチュリー 110
06年トウショウナイト 111
07年アドマイヤジュピタ 105
08年スクリーンヒーロー 105
09年ミヤビランベリ 112
10年トーセンジョーダン 111
11年トレイルブレイザー 108
12年ルルーシュ 110
13年アスカクリチャン 110
14年フェイムゲーム 113
15年ゴールドアクター 112
16年シュヴァルグラン 115★
17年スワーヴリチャード 115★
18年パフォーマプロミス 110
19年ムイトオブリガード 110

今年は例年レベル。ムイトオブリガードは3番手からメンバー4位の33.8秒で抜け出して2分31秒5で優勝。昨年の2着馬が好位につけて上がり勝負を制し重賞初制覇を飾った。

▼みやこS
10年トランセンド 109
11年エスポワールシチー 114★
12年ローマンレジェンド 108
13年ブライトライン 108
14年インカンテーション 109
15年ロワジャルダン 109
16年アポロケンタッキー 108
17年テイエムジンソク 110
19年ヴェンジェンス 109

今年は例年レベル。ヴェンジェンスは後方から早めに捲ってメンバー2位の36.5秒で抜け出し1分49秒1で優勝。短距離を使ってきたカジノドライヴ産駒が距離を延ばしてパフォーマンスを引き上げた。

レーティングはJRA発表