▼阪神JF
05年テイエムプリキュア 107
06年ウオッカ 108
07年トールポピー 107
08年ブエナビスタ 110
09年アパパネ 108
10年レーヴディソール 109
11年ジョワドヴィーヴル 110
12年ローブティサージュ 108
13年レッドリヴェール 110
14年ショウナンアデラ 109
15年メジャーエンブレム 111
16年ソウルスターリング 112
17年ラッキーライラック 111
18年ダノンファンタジー 111
19年レシステンシア 113★

今年は過去15年で最高レベル。レシステンシア前半5F57.5秒のハイペースで逃げ、メンバー最速の35.2秒で後続を突き放し1分32秒7のレコードで5馬身差で圧勝。ハイペースで逃げて最速上がりでまとめ、完成度と能力の違いを見せつけた。

▼カペラS
08年ビクトリーテツニー 105
09年ミリオンディスク 104
10年セイクリムズン 107
11年ケイアイガーベラ 112★
12年シルクフォーチュン 108
13年ノーザンリバー 105
14年ダノンレジェンド 110
15年キクノストーム 105
16年ノボバカラ 109
17年ディオスコリダー 107
18年コパノキッキング 107
19年コパノキッキング 112★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は11年ト並び最高レベル。コパノキッキングは4番手からメンバー5位の35.8秒で抜け出して1分9秒3で2馬身半差で圧勝。58キロを背負って昨年よりパフォーマンスを引き上げ、カペラS2連覇を達成した。

▼中日新聞杯
08年ビクトリーテツニー 105
09年ミリオンディスク 104
10年セイクリムズン 107
11年ケイアイガーベラ 112★
12年シルクフォーチュン 108
13年ノーザンリバー 105
14年ダノンレジェンド 110
15年キクノストーム 105
16年ノボバカラ 109
17年ディオスコリダー 107
18年ギベオン 111
19年サトノガーネット 108
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。サトノガーネットは後方からメンバー最速タイの33.3秒で差し切って1分59秒2で優勝。小柄な牝馬が53キロの軽ハンデを味方に8番人気で重賞初制覇を飾った。

レーティングはJRA発表