★プレレーティング
サリオス 110
レッドベルジュール 110
タイセイビジョン 109
ウイングレイテスト 107
ペールエール 106
トリプルエース 105
ビアンフェ 105
ラウダシオン 103
プリンスリターン 97

▼函館2歳S
05年モエレジーニアス 102
06年ニシノチャーミー 102
07年ハートオブクィーン 103
08年フィフスペトル 102
09年ステラリード 102
10年マジカルポケット 102
11年ファインチョイス 102
12年ストークアンドレイ 102
13年クリスマス 103
14年アクティブミノル 103
15年ブランボヌール 104
16年レヴァンテライオン 104
17年カシアス 104
18年アスターペガサス 104
19年ビアンフェ 105★
2着タイセイビジョン 100
3着プリンスリターン 97

今年は過去15年で最高レベル。ビアンフェは前半3F33.6秒で逃げてメンバー5位の35.6秒まとめて押し切り1分9秒2で優勝。15年の函館2歳Sを勝ったブランボヌールの半弟がきょうだい制覇。

▼新潟2歳S
05年ショウナンタキオン 104
06年ゴールドアグリ 103
07年エフティマイア 103
08年セイウンワンダー 103
09年シンメイフジ 103
10年マイネイサベル 104
11年モンストール 105
12年ザラストロ 105
13年ハープスター 106
14年ミュゼスルタン 106
15年ロードクエスト 109★
16年ヴゼットジョリー 105
17年フロンティア 106
18年ケイデンスコール 105
19年ウーマンズハート 107
2着ペールエール 106

今年は例年より少し高いレベル。ウーマンズハートはメンバー最速の32.8秒で差し切り1分35秒0で優勝。新馬戦を最速の32.0秒で差し切った馬が、あらためて末脚の威力を見せつけた。

▼小倉2歳S
05年アルーリングボイス 101
06年アストンマーチャン 102
07年マルブツイースター 101
08年デグラーティア 102
09年ジュエルオブナイル 102
10年ブラウンワイルド 102
11年エピセアローム 103
12年マイネルエテルネル 102
13年ホウライアキコ 103
14年オーミアリス 103
15年シュウジ 105★
16年レーヌミノル 105★
17年アサクサゲンキ 105★
18年ファンタジスト 105★
19年マイネルグリット 105★
2着トリプルエース 104
3着ラウダシオン 103

今年は近年と同レベル。マイネルグリットは好位からメンバー3位タイの36.2秒で抜け出し1分10秒5で優勝。新馬、フェニックス賞を連勝した馬が重馬場を味方に3戦3勝で制した。

▼サウジアラビアRC
15年ブレイブスマッシュ 107
16年ブレスジャーニー 107
17年ダノンプレミアム 110★
18年グランアレグリア 108
19年サリオス 110★

今年は例年より高いレベル。サリオスは3番手からメンバー最速タイの33.1秒で抜け出して1分32秒7のレコードで優勝。新馬戦を圧勝した馬が2戦目で大きく時計を詰めて能力の違いを見せつけた。

▼京王杯2歳S
05年デンシャミチ 103
06年マイネルレーニア 103
07年アポロドルチェ 105
08年ゲットフルマークス 105
09年エイシンアポロン 105
10年グランプリボス 106
11年レオアクティブ 106
12年エーシントップ 107
13年カラダレジェンド 106
14年セカンドテーブル 107
15年ボールライトニング 107
16年モンドキャンノ 108
17年タワーオブロンドン 110★
18年ファンタジスト 109
19年タイセイビジョン 109
2着ビアンフェ 105

今年は例年より少し高いレベル。タイセイビジョンは中団からメンバー最速の33.5秒で差し切り1分20秒8の2歳レコードで2馬身差で圧勝。直線の長いコースで末脚の威力を見せつけ、パフォーマンスを引き上げた。

▼デイリー杯2歳S
05年マルカシェンク 105
06年オースミダイドウ 104
07年キャプテントゥーレ 105
08年シェーンヴァルト 104
09年リディル 105
10年レーヴディソール 105
11年クラレント 107
12年テイエムイナズマ 107
13年ホウライアキコ 105
14年タガノエスプレッソ 108
15年エアスピネル 112★
16年ジューヌエコール 106
17年ジャンダルム 108
18年アドマイヤマーズ 109
19年レッドベルジュール 110
2着ウイングレイテスト 107
3着ペールエール 106
4着トリプルエース 105

今年は例年より少し高いレベル。レッドベルジュールは後方2番手から最内を突いてメンバー最速の33.8秒で差し切り1分34秒5で優勝。ディープインパクト産駒。武豊騎手が後方でタメて切れ味を引き出した。


今回出走馬はいませんが、東スポ杯2歳Sと京都2歳Sも参考までに・・・

▼東京スポーツ杯2歳S
05年フサイチリシャール 106
06年フサイチホウオー 105
07年フサイチアソート 106
08年ナカヤマフェスタ 105
09年ローズキングダム 107
10年サダムパテック 107
11年ディープブリランテ 107
12年コディーノ 110
13年イスラボニータ 107
14年サトノクラウン 109
15年スマートオーディン 110
16年ブレスジャーニー 111
17年ワグネリアン 112
18年ニシノデイジー 109
19年コントレイル 114★

今年は過去15年で最高レベル。コントレイルは中団からメンバー最速の33.1秒で抜け出して1分44秒5の2歳レコードで5馬身差で圧勝。高速馬場とはいえ、勝ちタイム、上がりは優秀。年々早い時期から仕上げが進み、2歳馬のパフォーマンスはアップしてきている。

▼京都2歳S
14年ベルラップ 107
15年ドレッドノータス 108
16年カデナ 110
17年グレイル 110
18年クラージュゲリエ 109
19年マイラプソディ 112★

今年は過去6年で最高レベル。マイラプソディは後方から外を回って押し上げ、メンバー最速の35.9秒で差し切り2分1秒5で2馬身差で圧勝。前走は軽い馬場で上がり勝負、今回はタフな馬場で地力勝負。3戦3勝で来年のクラシックに名乗りを上げた。

レーティングはJRA発表

WAKUWAKU競馬道場

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター