▼ジャパンC
06年ディープインパクト 125
07年アドマイヤムーン 123
08年スクリーンヒーロー 122
09年ウオッカ 122
10年ブエナビスタ 125
11年ブエナビスタ 124
12年ジェンティルドンナ 126
13年ジェンティルドンナ 121
14年エピファネイア 128★
15年ショウナンパンドラ 120
16年キタサンブラック 123
17年シュヴァルグラン 123
18年アーモンドアイ 126
19年スワーヴリチャード 121
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より少し低いレベル。スワーヴリチャードは内ラチ沿いの7番手からメンバー2位の36.5秒で抜け出して2分25秒9(重)で優勝。タフな馬場でマーフィー騎手が内ラチ沿いをロスなく回って地力を発揮。大阪杯以来となるG1制覇となった。

▼京阪杯
05年カンパニー 111
06年アンバージャック 104
07年サンアディユ 110
08年ウエスタンダンサー 102
09年プレミアムボックス 105
10年スプリングソング 106
11年ロードカナロア 110
12年ハクサンムーン 107
13年アースソニック 107
14年アンバルブライベン 103
15年サトノルパン 109
16年ネロ 113★
17年ネロ 111
18年ダノンスマッシュ 110
19年ライトオンキュー 110

今年は例年レベル。ライトオンキューは中団からメンバー2位タイの33.7秒で抜け出して1分8秒8で優勝。キーンランドCでダノンスマッシュ、タワーオブロンドンと接戦した馬が重賞初制覇を飾った。

▼京都2歳S
14年ベルラップ 107
15年ドレッドノータス 108
16年カデナ 110
17年グレイル 110
18年クラージュゲリエ 109
19年マイラプソディ 112★

今年は過去6年で最高レベル。マイラプソディは後方から外を回って押し上げ、メンバー最速の35.9秒で差し切り2分1秒5で2馬身差で圧勝。前走は軽い馬場で上がり勝負、今回はタフな馬場で地力勝負。3戦3勝で来年のクラシックに名乗りを上げた。

レーティングはJRA発表